2018
03.19

家族ぐるみの資産運用~イデコが吹き込む春の風

Category: 自分のこと
ゆきだるまです。

投資に全く興味がない妻がイデコ(個人型確定拠出年金)に関心を示しています。

何度か記事にしましたが、我が家は妻が家計を管理しています。元本割れする商品は論外という考えから、家では投資や資産運用の話はタブーです。私の投資も小遣いの範囲で内々に営むばかりです。

(過去記事)皆さんは家族の理解を得て投資をされていますか?

イデコに対する妻の狙いは所得税の還付です。医療費控除の研究中に引っ掛かったようです。夫は投資、妻は税控除、双方の思いは違えどイデコは両者の架け橋になろうとしています。

夫婦 

先週、妻公認で社員向けのイデコセミナーに参加してきました。

帰宅した日は妻のご機嫌がうるわしくなかったので、セミナーの話をするのはやめました。タイミングは大事です。

そして週末、いつものように疲れた妻をいたわるべくマッサージをします。

和やかなムードのなかで、セミナーの話を切り出します。もちろん税制のメリットなど妻の関心の高い事柄から始めます。相手に「イエス」と云わせ続けるのは交渉の基本です。

核心の運用商品の話題になっても、いきなり株やファンドの話はしません。元本保証のある「定期預金」や「年金保険」という運用メニューがあり無リスクで税控除だけを受けることも可能という話をします。

マッサージ 

今日のマッサージは念入りです。

「ところでさ、イデコついでに資産運用も少し考えていかない?休眠預金ばかりじゃ勿体ないよね」と私

「元本保証のあるイデコの定期預金だけで良いよ」と妻

アメリカに投資すると配当金は3%くらい当たり前みたいだよ、日本じゃ考えられないよね」と私

「でもそういうのって元本割れするんでしょ」と妻

アメリカって200年右肩上がりで・・・」とタブレットで図解説明
「仮に遊休資産が1千万あったら配当金だけで年30万円」と私

「えっ?子供の塾代とか習い事とか、配当だけで出ちゃうんだ」と妻

PFFっていうのは値段が安定してて配当も5%でるらしいよ」と私

「えっ?5%」と妻

「まあ資産運用はおいおい考えるにしてイデコは申し込もうよ」と私

「わかった」
と妻

速攻でSBI証券に夫婦二人分の資料請求をかけました。

つづく といいな
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
03.08

英検合格!米国株投資にも役立つ学び直しの英語

Category: 自分のこと
ゆきだるまです。

まずご報告ですが、このたび英検準2級に目出度く合格いたしました。

英検準2級(高校中級程度)というと大したことはないのですが、ゆきだるま50歳、これまで英検無級者(TOEIC、TOEFLも同様)がいきなり挑戦するにはハードルは高かったです。中学生・高校生に交じっての受検も貴重な体験でした。

きっかけは中2の息子が準2級を受験するというので、紆余曲折があって親子一緒に受験をすることにしたのでありました。このことは以下の過去記事をご参照ください。

(受検動機)中2の息子から売られた喧嘩を無謀にも買って出る

準2級というと一通りの文法は出題対象になっていますし、長文読解、英作文、リスニング、スピーキング(二次面接)もあって、現役の学生でも多少の準備はしないと合格は難しいかと思います。

特に私の学生時代は読解中心の学習でしたし、仕事でも英語力が要求される場面が少なかったので、今回の受検は一から叩き直しでした。正直いって英作文、リスニング、スピーキングは全くダメというところからのスタートです。

