FC2ブログ
2018
12.17

リスニング教材はタダより良いものはない~学び直しの英語

Category: 自分のこと
2018年12月17日
英検準1級に挑戦中のゆきだるまです。

先週末は虎の子のジョンソン&ジョンソンが爆落しましたが、今は英語の勉強に夢中なので無視しています。そのぐらい真面目に勉強しています。なので今日も語学ネタを投下します。

検定試験の良いところは自分の穴が見つかること。英検は読む・書く・聞く・話すの4技能試験なので、一通り勉強すると苦手・不得意が分かります。

英検対策は今回も旺文社の対策本を使っています。
英検準1級総合対策教本改訂版

この週末で問題集を一周やり終えました。最後にお試しで過去問(実戦問題)を解きましたがまだまだでした。試験まで1ヶ月強。これだけあれば大丈夫、何とかなるでしょう。

私は資格試験・検定試験の類は過去問(集)をひたすら解くことにしています。英検は同じ問題が出ることはありませんが、過去問をやることで試験が求めるレベル感が分かります。準1級はというと、

大学中級程度だけあって、そうとう難しいです。

英検は社会人的にはTOEICなので今さら感のある試験ですが、学校英語の進度を測るモノサシとして最適な感じです。2級が高校卒業程度なので、大学でも一応勉強した身としては、ここまでは一度通った道の振り返りなのです。

では準1級に感じる難しさは何かというと単語力です。前回の記事で書きましたが、大人の語学は文法力と単語力、この2つに尽きます。これなくしては如何なる言語の習得もあり得ないと考えています。

(前回記事)英語学習の間違った方法と2つの王道~学び直しの英語

幸いにして文法は「瞬間英作文」のおかげで基礎文型は体に定着しつつある感じです。あとはこれを土台にして載せ換える単語をいかに増やしていくかです。

準1級の試験は2級に較べて文章量が多い、つまり単語量が多い。内容も社会性・専門性の深みが増しており、単語力がついてこないと予測読みや予測聞きでは限界を感じます。

そして試験4技能のうちで一番ごまかしがきかないのがリスニング(聞く)です。他の読む、書く、話すは「待った」が出来るのですが、リスニングだけは待ったが出来ない消えモノで、瞬間的な音声を捕まえなければなりません。

実際の英会話でもスピーキング(発話)は文法や発音が怪しかったり稚拙であっても通じますが、リスニング(聴取)は相手の発言を正確に聞き取れないと誤解の原因となったり、そもそも会話が成立しない場合があります。

そのため今回の試験対策で一番重視しているのがリスニングと単語力の増強です。

今はまっているのがコレです。

NHK WORLDラジオ・ニュース番組

NHKNEWS.png


NHK自体には様々な評価があるところですが、こと語学に関してNHKワールドには勉強に最適な教材がテンコ盛りです。しかも全て無料!

NHKラジオが良いのは、ニュースなので生きた英語に触れてる感がある。日本居住者向けなので身近な話題が多い。10~15分くらいの長さなので隙間時間に勉強できる。などなど

特に最先端の時事で勉強するのは陳腐化防止の観点では大変すばらしいです。問題集の古臭い文章と違って前進感が凄くあります。使われている語句も準1級レベルくらいなので素材としても最適です。

私の勉強法ですが、まずポッドキャストでニュース音源をダウンロードして持ち歩きリスニングをしています。正直をいうと初見で全て聞き取れているわけではありません。

そこで次に行うのが、文字読みの併用です。ホームページにいけばニュースの文字情報もアップしており、ラジオの音声素材がそのままスクリプトとして掲載されていることも多いです。

ここで活躍してくれるのがグーグル君クロムをブラウザで使うと単語や文章を自動翻訳してくれるので非常に有力です。グーグル翻訳を使っても良いと思います。

グーグルクロムやグーグル翻訳が良いのはニュース素材だと一応意味が取れるレベルで訳してくれること。文学作品の翻訳はまだまだ頓珍漢なところがありますが、ニュースのような定型文はかなり良い感じです。しかも最新語をかなり正確に捕捉してくれて、安倍晋三、習近平、金正恩などの頻出人名はきちんと訳出してくれるし、連邦準備制度理事会とか石油輸出国機構とか組織名も正確です。発音の読み上げもやってくれるので、発音チェックに使うのも良いと思います。

