FC2ブログ
2018
11.10

エクソン・モービル決算(3Q18)~原油銘柄との付き合い方

2018年11月10日
ゆきだるまです。

皆さまお久しぶりです。ブログの毎日更新をしなくなったら、市場や世間の動きをゆったり眺められるようになりました。

今週は米国議会の中間選挙があり、下院は民主党に多数議席をもっていかれ、ねじれ国会となってしまいましたね。

8日の米連邦準備理事会(FRB)声明では12月に追加利上げとなる感じです。9日の中国国家統計局発表の10月の卸売物価指数(PPI)では内需や製造業が弱まり4カ月連続で上昇が鈍化、貿易摩擦の影響が出始めています。

中間選挙が終われば株式市場は上昇相場を迎えるのが通例ですが、利上げと貿易摩擦で世界的に厳しい局面が続きそうですね。先月の市場一斉下落で株価が戻る際の上値も重たそうです。

さて、今日は先週中間決算があった石油メジャーのエクソン・モービルについて書きます。

ゆきだるまは、エクソン・モービル社の株(XOM)をポートフォリオの1割程度保有しています。XOMは必ず持ちたい株の筆頭だった時代もありましたが、最近ではすっかり不人気株に転落してしまった感があります。時価総額もかつての世界1位から10位に後退しています。

それでもXOMは年4%の高配当株ですし、財務体質もピカイチなので配当が年々増加する配当貴族銘柄として保有されている方も結構多いのではないでしょうか。インデックスファンドでも、S&P500では第7位(構成比約1.5%)、高配当株ETFのHDVでは第1位(構成比約9.7%)です。今なお米国株投資界の主要銘柄であることは間違いありません。

まずは決算をみてみます。

第3四半期の決算内容

1株利益は1.46ドル、予想1.23ドル、前年同期0.93ドルのいずれも上回りました。
また売上高は766億ドルで、前年同期611億ドルの25%アップとなりました。

非常に良好な結果でした。

【1株利益と配当額】
XOM3Q1802.png 
【売上高と営業キャッシュフロー】 単位:百万ドル
XOM3Q1801.png 

前2期の決算が連続して悪かっただけに、今期挽回できて良かったです。

今期決算の特徴は、原油価格が40%上昇、天然ガス価格が30%上昇したため収益を押し上げた形であり、生産量は前年同期で2%減少するなど、原油相場の上昇に救われた感じです。ちなみにエクソン社の産油量は日量380万バレルで、世界第1位の米国1300万バレルの1/4、第8位の中国に匹敵する量を誇っています。

企業活動としての特筆すべき成果や成長はありませんでしたが、キャッシュフローは良好ですので、配当ねらいであればホールドで全く問題はないでしょう。

XOMの置かれた状況と今後の展望

そもそも今、原油株を保有することについて、少し考えてみたいと思います。

【売上高と原油価格の推移・10年間】 左軸単位:百万ドル、右軸単位:ドル
XOM3Q1807.png
上のグラフは過去10年間のエクソン社の売上高と原油価格(年平均)の関係を示したものです。両者には非常に高い相関関係があることが分かります。2014年に原油相場が大幅に下落しており売り上げも大きく下がっています。これはシェールオイルの供給が本格化したためで従来の原油相場を大きく変えるエポックでした。

【XOM株価・10年間+2018年】
XOM2018110902.png 
株価も呼応して2014年から2016年にかけて大きく下落しています。2016年以降は原油相場の回復以上に株価の値戻しが進んでいます。これはどういうことなのでしょうか。

【売上高と営業キャッシュフロー】
XOM3Q1803.png 
エクソン社は売上が落ちても高いキャッシュフローを維持しています。この堅牢な財務体質があるため株価が復活しているわけです。この一年の決算をみても高い配当力が株価を下支えした形となっています。エクソン・モービル強しですね。

短期と長期の将来見通し

短期では、原油相場に業績が左右される見通しをもっています。シェールオイルが原油相場を押し下げてきましたが、その影響は頭打ちになったといわれています。それよりも、昨今ではイランやサウジアラビアなど中東問題に代表される政治的な力による需給規制、在庫量と需給調整が相場に影響を及ぼしそうです。

冒頭でも申し上げましたが、売上は原油価格に左右され、原油価格は需給量で決定します。エクソン社のように優れた財務体質があれば、原油相場が上向けば株価も上昇する傾向にあります。逆も然りです。

今はイランに対する経済制裁の一部制限解除や米国の原油在庫の増加がここ数日の原油相場を押し下げています。他にもサウジアラビアの記者殺害容疑、ロシアの増産表明など原油相場は予測が難しいです。

