FC2ブログ
2018
11.17

エヌ・ビディア決算(3Q18)~墜ちるGPUの星と今後の期待

2018年11月17日
ゆきだるまです。

画像処理系半導体メーカー、エヌ・ビディアの第3四半期決算がでました。

米国会計基準(GAAP)に基づく第3四半期売上高は、前年同期比21%増の31億8,100万ドル、純利益は同47%増の12億3,000万ドル、希薄化後の1株あたりの利益は同48%増の1.97ドルと、増収増益となりました。

【売上高と営業キャッシュフロー】
2018Q303.png 
【1株利益と配当】
2018Q304.png 
部門別の売上高は、ゲーミングが17億6,400万ドル、プロフェッショナルビジュアライゼーションが3億500万ドル、データセンターが7億9,200万ドル、自動車関連が1億7,200万ドル、OEMおよびIPが1億4,800万ドルで、前年同期から全部門で増収を記録しています。

同社CEOで創始者ジェンスン・フアン氏は、「AIは世界中で驚異的なスピードで進化しており、当社データセンタープラットフォームの売上高を押し上げている。」「短期的な結果では、チャネルが暗号通貨ブームを上回る超過在庫を抱えていることが反映されている。修正される予定だ。」との見方を示しています。

本年9ヶ月で株式買い戻し855百万ドル、配当273百万ドル、株主に計11億1千万度ドルが還元されました。第4四半期配当は0.15ドルから0.16ドルに7%増額、2020年度(2019年)中に30億ドルの株主還元、2022年末までに70億ドルの株式買い戻しが行われる予定です。

エヌ・ビディアの決算発表は11月15日の閉場後に行われ、株価は時間外で16%超下落しました。

【エヌ・ビディア株価・年初来】
20181116.png 

株価下落の要因は超過在庫問題と今後の成長鈍化にあるとみています。決算発表で次の第4四半期見通しが出されましたが売上高は市場予測34億ドルを大幅に下回る27億ドル(今期32億ドル)で前年同期並みまで落ちる見込みです。

以上が決算の概要となります。

率直な感想としては厳しいですね。手持ち株の含み損はー30%になりました。

半導体業界にはシリコンサイクルなる波があって需給予測が難しい世界です。結局は売れるからガーっと作って、気づいたら在庫が山積みになっての繰り返し。以前からメモリー系の半導体は供給過剰になっていて相場崩れを起こしていましたが、エヌ・ビディアの様に画像処理に特化したメーカーは別モノだと思っていました。

エヌ・ビディアは、今回、仮想通貨マイニング用のチャネルを作り過ぎたとのこと、前回8月の決算でも、これを問題視して株価が急落しましたが、本業のゲーム、データセンターに較べて一体どれだけなんだという感じはしないでもありません。同業のAMDもはやり仮想通貨需要関係の鈍化で株価が急落しています。

(過去記事)エヌビディア決算~高い期待を背負ったGPUトップランナー

市場は短期的な成長鈍化に嫌気したんでしょうね。次四半期の売上高が34億の市場予想に対して、今回の企業側の予測27億ドルだと、マイナス21%ですから、株価もその分下げた感じです。もはやエヌ・ビディア終わったくらいに語る人もいます。

ここで、エヌ・ビディアの中長期展望にたってみます。

【売上高とキャッシュフロー実績・過去10年】
2018Q301.png

昨年の売上高が97億ドル、次の第4四半期が低かったとしても今年は通年では122億ドル、前年25%増になる見込みです。仮想通貨関連在庫も短期解消が図れるとのことなので、この問題は早晩解消されるでしょう。

ゲーム業界では新GPU(GeForce RTXシリーズ)をリリ―スしたところであり、データセンター事業ではnVIDIA製のGPU使用率が世界各地で第1位です。また自動運転、AIの領域でもエヌ・ビディアの画像処理技術は不可欠とも云われています。

テクノロジーは進化し続けており、エヌ・ビディアの技術力が衰えたという評価がない限り需要が途絶えることはないと考えています。一時的な売上鈍化は需給量調整など営業戦略での修正をまつばかりです。

ということで短期的株価は厳しいことになっていますが、私は長期保有を前提としているので目の前の嵐は静観するばかり。下げ止まりが見えたら買い増しをする予定です。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
11.10

