2018
07.21

50歳を過ぎて英検2級合格!ようやく英語の勉強法が分かった

Category: 自分のこと
ゆきだるまです。

英検ネタは時々書いてきましたが、今度は英検2級に合格しました。

なぜ50歳を過ぎて今さら英検なのか?

理由は3つです。

1 中学生の息子のライバルそして目標になる
2 米国株の情報収集に役立つ
3 リタイア後に英語圏での生活を選択肢にもつ

元々は昨年末に中学2年生の息子に対して、当時英検無級だったゆきだるまは父親の威信を賭けて準2級で勝負に挑んだ。準2級は高校中級程度なので中学生の息子には少し高めの目標だったところ、父親が参戦してきたことで負けん気を相当刺激した。その結果、この春に両者W合格を果たした。次の2級は高校卒業程度で語彙力が相当要求されるため息子は暫く受検を控える。そして父親だけ単独で2級にステップアップをして今度はライバルから目標になることを企む。

(過去記事)
中2の息子から売られた喧嘩を無謀にも買って出る
英検合格!米国株投資にも役立つ学び直しの英語
米国株と学び直しの英語~今度は英検2級に挑戦!

勉強の成果として米国株の情報を原語で読み込みをすることが大分できるようになりました。そして新たな勉強理由に英語圏での生活を加えました。この辺のことを少しお話ししようと思います。

ゆきだるまの今の仕事は超国内的で英語力が要求される場面は殆どありません。このまま英語ができなくても困らない一生かもしれません。ただこれから少子高齢化で活力が低下していく日本にしがみついていていいのかという危機感はあります。皆さんが米国株投資を選択された理由でもあると思います。日本のマーケットに期待が持てないから世界で一番経済力の強い米国に投資をする。その延長戦上には生活そのものもあるのではないかと考えるのです。自分のリタイア後もそうですが、特に子供には英語をしっかり身に付けさせて人生の選択肢を広げておきたいと考えています。

street-sign-141396_960_720.jpg

さて、英検2級(高卒程度、TOEIC527点相当)の感想ですが、準備期間も1ヶ月未満だったので正直云うときつかったです。英語を普段の道具とされている方からすれば取るに足りない話ではありますが、英語と疎遠の環境に長くいた身としては学び直しに相当のエネルギーが必要でした。

受検勉強を通じて気づきや学びがありましたので、自分の記録として、また幾ばくかでも皆さまのご参考になるものがあればという気持ちで合格までの道のりを綴っていきたいと思います。

まず成果を先にお示しすると総合点としては86%取得できたのでまずまずかなと思います。

英検2次成績

試験科目は「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能、学校指定の検定試験だけあって、学び直しの英語としては良いモノサシになる試験でした。

私の学生の頃、今から30~40年前の勉強法は「読み」が中心で、文法と英文解釈を重視する「文法訳読方式」で学びました。これは古典研究や資料解釈には良い方法ですが、今日的な会話を重視した英語には不向きな学習を強いられてきました。

そのため「読み」は直ぐに勘を取り戻せたものの、「書く」「聞く」「話す」はこれまでやってこなかった訓練を相当やらないと太刀打ちできないと悟りました。

学校での勉強は知識の習得です。会話の様な実践的な英語が出来ないのは「知っていること」を「使えること」にするための訓練を行っていないからです。今回の勉強で痛感したのは当にそこです。

例えば野球の場合、学校の勉強はテレビで野球を観て内容が理解できるレベルだとします。英会話は実際の相手と試合ができるレベル。相当の隔たりがあると思います。試合に出るためには投げる、捕る、打つ、走るといった基礎力が最低備わっていないとダメですよね。

そこで今回徹底的にやったのが次の2冊

英語教材 

瞬間英作文
音読パッケージ

どちらも中学レベルの英語で基礎力を鍛えるのには最適と云われる教材です。

瞬間英作文は、一通りの基本文法をベースに簡単な文章が瞬間的に英作文ができるようになるまでひたすら繰り返して、日本語を英語に置換する回路をつくり上げることを目的としています。