辞書を引いて思考が中断しないは隔世の感があります。モノによっては辞書を引いた方が良いものもありますが、ニュースで使われる時事単語は標準的な意味で使われているのでグーグルで十分です。

私の勉強法をまとめると、ラジオを聴く→英文スクリプトを読む→グーグルの和訳を参考読みする→もう一度英文を読み返す→もう一度ラジオを聴き返す、これを続けると単語力、読解力、リスニング力向上につながっていく実感があります。

これは多くやればやるほど良いわけですが、NHKワールドにアップされているネタは尽きることがありません。頻出の単語は色々な場面で出てきて、重要感が良く分かるので記憶への定着もすこぶる良いです。これを真面目に続ければある程度のところまではレベルアップできるのではないかと思っています。

しかもこの作業はスマホやタブレットでも出来るので、電車の中や昼休みなどの隙間時間を有効に活用できます。

そしてタダで手軽なのが素晴らしいです。

NHK+グーグルのコラボ最強です。

語学ネタはまた折をみて投下します。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
12.13

英語学習の間違った方法と2つの王道~学び直しの英語

Category: 自分のこと
2018年12月13日
ゆきだるまです。

最近は隙間時間を活用して英語の勉強を真面目にやっています。

(前回記事)英検準1級に挑戦します!~学び直しの英語

英語は出来ないよりは出来た方が良いのは確かです。社会人になってから学び直しをされる方も多いと思いますが、問題は時間とコストをどれだけかけるか。実用を目指す人にとって語学にかけるコストパフォーマンスは重要です。

かくいうゆきだるまも過去に実用英語を目指し、色々な学習法を試してきた歴史があります。なので、語学にかけてきた時間とお金は少なくないものがあり、これらの失敗談は貴重な経験として後輩に語りつぐべく今日は筆をとります。

実用英語の目指すべき姿の一つが英会話ではないでしょうか。

ビジネスシーンで外国人と英語でやり取りが出来る。相手の発言が正確に聞き取れて、自分の意志を正しく伝えることができる。これを目指すわけです。

まずは、私が実感(実践)した語学の間違いです。

・ネイティブ(完璧)を目標にする。
・短時間での語学習得を謳う即席法に飛びつく。
・あれこれ色々な教材に手を出す。

繰り返しますが、語学は目標に対する時間とお金のバランスで考えるべきです。

語学にある程度の時間とお金は必要ですが、完璧を目指そうと思ったら泥沼です。人間の特性上、赤ちゃんの様に言語を習得するのは実際のところ不可能ですので、語学の姿勢としては外国人として相手に許容されるレベルで良しと割り切るべきです。

会話だったら多少発音が怪しくても言い回しが稚拙でも良い。逆に外国人の話す日本語は、相手に何かを伝える意志があって、こちらに聞く気があれば、発音や文法が間違っていても意味は通じるではないですか。そのレベルで良いと思っています。

次の間違いは、じゃあ簡単で良いじゃないかと書店に行って、数日で身につく英語とか、数語で話す英会話とか、英語をシャワーの様に浴びればOKとか、お手軽を謳った学習書が並んでいますが、これも全部ダメですね。

なぜダメかというとこれらは基礎力が身につくものではないから。ポツポツと単語数語だけで話そうとするのは大人が目指すべき英会話ではありませんし、英語をやみくもに毎日何時間聞いても全く聞き取れるようになどなりはしません。これは実感です。基礎力がない人は何をやってもダメです

だから教材の宣伝文句に踊らされてあれこれ買ってみるのは時間とお金の無駄です。これは実感です。基礎力のない人は何をやってもダメです。英会話スクールは行ったことがありませんが、おそらく同じだと思います。