長期では、産油体制の確保と世界的な環境対策に注目しています。

エクソンは今後5年間で500億ドルを投じた新規油田開発を進めています。その中でも最大のテキサス・パーミアン盆地の開発では、エクソン自身がシェールオイル採掘にも進出して市場の支配権を強めていこうとしています。エクソンは民間企業でありながら国家規模の産油能力をもっており、エクソン・モービル帝国は今後も健在だと考えます。

一方で頭が痛いのは環境対策。これは石油産業にとって死活問題です。世の中では化石燃料の使用を控えて再生可能エネルギーへの転換が急速に進んでいます。将来、化石燃料の使用は完全に禁止すべき勢いで環境問題が語られることもあります。

諸説ありますが、現実的には化石燃料はなくせないと考えています。コスト面では化石燃料が有利であり続ける見通しであり、これから発展していく新興国では化石燃料の使用は増えることはあっても減ることはないからです。電気自動車への完全切り替えなどクリーンPRが盛んですが、部分的な政治的プロパガンダに終わる可能性も否めません。

ただしこれから先、規制強化など環境対策に係る社会コストの負担を強いられることは必然なので、収益性は圧迫されることになるでしょう。将来の見通しはどこまでいっても不確実さが解消されない感じです。

株式投資という視点でみた場合

エクソン社はキャッシュインが常に見込めるので配当が滞る心配はしていません。将来の成長ストーリーを描くのが難しいことから、スカッとした株価の伸びは期待できない感じです。短期では原油相場の動きに呼応してレンジ相場を形成していくものとみています。

もう一点、原油銘柄をもつ意味として、意外な効用なのですが、原油銘柄は独自の値動きをします。原油はインフレ先導株の性格があり、高配当株がメタメタになったインフレ・利上げ局面では逆に原油銘柄の株価が上がるわけです。そのため、原油銘柄は債券や不動産のようにポートフォリオを安定させるアセットの一つとして捉えることもできます。

自分の心境としては、エクソン・モービル株は、長期的な株価の成長が期待できないことから、配当を目的にキープを続けつつも、政治的な要因等で瞬間的な上げ相場がきたら手放すことも考えています。そのために国際政治と原油相場の動向には常に注目しています。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
10.16

ソフトバンク株暴落~風が吹けば油屋が儲かる?

2018年10月16日
ゆきだるまです。

 週明け月曜日の日本市場は日経平均株価は423円(1.87%)下がりで取り引きを終えました。世界株安の影響もさることながら日本にとっての泣きどころは円高懸念。米国が好景気でドル高になっていることをトランプ政権は気に入らない。米国産業保護を目的に各地で貿易摩擦を巻き起こしており、その一環で日本に当たった白羽の矢が円安ドル高の是正要求。

米ムニューシン財務長官が13日に日本にも通貨安誘導、つまり金融緩和をストップする為替条項を求める考えを表明、反旗を翻せば自動車輸出への追加関税という、いずれも日本経済にとっては打撃となる選択に市場心理が下がったものとみられています。

さらに米国の風は孫さん率いるソフトバンクグループ(9984)を直撃。前日比▼7.27%とひと際値を下げています。

【ソフトバンク9984の株価・半年】
チャート画像

その背景にあるのはサウジアラビア問題。ソフトバンクグループは2017年にサウジアラビア政府系ファンドの強力な資金援助を得て10兆円規模の投資を行うビジョン・ファンドを設立。米国がサウジアラビアと敵対する懸念が高まったため、第2のビジョンファンドの行方が怪しくなったことを受けてソフトバンク株は急落。

米国がサウジを問題視するのは、米国内で活動するサウジ国籍のジャーナリスト:ジャマル・カショギ氏失踪事件。米国政府はサウジ政府の関与を指摘。「ならず者の殺人者たち」が存在するとも言及。

サウジ政府は関与を否定していますが、米国はこれを認めず制裁措置の検討に入っています。ここで考えられるのが原油の封鎖。先のイランへの経済制裁と合わせて中東に対しては原油でのコントロールに入る可能性が高いです。

【国別の原油産出量・2017年】出典:キッズ外務省
原油産出量・国別比較 

原油相場は2014年から暴落低迷してきましたが、最近はイラン制裁、OPECの減産協調で原油相場が盛り返してきたところ、最近になって実はの在庫余りが明らかになって反落。最近の世界株安と相まって別次元の下落をしてきました。

【原油相場の動向】
WTIC20181015.png 

市場総体としてはインフレ=利上げを先導する恐れのある原油高は望まれていません。

しかしながら、自分の持ち駒としてエクソン・モービルとロイヤル・ダッチ・シェルという油屋2大巨頭が相当のボリュームを持っており政策動向にいつも揺れているところ。

高配当に魅かれて取得はしたものの、政策論争やエネルギー環境の将来性を考えると長期保有する気持ちも失せており、何とか高値になったところで売り抜けたい。

そんな不謹慎な思いを抱きつつ原油高の風が一瞬でも吹くことを心待ちにする次第。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
09.06