音読パッケージは、英語のリスニング力を高めるための教材です。英会話が出来ない最大の理由はちゃんと聞けていないことにあるのだと実感しました。リスニングというのは一度限りで消えてしまう音を捉えて頭の中で瞬間的に意味に置き換える作業です。英語の文法回路が自分の中に出来上がっていないとこれが出来ないのです。なので瞬間英作文の能力がまず必要になるのです。

よく英語をシャワーのように浴びて会話が出来るようになるという学習本を本屋などで目にしますが、頭の中に英語の文法回路が備わっていない人がいくらやっても時間の無駄です。単なる雑音として右の耳から左の耳に抜けていくだけです。

正直いうと瞬間英作文はかなり完璧になりましたが、音読パッケージは2級の勉強から取り入れたので未だ不完全燃焼です。そのためスコアも英作文は満点でしたが、リスニングと会話(面接)は今一つという結果でした。

minions-363019_960_720.jpg

今回の受検の最大の成果は英語上達のための勉強法が分かったこと。投資でも同じですが自分に合った「~法」を早く自分のものにすることが成功の秘訣だと思います。英作文とリスニングの練度を上げ、更に語彙力を増強していくことで英会話が自由自在になるという手ごたえをつかみました。今は野球の試合に出るためのキャッチボールとバッティング練習が出来るようになりかけたという段階です。あとは練習を繰り返してグランドに立てる日が来るのを待つだけです。

次は英検準1級(大学中級程度、TOEIC713点相当)に挑戦しようと思っています。語彙数を2級の4千語程度から準1級の8千語程度にアップさせないといけないので、かなり努力しないと無理そうです。そのため半年近く準備して年明けの試験に挑もうと計画しています。

ちなみに英語が使えるというレベルは語彙数1万5千と云われていますので道のりはまだまだ遠いですが、勉強の仕方が分かったので後はひたすら訓練をしていくだけです。

また経過は報告したいと思います。

それでは☆彡
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:1
2018
06.03

マインドマップ~投資に役立つ読書法その2【ノート編】

Category: 自分のこと
本の虫のゆきだるまです。

昨日は投資に役立つ読書法としてフォトリーディングテクニックをご紹介しました。

今日は読んだ本の内容の整理方法としてマインドマップという方法をご紹介します。

本をせっかく読んでもそのままにしておくと記憶は風化していってしまいます。そのために読書ノートを付けられている方もいると思いますが、あとから見返した時に内容を素早くを頭の中に再現させられるのがマインドマップです。

マインドマップとは?

英国のトニー・ブザン氏が提唱した思考・発想法の一つで、ご存じの方も多いと思います。

中心になるキーワードを紙のど真ん中に書き、そこから関連する情報を枝のように周辺に伸ばしていくという方法です。これは脳の構造と非常に親和性の高い表現方法であり、これまで行ってきた黒板の字を上から下に書き写すようなノートの取り方よりも遥かに画期的です。


出典:wikipedia

さて、読書法としてマインドマップを取り上げた理由は、読んだ本の理解を深めながら内容の整理に役立つからです。昨日紹介したフォトリーディングがイメージ脳と呼ばれる右脳を使って情報を頭に取り込む方法でしたが、マインドマップも同様に右脳も使って視覚的に情報を引き出す方法です。

私が行っている本の内容のマインドマップ化は、タイトルをツリーの中心に書き、各章の見出しが第1の枝、その下の小見出しが第2の枝という順番で、キーワードを大きいものから小さいものへツリー状に書き出していくと、面白いように本の情報を頭の外に引き出すことができるようになります。

慣れてくると200ページくらいの本のマインドマップを作るのに1時間くらいで出来るようになります。

マインドマップはフォトリーディングとの相性も高く、本のキーワードを書きつける作業が、潜在意識に取り込まれた情報を引き出すのにとても役立ちます。

マインドマップは、トニー・ブザン氏が提唱する12のルールを守れば、基本的に作り方は自由です。

【マインドマップの12のルール】

・無地の紙を使う
・用紙は横長で使う
・用紙の中心から描く
・テーマはイメージで描く
・1つのブランチには1ワードだけ
・ワードは単語で書く
・ブランチは曲線で
・強調する
・関連づける
・独自のスタイルで
・創造的に
・楽しむ!