エクソン・モービル決算(3Q18)~原油銘柄との付き合い方

2018年11月10日
ゆきだるまです。

皆さまお久しぶりです。ブログの毎日更新をしなくなったら、市場や世間の動きをゆったり眺められるようになりました。

今週は米国議会の中間選挙があり、下院は民主党に多数議席をもっていかれ、ねじれ国会となってしまいましたね。

8日の米連邦準備理事会(FRB)声明では12月に追加利上げとなる感じです。9日の中国国家統計局発表の10月の卸売物価指数(PPI)では内需や製造業が弱まり4カ月連続で上昇が鈍化、貿易摩擦の影響が出始めています。

中間選挙が終われば株式市場は上昇相場を迎えるのが通例ですが、利上げと貿易摩擦で世界的に厳しい局面が続きそうですね。先月の市場一斉下落で株価が戻る際の上値も重たそうです。

さて、今日は先週中間決算があった石油メジャーのエクソン・モービルについて書きます。

ゆきだるまは、エクソン・モービル社の株(XOM)をポートフォリオの1割程度保有しています。XOMは必ず持ちたい株の筆頭だった時代もありましたが、最近ではすっかり不人気株に転落してしまった感があります。時価総額もかつての世界1位から10位に後退しています。

それでもXOMは年4%の高配当株ですし、財務体質もピカイチなので配当が年々増加する配当貴族銘柄として保有されている方も結構多いのではないでしょうか。インデックスファンドでも、S&P500では第7位(構成比約1.5%)、高配当株ETFのHDVでは第1位(構成比約9.7%)です。今なお米国株投資界の主要銘柄であることは間違いありません。

まずは決算をみてみます。

第3四半期の決算内容

1株利益は1.46ドル、予想1.23ドル、前年同期0.93ドルのいずれも上回りました。
また売上高は766億ドルで、前年同期611億ドルの25%アップとなりました。

非常に良好な結果でした。

【1株利益と配当額】
XOM3Q1802.png 
【売上高と営業キャッシュフロー】 単位:百万ドル
XOM3Q1801.png 

前2期の決算が連続して悪かっただけに、今期挽回できて良かったです。

今期決算の特徴は、原油価格が40%上昇、天然ガス価格が30%上昇したため収益を押し上げた形であり、生産量は前年同期で2%減少するなど、原油相場の上昇に救われた感じです。ちなみにエクソン社の産油量は日量380万バレルで、世界第1位の米国1300万バレルの1/4、第8位の中国に匹敵する量を誇っています。

企業活動としての特筆すべき成果や成長はありませんでしたが、キャッシュフローは良好ですので、配当ねらいであればホールドで全く問題はないでしょう。

XOMの置かれた状況と今後の展望

そもそも今、原油株を保有することについて、少し考えてみたいと思います。

【売上高と原油価格の推移・10年間】 左軸単位:百万ドル、右軸単位:ドル
XOM3Q1807.png
上のグラフは過去10年間のエクソン社の売上高と原油価格(年平均)の関係を示したものです。両者には非常に高い相関関係があることが分かります。2014年に原油相場が大幅に下落しており売り上げも大きく下がっています。これはシェールオイルの供給が本格化したためで従来の原油相場を大きく変えるエポックでした。

【XOM株価・10年間+2018年】
XOM2018110902.png 
株価も呼応して2014年から2016年にかけて大きく下落しています。2016年以降は原油相場の回復以上に株価の値戻しが進んでいます。これはどういうことなのでしょうか。

【売上高と営業キャッシュフロー】
XOM3Q1803.png 
エクソン社は売上が落ちても高いキャッシュフローを維持しています。この堅牢な財務体質があるため株価が復活しているわけです。この一年の決算をみても高い配当力が株価を下支えした形となっています。エクソン・モービル強しですね。

短期と長期の将来見通し

短期では、原油相場に業績が左右される見通しをもっています。シェールオイルが原油相場を押し下げてきましたが、その影響は頭打ちになったといわれています。それよりも、昨今ではイランやサウジアラビアなど中東問題に代表される政治的な力による需給規制、在庫量と需給調整が相場に影響を及ぼしそうです。

冒頭でも申し上げましたが、売上は原油価格に左右され、原油価格は需給量で決定します。エクソン社のように優れた財務体質があれば、原油相場が上向けば株価も上昇する傾向にあります。逆も然りです。

今はイランに対する経済制裁の一部制限解除や米国の原油在庫の増加がここ数日の原油相場を押し下げています。他にもサウジアラビアの記者殺害容疑、ロシアの増産表明など原油相場は予測が難しいです。