地球の健康を考えて今後は”アブラ(石油)少なめ”で

ゆきだるまです。

台風21号の被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。

この夏の猛暑も酷かったですよね。世界的な異常気象が相次ぎ、地球温暖化への心配が募ります。温暖化対策と云えば真っ先に思い浮かぶのが化石燃料から再生エネルギーへの切り替えです。

climate-change-2254711_640.jpg 

化石燃料企業への投資について、ゆきだるまは、エクソン・モービル(米)とロイヤル・ダッチ・シェル(蘭)を個別株として保有しています。その割合は15%近くを占め、量的にもかなりの存在感を持っています。

そこで、今日は自分の持ち株である両化石燃料銘柄を批判的にみてみようと思います。

エクソンとシェルの取得理由は、外国株投資の定番であったこと。色々な投資本や投資ブログではエクソンとシェルへの投資はお約束です。経営基盤が強固で高い収益性を誇り、配当などの株主還元も充実している、そしてインフレや景気後退に強いことなどが推奨理由としてあげられます。

しかし、温暖化対策が強く求められる21世紀の今日、化石燃料業界は長期投資に適しているのか、未来永劫安泰なのか、正直いうと疑問です。

20世紀は石油の時代と呼ばれエネルギー産業の花形でした。環境問題も深刻ではなく伸び伸びと業績を伸ばしていくことができ、株価もウナギ登りでした。しかし今では化石燃料は温暖化を誘発する負の象徴にもなっています。

国連主導で世界な枠組みを設けて炭酸ガス排出抑制に取り組み、各国政府も電気自動車や太陽光発電の推進など脱化石燃料を謳った政策を次々と打ち出しています。投資の世界にあっても公的機関を中心に環境負荷の高い企業への投資を中止するダイベストメント(Divestment:投資撤退)の動きが盛んになってきています。

米国はトランプ政権がパリ協定離脱を宣言しましたが、それに代わる自主規制はとらざるを得ず、ノーゼロで化石燃料産業を保護することは許されなくなっています。

環境対策への負荷が高まる一方で、競争にも晒された業界でもあり、シェールオイル革命は原油価格を引き下げ従来型の石油採掘の収益を圧迫してきています。2014年から原油相場は下がり続けエクソンもシェルも収益力は大きく低下しました。

両社とも頑張って配当を維持していますが、シェルは利益以上に配当を出すタコ配状態に陥っています。当然のことながら株価は冴えない日々が続きます。中東制裁やインフレなど政策上の都合で原油価格が上がった時に限って株価も上がるような状況です。

投資は将来安泰な企業に行いたいところ。社会ニーズとして厳しい目を向けられ、業界内でも熾烈な競争を強いられている化石燃料企業がその対象になり得るかは、自分の中でも微妙になっています。

ただ、温暖化対策といいつつも直ぐに化石燃料が再生エネルギーにとって代わられるとも考えておらず、産業としては相当の年月は存続していくでしょう。なので、エクソンもシェルも高い配当を生んでくれるうちは保有を続けていく考えです。

しかしながら、長期保有に対する危機感を抱いていることも事実であり、最近のポートフォリオの見直しの中でもホールドし続ける優先順位は下がってきています。何かの機会には処分していくことも視野に入りはじめているということです。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
07.28

エクソン・モービル決算~今回は期待に届かなくても仕方がない

ゆきだるまです。

石油メジャー最大手のエクソン・モービルが7月27日に第2四半期の決算を発表しました。

決算が予想値を下回ったため、株価が最大で4%近く下落しました。

【XOM株価】
XOM20180727.png 

純利益が39億5千万ドル、1株利益0.92ドル、市場予測の1.27ドルに届きませんでした。(未達率27.6%)

【売上高、営業CF】 単位:百万ドル
XOM2Q18-01.png
売上高は前年同期から常に増加しています。営業CF(キャッシュフロー)は今期77億8千万ドルで前期よりも8.6%ダウンしています。営業キャッシュフローマージン(営業CF/売上高)は11%近くあり良好です。

【1株利益、1株配当の関係】
XOM2Q18-02.png
今期の純利益が前期よりも15.0%ダウンしたため配当性向が高くなっています。2014年以降の原油相場の下落は収益を圧迫してきており配当余力が厳しくなってきています。

今期決算が予想に届かなかった理由として、上流事業の生産量が7%減少(昨年同期比)して日量360万バレルとなったことや、下流事業のうちフランス、カナダ、テキサス、サウジアラビアの主力製油所のメンテナンスに6億ドル以上を費やされたことが挙げられます。他にもパプアニューギニアの震災復興や季節的な液化ガス需要の低下も収益に影響を及ぼしています。