私はマインドマップを知ってからは、これまでの上下書下ろし方式のノートは作る気がしなくなりました。仕事でメモを取ったり、アイデアを練ったりするのにも使えて、非常に重宝しています。特にアイデア出しをするときは、頭の中から考えを次々と引っ張り出してこれてとても良い感じです。

マインドマップの作成方法は書籍でも色々でていますが、ネットでも情報は十分にとれます。昨日のフォトリーディングに較べてマインドマップは非常に簡単で、利便性の高いツールとして非常にオススメします!

それでは☆彡
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
06.02

フォトリーディング~投資に役立つ読書法その1【速読編】

Category: 自分のこと
本の虫のゆきだるまです。

今回は読書の話です。

本が早く読めるようになれば良いと考える人は多いはず。投資に関しても様々な本を読んでおきたいところです。でも目で字を追うスピードには限界があるし、難しい本は読むのが遅くなります。それでモチベーションが下がることが多いです。

読書 
パラダイムシフトという言葉があります。常識の転換とでも云うべき概念で、天動説から地動説に変わったことなどが例に挙げられます。

読書におけるパラダイムシフトは何かというと脳の使い方を変えてみるということです。

脳には左脳と右脳があって、左脳は論理的思考を司り動きが遅く記憶容量も限定的です。一方で右脳は直感的思考を司り高速で記憶容量は無限大です。

「フォトリーディング」と呼ばれる読書法があって、通常は左脳だけを使って行われる読書を右脳も使うことで速読を可能にするというものです。嘘くさいと思われるかもしれませんが、一応実体験しているので、ご紹介する価値はあると思っています。

タネ本はこれです。
図解!あなたもいままでの10倍速く本が読める
図解!あなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール R シーリイ/神田昌典著

予めお断りをしておくと、この本の通りに実践しても中々成功しませんでした。あれこれ自分流にアレンジして、ようやく入り口に入ったかなくらいの感じです。

読み方は大きくとらえると次のとおりです。

①本の中から知りたい情報自分の中で明確にしておく。
②文字を読むのではなく、本のページを画像として右脳(潜在意識)に焼き付ける
③次に左脳(顕在意識)を使って普通に読むと文字が浮かぶ感じでスラスラ読める。

なぜこれで早く読めるのかというと、脳の特性を活用するわけです。

脳は質問を投げかけられると答えを見つけようとする特性がある。
 例えば〇〇(キーワード)は何処に書いてあるのか、など。

脳は馴染みのある情報は受け入れやすい。逆は受け入れにくい。
 そこで、まず潜在意識に情報を落として馴染み感の土台を作っておく。
 この時に高速大容量の右脳にイメージ(画像)として保存すると都合がよい。

右脳(潜在意識)に落とした情報を目で左脳(顕在意識)に引き出す。
 再読することで右脳にスキャンした画像データから文字情報をOCRする感じ。
 事前に①の質問(トリガー)を脳に投げかけておくと引き出しやすくなる。

一番の核心部は②のページを画像として右脳に焼き付けるフォトリーディングというテクニックです。やり方は、目の焦点を合わせないようにしてぼんやりと本を眺めると左脳が閉じて右脳が開く。そこでページ全体を開きカシャカシャ写真を撮るようにして、一気にダーっと全ページを右脳にダウンロードする。

