2017
07.06

コカ・コーラから配当金を受領

Category: 【KO】CocaCola
ゆきだるまです。

コカ・コーラ(KO)から第2四半期の中間配当がありました。

 中間配当額 6.66ドル(20株分・税引後)
 配当利回り 3.19%(平均取得株価 41.70ドル)

コカ・コーラは2017年のダウの犬の第6番銘柄となっており、この半年間のリターンは7.1%とまずまずの成績を収めています。
チャート画像
米国株式では歴史的に年利9%(インフレ調整前)で株価が上昇していますので、本年のコカ・コーラ社は株価上昇率に配当金3%を加えると十分この水準に到達しています。

コカ・コーラ社の魅力は何と云っても配当金の増加にあります。55年連続増配当の実績を誇っており長期投資にふさわしい銘柄です。
KO配当実績長期
稀代の投資家ウオーレン・バフェット氏1990年代に同社株を取得しており、30年近くたった現在では当初取得額に対する配当利回りは50%近くに及ぶと云われています。配当率50%というと2年で投資額が回収できる計算であり、もはや雪だるまが転がるというレベルではなく急坂を転げ落ちていくような感じですね。

炭酸飲料離れが進む中で今後30年が同様の成長を遂げていけるかは定かではありませんが、コカ・コーラの製法特許収入を主軸とした高いキャッシュフローは盤石だと考えますので、引き続き活躍を見守っていきます。

それでは

 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

スポンサーサイト
Comment:0
2017
04.26

コカ・コーラ 決算はイマイチ

Category: 【KO】CocaCola
ゆきだるまです。

【KO】コカ・コーラの第1・四半期決算がでました。

売上高 9,120百万ドル(予想8,870ドル、前年比▲11.3%)
EPS    0.43ドル(予想0.44ドル、前年比▲4.5%)

北米ボトリング事業の再フランチャイズ化関連費用が増大し、年内に1,200人の人員削減を行うとしています。
売上高は予想を上回ったものの8期連続減収です。
EPSは予想を下回りました。今月初めの中間配当で0.35ドル→0.37ドルに増額しており今期決算での配当性向は86%となっています。

株価は発表後に一旦下げて戻したものの微減傾向にあります。
大きく値崩れはしていないので決算落ちでの買い増し機会はなさそうです。

一方で【MCD】マクドナルドは決算が予想を上回り、株価急上昇中(最高値更新中)です。朝マック拡充が好評だったとか、コカ・コーラのセット販売も強化していただけると有難いのですが・・・

閉場後はAT&Tの決算が続きますので注視しています。

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
2017
04.06

【KO】コカ・コーラから配当(201704)

Category: 【KO】CocaCola
ゆきだるまです。

コカ・コーラから配当金が出ました。

6.66ドル(20株分・税引)

今回から中間配当が0.35ドル→0.37ドル(5.7%アップ)となりました。
保有株の配当利回りも上がります。
3.36%→3.55%(0.19%アップ、保有株価41.7ドル)

【KOの配当実績】
KO配当実績長期

増配当55年の配当王の貫禄! 美しすぎる配当状況・・・
このまま順調に配当が続くと5年後には配当利回りが1%程度アップとなりAT&Tと肩を並べることになります。

私は株を買う際の配当利回りにこだわります。
スタートの配当利回りが高くて伸びが小さいAT&Tの様な株を買うか、スタートは低くても伸びが大きいCocaColaの様な株を買うか、投資をしていて最高に楽しいと感じるところです。

配当カレンダーをつけています。
配当カレンダー20170406

年間約200ドルの配当予測に対して28%の出来高です。

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
2017
03.29

【KO】スカッと爽やかコカ・コーラ

Category: 【KO】CocaCola
ゆきだるまです。

ホームワーク第3弾はコカ・コーラ【KO】です。
コカ・コーラ、ジョージア、爽健美茶、アクエリアス、ファンタ、い・ろ・は・す、綾鷹、スプライト、シュウェップス、カナダドライ、太陽のマテ茶、紅茶花伝、からだ巡茶、グラソー、リアルゴールド、ミニッツメイド が日本ではお馴染みです。

【購入動機】
清涼飲料水のトップブランドであり、バフェット主力銘柄として不動の地位を保っています。
株価は成長を続けている。(青KO、緑S&P500)
KO株価推移長期

配当の連続増加実績55年(配当王) 現在配当率3.51%(配当$1.48/株価$42.19)
KO配当実績長期

【企業概要】
KO銘柄01 

【業績確認】
KO銘柄02 KO銘柄03 
【感想と考察】
ここ数年の売上は悪いです。
それでもバフェット長期主力銘柄55年増配実績という事実は物凄い信用力です。
秘密製法の原液販売による利益の最大化は他の追随を許さない不動のビジネスモデルを築いています。
ペプシコなどの競合他社の存在や健康志向による炭酸離れなどの不安はあります。
個人的にはコカ・コーラは健康に良くないとは思いつつも飲んでいますし、非常に身近な存在でもあるため業績を日常の肌感覚で感じることができます。
そのため、今日もコカ・コーラを飲みながら保有・買い増しを続けたいと思います。

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
2017
03.11

コカ・コーラとエクソン・モービルを買い増した!

Category: 【KO】CocaCola
ゆきだるまです。

先ほどコカ・コーラ(KO) 10株エクソン・モービル(XOM) 5株買い増ししました。

保有株状況 20170311 

コカ・コーラは3月13日(月)が配当落日だったので次回配当への駆け込み購入です。
配当額は、今回0.35$から0.37$に5.7%の増額です。
1株42.29ドルでしたので安値圏内で買えました。
私は200日移動平均線(下図赤線 出典StockCharts.com)よりも下限ならば安値圏と判断しています。

KO 20170311 

次にエクソン・モービルですが、原油の供給過多で株価は下落傾向にあります。
1ドル81.7ドルでしたので、明らかに安値圏です。
非常に良い買い物をしました。

XOM 20170311 

今回は2銘柄を買う予定はなかったのですが、配当落日間近のKOと株価下落中のXOMでいずれを選択するか非常に悩んだ挙句2銘柄購入に至りました。買付け種類を多くして手数料を増やすのはナンセンスですが、NISAでは買付手数料相当分がキャッシュバックとなります。選択の自由度が広がってマネックスさんに感謝です。

今回の買い増しで842.7ドルあった手持ちが一気に0.52ドルになってしまいました。

私は米株買付用のドルは、毎日定額で両替して為替変動の平準化を図っています。
今のところ資金的に若干の余裕があるので5千円/日を毎営業日に両替しています。

次の買い付けは4月中旬頃、10万円分くらいのドルが貯まったらにします。
それまでにバーゲン品が出たら急遽買い物をするかもしれません。

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
back-to-top