2018
04.18

【決算】ジョンソン&ジョンソンは安定した業績で1Qをクリア

JNJホルダーのゆきだるまです。

4月17日にヘルスケア大手のジョンソン&ジョンソン(JNJ)の2018年第1四半期決算がでました。



売上高は200億1千万ドル
前年同期の12.6%増市場予想194億6千万ドルを上回りました。抗がん剤が好調で売上高は45%増の23億1千万ドル、医薬品全体の売上高の四分の一を占めています。一方で関節リウマチ薬「レミネード」の売上高は16.9%減少し13億9千万ドルに留まりました。

各部門の売り上げは、「バンドエイド」や解熱鎮痛剤「タイレノール」を含む消費者向け製品部門の売上高は5.3%増の34億ドル、製薬部門が19.4%増の98億ドル、医療機器部門が7.5%増の68億ドルでした。
JNJ2018-1Q.png 
                      (JNJ社資料抜粋)

純利益は43億7千万ドル(1株利益1.60ドル)で前年同期44億2千万ドル(1株利益1.61ドル)を下回りましたが、特別項目を除く1株利益は2.06ドルで、市場予想の2.02ドルを上回りました。

通年の全体売上高は従来の806億ドル~814億ドルから810億ドル~818億ドルに引き上げました。

今後JNJ社は世界的なサプライチェーンの効率化を図るとともに、大型減税で得た利益を活用して米国での設備投資を15%拡大、今後4年間で総額300億ドル規模とする方針を発表しました。

株価は開場とともに下落(日本時間04時時点でー1.2%)、材料出尽くしで前日までに先付された価格が剥がれ落ちた模様です。2017年の上昇相場で利が乗り過ぎてきた感があり、1月末のヘルスケアセクターの一斉下落で値を落として以来、適正価格を探る感じで株価が逡巡しているようにも見えます。

【JNJ株価】
JNJ20180417.png 
配当は1株利益2.06ドルに対して1株配当0.84ドル、配当性向40.8%で十分な配当余力があります。例年では次の中間配当で増配当がある予定であり、最近の傾向では5~7%増にあるため中間配当は0.88~090ドルとなる見通しです。現在が連続増配当55年目であり、次回増配当で連続56年目になります。現在の配当利回りは2.58%(配当額3.36ドル/株価130ドル)です。

【JNJ各年配当額推移】
Yearly summary of dividends

JNJ社は、個別株の中でも持っていて一番安心できる銘柄です。老舗でありながら業績と株価が着実に成長していってくれていますし、各時点での配当利回りは決して高くありませんが毎年確実に増配当をしてくれます。

長期投資を前提に保有しているので日々の株価を気にしても仕方がないですが、JNJが200日移動平均線を割り込むことはレアなことなので買い水準にあると思います。

私はというと2017年の頭に113ドルの玉を買えてご機嫌だったのですが、今年初めの買い増しは一番高値142ドルでつかんでしまっています。ポートフォリオでもJNJの占有比が高いので買い増しもできず悶々とした日々を送っています。。。

それでは☆彡
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
03.16

ジョンソン&ジョンソンから配当、非の打ち所がない超優良株

ゆきだるまです。

ヘルスケア大手ジョンソン&ジョンソン(JNJ)から中間配当金が出ました。

 中間配当額 0.84ドル(税込・前期同額)
 配当利回り 2.53%(年配当額3.36ドル/現在株価132.9ドル)

【ジョンソン&ジョンソン最近株価】
JNJ20180315.png 

年初からのJNJ社の株価は冴えません。1月末の赤字決算で一段階目の下落、アマゾンのヘルスケア事業参入騒動で二段目、そして政府の利上げ観測による同時株安に引っ張られて200日線をあっさりと割り込みました。

現在は200日移動平均線をはさんで拮抗しています。株価は2017年の上昇相場に乗って値を載せ過ぎてきた部分もあり、最近の振るい落しでようやく適正水準(PER18.6)に落ち着いてきた感じです。

最近の話題といえば、2月末にオピオイド系鎮痛剤による薬物中毒まん延問題について政府が製薬会社と卸売会社に弁済を求めていくと表明したくらいで、JNJ社の株価に影響するような事態には発展していません。

2017年決算が出ましたので最近の財務諸表をみてみます。

【1株利益と1株配当の関係】
JNJ EPS,DPS比較6年 
第4四半期決算は大型減税成立を受けて、海外資産の米国還流(レパトリ)に掛る税金引当金を132億7千万ドル積んだため差引で107億1千万ドルの赤字となったわけですが、こうした特別項目を除くと2017年の1株利益7.30ドル、配当性向は49.3%と余裕をもった配当が行われてきています。