長期では、産油体制の確保と世界的な環境対策に注目しています。

エクソンは今後5年間で500億ドルを投じた新規油田開発を進めています。その中でも最大のテキサス・パーミアン盆地の開発では、エクソン自身がシェールオイル採掘にも進出して市場の支配権を強めていこうとしています。エクソンは民間企業でありながら国家規模の産油能力をもっており、エクソン・モービル帝国は今後も健在だと考えます。

一方で頭が痛いのは環境対策。これは石油産業にとって死活問題です。世の中では化石燃料の使用を控えて再生可能エネルギーへの転換が急速に進んでいます。将来、化石燃料の使用は完全に禁止すべき勢いで環境問題が語られることもあります。

諸説ありますが、現実的には化石燃料はなくせないと考えています。コスト面では化石燃料が有利であり続ける見通しであり、これから発展していく新興国では化石燃料の使用は増えることはあっても減ることはないからです。電気自動車への完全切り替えなどクリーンPRが盛んですが、部分的な政治的プロパガンダに終わる可能性も否めません。

ただしこれから先、規制強化など環境対策に係る社会コストの負担を強いられることは必然なので、収益性は圧迫されることになるでしょう。将来の見通しはどこまでいっても不確実さが解消されない感じです。

株式投資という視点でみた場合

エクソン社はキャッシュインが常に見込めるので配当が滞る心配はしていません。将来の成長ストーリーを描くのが難しいことから、スカッとした株価の伸びは期待できない感じです。短期では原油相場の動きに呼応してレンジ相場を形成していくものとみています。

もう一点、原油銘柄をもつ意味として、意外な効用なのですが、原油銘柄は独自の値動きをします。原油はインフレ先導株の性格があり、高配当株がメタメタになったインフレ・利上げ局面では逆に原油銘柄の株価が上がるわけです。そのため、原油銘柄は債券や不動産のようにポートフォリオを安定させるアセットの一つとして捉えることもできます。

自分の心境としては、エクソン・モービル株は、長期的な株価の成長が期待できないことから、配当を目的にキープを続けつつも、政治的な要因等で瞬間的な上げ相場がきたら手放すことも考えています。そのために国際政治と原油相場の動向には常に注目しています。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
11.03

投資成果まとめ(2018年10月)★ブログ更新頻度を変更します★

Category: 運用状況
2018年11月3日
ゆきだるまです。

2018年10月末時点の投資成績をとりまとめました。

【ゆきだるまファンドのポートフォリオ】

   20181031PF01.png 
 
【カテゴリー別構成】
20181031PF02.png  

ゆきだるまファンドは、シーゲル流に半分を世界の時価総額に広く分散したワールドインデックスへの投資を行っています。VTを基本にVTI、VWOを加え、米国:新興国:他先進国=5:3:2となるよう配分。米国によるリターンを積極的に得つつ、新興国の台頭にも備えた構えとしています。

ポートフォリオの残りは、リターン補完戦略として安定的なリターンが見込める優良大企業(バリュー株)への投資、配当再投資の原資を得るべく高配当銘柄への投資、そしてジム・クレイマー流を一部取り入れ、ホームランが狙える高リターンのグロース株やアクティブファンド等への投資も試行しています。

配分は8等分を基本にワールドインデックス4(VT2:VTI1:VWO1):バリュー2:高配当1:高リターン1を割り当て、毎月の買付けでリバランスを実施。ワールドインデックスの完成が当面の目標です。

【各銘柄の騰落率・前月との比較】
20181031PF03.png 

10月は市場の一斉下落に見舞われリターンがほぼ半減しました(涙)。これから年末にかけて盛り返してくれると信じています。

先月はVTの買い増しと半導体のエヌ・ビディアを新たに買い付けました。

(参考記事)世界全体が落ち目の時にVT(全世界株式ETF)を買い増す
      初めてのグロース株~エヌ・ビディアを買いました!
      エヌ・ビディアが10月で30%超下落~それでもナンピンを敢行

グロース株は初めての取得で、いきなり混乱相場に巻き込まれ、大きな上下動の中で翻弄されてきました。

(参考記事)エヌ・ビディア~半導体グロースは奈落の底を目指すのか?

一時はマイナス24%まで下がったところ、マイナス10%まで値戻しができて一安心しています。エヌ・ビディアはグロース株ではありますが、将来性を見込んでの購入なので基本はホールドで考えています。

各銘柄のリターンは全体がメタメタなものの、AT&Tは決算ミスで更に沈下、ひふみプラスも市場下落場面での弱さが露呈した感じです。想定外なのはPFF(米国優先株式ETF)は値動きの安定さがウリなはずですが微減状態が続いています。債券的な優先株といわれてきましたが、株式の弱さを感じました。

(参考記事)AT&Tが決算不調で株価が8%超下落~それでもまだ悲観せず
      PFF(米国優先株ETF)が年初来で5%も下落するなんて

原油相場が上がる期待もありましたが、今は落ちてきています。

(参考記事)ソフトバンク株暴落~風が吹けば油屋が儲かる?