今日はこの3ヶ月間、30年近くブランクがあった者の合格までの道のりを記したいと思います。

使用テキスト

いわゆる対策本:
英検準2級総合対策教本 改訂増補版 (旺文社英検書)
対策本

英語脳の鍛え直し:どんとん話すための瞬間英作文トレーニング
 

勉強法

試験が1月下旬が一次(筆記・リスニング)2月下旬が二次(面談・会話)であり申込から2ヶ月間で一次、1ケ月間で二次というかなりハードなタイムスケジュールでした。

まず時間の捻出ですが、通勤時間や昼休み、家で子供と一緒に勉強など、隙間時間を学習に充ててきました。

テキストは先の2点を主に使用。一次までの2ヶ月間などあっという間でしたので、二冊に絞ってひたすら繰返す方法をとりました。習うよりも慣れろ方式ですね。

まず対策本(300頁)は一次までに5回は繰返しました。付箋やらマーカーやら手掛かりだらけになった時に合格が確信できました。大昔に一度勉強はしているので全くのゼロからということもなく、やればやっただけ記憶って蘇ってくるものですね。

次に瞬間英作文なるテキストですが、主に二次にターゲットをおいて選びました。これは非常に優れものでした。中学の基本文法をベースに790例の英作文(発話)を反復学習するというものです。これは10回近く繰り返してようやく頭で考えずに英作文が出来るレベルまで到達しました。結局、大人の英会話って赤ちゃんの様な語学習得力がないので文法に単語を載せる作業を如何に早く出来るかが近道なのだと実感しました。

リスニングは未だに自信がないところ、対策本についてきたCDを聞き込んだくらいです。それでも瞬間英作文で文法が体に乗っかると聞く力も高くなるのを感じました。

リーディングですが、これこそ当に米国株式情報の出番です。ウオールストリートジャーナルやヤフーファイナンス(米国)を投資やブログ書きの参考に原語で読むようにしてきました。グーグルクロムをブラウザに使うとマウスポイントで辞書がポップアップされるので非常に便利でした。

結果
一次二次の総合で、父:9割、子:7割の得点でW合格でした。三カ月の準備期間にしては上出来だと思っています。親の面目も保てましたし、受検まで一緒に勉強してきたのも反抗期の子供との接し方としても良い時間を過ごせたと思います。

個人的な成果としては英語で投資情報を読むのに大分抵抗感がなくなりました。仕事でもオリンピックに向けて何かしら英語需要はありそうな気もしています。子供からは秋には2級で勝負だと新たな挑戦を突きつけられており、まだまだ英語ライフは続いていきそうです。

それでは
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
02.19

【感謝】ブログ開始から1周年~徒然なるままに~

Category: 自分のこと
ゆきだるまです。

本日2月19日で当ブログが開設1年を迎えました。
まずは、ご訪問いただいた皆さまに感謝の気持ちをお伝えします。
感謝の花 
ほぼ毎日更新を続け、

一年間で350記事 を書かせていただきました。

そもそも米国株投資もブログも初めてのアラフィフが種銭100万円でニューヨーク市場に参戦すること自体が滑稽なのですが、何とか続けてこれましたので、この一年間を振り返ってみたいと思います。

投資スタイルについて

人生経験が長いとイイトコ取りが上達の早道という知恵だけはあって、投資スタイルは、シーゲル流でもあり、バフェット流でもあり、ある時はジム・クレイマー流でもあります。また先輩投資ブロガーの方々の影響も沢山受けましたが、結局は我流、ゆきだるま流です。

(回想)我が投資の師

このブログで取り上げてきた話題も、その時々で思いついた投資哲学、運用成績、銘柄研究、市場観察、私的雑感などとりとめのない徒然草です。

(回想)投資を始めてから変化があったこと

一年をかけて試行錯誤の末にたどり着いたのが、優良高配当株への配当再投資ワールドインデックス、時にはホームラン銘柄への投機…やりたいことを詰め込んだ幕の内弁当的なポートフォリオが現在の最高到達点です。これはこれで無節操ではあるものの楽しみながら続けられる投資スタイルが確立できたと考えています。まだまだ試行錯誤は続きますので、その時はまたよろしくお願いいたします。

