FC2ブログ
2018
10.28

下落の底が見えたら投資のチャンス!~そんな時の最強投資法

Category: 投資哲学
 2018年10月28日
ゆきだるまです。

先週も荒れ模様でした。S&P500指数はとうとう年初来のリターンを全て掃き出し、マイナス圏に割り込みました。

【年初来のS&P500指数】
SP500 20181026 

これまで市場を牽引してきたハイテク銘柄の売りが激しく、アマゾンを筆頭に米国市場の屋台骨が揺らいでいる感じです。

【GAFA銘柄1ヶ月の騰落状況】
FAGA1ヶ月

アマゾンは先月頭の9月4日に時価総額1兆ドルを超え、最高値2050.50ドルを付けました。わずか2ヶ月足らずの先週末の終値が1642.81ドル、実に20%近い下落です。

下落相場は週明けも続くかもしれません。

投資家の皆さんの心境はどうなのでしょうか?

希代の投資家バフェット&マンガー両氏は「暴落の時にこそチャンスあり」として大きく資産を増やしてきたと言います。であれば今回の下落も暴落とまではいかないかもしれませんが、正に買い向かう場面ではないでしょうか。

ふだんブログやツイッターでは暴落待望論を唱える声が多く聞こえてきますが、実際に下落局面が始まると急に静かになったりもします。

なぜか?

下落の底が分からないから。

私も今回は果敢にもエヌ・ビディアを二度拾いにいって、保有株価は233ドル、現在価格は199ドル、僅かの間に▼15%も資産が溶けた計算です。

こういう時に「落ちてくるナイフをつかむな」「下手なナンピンすかんぴん」「頭と尻尾はくれてやれ」という格言が頭をよぎります。そして「逆張りよりも順張りの方が良い」という常識を思い知るのです。

実際のリーマンショックの時のチャートの動きをみてみましょう。ちなみにリーマンブラザース社破綻が2008年9月15日、S&P500指数の大底が2009年3月9日と云われています。

【2008年8月初~2009年3月末のS&P500指数の動き】
リーマンショックのチャート 

何度も下げ止まって反発して再び下落してを繰り返しながらメガボトムに至っています。

後から振り返ればあそこが底だったと分かりますが、それは結果論です。

今がメガボトムの手前なのか、それとももっと手前なのか・・・

あるのは無責任な憶測くらい。

金曜日の夜に投資家の方々とのオフ会に参加しました。私以外の方々は投資歴が長く、リーマンショックで痛い思いをされた方もいて貴重な体験談を聞くことが出来ました。

辛味投資家の集い02 
(昨日記事)東京の中心で辛味と投資(脂)を叫ぶ~第1回辛味投資家の集い

「リーマンの時は最大で7割の損失を出した銘柄もある。それでも退場せずに投資を続けていられるのは、当時毎月定額で積み立てていた銘柄がコンスタントに利益が出てトータルのプラスマイナスを相殺できたから。」

「下落の底も上値のピークも分からない」と全員が口をそろえ、色々な経験を経た末に積み立て投資に落ち着かれたことが印象的でした。

今年は1月に大きな調整場面がありましたが武勇伝はあまり聞こえてきません。下落中は底が見えず、反発は束の間で、気が付いたら波に一度も乗れずに通常運行に戻ってしまった人も多かったのではないでしょうか。

それでも1ヶ月近くは安値が続いていたので、毎月積み立てをしていた人は強制的に資金投入をしています。個別株にタイミング投資を仕掛けて血だらけになるよりも、インデックスファンドに淡々と資金投下していった方が安全だしきちんとリターンが出せたわけです。

災害が起きた時は目先の情報に踊らされて動き回るのが一番危険です。普段訓練した手順に従って事を進めることが結局のところ最良だったりするのです。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
09.27

株から得るリターンは配当なのか売却益なのかそれが問題だ

Category: 投資哲学
ゆきだるまです。

株から得るリターンは配当が良いのか、株を売って得た売却費が良いのか、ということを考えてみます。

girls-380618_640.jpg 

株式投資をする目的は利益を得ること、これは万人共通だと思います。されどリターンを増やす方法論は星の数ほど紹介されていますが、その確定方法、つまり出口戦略が語られているものは少ないと思います。

考えるきっかけになったのが「リターンを確定させる方法は配当金でなくても必要分の株を売却すれば良いのではないか」という意見を目にしたことでした。当たり前のことを言っているだけのことなのですが、ハッとさせられたのも事実です。

これまで配当金を重視する姿勢が強かったからです。

仮に株式投資で中間支出的な配当金というものがなければ、株はいつか必要な時に売却するものという単純な結論で良いのかもしれません。問題は配当金という悩ましい存在をどう理解していくかということです。

配当金の使い方は大きく二通りあります。

1 生活費
2 株式への再投資

資産を増やす時期は1の生活費ではなく、2の株式の再投資に活用した方が効率的です。ただし、配当金で税金を抜かれますし、配当を出す企業の業績は安定しているので株価成長が見込めないため、あまり魅力がないのが一般的です。

