2017
08.26

【点検】自分は何故この株を買ったのか?

Category: 未分類
ゆきだるまです。

株式に投資をしていて一番やりたくないのは「株価が下落した時の狼狽売り」と「株価が戻った時のやれやれ売り」です。どちらも自分の考えがしっかりしていないために自ら利益を棄損する結果となるからです。

ジム・クレイマー氏は著書「株式投資大作戦」の中でこう述べています。
・その株を買った理由は何か?
・その理由に合わなくなったときは売却せよ!
・保有株のホームワークを怠るな!

特にホームワークについては1つの銘柄につき最低でも週1時間を割くことを命じています。

そこで私の保有銘柄の購入理由を今いちどまとめ直してみました。

1 投資方針
米国の超大型優良高配当株を保有し長期配当再投資によりS&P500成果を上回る
・保有株選定の基準:S&P100構成銘柄、配当貴族S&P格付バフェット銘柄など
バリュエーション・適度な分散・セクターバランスに留意しつつ買付けを進める。

2 個別株の購入理由

ジョンソン・エンド・ジョンソン

(購入理由)
・ダウ30銘柄で配当王、更にS&P格付AAA
・株価成長と配当成長を期待
・増配当の維持が保有条件

エクソン・モービル
(購入理由)
・ダウ30銘柄で配当貴族、更にS&P格付AAA(当時)
・株価成長と配当成長を期待
・増配当の維持が保有条件

コカ・コーラ
(購入理由)
・ダウ30銘柄で配当王、バフェット銘柄
・配当成長を期待
・増配当の維持が保有条件

AT&T
(購入理由)
・S&P100銘柄で配当貴族、高配当
・配当成長を期待
・配当の維持が保有条件

ウエルズ・ファーゴ
(購入理由)
・バフェット銘柄
・株価成長と配当成長を期待
・バフェット銘柄であることが保有条件

ロイヤル・ダッチシェル
(購入理由)
・高配当を期待(ADRなので米国内課税がない)
・配当の維持が保有条件(名目利回り5%が保有限度)

ゼネラル・エレクトリック
(購入理由)
・ダウ30当初銘柄
・株価成長と配当成長を期待
・ダウ30又は配当の維持が保有条件

3 補足と感想
ジョンソン・エンド・ジョンソン、エクソン・モービル、コカ・コーラ、AT&Tの4つは一番コアになるもので永久投資に近い感じです。心配は将来ゲームチェンジ等で突然企業価値がなくなることです。

ウエルズ・ファーゴバフェット銘柄という理由だけで持っているので、IBMの様にバフェット氏が見切ったら私も売らざるを得ないのでしょうね。配当貴族でもないですし、リーマンの時はあっさり減配しているので配当の維持に期待もできません。

ロイヤル・ダッチシェルは高配当だけで持っている感じですね。将来見通しの不確かなエネルギー産業で、既に増配は止まってますので、減配が始まって5%を切ったらAT&Tに乗り換えた方がましという判断になると思います。

ゼネラル・エレクトリックは最後に追加を決めた銘柄です。ダウ30当初銘柄の誇りに賭けた感じです。リーマンの時に減配しているのでダウ30から滑り落ちるとか、減配が始まり出したら処分せざるを得ないと思ってます。

以上、基本は配当ねらいなので株価に左右されて売ることはないと考えています。NISA枠が使える10年間は最低でも保持していくつもりです。まあ不測の事態が起きたら臨機応変に対応することになるでしょう・・・

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

スポンサーサイト
Comment:0
back-to-top