今後の見通しは、米国のパーミアン盆地とバケンの生産量は昨年同期比で30%増加しており、ギアナ、パーミアン、ブラジル、モザンピーク、パプアニューギニアの主要プロジェクトは長期成長計画の軌道に乗ってきています。

原油相場は上昇トレンドにあります。2014年以降の原油相場暴落による危機的状況は脱しつつあり、今期決算でも原油価格上昇が収益を上押しています。

【原油相場・週足】
原油相場20180727週足 

今期決算は製油所の大規模な定期メンテナンスが重なるなど収益減の要因は限定的です。昨日のシェルもそうでしたが今期決算は原油相場の上昇という大きな波に乗り切れてない数値で終わっていますが、逆に全体の収益バランスが取れる時期に基礎固めをしっかり行うことで、今後の収益体質を強化していくことも重要ではないかと考えます。

エネルギー株は基本的にキャッシュリッチであり、需要もコンスタントにあることから長期保有銘柄としてポートフォリオには一定量を持ちたいところです。特に高配当株の価格が下落傾向にあるなかでエネルギー株は好調です。

株価が低調だった今年の上半期までを仕込みの時期とすれば、今は配当も株価もねらえるオイシイポジションについています。当面は買い増しをせずに寝かせておいて脂が乗ってくるのを待つばかりです。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
06.15

インフレの足音、上がる金利、そして原油株の時代が来る!

XOM株主のゆきだるまです。

エクソン・モービルから中間配当がありました。1株0.77ドルから0.82ドルに増配(増配率6.5%)され、これで36年連続の増配当となります。原油株の魅力は配当の高さにあり、今回の増配当で利回りは4.0%になりました。



さて、市況観測ですが、米国は6月12日、13日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で3月に続く利上げを決定し、政策金利を1.75~2.00%まで引き上げました。物価上昇率も2%に達し、年4回の利上げも視野に入ってきています。

続く6月14日は欧州中央銀行(ECB)理事会は年内に量的緩和策を終了することを決めました。ユーロ圏においても景気拡大が物価上昇に結び付き、物価目標2%に向かいつつあります。

2008年のリーマンショックや2010年以降の欧州債務危機を受けて、欧米各国の中央銀行は異例の金融緩和策を展開してきましたが、いよいよ金融危機から脱する時がきたようです。

物価上昇は健全な経済発展上好ましい事態ではありますが、放置をしておくと物価上昇が加速してインフレを引き起こす恐れがあるため、政府は金利によってコントロールを図ることが常道となっています。

過去の経験則では経済成長と金利政策によって景気が循環していきています。その時々の産業セクターと相場の強弱も景気の波動に合わせてローテーションを繰り返してきています。下の図は米カリスマトレーダーのジム・クレイマー氏が作成した「相場サイクルとトレーディング戦略」です。各景気時点で売買すべき銘柄の目安が示してあり非常に参考になります。
Cyclical Investing and Trading Cycle
出典:JIM CRAMER『REAL MONEY』

現時点は金利引上げによって生活必需品やヘルスケアが売られている市況にあるので、図の2%水準のあたりにいると考えられます。この先の景気が加速すると頻繁な金利引き締めによって一気に波の頂点を通り過ぎて下落局面に向かうことになります。

一般に原油株はローテーションに依存せず、かつ不景気に強い銘柄と云われています。エネルギー供給は生活と産業の根幹をなすものであり、景気に左右されずに需要があるからです。

原油相場は2014年から下落に入り、原油株は最近まで不遇の時代を過ごしてきましたが、ここにきて明るい兆しが見えてきています。

原油相場の見通しとして、アナリストの分析では、原油相場は2020年に向けて見通しが大きく引き上げられています。北海ブレント先物は今年が64ドルから77ドルに、2019年は60ドルから75ドルに、2020年は65ドルから70ドルにそれぞれ上方修正されました。また米WTI原油先物の見通しは、今年が57ドルから70ドルに、2019年は58ドルから67ドルに、2020年は63ドルから64ドルに引き上げられ、市場が引き締まる中でも価格を押し上げる公算が大きいとしています。

【WTI原油相場】
WTIC20180614.png 
今後の市況は、インフレと金利による引き締めが進展していくと株式相場は相対的に低調になっていくことが予見されます。一方で、現在のインフレはコモディティである原油高がその一因を担っているとする見方もあり、この先は原油株の存在感が増してくることが考えられます。

原油株は未だ割安な状態に置かれているので、今のうちに仕込んでおいて、高い配当を得ながら来るであろう上昇の時を待ち狙っていくという二面戦略も一考ではないかと思う次第です。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
back-to-top