その代り配当が安定していれば再投資でリターンを増やすことも出来、将来の出口戦略として最大化した配当を1の生活費として充当することも出来るというメリットがあります。そのため配当再投資戦略を重視してきたこともありました。

money-2724241_640.jpg 

ここで考えたいのが元本をどうするかということ。

自分の死後に株式を子孫に相続するか、あるいは社会貢献のために寄付をするか。

相続や寄付を考えていない人、そして完全な配当生活を送れる人以外は、元本を取り崩す日が必ずくるわけです。

これはかなり重要で、特に爪に火を灯すような慎ましい生活をしてきた人などは投資人生の出口をどう描くか、いたずらに増えたお金を最後は有効な形で整理できないのだとすると、投資のために倹約してきた人生の機会損失も大きいと思います。

お金があれば、生活の充実、自分への投資など様々な使い方ができたわけですから。

sunset-970694_640.jpg 

最後に元本も使いきるのが理想形だとすれば、投資方法の選択をするのに配当重視なのか株価重視なのかは、さほど問題ではなく、いずれ取り崩すのだと割り切って自分の取れるリスクでリターンを最大化できる方法を選んだら良いわけです。

これまでは配当金重視に投資姿勢が偏っていたのですが、S&P500インデックスなどの様に右肩上がりの期待値が高い投資対象もあるのであれば、フラットに色々なリターンの形を追求してみるという考えに至っています。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
09.19

節約とケチは違う~人生を豊かに過ごすお金の使い方

Category: 投資哲学
ゆきだるまです。

節約については時々書いていますが、久しぶりに最近の心境を一つ。

投資を初めてはっきり変わったことは、お金を大切にするようになったこと。日々のチャートで少しづつ上がっていく株価を眺めていたり、少ないながらの配当金を再投資などしているとお金が愛しく思えてきたりします。

money-2696229_640.jpg 

最近の自身の行動の変化として感じているのは次のとおりです。

相場の世界に身を置いていると、お金には有効に働いてもらわないといけないといった資本家的思考が芽生えてくる。

投資は元本を用意してナンボの世界なので、現実世界で無駄遣いをしている余裕があるのなら、節約をして投資資金を捻出しようという思考回路に変わってくる。

月々の投資資金を定額で確保する習慣ができた。(←今ココ)

これは節約投資家で有名な本多静六先生の「4分の1天引貯金」に通ずる投資哲学を体得できたのかと納得してみたりしています。

例えば、新型iPhoneが出ました。街中どこへ行ってもキャンペーンをやっていて、売る方も買う方も熱狂めいたものを感じます。超豪華版のiPhone Xs Maxから値下げしたiPhone7まで12万円から5万円まで様々なラインナップがありますが、あなたならどれを選びますか?

以前の自分ならMaxまでは求めないものの、一ランク下のXsかXrか、テンの付く機種は欲しかったところ。これはブランド志向そのものですが、機能以上に名前にもお金を払おうとしていました。

今はどうかというと、おそらくiPhoneは買わない。その代わり自分が満足できるスペックのアンドロイド機種を安価で探してきて使うでしょう。実際には電話はガラケーを使い続けており、ネットは7インチタブレットでの2台持ちです。今のところこれで十分です。

他にも、衝動買いはしないとか、外食は控えるとか、ダメになったものは直ぐに買い替えるのではなくて一応は修理を試みるとか、とにかく財布からお金が出ていくとき一思案するようになりました。

しかし

節約も過度になると、ケチになる恐れがあります。

piggy-bank-1019758_640.jpg 

本来お金を出すべき場面でも出し渋るケチになるのは避けたい。

最近、節約以上にケチの兆候を自覚しつつあります。職場の呑み会を無駄に感じるとか、新しい服を買わなくなったとか、趣味や本にもお金を使わなくなったとか、等々

そうして浮かせたお金をせっせと投資につぎ込むのもいかがなものか。

必要以上にお金を使うのは避けるにしても、人生の必要経費まで削っていくと結局は自分のプラスにはなりません。お金のことを気にすると楽しめなくなる場面も多くあります。

特にお金の使い方を人は良くみているので、家庭や交友、職場でケチだと思われるのは自分で自分の首をしめているようなものです。何事もバランスは大事なのです。

adult-3086304_640.jpg 

そのためには、ケチになってきた自覚があるうちに意識を改めるべく、毎月必ず投資に回す額を守るのと同様に、毎月必ず使う額というものも決めることにしました。

新しい習慣に挑戦です。生きたお金の使い方を模索します。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:2
2018
09.17

吾唯足知の心~S&P500を超えるリターンは期待してはいけない

Category: 投資哲学
ゆきだるまです。

吾唯足知(われただたるをしる)という言葉が好きです。

 お釈迦様の知足の心を説き
 直訳をすれば「私は満足することのみを知っている」、
 かみ砕けば「貪欲を避け自分にとっての必要量を心得てよ」と解釈できます。

これを図案化したものが京都龍安寺の手水鉢に彫られ、アメリカイリノイ州のアンダーソン日本庭園のロゴマークにもなっています。

       

投資の世界では「欲豚」や「銭ゲバ投資」を改めよということですね。

では投資に当たって「足る」とはどのくらいなのか?