なかなか伝えするのが難しいです・・・この作業は本一冊で数分ですが、完全な集中(リラックス)状態で行わないとダウンロードに失敗していたりします。こればかりは自分で体得する必要があります。

肝心のインプレッションですが、既知の本を繰り返し読みをすると読みやすくなるという感覚です。それでも初見で一から読むよりは断然早く読めます。本のタイプも小説とかよりは、新聞、雑誌、参考書など必要な情報を抜き出したいものに向いている感じです。よくある誤解は本一冊が丸暗記できているというもので、そこまで便利ではありません。

興味があれば、本書を読まれることをお勧めします。たぶんブックオフで100円+税で買えるはずです。フォトリーディングという右脳活用ステップが難しくても、他の部分は一般の読書スキルとしても十分参考になります。

脳には無限の可能性があると考えており、フランスのリュック・ベッソン監督の映画「LUCY/ルーシー」(2014年)は非常に興味深かったです。通常の人間の脳は10%しか機能していないリミッターを解除していくと、20%で全外国語をマスター、30%で自分の細胞をコントロール、40%で空中の電波・信号を認識・・・と超能力化していくという話です。人間の脳を科学していくとAIの研究よりも得るものが大きいのではないかと思ってしまいます。



次回はマインドマップと呼ばれる右脳を使ったノート術をご紹介します。

それでは☆彡
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
05.12

米国株と学び直しの英語~今度は英検2級に挑戦!

Category: 自分のこと
3月に英検準2級を取得したゆきだるまです。

今度は2級にチャレンジします。昨日申し込みを済ませました。

準2級に合格したあと、のほほんと暮らしていたら折角の英語学習効果が薄れていくではないですか。まずいと思い急きょ試験の申し込みをしました。

試験は6月3日(日)、前回は2か月の準備期間があったのですが、既に一か月を切っています

なぜ50歳を過ぎてから突然英語なのかというと、前回は中2の息子とプライドを賭けた勝負を行い、両者合格の引き分けで終わりました。

勝ちたい。

そんな感情が頭をもたげ,、次のステージに自分を駆り立てます。息子は年明けまで英検はパスするというので、単独で孤独な勝負に挑みます。

英語を再勉強した効果は結構あって、米ヤフー・ファイナンスの記事などを読むときにグーグル翻訳に全面的に頼らなくても良くなった。機械翻訳はかなり優秀になったとはいえ、まだかなり怪しい。特に数字の変換は1ケタ狂うことがしばしばあり信用がおけない。やはり原語で当たれる方が安心感は高い。文法の土台が出来上がると、単語はポップアップ辞書の機能で何とかなるから上達したものだと思っています。

英語の文法というのは苦手な人も多いと思います。かくいう自分も文法が嫌いで英語を避けてきたタイプだからです。しかし思うのは文法なくして語学なし。よく語学啓発で文法が出来なくても会話はオーケーというものあるが、あれは疑問です。

単語を並べただけのものは意志疎通はかろうじて出来るかもしれないが会話にはならない。オウムではないのだから、どうせやるなら知的レベルの高いところを目指したい

興味があったので通訳の人の訓練法なども勉強してみたところ、参考になる話が多かった。

語学をネイティブの様に吸収できる能力があるのは赤ちゃんまでだという。大人の語学は文法というフレームが土台にあって、それに単語を置き換える作業に終始する。それを瞬間的に出来るようになるまで訓練するのが通訳業の世界らしい。確かに日本人として日本語でイン・アウトさせなければいけないのだとすると二言語を等価で置き換えるという理屈は納得できる。

文法を習得する一番の近道は英作文。完了形とか仮定法とか知識ではなく、基礎文法に基づいた英作文を頭で考えずに瞬間的に反応できるまで反復するのが良いとのこと。

それで日課として実践しているのが前にもご紹介したコレです。

どんとん話すための瞬間英作文トレーニング


「それいけ!電撃ソニック青年団」のKさんもDUO3.0とともに本書を推奨されていますが、この本は本当に良いです。中学レベルの文型を網羅していますが、結局この水準が出来ていないと話にならないということを実感しました。