(回想)新たなポートフォリオを設計しました

いろいろ

ブログを書くことで得られたこと


早起きが定着
昔から朝型の人間だったのですが、毎日03時頃に起きるという生活が習慣化しました。睡眠不足とならずNY開場中にブログが書けるベストタイムを確保できました。

投資に対する考え、情報と記録の蓄積
長期投資はとても退屈です。誘惑も多くてよくブレそうになります。いまだに雰囲気で投資をしているので自分の行動をブログという形で衆目に晒すことで自らを律してきました。また曖昧な投資知識もブログを書くことで補強されましたし、投資記録もきちんとつけるようになりました。そして何よりもブログという媒体が投資の自分史をまとめるのに非常に便利なツールだということです。ブログというステージを無料でご提供いただいているFC2様には非常に感謝をしております。

一番大切なのはブログを読んで下さる読者の方々
最初は誰にも読まれなかったブログですが、毎日更新していると少しずつでも読者の方の存在を感じられるようになりました。ブログを副業に出来ない身の上としては読者の方々のアクセスやコメントが最大のモチベーションになっています。ブログ村の住民として他のブロガーの方々から受ける学びも良い刺激となっています。改めて感謝いたします。

記録 

一年間の軌跡


私の米国株投資とブログは同時一体的に進行してきました。

2017年の上げ相場の中でも我が黄金銘柄たち、エクソン・モービル、AT&T、ウエルズ・ファーゴらは実によく落ちてくれて話題にはこと欠きませんでした。

(回想)猿や犬にも劣る我が株たちよ・・・

中でもゼネラル・エレクトリック(GE)。配当半減と株価暴落は許せるもののGE解体疑惑+株の一般口座移管の噂には心底失望させられました。GE坊やには申し訳なかったですがダウの仲間たち(DIA)にGEの後始末を頼みました。

(回想)さらばGE!ダウ30(ダイアモンドDIA)に昇華せよ!

GEとの付き合いは色々な意味で勉強になりました。これも行動記録を辿っていけるのがブログの良いところで、GE投資日記は読み返すと我ながら感慨深いものがあります。

(回想)GE記事のまとめ(時系列降順)

米国株投資と銘打っているのに、ひふみプラスやJリバイブなどの日本のアクティブファンドが絶好調だったり、VTがS&P500よりも成績が良かったり、言動不一致な投資成果が多かったですね。

(回想)【最高値更新】ひふみ投信を支えるアマゾン&マイクロソフト
    VTの分配金再投資で1年半の全リターンが35%を超えた

ジム・クレイマー師の影響で高リターンのホームラン銘柄にも投資枠を設けています。賛否両論のレバレッジETFにも実験的に手を出すなど日々試行錯誤をしています。実はこそこそと日本の個別株も持っていたりしますのでご興味のある方は探してみてください。

(回想)【SPXL】S&P500ブル3倍ETFを購入

そして今、ワールド・インデックスも大事だ、ということで、VT、VTI、VWOを買い集め始めたところです。つぎはぎだらけのデススターの様なポートフォリオは今年中に完成させるつもりです。

(回想)【世界投資Ⅳ】新たなワールド・インデックスの配分を決定!

運用状況20180209-2デス・スター(建造中)


投資目標は10年後の60歳定年までに資産1200万円(元本800万円✕1.5)、その後は配当再投資で70歳までに資産2000万円にすることに設定しました。

(回想)ゆきだるま式ポートフォリオの実力検証

地平

今後について


一周年というのは一つの通過点であり、投資を続けていく傍らでブログも続けていくつもりです。毎日更新も時折りやめようかなと思うこともありますが、続けられるうちは続けていきます。途中でくじけたらご容赦ください。

(回想)【戦略転換】休むも相場なり

深夜・明け方の作業ということもあり、未だに投資もブログも家族バレしていません。隠すつもりもないのですが積極的に打ち明ける機会もなく今に至っています。健康や家族の理由で投資もブログも断念する可能性はあります。

(回想)皆さんは家族の理解を得て投資をされていますか?