有名な期待利回りに、米国株式の過去の市場平均は年利7%という伝統的な数字があって、これが投資成果を測る一つの指標になっています。

【S&P500指数】
 SP500設定来 

これを実現するのがS&P500指数に連動したファンドへの投資です。

希代の投資家バフェット氏も自分の家族にはS&P500連動のETFを買うよう勧めており、万人向けの投資法と云われてます。

それでも年利7%の威力は侮れません。

複利の力はアインシュタインが人類最大の発明と呼ぶほど。

S&P500に100万円を投資してほったらかしておけば、

 10年後には  197万円(約2倍)
 20年後には  387万円(約4倍)
 30年後には  761万円(約8倍)
 40年後には1497万円(約15倍)
 50年後には2946万円(約30倍)

になる計算です。

ちなみに50年前のS&P500の指数値は100.9、現在が2905.0だから割り返すと28.8倍、ほぼ一致します。

子供が産まれたら記念植樹とかするのではなく、S&P500を買っておいてあげるのが一番の贈り物かもしれません。

box-2953722_640.jpg 

これから先の未来が7%の複利で資産が増えていくか否かは誰も保証できません。それでもプロが厳選したアクティブファンドの9割が長期ではS&P500に勝てないという実証結果を考えると、S&P500の掌から出ることは難しそうです。

であれば、あれこれ余計なことをせずにS&P500に一本化した方が合理的というもの。S&P500専門の投資家でブロガーのSPオヤジさん「S&P500で資産形成」の潔さを見習うべきではないか。

そう言いつつも、QQQを加えればリターンが上がるとか、世界分散も併用すべきとか、高配当株再投資がシーゲル流だとか、邪念を振り払うことが出来ずにいます。

これは、強欲なのか、気の迷いなのか、あるいは人間の悲しい性なのか。投資は知性ではなくて感情でしているのだとしみじみ感じている三連休でした。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
09.16

リーマンショックから10年~私が米国に投資する理由

Category: 投資哲学
ゆきだるまです。

2018年9月15日、米投資銀行大手のリーマン・ブラザース社が経営破綻してから10年目を迎えます。

lehman-brothers-financial-crisis_4420583.jpg 

私が投資を始めたのは最近のことなので、リーマン・ショックは体験していません。そのため当時の状況について語るべきものをもちませんが、それでも株価の動きをみれば、どれだけ深刻な事態かは容易に想像できます。

今、米国経済はリーマン・ショックを乗り越えて再生しました。この一事をもって米国市場に投資する価値は十分にあるわけですが、今日はその強さについて確認してみたいと思います。

【S&P500指数推移】
リーマンショック 

自分は日本で生まれて日本で育ったので、良くも悪くも日本の風土習慣に慣れ親しんでいます。日本には日本の良さがたくさんあって、国際的にも誇れる素晴らしい文化や技術を持っています。しかし、こと株式投資となると米国が最良であると考えます。

その理由は、米国が株式投資に関して世界で最も進んだ国だからです。

根底にあるのは米国が他民族国家であること。米国人は合理的な思考をもつと云われますが、先住の人たち、ヨーロッパやアフリカから来た人たち、様々な人種で成り立つ国の共通の価値観は法や規範です。個人レベルでは分かりませんが、社会システムとして日本のような目と目で通じ合う”忖度(そんたく)”が米国で成り立つとは考えにくいものがあります。

african-american-3650966_640.jpg  

それ故に民主主義と資本主義が徹底されています。国を統治するのは歴史ある王族ではなく国民が選んだ大統領、実力があれば誰でも活躍できる社会、これらを保証していることがアメリカという国の原動力なのだと思います。

裏を返せば、色々なことが自己責任です。福祉や就職が日本ほど手厚く守られていません。自分を守るという意味でも国民の金融リテラシーは必然的に高まります。だから資産運用にも意識が高いのです。

そして投資に当って最も大切な”企業は株主のために利益をあげる”という常識があります。

経営者は資本家から真剣勝負を要求されています。良い成績を上げれば莫大な報酬が得られ、ダメならば更迭されるので業績は必然的に上がっていきます。

ヒット商品ばかりも打っていられないから経営を効率化する。だからROE(自己資本利益率)が高くなる。そして稼いだ収益はすべからく事業と株主への還元が求められる。内部留保など利益の死蔵は許されない。

これがアメリカ経済の強さなのだと理解しています。

manhattan-407703_640.jpg 

2007年の金融危機からリーマンショックの底に至るまでS&P500指数は6割近く下落しました。それでも最高値に戻すまで6年足らずです。今や政府の量的緩和策も撤収され、リーマンショックは完全に過去の出来事となっています。

現在、米国企業は世界の富の過半を手にしています。世界で一番稼いでいて、株主にもきちんと還元してくれるのが米国企業です。このおこぼれに預からない手はありません。

幸いなことに、誰もがS&P500等の市場平均にベットすればかなりの確率で勝てることが分かっています。様々な資産運用方法がある中で米国企業への株式投資がリスクとリターンに最も優れています。だから私は遠い異国の地アメリカに投資をするのです。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
back-to-top