fc2ブログ
2024
02.23

SOXL爆上げ!

Category: 雑感
ゆきだるまです。

半導体トップのエヌ・ビディアの決算が発表になりましたね。
結果は上々で株価は一日でプラス16.4%と爆上がりです。

実は5年前にエヌ・ビディア株を持っていたのですが、全くダメダメな時期で損切りをしてしまったことがあります。あれから株式分割もあって、今的には1株50ドルくらいで売ってしまいました。

(過去記事)
さらばNVDA!そして新たに債券を買う

今が1株780ドルくらいなので、あそこで売らずに5年間ガチホしていれば15倍になっていたということ。

8年前にも当時安値だったアップルを誤発注で全部売ってしまったことがあります。

(過去記事)
アップル最高値を更新!このお宝を誤発注で失った痛い思い出

やっぱり株って持ち続けることに価値があるのだなと思うことしきり。

それを実感しているのがSOXLという半導体株ファンド。

ただでさえ値動きが激しい半導体株に3倍のレバレッジを掛けた凶悪な一品。

こいつを3年前から旧NISAで持ち続けています。

一時は半導体暴落でマイナス70%までドローダウン、それでもガチホしました。

それが、この数か月の半導体株高騰で一気にマイナス圏からプラス50%まで爆上げ。昨日もエヌ・ビディアの好決算に連動して14.6%アゲ。かつてのエヌ・ビディアの仇をSOXLで打てそうな感じですね。

実はアップルについても、これを含むTECLというレバレッジETFをコロナのどん底に仕込んで、今は買い値の5倍くらい。

レバレッジETFには夢があります。

(過去記事)
安くなったTECLとSOXLでナンピンするのは今だ!

新NISAで買えなくなったのが辛い。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2024
01.06

新NISAに資産を乗り換える

Category: 運用状況
ゆきだるまです。

本年もよろしくお願いいたします。

さて、年が明けて新NISAへの資産の乗り換えをまず行いました。2019年NISAからの流れモノなど特定口座にはなんだかんだで200万円分くらいあったので、全部解約して新NISAに突っ込みました。

普段の生活で200万円分の買い物というとかなり躊躇するところですが、単なる資産の移し替えだと全くストレスを感じません。投資生活8年、ようやく初級者を脱出したという感じでしょうか。逆に資産の移し替えは迅速かつ機械的に行わないと意味がなく、この時点で相場を意識したり分散投資とかを考える方がストレスになります。

新NISAは同じ証券会社だと旧NISAの資産を買い増していく形になるみたいですね。見た目の平均取得額が上がり、逆に騰落率は下がるので少し残念な気持ちになります。

ゆきだるまの目差すポートフォリオは、高配当株を1/4、NASDAQ100を1/4、インデックス株を1/2に配分するというシンプルなもの。今回の新NISAに当たっての抱負は次のとおり。

1 高配当株
・ドルでの買い付けならVYM(従来どおり)
・円での買い付けなら1489日経高配当株50を新規に投入
 1489は安定性に定評があるので採用しました。今は1枚6万円しますが1月中旬から分割されて2千円台になる模様。非常に買いやすくなるので当面の円安時にはこれが中心になる感じですね。

2 NASDAQ100
 これまでQQQをひたすら買ってきましたが、経費率の割安(0.20→0.15)なQQQMが昨年秋に登場。今後のNISA乗り換えではQQQMに鞍替えしていく予定です。

3 インデックス株
・ドルでの買い付けならVTI(従来どおり)
・つみたて投資枠では楽天VTIを設定。
 インデックス投資は新NISAを機にS&P500に切り替えようかとも思ったのですが、結局は王道定番のVTIに落ち着きました。つみたて枠もVTIにそろえるべく楽天VTIを選択。経費率が高めですが指数に連動させる姿勢を買った次第。

以上のラインナップで投資活動がかなり自動化されるので、真夜中に米国市場とにらめっこする日々も収束させます。

今年で投資生活も9年目。サラリーマンなので投資に充てられる時間も情熱も限りがあり、だんだんとほっぽらかしを志向するようになりました。本当のことを言えばS&P500の投資信託一本に全てを託すのが最小の労力で最大の効果が得られるのだと真剣に思っています。それでもリアルタイムの取り引きがしたいとか、配当金が入ってくるのが楽しいとか、ワクワク感が欲しいとか、本質的でないところの気持ちが捨てきれずに今の投資スタイルを続けることにしました。

今年の目標は新NISA枠を全て埋めきること、そのためには入金力を高めなくてはですね。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2023
12.30

新NISAに寄せる期待

Category: 観測
ゆきだるまです。

米国市場も終わり、この一年間の投資生活を振り返ってみます。

今年は非常な円安に悩まされる一年でした。米国株は割高感から新規購入はほぼ行わず、日本株買いに精を出しました。ミニ株(端数株)投資が大当たり。丸紅、伯東、双日は短期で20%超え、結構な小銭を稼ぐことができました。