試行錯誤の繰り返しで、これからも変わらないかもしれません。このブログは万人の役に立つというよりは、同じ境遇の方に共感してもらったり、人柱や反面教師となって意見や同情をいただく方がふさわしいかもしれません。

ブログとは「気づきの場」だと思っています。投資の実体験を通じた気づきを得る場であり、私自身も他の方々に何らかの気づきをご提供できればと思っています。このブログがそのような役割を果たせれば幸いです。

2年目、3年目、、、10年目もブログが残っていたら、その時こそ、ゆきだるまは、ひとかどの投資家になっているかもしれません。引き続き読者の皆さまに支えられて記事を書いていきたいと思います。

これからもよろしくお願いいたします。どうも有難うございました。
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
01.29

皆さんは家族の理解を得て投資をされていますか?

Category: 自分のこと
愛妻家のゆきだるまです。

月曜日からドキッとさせるタイトルで申し訳ありません。
GEを手放した理由とも絡むので、私の家計環境を少しお話ししておこうと思います。

まず、私の投資に対する妻の理解はノー!です。

ゆきだるまは元来が浪費家です。お金はあればあるだけ使っていました。独身の頃は特に金遣いが荒かったので、30で結婚したときの持参金はほぼゼロでした。

一方で妻はとても倹約家です。付き合っていた頃から私の放漫ぶりを見ていたため、結婚と同時に私の給与口座は召し上げられてしまいました。共働きですので双方の給与は共通会計として妻が一元的に管理し、個人的な出費は小遣い制となっています。

瞳 
結婚生活20年、妻の家計管理は万全で全く問題ありません。むしろ倹約が功を奏して貯蓄率は高めだと思います。共働き世帯では双方が応分に家計負担して後は自分のものというケースもありますが、これだと浪費家のゆきだるまは個人の財産が全く残らなくなる恐れがあるので、我が家は小遣い制で良かったと思っています。

50歳ともなればそれなりのサラリーは貰えるようになりました。小遣いも充実してきて幾らか残るようにもなってきました。そこで小遣いの残金が100万円になったのを機会に一昨年前から投資を始めてみた次第です。

この小遣い投資に妻の理解が得られていない、というよりも何も告げていないのが現状です。小遣いの使い途についてはお互い干渉しないというのが暗黙のルールとしてあって、これに胡坐をかいた形になっています。ネットで口座を開設して何となく始めてきたので、切り出すタイミングが得られずに今に至っています。

妻は倹約家と書きましたが、自分のモノも殆ど買わない人なので、傍らで無駄遣いを続けてきた私には云いたいことが山積なはずです。しかも「元本割れする投資や資産運用は論外」という性格です。

そのような妻に「実は小遣いで株を買っているんだ」などと中途半端にカミングアウトするのが一番危険です。お金をドブに捨てているとみなされて小遣い減額や投資資金没収となるのがオチです。

妻は元本割れ否定論者なのですが、例えば、住宅ローンについては、税還付の確定申告をはじめ、繰り上げ返済や金融機関の乗り換えなど普通の人が面倒に感じることでもマイナスをプラスに変えていく作業には労苦を惜しまないタイプだったりします。

ここでGE売却の話になります。先日のブログでGEが分社化・株式分割となった場合、持ち株が一般口座に移管されて確定申告が必要な事態になるかもしれないと書きました。いま私が避けたいのはこの確定申告という行為なのです。

確定申告は従来から妻の家計管理の領域であり、源泉徴収された給与から取り戻せるものがないか、毎年色々な材料を見つけては僕の分も申告をしてくれています。

その様な状況で「いやあGEっていう会社に投資したら〇〇になっちゃって確定申告が必要になんだけど、僕の申告にGEの分を加えてくれるかな?」とか絶対に無理です。

確定申告については、もっと調べれば良い知恵も見つかるかもしれませんが、妻の領分に不用意に突っ込むのは避けたい。そのため今の私には確定申告が不要なNISAか源泉徴収口座以外での投資は考えられないのです。