こうして自分は語学に幾ら時間とお金を費やしてきたことか。「基礎力」という言葉を繰り返しましたが、最近になってようやくこれが何か分かりました。

基礎力とは、手短にいうと「文法力」「単語力」です。

この2つが身についていない人は、どんな勉強をしてもダメだと思います。これは長年の語学人生で学んだ貴重な結論です。

文法力とは何か。これは知識としての文法ではなくて、第〇文型といわれる英語の文型が自分の中に回路として身についているというレベルです。

外国人が身に着けるべき語学とは、文法という基礎回路に、言いたい単語を自由自在に置き換えることができる能力、とでもいったら良いのでしょうか。英語が出来る人というのは無意識にこれが出来ている人です。

以前に何度か「瞬間英作文」という教材の話をしましたが、回路としての文法力を測るうえで非常に良書です。



中学レベルの基本文型が800例ほど乗っていますが、頭で考えずに無意識レベルで瞬間的にこれらの英作文がこなせれば、最低レベルの文法力はあると思います。

正直言って30年以上前にこの本に出会いたかったです。

そして、もう一つ大事なのは「単語力」です。これは多ければ多いほど良いですし、使用頻度の高いものから身につけていくのが王道です。自分は単語だけの丸暗記は出来ないタイプなので、多読をして文章・文例の中で覚えるようにしています。

実は瞬間英作文をやり込んで、単語数を強化していったところ、リスニングが自然とできるようになってきたのは思いがけない副産物でした。音声を意味に置き換えるのも文法力と単語力なくしては出来ない技だったのです。

リスニングが苦手な人は英語の発音・音域に耳に馴染んでいないというのもありますが、同時に意味につなげられる文法力と単語力も必要だったわけです。だから基礎力がない者が幾ら英語をシャワーの様に浴びてもリスニングが出来るようにはならなかったのです。

語学は色々な人が取り組んでいて色々な流儀もあろうかと思いますが、学生時代から40年近く語学を眺めてきて、あれこれ手を出してきた者の終着駅として「文法と単語」の二つが語学の王道であると思い至っている次第です。最近になって子供と張り合って英検などを受けているのもこうした実感があってのことです。

この年になって、新たなレールを敷き直し、現在進行形で学び直しています。

次回は最近取り組んでいる学習法をご紹介したいと思います。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
12.10

英検準1級に挑戦します!~学び直しの英語

Category: 自分のこと
2018年12月10日
ゆきだるまです。

自分に投資します。

20181208準1級領収書 

語学ネタはたびたび投下してきましたが、次なる目標は英検準1級(大学中級程度)です。

背景を少しご紹介すると、一年前の丁度今頃、英検無級のゆきだるま50歳は、中学2年生の息子にバカにされたのでありました。そこで奮起して準2級で勝負を挑むことに。

(過去記事)中2の息子から売られた喧嘩を無謀にも買って出る
      英検合格!米国株投資にも役立つ学び直しの英語

その後、調子に乗って2級も取得。

(過去記事)米国株と学び直しの英語~今度は英検2級に挑戦!
      50歳を過ぎて英検2級合格!ようやく英語の勉強法が分かった

そして、今、息子が2級を受けるというので、父ゆきだるまは準1級に挑戦します。

winter-hike-1796562_640.jpg  

そもそも齢50を過ぎて、仕事で使わなそうな英語を学び直す理由は何か?

大きな理由は、単純に子供と張り合ってみたかったということ。勉強って一人でするよりもライバルがいた方が励みになるじゃないですか。子供相手だと親のメンツにかけても負けられないし、子供も親を打ち負かす格好の場です。真剣度合いが自ずと上がってきます。

それに元々が語学は嫌いではなく、あれこれカジッた結果、結局モノにならなかったので、もう一度再挑戦してみようという気持ちもあります。

そして米国株投資のバックボーンは英語の世界。英語が出来なくても株は買えますが、現地の情報を取るのに英語が出来て困ることはありません。

2020年にはオリンピック・パラリンピックもありますしね。

ケンタッキーのカーネル・サンダースや、マクドナルドのレイ・クロックも50歳を過ぎてから起業していて、定年後も人生チャンスは幾らでもあることを考えると、やはり冒頭に立ち返って自分への投資なのです。

受検料を払い、息子に再度挑戦状をタタキ付け、ブログで受検宣言をした、いつもの如く退路を断って準備が完了しました。

試験は1月27日(一次)と3月3日(二次)です。

一年間で50過ぎのオヤジが英検無級から準1級に挑戦するまでのドラマでもあります。

応援してくれたら嬉しいです。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
11.23

家族ぐるみの資産運用~イデコが我が家にやってきた!