資産の騰落率が昨年末で48%、今年末が103%、リターンをほぼ倍増させることができました。円安効果ではありますが、円換算での資産高は1千万円を超えるところまできています。自分年金2千万円を目標に8年が経過、入金力が尽きるあと4年でどこまで伸ばせることやら。

来年から新NISAが始まります。限度額が広がったことは素直に良かったと思います。ただこれまで一般NISAでドル運用一辺倒だったため多少の方針変更は必要です。成長枠での投資対象からレバレッジ型ETFが外れました。今持っているSPXLやTECLとはいずれお別れです。意外にもDIA(ダウ30ETF)も対象外に。毎月分配が災いしたようです。逆につみたて枠にNASDAQ100が入ってきましたね。

年明け早々は新旧NISA間で資産の移し替えです。

それでは、みなさま良いお年を!
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2023
12.24

新NISAのつみたて投資枠を設定してみた

Category: 投資方針
ゆきだるまです。

あと一週間もすると新しい年明けですね。

待望の新NISAがはじまるので、あれこれ考えあぐねています。

その中でも最大に悩ましいのがつみたて投資枠。

つみたてNISAを使ったことがなかったので、年間120万円ってどうやって使うのか疑問でした。だいたい証券会社のHPをみると、月額10万円が限度とかなっていて、
 月5万円の積立設定だと120万円の枠を使い切れないじゃん、とか、
 年初に120万円一括投資できないのかよ、とか、
一般ユーザーの素朴な疑問に答えてくれるものは見当たりません。

まあ、こういう時は一般投資家のブログをみるのが一番ですね。


ここで得た知見は、ボーナス月設定を使うというもの。ボーナス月は自由に選べます。
 年初一括投資するなら、月額100円✕12か月+1月のボーナス設定119万8800円とか。
 逆に12月のボーナス設定で残枠分を一気に入れるとか。
蛇の道は蛇ですな。

私の場合は、年始に60万円をボーナス設定にして、あとは月5万の毎日積み立てにしてみました。

銘柄は、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)一択です。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2023
11.19

新NISAで悩む

Category: 投資方針
ゆきだるまです。

半年近くご無沙汰していました。

さて、新NISAのことです。
あと一か月後から新NISAが始まりますね。皆さんはご準備の方はいかがですか。

悩んだのは、まず証券会社のこと。
これまで一般NISAをマネックス証券で運用してきていて、継続するか乗り換えるかが決められずにいました。
新NISAは一生ものになるので、証券会社選びは慎重にならざるを得ません。
SBIと楽天が国内株の売買手数料を無料になるので一瞬乗り換えが頭をよぎりましたが、マネックスも新NISAは同等にするようなのでそのまま継続を決め込みました。
それにしても各社のサービス合戦はスゴイですね。証券会社は手数料収入で食べているはずなのに大丈夫かな。
実は悩みもここにあって業界体力でいったらSBIがダントツです。マネックスなどは早晩顧客を奪われて沈没するのではないかという心配もありましたがNTTドコモが資本提携するので安心もした次第。マネックスは顧客寄りだし企画力もあるので暫くはこれで良いかと。

次に悩んでいるのが資産の持ち方。
これまでVTIやQQQなどドル資産の積み上げを基本としてきましたが、今後は円資産の方が取り扱いが楽ではないかと思い始めています。
旧資産はNISA乗り換えでいったん処分するつもりなので、その時にドル資産で買い替えるか、同等の円資産にするのか。
例えばドルのVTIなら日本円で買えるS&P500のETFか投資信託にするということですね。
投資を始めた八年前は米国株関係の日本円資産が充実していなかったのでドル買い一択だったのですが、ここ最近では米国のインデックスファンドだったら日本円で買えるETFや投信で良いものがたくさん出回っています。
そして悩ましいのが昨今の超円安。自分の手持ち資産が1ドル115円くらいなので為替だけで1.3倍強に膨らんでいる形です。今月に入って総投資資産が一千万円を超えましたが、うち二百万円くらいは為替差益です。
今年に入ってから買っているのは日本株のみ。いま日本株は上り調子なのでこれはこれで良い感じなんですね。来年以降もドルが高ければ日本株シフトのハイブリッドでやっていこうとも思っています。
配当金を再投資する際もドルと円が混在する環境になりつつあり
正直めんどうくさい。

ドル資産を持ち続ける理由は流動性と管理コストの安さ。また早晩、少子高齢の日本と日本円は沈んでいくしかないので、今後も安定が見込まれるドル資産をもっておくのは保険的な意味合いもあるかと思うところ。
円の大暴落や海外移住の可能性がないわけではないですから。
悩ましいけど、今のドル・円のハイブリッドでいくのかな。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
back-to-top