【営業キャッシュフロー・マージン】
JNJ営業CFマージン6年 
営業キャッシュフローを売上高で割った値で、キャッシュインがきちんと行われているかチェックする指標です。15%~35%が適正と云われるなかで現在は28%台にあり健全経営が行われています。

長期の動向はどうでしょうか。

【株価推移30年】
JNJ長期30年

【配当状況20年】 JNJ社HPより
Yearly summary of dividends
株価は市場平均をオーバーパフォームし続けており、配当も今年増配当が行われれば連続して56年目の増配当が行われることになります。現在の財務状況では全く問題ないでしょう。過去の実績からみると10年持っていれば配当額が倍になる銘柄です。

保有銘柄の確認の意味で決算や配当のたびに記事にしていますが、JNJ株について書くのはもの凄く退屈なのです。なぜなら、

褒めるところしかないから

いつも思うのは、何も考えずに投資するならJNJ株1本だけで良いのではないかと…

それでは
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
01.26

ジョンソン&ジョンソンを買い増した!【グランビルの法則】

ゆきだるまです。

一昨日の決算と同時に急落したジョンソン&ジョンソン(JNJ)
つい嬉しくなって10株衝動買いです。
「ジョンソン&ジョンソン」の画像検索結果
142ドルに指値を入れておいたら早速約定していました。
JNJ142指値20180124

チャートをご覧のように前日比で5%近く落ちていますが、実は年初の価格はもう少し低かったのです。年初と云えば新春の初買いはGEでありまして、昨日の決算で愕然とさせられたことから、もし後悔があるとすれば初買いはGEではなくてJNJにしておけば良かったということです。

JNJは113.65ドルで買って、昨日の142.0ドルの買い増しで保有株価は128.05ドルに上がりました。

買い増しをする時は何時もそうなのですが、価格上昇中の株を買い増すと保有株価が上がってしまって少し残念な気持ちになりますが、それでもこれからの上昇を考えれば単なる杞憂だと自分に言い聞かせています。

JNJはいつも上昇トレンドに乗っていますので買い場が見つけにくい銘柄だと云われています。買うと決めたら強い意志をもたないと中々買えない銘柄です。それでも少しでも割安に買いたいという気持ちはあります。

そこで、売買のタイミングの取り方について、米国の伝統的なテクニカル手法にグランビルの法則というがありますので簡単にご紹介します。

グランビルの法則

【JNJ株価チャート】
JNJ株価20180125 
グランビルの法則とは、1960年にジョセフ・グランビルさんが提唱された手法です。移動平均線を使った売り買いのタイミングを知る方法ですが、上昇トレンドにある米国株の場合、主に200日移動平均線を使うと良いと云われています。

200日移動平均線を株価が超えていたら割高、下回っていたら割安という具合です。

JNJの場合、200日移動平均線(赤線)を使うと133ドルラインまで下がってこないと適正水準でないということになりますが、チャートをご覧いただいても、とてもそこまでの下落は期待できません。

そこで、JNJは50日移動平均線(黒線)で株価のトレンドが見られるので、一昨日の下落では142ドルで指値を張って押し目買いをしてみたわけです。本日は早速反発してくれましたので、良い買い物が出来たと今は満足しています。

ゆきだるまはテクニカル分析は全くダメなのですが、200日移動平均線だけはいつも意識しています。基本は毎月定額の投資でポートフォリオの構築に勤しんでいますが、たまに我が保有の王道銘柄たち(GEを除く)が200日移動平均線を割ってくると心がざわめいてくるのです。

それでは
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
01.24

【赤字決算】ジョンソン&ジョンソン急落するも将来見通しOK

ゆきだるまです。

ジョンソン&ジョンソン(JNJ)の2017年第4四半期決算が発表になり、
NY市場開場とともに株価は激落!
JNJ株価20180123 
今期は赤字決算となりました。税制改革の結果を受けて特別予算として税金引当金132億7千万ドルを積んだため、純益との差し引きで107億1千万ドルの赤字となったわけです。

税制改革により企業の海外滞留資金を本国に還流(レパトリ)させる際に大幅な減税となるため、今回の税金引当金は、JNJの様な多国籍企業はレパトリで減額される税金を支払うために用意するという逆説的なものです。

