2017
06.19

利上げに伴いセクター・ローテーションが始まる予感

Category: 観測
ゆきだるまです。

FRB(米連邦準備制度理事会)が6月の利上げを決定し、ドル高の気配が漂ってきました。

金利が上がれば企業活動にブレーキがかかり、またドルが買われてドル高になるので輸出が伸びなくなります。さらには投資資金が株式から安全で高金利となった債券・預貯金に流れていき、停滞した相場がやってくると考えられます。

リーマンショック(2008年)以降、基本的に相場は上昇傾向にあり、昨年秋の大統領選以後は高騰を続けてきました。S&P500指数自体が過去の平均をアウトパフォームしており、金利上昇の影響を加味すると今後は暴落する恐れもあります。

下の図はカリスマトレーダーのジム・クレイマー氏が作成した有名な「相場サイクルとトレーディング戦略」を借用したものです。実質成長率(GDP)に着目した相場サイクル図となっています。
Cyclical Investing and Trading Cycle
出典:JIM CRAMER『REAL MONEY』

この図がユニークなのは、景気動向と時々のセクター・個別銘柄の売買タイミングを示していることです。株式市場は実際の経済活動を先取りして相場に織り込んでいくため、トレーディングで成功するためには景気と相場のローテーションを上手く捕える必要がある訳です。

現時点は長い低金利状態を脱したばかりで、景気の山に向かう箇所(成長率3~4%辺り)にいる感じだと思います。金融株・消費財などの上昇銘柄を手仕舞う局面にきており、最近のハイテク株の下落がその予兆となっています。

利上げは景気過熱に対する冷却装置となるものですが、そのコントロールが難しく、過去の事例からはブレーキの踏み込みが強すぎると一気に株価が暴落する場合があるので注意が必要です。

景気が下り坂に向かうとハイテク産業などの成長株が売られて、景気の影響が少ない生活必需品やヘルスケアなど保守的な株が買われるようになるので、配当再投資による長期投資を目指す者としては、主力の保守銘柄が値上がりする前に仕込みを急いだ方が良いかもしれません。

それでは。
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

スポンサーサイト
Comment:0
2017
06.13

BIG5続落と市場観測

Category: 観測
ゆきだるまです。

ハイテク銘柄のBIG5が続落中です。

アップル【AAPL】
AAPL20170613.png 
アマゾン【AMZN】
AMZN20170613.png
フェイスブック【FB】
FB20170613.png 
アルファベット【GOOGL】
GOOGL20170613.png
マイクロソフト【MSFT】
MSFT20170613.png  

以上、BIG5を並べてみましたが総じて50日移動平均線に向かって売り込まれています。今回の変動を暴落の始まりとか景気循環の交替局面にきたという見方もありますが、業績自体が悪化している訳ではないので、私は平均からアウトパフォームした分が回帰している調整局面にあるとみています。

ハイテク銘柄の買い場がきたわけでですが、私の場合はバリュー株化したマイクロソフト【MSFT】以外は食指が動きません。あるいはバリュー株化しつつあるアップル【AAPL】が更に下がれば別ですが。

昨年のトランプ大統領選以来、全般的に高騰してきた相場ですが、エネルギー、通信、金融、ハイテクといった順番で一服してきた感じがしています。

そろそろ今月の買い付けをしたいと思っていますが、狙い目だったウエルズ・ファーゴ【WFC】、エクソン・モービル【XOM】、ゼネラル・エレクトリック【GE】、コカ・コーラ【KO】は株価が上昇傾向にあって買いにくい状況です。
今週くらいには何を買うか決めたいところです。

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
2017
06.08

売買手数料ゼロの米国ETFに注目

Category: 観測
ゆきだるまです。

少額投資家にとっては米国株は売買手数料の高さがネックです。
そのような方はマネックス証券の「ゼロETF」にご注目ください。
ウイズダムツリー社のETF 28銘柄を対象売買手数料相当額をキャッシュバックしてくれます。
投資対象も実にユニークです。

その中でも一番お勧めなのが、米国中型株配当ファンド【DON】です。
DON株価20170606

ティッカー DON
設定日   2006年6月16日
経費率   0.38%
分配金   年12回(年利回り2.4%)
保有銘柄数 405
総資産額  28億2256万ドル
組み入れ上位銘柄
DON株価構成1706  

【感想】
米国中型株400種のETFということで分散効果が高く、基準価格、分配金ともS&P500ETFを上回っています。しかも分配金は毎月分配型。しかしながら経費率が0.38%と高めなのが残念。今どきの投資信託の方が安いです。
手数料が買いだけでなく売りも実質無料となるため気軽に取引できそうです。
私ならば今年のNISA枠を使い切ったら翌年枠までのつなぎとして運用をすることなどを考えています。その場合でも経費率が高いのであくまで短期での運用かなーという感じです。
それにしても売買手数料ゼロなのは非常に有難いので、次の登場を期待しています。

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
2017
06.04

パリ協定離脱の影響

Category: 観測
ゆきだるまです。

アメリカ(トランプ大統領)が地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの離脱を表明してから米国に対する批判の声が世界中から集まっています。米国内企業でも石炭業界は協定離脱を支持する一方で、フェイスブック、アップル、グーグル、ウオルト・ディズニーなど各企業が続々と反対意見を表明しています。

確かに世界常識化した環境問題に対して大国が自国利益を理由に率先して離脱するのはイメージダウンであるし、フェアトレードの視点でも他国が環境配慮に相応のコストを投じている中で、米国企業が不公正な利益を得ているとされるのはビジネス上もマイナスになる恐れがあります。

意外に思ったのが、石炭と同じエネルギー業界にあるエクソンモービルが本件に反意を表明したことで、今や政府代表のティラーソン国務長官はエクソンモービル元CEOとして微妙な立場に挟まっている感じです。元来がスーパーグローバルに活躍している企業故に環境コストを削ってまで得られるメリットは少ないと判断したのでしょう。

さて本件ニュースとは裏腹にダウ30は最高値を更新しました。ついでながら日経平均株価もいよいよ2万円の大台に乗りましたね。パリ協定離脱を巡っては様々な企業がステージに上がってきましたが、市場的には悪材料とも好材料がつきかねるといった感じです。いずれにしても、今後の動き次第では市場に影響が出てくる話なので今は様子見といったところでしょうか。

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
2017
05.19

下がらなくて残念

Category: 観測
ゆきだるまです。

昨日は急落か!?
わくわくして、AT&T、ゼネラル・エレクトリック、ウエルズ・ファーゴの買い増しを考えましたが、前日の開始時程度まで値を戻しています。
元々AT&Tなどはトランプ施策と関連が薄かったので、釣られ売りした魚が直ぐに買い戻された感じですね。
T株価20170519
S&P500指数も値を戻していますし、為替も再びドル高に振れ始めています。
昨日は僅かに手持ちドルが足りなかったため、昼間に両替をして夜参戦してみたらこの有様でした。
一瞬の夢だと思って諦めます。

大統領のロシア疑惑に対しては特別検察官を設置して究明に当たるとのこと。大いにやってください。

昨日水準まで値が戻りましたが、AT&T、GE、WFCは買い増し候補として観察を続けます。今の水準でも魅力的な価格なので気を持ち直したら買い増すと思います。

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
back-to-top