ワールドインデックスでは中国経済の低迷から新興国のリターン減が続いています。ポートフォリオ全体構成では、ワールドインデックスの比率が下がりました。

(参考記事)VWOが今年最安に~アメリカが風を吹けば新興国が風邪をひく
      中国経済が減速~VWO新興国投資に救いはあるのか?

ジョンソン&ジョンソンやコカ・コーラの優良大型株の好決算に助けられもしました。

(参考記事)ジョンソン&ジョンソン決算良好~株価復活へ再起動
      スカッとさわやかコカ・コーラ~決算良好な老舗企業の底力

現在の総リターン:+8.2%(前月15.9% -7.72%)  

・資産総額:263万円(前月275万円 -  4.3%)
・原  資:243万円(前月237万円+ 2.5%)
・利  益:  20万円(前月  38万円 -47.3%)
・運用期間:2年10ケ月

 ※為替:112.89円/ドル(前月113.65円/ドル-0.1%)で計算

【騰落率推移・S&P500との比較】
20181031PF04.png

市場平均S&P500との比較です。ここでは資産を全てS&P500(円ベース)に投資したと仮定した場合を算出し、これをベンチマークとしています。10月の一斉下落でゆきだるまファンドはほぼ半減、S&P500は1/3減でした。ゆきだるまファンドは上昇力が弱く下落力が強いですね。更なる精進が必要です。

残り2ヶ月で、NISA枠の残りが4万円(約350ドル分)を切りました。目論見としてはQQQ(ナスダック100ETF)かVWO(新興国株式ETF)を買って終わりかなと思っています。あとは来年のNISA枠の設定に備えて追加資金と配当で現金の蓄財をしていこうと考えています。

ブログ更新頻度の変更のお知らせ

いつも「試行錯誤の投資生活」をお読みいただいてありがとうございます。毎日更新をモットーに本ブログを運営してまいりましたが、これからは週1~2ペースに更新頻度を変更しようと考えています。

おかげさまで先月末で毎日更新を1年365日間にわたって続けることができました。2017年2月から当ブログをスタートさせて1年8ヶ月、今日までの623日間で記事を書かなかった日は14日間でした。

こんな駄ブログでも毎日書いていれば、応援してくださる方も沢山できて、それが記事更新の励みになってきました。

身辺に立ち返ると、色々な雑事で時間の工面が難しくなってしまったことと、アウトプットばかりでインプットに時間がさけないので中身のスカスカ感はいつも気になるところでした。それでも毎日更新が故に日々の細かな出来事も気軽に拾っていけた良さもあって毎日更新を止めるのは断腸の思いです。(昨年の9月に一度毎日更新断念を宣言したものの、二ヶ月で元に戻った経過があります。)

本ブログでは、ジム・クレイマー氏提唱の銘柄研究(ホームワーク)と市場動向観察を主に題材を選んできました。この姿勢は今後も変えないつもりです。特に決算資料の研究はもっと入念に行いたいと考えています。

これまでの様に毎朝アップではなくなりますが、ツイッターではブログ更新のお知らせは続けていきます。引き続きご愛顧いただけると大変うれしく思います。

それでは☆彡

 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
11.02

米中摩擦緩和とダウ上昇~中間選挙で株価は高みに向かうか?

Category: 観測
2018年11月2日
ゆきだるまです。

11月6日(火)は米国議会の中間選挙です。上院の1/3、下院の全席が入れ替わる選挙で、大統領の任期半ば二年目の秋に行われます。事実上の大統領の審判に当たるイベントでもあり、正念場です。

トランプ大統領にとって10月の株価下落は頭の痛いところ、株式市場にとっては利上げと対中貿易摩擦が重しになってきました。

昨日はトランプ大統領が中国の習近平国家主席と電話協議をし、貿易戦争の解決に向けた協議が申し入れられるなど休戦した形になりました。株式市場はこれを好感し、買い戻しが進んでいます。

【NYダウ株価推移】
20181101 ダウ 

中間選挙の見通しです。NHKの特集では現政権の共和党は上院優位、下院がきっ抗といった感じで予断を許しませんが、一時に較べれば上院下院とも現政権多数維持の見通しは大分明るくなってきた感じがします。