本音を申し上げれば、ゆくゆくは投資に対する妻の意識を改革し、埋蔵金のように眠らせている共通会計を投資に回したいという野望があります。この1月の上げ相場だけでもS&P500にフルインベストメントしていれば数百万のリターンが得られたはずです。

ただ、失敗すると家庭が崩壊しますので、もっと実績と経験を積む必要があるという分別は持ち合わせています。その意味では小遣い投資は良い修行だとも云えます。

これからやっていこうと思っているのは、「イデコで所得税を取り戻してみない?」「米国投資って元本割れのリスクが少ないみたいだね」「確定申告は次から僕がやっておくよ!」とか、妻を投資資産運用の世界に引き摺り込むことを画策中です。

ご夫婦で投資に取り組まれている方のブログなどを拝見すると、本当に素敵だなといつも羨ましく思っています。

皆さんのご家庭はいかがですか? 
独身の方には反面教師としてご参考にしていただければ幸いです。
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2017
12.01

中2の息子から売られた喧嘩を無謀にも買って出る

Category: 自分のこと
ゆきだるま50歳、2児の父親です。

中学二年生の上の子は英語が得意で夏に英検3級を取得しました。英検3級と云うと中学卒業程度なので大分進んでいることになります。

子供  

一方でゆきだるま50歳、英検無級です。子供の頃から英検制度はあったのですが、何となくスルーしてきて今に至っています。TOEICやTOEFLの受験経験もありません。英語で道を立てようとも思わなかったので、英語力を測る機会を得ずに今日まで来てしまいました。

昨日のブログで書いたところの「自己投資」を怠ってきた例です。経歴・資格欄に英検〇級、TOEIC、TOEFL〇点と書けていたら、海外で活躍するポジションにも就いていたかもしれません。ただ今いるのは極めてドメスティック(国内向き)な会社なので、英語力が重視されてこなかったのも非常に大きいです。

さて、話を本題に戻して息子との喧嘩の話です。息子は、いわゆる中二病(※)に冒されていて話がお花畑を飛んでいます。

(※)中二病(ちゅうにびょう)とは、「(日本の教育制度における)中学2年生頃の思春期に見られる、背伸びしがちな言動」を自虐する語。転じて、思春期にありがちな自己愛に満ちた空想や嗜好などを揶揄したネットスラング。「病」という表現を含むが、実際に治療の必要とされる医学的な意味での病気、または精神疾患とは無関係である。(wikipediaより)

息子は、英検3級に合格したことを鼻に掛けていつも会話は国際人気取りです。そして事もあろうか昨夜、父親に喧嘩を売ってきたのです。

「ぶっちゃけ、お父さんより僕の方が英語出来るよね。僕は英検3級だけど、お父さんは無級だし」

「何を#!」 

「くぁwせdrftgyふじこlp!!!!!!!!!!!!!!!」


年明け1月の英検準2級(高校中級程度)で勝負することになりました。

・・・

50歳で英検準2級って無謀ですか?


キャプテンハーロック 
男なら、負けるとわかっていても戦わなければならないときがある
by キャプテン・ハーロック


勝負を受けるまでのジレンマ

・口論だけで終わるのは負け犬感がある
・息子と同じ3級に自分だけ挑戦するのは落ちた時のリスクだけしかない
・息子も準2級に挑戦させることで英語力を促進できる
・自分も英語力を再強化することで米国株情報を集めやすくなる
・今からでも仕事や定年後の人生の役立つかもしれない
・切磋琢磨の中でこそ進歩はある、背水の陣を敷くしかない
・・・・

今日、申込みをして問題集を買いに行ってきます。

それでは ノシ

 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
back-to-top