試験まで時間がないので、とりあえず隙間時間を見つけてひたすら勉強します。

それでは☆彡
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
05.08

投資よりも健康が大事!GWの疲れを吹き飛ばす秘密兵器を紹介

Category: 自分のこと
健康ネタが好きなゆきだるまです。

健康って凄く大事ですよね。特に米国株投資など行っていると市場は深夜になるので、寝不足はもちろんのこと、モニターを見つめていると眼も疲れますよね。眼精疲労って結構バカにできなくて、首や肩のコリ、ひいては全身の疲労にもつながる万病の元だとか。

なので米国株投資家の皆さんは人一倍体調管理に努められた方が良いかも。健康なお金持ちを目指したいですよね。

さて、昨日から仕事が再開。長い連休を過ごした後だと何となく体のエンジンのかかりが悪いのではないでしょうか。

連休中って何だかんだで普段やらないことをやるので、それはそれで体が疲れていたりすると思います。そこで今日は体調を取り戻すためにお勧めしたいグッズがありますのでご紹介します。


コレ



凄いインパクトのパッケージですよね。定価は1200円ですがドンキで買うと980円みたいです。ネットだとアマゾンプライム以外は送料が掛かったりして割高になるかも。ゆきだるまは、ツイッターで流れてきた情報についつい惹かれて速攻でポチってしまいました。

足裏マッサージについて少し書きます。

体の変調は血のめぐりの悪さからくることが多いそうです。体のツボと呼ばれるものは複雑な人間の体の中で老廃物などが溜まって血液の流れが悪くなっている部分だとか。そこをほぐして老廃物を流して血流をよみがえらせるのがツボマッサージの基本になります。

我々がお手軽にトライできるのが足の裏。老廃物が溜まりやすく血流が悪くなりやすい場所でもあるのですが、足の裏は第二の心臓と呼ばれるほど体の機能と密接に結び付いた重要な場所でもあります。よく足裏のツボ(反射区)を示した図をみたことがあると思います。

例えば、胃の調子が悪いときは土踏まずの当たりにある対応した反射区が固くシコるようになります。ここをほぐすことで血流がよくなり悪かった部位が自然に治癒していくというものです。

体の悪い部位の反射区をほぐすのは実に痛い。時には激痛が走るほど。足裏マッサージでもリフレクソロジーと呼ばれるソフトタッチのものから、絶叫系の台湾式まで様々ですが、痛い方が効いている感じがします。

「足裏いてーよ」はマットに貼り付けた突起でツボを刺激していくものですが、色々な足ツボマットが市販されているなかで、こいつが特に優れているのは以下の点です。

大小6種類もの突起が用意されている。
突起の形とマットへの配置が絶妙過ぎる。
これで1000円程度なのは他の製品を凌駕している。

中でも一番でかい突起が凶悪過ぎです。他製品でここまで最凶な突起は見たことがありません。

さて使用感はというと

あ”!あ”!あ”!あ”!あ”!-----

絶叫とともに息遣いも荒くなります。マジで脳天まで激痛が走ります。生まれてきたことを後悔するくらい。

ひたすら続けていくとだんだんと足が暖かくなってきて、嘘みたいにすっきりします。

初日はアザが出来たと思うくらい足裏に痛みがのこりましたが、翌日のってみたら少し痛みが和らいだような、そして少しずつですがカチカチだった足裏が柔らかくなってきたような感じになります。

始めは全く無理だった大突起も今では中程度には荷重がかけられるほどに進化しました。

買って3日目ですが、今ではすっかり「足裏いてーよ」の虜に。体調が良くなっていくのを強く実感できています。頑固な膝痛がすっかり良くなったのには驚くばかり。最近の買い物の中では一番の良品でありました。

ご興味のあるかたは是非お試しを!

それでは☆彡
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
back-to-top