2017
07.19

ジョンソン・エンド・ジョンソン決算(2/4期)、株価上昇中

ゆきだるまです。

ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】の第2四半期決算が出ました。

特別項目を除いたEPS(1株利益)は予想を上回る1.83ドル(予想1.80ドル)でした。純利益が38億3千万ドル(予想40億ドル)、売上高が188億4千万ドル(予想189憶5千万ドル)で双方予想を下回りました。

収益には新たながん治療薬「ダルザレックス」と「イムブルビカ」への強い需要が寄与し、一方で主力薬の「レミケード」の売上高は14%減少し15億3千万ドルでした。中核部門である医薬品事業の売上高は微減の86億ドルです。

JNJ社は年間予想を引上げ、2017年のEPS(1株利益)見通しレンジを、これまでの7.00-7.15ドルから7.12-7.22ドルに上方修正しました。また年間売上高見通しのレンジ下限を754億ドルから758億ドルに引き上げました。ゴースキー最高経営責任者(CEO)は「われわれが行う投資が年後半の販売の伸びを後押しするはず」と自信をみせました。

株価は6月22日の最高値137ドルから3%超値下りしてきましたが、決算後は株価が上昇中です。

JNJ株価20170718 

JNJ 社はオピオイド系鎮痛薬のリスクを巡って6月22日にミズーリ州からの提訴を受けて以来、株価が下落していましたが、本決算で持ち直した感じです。株価の割安感を判断する200日平均移動線からは大きく乖離した状態が続いているため、暫くは買い増しをせずに様子見です。

それでは

 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

スポンサーサイト
Comment:0
2017
06.17

ジョンソン・エンド・ジョンソンから増配当(2017/06)

ゆきだるまです。

ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】から配当金が出ました。

配当額 7.56ドル(10株分・税引後)
利回り 2.65%
(実質)

1株当りの配当額は今回0.84ドル(前回0.80ドル)にアップしました。伸び率は5.00%です。
今回で連続55年の増配当となり、配当王の地位を邁進しています。

先日、インフル薬の中間試験が好結果だったことを受けて株価が一段と伸びています。
JNJ株価20160616 

ジョンソン・エンド・ジョンソンは年初来のリターンが17.5%(S&P500指数が7.6%)で日々最高値を更新中です。巷では投資するならJNJ社一本で良いとも云われる程の超優良企業ですが、現時点では市場をアウトパフォームしてしまっており買い増しをするタイミングが非常に難しくなっています。JNJ社の株はわずかな下落も見逃せません。

それでは。
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
2017
04.19

【JNJ】ジョンソン・エンド・ジョンソンが失速(1/4期決算)

ゆきだるまです。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは2月から株価が順調に伸びていましたが、4月18日発表の第1/4期の決算を受けて株価が3.5%近く落下しました。

JNJ株価20170419 

JNJ社の発表では医薬品販売が低調でEPS1.83ドル(予想1.77ドル)、売上高177.0億ドル(予想180.4憶ドル)予想に届かなかったようです。

出典:Johnson & Johnson's Weak Pharma Revenue Could Spell Doom for Rest of Sector

株価は50日移動平均線を下回りましたがまだ安値圏内とは云えません。私の保有株価は114ドルですので、200日移動平均線(赤線)を下回ったら買い増しを検討していきます。
今回の決算値だけではそこまで下がるとも思えませんが・・・

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
2017
03.27

【JNJ】世界最高だと信じている株

ゆきだるまです。

新たな試みとしてMarket Hack流を取り入れた銘柄の勉強を行ってみたいと思います。

まず第一弾はジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】です。
バンドエイド、リステリン、アキュビュー(コンタクトレンズ)でお馴染みの企業です。

【購入動機】

①株価の推移と②配当実績を御覧あれ。これだけで買う理由は十分です!

①1970年からの株価推移:青JNJ、緑S&P500   (出典:yahoo finance)
JNJ株価推移1970~

②1970年からの配当実績(1株当り配当額) (データ出典:yahoo finance)
JNJ配当実績1970~


【企業概要】
会社の歴史、規模、ビジネスの対象、信用度、体力、競合状況等のまとめ
JNJ銘柄01   

【業績確認】
 JNJ銘柄02 
JNJ銘柄03

【感想と考察】
素人でも素晴らしい企業だと分かります。
特に配当実績の美しい軌跡。企業の実力と株主還元の姿勢の現れです。
配当率は3%を下回っており高配当株とは言えませんが、その後の着実な増配が約束されており配当余力も十分でタコ配となる心配も当面ありません。
1982年にJNJ社製品のタイレノール(解熱鎮痛剤)への毒物混入事件があり、1億ドルを投じて即時に全品回収を行った同社の対応は高く評価され、企業ブランド(信頼度)を盤石なものにしました。
同社の主要3部門(薬剤部門、医療機器部門、消費製品部門)は相互に独立性が高く、投資家の間では今後の業績予測を確かなものとするため分社化を望む声があります。
株価も配当も右肩上がりであり、これだけ買ってれば良いんじゃね、って思える株です。日々の値動きの中で割安感が出たら買い増しを続けていきます。

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
2017
03.18

ジョンソン・エンド・ジョンソンから配当金(201703)

ジョンソン・エンド・ジョンソンから配当金が出ました。

7.2ドル(10株分・税引)

ジョンソン・エンド・ジョンソンは50年以上の増配当を誇る配当王銘柄です。
この10年の配当実績をみても非常に美しい一次関数を描いています。
今の配当額が4期続きましたので、次回から増額となることを期待しています。

JNJ配当実績表

株価も最高値を更新中です。
EPSも伸びており配当性向も53%と今後の余力は十分にあります。
残念ながら株価上昇に伴い配当率は下がっています。
(保有株価の配当率2.80%→現株価の配当率2.48%)
高配当を目指す投資家にとっては買いにくくなっていますが、株価と配当の成長を考えれば十分に魅力的な銘柄だと思います。


JNJ株価20170318 


配当カレンダーをつけています。今月は大口のロイヤル・ダッチ・シェルを残すばかりです。
配当金は雪だるまづくりの貴重な原資です。

配当カレンダー20170318

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
back-to-top