Category: 自分のこと
2018年11月23日
ゆきだるまです。

昨日は、11月の第4木曜日、アメリカでは感謝祭(Thanksgiving Day)だったのでNY市場はお休み。そして我が日本では11月22日「良い夫婦の日」でした。相方にケーキや花束を買われて帰られた方も多いのでは?

我が家には国民年金基金連合会から個人型年金加入確認通知書が届いていました。つまりイデコの手続きが完了したということです。

ここに至るまで構想から8ヶ月

投資にまったく興味関心のない我が妻を「節税」という蜜でイデコに誘い出したのが3月中旬、それから以後は妻自身の手続失念、職場担当者の怠慢、そしてイデコの書類申請不備が折り重なった末に今日という日を迎えることができました。

(過去記事)家族ぐるみの資産運用~イデコが吹き込む春の風
      家族ぐるみの資産運用~遂に証券口座の開設完了!

昨夜は妻に各々のマイページを立ち上げて見せての開通式

business-2884023_640.jpg  

よーし、これからイデコで年金を積み立てだ!

とか、実はイデコはどうでも良いんです。

アラフィフ夫妻が60歳まで年金を積み立ててもたかだか数百万円。

真のねらいはイデコ開設のついでに立ち上げた証券口座の開設。正直いえばイデコが目的であれば証券口座は不要なのですが、ウエッブ上での両者の一体感は、非常に自然な装いとして妻の目には映っていたはずです。

まあ何はともあれ家計資産投資用の証券口座の開設も同時に完了したわけです。

これまでは自分の小遣いで遊んでいた株式投資でしたが、いよいよ巨額の休眠資産を運用するツールが手に入りました。

しかし、現時点の株式市場は大荒れ

【NYダウ株価推移】
ダウ20181122 

年初よりもマイナスに落ち込んでいるチャートを相方に見せるわけにはいきません。(本当は絶好の買い場なわけですが・・・)

まあ、しばらくイデコを運用して投資の世界に馴染みだしをしてみて「そろそろ、貯金の方も有効に運用してみようよ」と切り出そうかなと妄想しています。

その時こそ、安全度マシマシポートフォリオの出動です。

(参考記事)元本割れがNGな人に捧げる資産運用計画

家族投資計画

元本割れがNGな妻にはこのくらいの安全策が必要です。

BND(債券ETF)やPFF(優先株ETF)は値動きが安定して毎月分配金が入ってくるので資産運用効果が直ぐに実感できるはずです。仮に値下りしても分配金でカバーできるのも良いです。そして頃合いを見計らって大御所VT(全世界株式ETF)にも御登場いただくと良い感じのポートフォリオが出来上がるのではないかと思料する次第です。

家計資産を運用したいという自分の目論見は、家族の生活の枠を広げたいという思いです。貯金をするだけでは資産のマイナス管理になってしまって、発想が内向きで守りに入りがちです。ちょうど子供たちにお金が掛かり始めたところでもあり、お金が理由でやりたいことをさせてやれないのは避けたいと考えています。

分配金も本来は再投資することが望ましいわけですが、月々の生活の足しにしても良いと考えています。このポートフォリオでは実質年率3%以上の分配金が毎月入ってくるので、家計管理上はありがたい話です。

ということで、家計資産の運用は生活の充実のために、小遣いの運用は自己満足のために、それぞれ使い分けていけたら良いなと思っています。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
10.27