【アメリカ議会の議席数見込み】
米国議会議席見通し10月28日版 

過去のアノマリーでは、中間選挙までは株価の上値が重く、中間選挙後に栓の蓋がはずれたように上昇する傾向があります。

【中間選挙後のS&P500指数の推移】
中間選挙後のSP500指数の推移 
(出典:みずほ総合研究所リサーチTODAY)

ただし、今回の選挙で下院が民主党多数となるねじれ状態になると、暫く上昇相場は続くものの、過去2回のケースでは選挙後1年以内に調整局面が生じており、昨今の市場観測が示すように早ければ来年半ばころに訪れるかもしれません。

一方で下院で共和党が勝利すれば、トランプ政権は安定軌道に乗るため株式相場の上昇が続いていく可能性が高まります。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
11.01

エヌ・ビディア続伸~半導体が米中対立の新たな標的に

2018年10月31日
ゆきだるまです。

ここ数日売られまくっていたハイテク株に買い戻りが入ってきました。一時は1500ドル割れまでいったアマゾンも1600ドルまで値を戻し、アルファベット、ネットフリックスなどいずれも急速に株価を回復中です。

一昨日決算があったコカ・コーラも地味に増進中でありまして、グロースもディフェンシブも一斉に上がり、自分のポートフォリオの含み損が減ってきていてうれしい限りです。

10月も終わりましたが、この一か月間はハイテク受難な月でありグロース株投資家にとっては正念場となりました。そのような中で保守本流のゆきだるまが手を出したグロース株がコレ、

NVDA:エヌビディア

米国の画像処理系半導体メーカーで、高速グラフィックはこれまで3Dゲームの世界で脚光を浴びていましたが、これからはAI技術の分野でも活躍が期待されています。

株価が一時は292ドルから176ドルまで下がりましたが、昨日は210ドル台まで回復。初めてのグロース株で強烈な上下動体験をしています。このまま保有株価の233ドルまで値を戻してもらいたいところです。

【NVDA株価】
NVDA20181031.png 

さてエヌ・ビディアを含む半導体をめぐる動きがきな臭くなってきました。

原因は米中摩擦、半導体は主要な対中輸出製品であり高関税率化の応報の中で揺れ動く銘柄でもあります。しかし、今回生じた新たなリスクは輸出制限。つまり税金の問題ではなくてそもそも売るなということ。

10月29日に、米商務省は中国の半導体メーカー、JHICC(福建省晋華集成電路)が米国の安全保障上の重大なリスクとなっており、半導体などの輸出を規制すると発表。同社は知的財産権の侵害を巡って米半導体大手のマイクロン・テクノロジーが提訴中です。

中国は国家戦略「中国製造2025」で半導体の国産化推進を掲げJHICCを重点支援しています。昨今では中国の技術革新には先進技術の盗用が横行しているとされ、国家の関与も指摘をされています。

半導体業界はハイテク商業系FANG~FAGAの動きと呼応して米国市場を牽引してきました。

【半導体とナスダック指数の動き・5年間】 SMH:半導体セクターETF
半導体2018103101 
しかし、昨今では半導体セクター自体の不調と相まって、今年に入ってからは米中貿易戦争の激化とともに半導体も大きく揺れ動いています。

【米中貿易摩擦と株価の動き・年初来】
半導体2018103102

上のチャートは米中摩擦と株価の動きですが、半導体とナスダック指数に航空機のボーイングBAを加えています。対中輸出が主力のボーイングは米中摩擦で常に株価が翻弄されているところ、半導体も米政府の関税発動の時期に呼応して株価の変動がみられます。(政府発表は実発動日よりも数週間前)

【対中関税の流れ】 対中貿易総額5670億ドル
 第1弾 340億ドル:産業機械・電子部品など(7月6日25%追加関税発動)
 第2弾 160億ドル:プラスチック製品・半導体など(8月23日25%追加関税発動)
 第3弾 2000億ドル:食料品・かばんなど(9月24日追加関税発動)
 第4弾 2670億ドル:残り全て(拡大示唆)

米トランプ政権は対中政策として貿易関税以上に、知的財産権の侵害には徹底的に闘う姿勢をみせており、4月にも中国の通信機器大手ZTE(中興通訊)に対しても半導体の輸出制限を行いました。ZTE社は米国製品の調達ができなくなったことから生産停止に追い込まれています。今回のJHICCに対する制裁は今後の半導体業界の行く末に大きな影響を及ぼしそうです。

米中の動きはとかく株価に影響を与えるので要注目ですね。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
back-to-top