これにより米国政府は、海外埋蔵金から税収を上げられるため、国内減税分を相殺できる形になります。政策効果としては1回限りのトリッキーなものなので、レパトリされた資金が上手く国内市場で回って行かないと米財政は苦しい状況になっていくことになるでしょう。

さて、話はジョンソン&ジョンソンの決算に戻します。

税金引当金の特別項目を除くと決算は良好でした。

1株利益は1.74ドルでアナリスト予想の1.72ドルを上回りました。
JNJ2017-4期EPS 
売上高は11.5%増の202億ドル、なかでも医薬品事業の伸びが大きく17.6%増の96億ドル8千万ドルでした。抗がん剤「ダラザレックス」「イムビルカ」等の伸びが寄与したほか、アクテリオン(2016年買収)の薬剤が売上げを後押ししました。

2018年の通期見通しは、調整後の1株利益が8.0~8.2ドル、売上高806億~814億ドルであり、アナリスト予想値の1株利益7.9ドル、売上高807億ドルを上回る内容でした。

JNJは持ち株の中でも筆頭の稼ぎ頭昨年は30%近いリターンを上げてくれています。配当率も現時点は2.3%程度なので目立つ存在ではありませんが、55年にわたり連続して増配を続ける配当王です。

【JNJ配当額推移】
20171215030034fd2.png
この幾何学的な配当グラフの美しさはもはや神レベルです。配当額は10年ホールドすれば2倍になります。本決算でも1株利益は増加し、2018年の業績見通しも良好なことから、今年も増配当が期待でき、連続増配当歴が56年になる見通しです。

株価も市場平均と云われるS&P500を軽くオーバーしてきました。

【JNJ株価推移】
2017121503252829b.png

ゆきだるまとしては、「個別株はJNJだけで良い」と常に思わせる安定ぶりです。S&P社の格付けでも世界でたった2つのAAAランク企業(もう一つはマイクロソフト)という折り紙付きでもあります。

ただ一つ欠点があるとするとそれは、株価が順調に上がっていて買い場が見つけにくいこと。本日株価が急落しましたが、これも材料出尽くしの一時的な利益確定の売りが入ったためだと見ており、直ぐにまた値を戻すことになりそうです。

今年もJNJは買い増しをしたいので、今日の下落は心ときめくチャンスなのですが手持ちのドルがなくて焦っています。

朝一番で両替だ!!

それでは
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2017
12.15

ジョンソン&ジョンソンから配当金、最強のリターン伝説!

ゆきだるまです。

ヘルスケア分野最大手のジョンソン&ジョンソン(JNJ)から中間配当金が出ました。

 中間配当額 0.84ドル/株(前期同額・税込)
 現在配当率 2.37%(株価141.75ドルの場合)

JNJは連続増配当55年を達成しています。

【配当実績】
JNJ配当実績~2017
美し過ぎです。何度見ても癒されます。55年間、少しもブレることなく着実に配当を増やし続けてきたJNJ。配当額は10年間で2倍です。このグラフをみると今後の配当の伸びが確信できます。

現在の配当率は2.4%と高配当とは言い難い利回りですが、配当性向は58%程度であり十分な余裕を残しています。

株価についても市場平均(S&P500)を軽くブッちぎっています。

【株価推移1970年~2017年】
JNJ株価推移1970-2017

JNJのHPには「投資計算機」なるページがあって、投資成績を算出してくれます。

【見本】
JNJ投資計算機
購入日と購入株数を入力すると現在リターンを自動計算してくれます。その際に配当金を再投資するか否かをチェックする欄もあります。見本例では1972年1月3日に100株を買って配当再投資をした場合の45年後の現在リターンを算出しています。

45年前の100株は株式分割で7996株(80倍)に、配当再投資後の現在リターンは11,589%(116倍)になります。

45年というと人生スケールから外れるので1年、5年、10年、20年の4時点での計算結果をお示しします。
期間単純リターン配当再投資後倍率
1年23.30%26.48%1.1倍
5年101.42%131.66%1.3倍
10年111.53%187.65%1.7倍
20年339.66%593.02%1.8倍

JNJの凄いのは、この計算結果が過去のものというだけでなく、未来の成績も確信させてくれるところです。20年間で配当再投資をしたら原本を加えて7倍になります。

この1年間、個別株につきあってきてゼネラル・エレクトリックの減配&暴落をはじめ様々な浮き沈みを目の当たりにしてきましたが、JNJだけが真っすぐに駆け上がっていきました。

率直な感想ですが、

個別株はJNJだけで良くね!?

と真剣に考えている今日この頃です。

それでは
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
back-to-top