東京の中心で辛味と投資(脂)を叫ぶ~第1回辛味投資家の集い

Category: 自分のこと
2018年10月27日
ゆきだるまです。

50歳を超えて、人生初めてのオフ会に参加してまいりました。

メンバーは

青井ノボルさんシオイ@インデックス投資ブロガーさんてんさんゆきだるま(50音順)の四名で、自分以外の皆さんは30代の社会のコアを担う世代。一人枯れたゆきだるまではありましたが、幹事役を務めてくださった青井さんの呼びかけに勇気を奮って飛び込んでまいりました。
辛味投資家の集い02 
四人の共通点は辛味と投資(脂)。青井幹事の発案で、東京駅近傍にある火の豚・人形町店に集合ということに相成りました。火の豚さんは、ラーメンの中本(辛味)と二郎(脂)のフュージョンを提供してくれるお店。一次会はこちらにて辛味と脂を堪能いたしました。

 ã€Œç«ã®è±šã€€äººå½¢ç”ºã€ã®ç”»åƒæ¤œç´¢çµæžœ

まずは軽く同時多発飯テロなど
#辛味と投資のフュージョン

そして二次会は某高級イタリアン東京本部店に移動。本格的な投資談義となりました。

衝撃的だったのは、今までツイッターのバーチャルの世界でのお付き合いだった方々がリアルとして目の前に現れたこと。お会いする前は色々と想像を巡らせたりもしたのですが、中の人との対面はやはり衝撃でした。

率直な感想は皆さん若い!そして早くから投資を始めただけあって理知的です。既に投資歴が10年近いベテランの方々に対し、50を過ぎて投資歴2年のゆきだるまは全くの最下級生。どんな世界でもそうですが、知識・経験が豊富な先輩には学ぶところが多く、非常に有意義な時間が過ごせました。

startup-594091_640.jpg 

当日は持ち寄りの議題で、家族と投資のこと、会ってみたい投資家のこと、子供への投資教育などなど話題は尽きませんでした。ゆきだるまの最大の関心事は、家庭と投資の線引きをどうしているかということ。

ゆきだるまの妻君は投資について全く興味・関心がありません。そのため、投資に対する妻の理解がないままに細々と投資をしている有様です。隠しているわけではないのですが、何となく告げる機会もなく今に至っている次第です。

果たして、他の人はどうかというと、投資状況はオープンにしていても、奥方から投資のことをあれこれ言われることはないそうです。お三方の話を聞いて、賢者の投資だという思いに至ります。投資と家計の資産をきちんと区分し、自分の責任範囲で無理のない投資をされているということ。信頼が第一であるということを感じました。

投資のほか、ブログやツイッターにしても、夫婦双方が知っていながら、干渉し過ぎないことも長く続けるコツなのでしょう。勉強になりました。

同じ境遇の者が集まると話題になるのが”人”のこと。我々の関心は、辛味投資の始祖、すいさく氏に集中します。混沌としたツイッタランドに忽然と現れ、辛味投資のすばらしさを伝道して回るマスターすいさく。俊敏な情報察知力、卓越したコミユニケーション力。そして強大な影響力は、神の御業に違いないということになり、われわれ4人の出した結論は、すいさく氏は人(サボテン)ではない”スピリチュアルな何か”ということ。

辛味投資家の集い03 

辛味投資家は、今や巨大なバブルクラスタを形成。マスターすいさくの導きが絶えたとき、辛味バブルは跡形もなく崩れ去るということで我々の認識は一致しました。

こんなとりとめのない話をしているうちに楽しい時間はあっという間に過ぎてお開きに。

今日は、いわゆる中の人とリアルにお会い出来たこと、普段はできない投資談義を存分に出来たこと、そして火の豚で辛味投脂を共有したことなど、非常に貴重な経験ができました。

本辛味投資家の集いは、一二次会合わせて1500円以内でした。コスパ最高です。

改めて、青井さん、シオイさん、てんさん、ありがとうございました。

次回は辛味投資家の総本山、中〇〇店ですね。

引き続きよろしくお願いします。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
back-to-top