2017
10.23

【銘柄構成】一つは持っておきたい金融株

こんにちは、ゆきだるまです。

米株式市場が好調ですね。10月19日に米上院が来年度予算案(10月始期)を決定し、現政権が目指す税制改革の実現可能性が高まったと見て金融株に買いが入っています。

米国内銀行のウエルズ・ファーゴは、今月13日の前期決算発表で急落したものの再上昇に転じました。
WFC株価20171022 

金融業界は個々の業績による変動はありますが、総体的に政策や市場動向の影響を受けやすいセクターです。単純な話として景気が良ければ金融機関の利潤も増加し、不景気の場合でも政策的に景気高揚策が取られるので金融機関もその恩恵を受けることになります。

この様に社会的役割から収益機会に恵まれており、その意味で金融株は美味しい銘柄だと思っています。ポートフォリオを組む際に一つは加えておきたいところです。

時折り大きく下落することがありますので、その時が「買い」だと考えています。

それでは

 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

スポンサーサイト
Comment:0
2017
10.14

【決算】ウエルズ・ファーゴが落下

こんにちは、ゆきだるまです。

ダウ30、ナスダックが最高値を更新する中で、ウエルズ・ファーゴが急落しました。
WFC株価20171013 
13日、第3四半期の決算が発表となり純利益が18.6%減収入が4期連続で市場予測を下回りました。2007~2009年の金融危機以前から続く住宅ローンの訴訟関連費用10億ドルの計上、モーゲージ事業の低迷が決算に大きく影響しています。

売上高は219憶ドルで前年同期から2%減、市場予測224憶ドルを下回りました。純利益も46億ドルに減少、1ドル利益は1.04ドル(訴訟関連費用0.20ドル含む)で前年同期1.03ドルを若干上回りました。

モーゲージバンキング部門が37%減収、コミュニティバンキング事業の純利益は前年同期比31%減の22億ドルでした。

シュルースベリー最高財務責任者(CFO)は、2019年末までに支出を40億ドル圧縮し、削減分の半分を事業に再投資する計画だとし、配当及び自社株買いの株主還元費用は40億ドルを計上し、前期の34億ドルより増加させたと述べています。

金融機関は純利益の見通しを超えて株主還元はしないはずですので、長期保有をするうえで今回の決算は特段の問題にはならないと考えています。むしろ一日で3%も株価が下落したので買い場ではないでしょうか。

それでは

 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2017
09.07

【祝増額】ウエルズ・ファーゴから配当金

ゆきだるまです。

ウエルズ・ファーゴ【WFC】から第3・四半期の配当金を受領しました。
 7.02ドル(20株分、税引後)
 配当利回り 2.6%

中間配当金が0.38ドル→0.39ドルに2.6%増額となり、連続増配当7年目になりました!

同社は昨年9月に発生した無断口座開設事件で無断口座開設数が新たに140万口座見つかり、計約350万口座に拡大したとの推計結果を発表しました。また新たに約52万8千件のオンライン上の請求支払い登録が無断で行われた可能性も発覚しました。

さらに8月29日には住宅ローン申請の追加手数料を不当に徴収した疑いで顧客に提訴されたことも明らかになっています。訴状では銀行側の申請処理遅延の責任を顧客に転嫁して追加手数料を負担させていたというものです。

株価は現在50ドルを切り、移動平均線を大きく下回っています。
WFC 株価20170906 

一方で、8月30日に投資家ウオーレン・バフェット氏は、同社への投資に引き続き自信を持っていると言明。素晴らしい銀行だと評価し、長期投資して何ら不安は感じていないと語りました。

ウエルズ・ファーゴ社は組織浄化の途上にあり、引き続き推移を見守りたいと思います。

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2017
07.16

ウエルズ・ファーゴ・決算良好なるも株価は下落

ゆきだるまです。

第2四半期の決算シーズンが始まりました。
保有株のトップバッターは米銀大手のウエルズ・ファーゴ【WFC】です。

EPS(1株利益)が1.07ドルで予想の1.01ドルを上回り純利益が前年同期比4.5%増の54憶ドルでした。
モーゲージ部門の不振が継続して収入は18.8%減の11億5千万ドルで予想に届きませんでした。
総収入は221憶7千万ドルで、予想の224億7千万ドルを下回りました。

利益は増加したものの収入関係が予想に届かず、WFC株は前日比で▲1.1%下落しました。

イエレン連邦準備理事会(FRB)議長が、根強い低インフレで先行きの利上げは段階的になる可能性を示唆し、経済指標でも6月の消費者物価指数(CPI)が前月来横ばいで市場予測を下回ったほか、6月の小売売上高は前月比0.2%減と2カ月連続のマイナスでした。こうしたさえない米経済指標等を受け、年内の追加利上げ観測が後退したため、JPモルガンなど大手銀行が予想を上回る決算を発表したものの金融株は軒並み下落しました。

WFC社は昨年9月に発生した不正口座開設事件による訴訟や信頼回復は途上にありますが、CEO交代により株価は回復しており、トランプ施策と利上げ動向の中で株価が上下している感じです。
チャート画像

ウエルズ・ファーゴは米国内銀としての地位は安定しており、株価と配当の値上りが他社よりも期待できるため引き続き注視を続けていきます。

なお、保有株の今期決算スケジュールは次のとおりです。またレポートします。
 7月18日 ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】
 7月21日 ゼネラル・エレクトリック【GE】
 7月25日 AT&T【T】
 7月26日 コカ・コーラ【KO】
 7月27日 ロイヤル・ダッチ・シェル【RDS.B】
 7月28日 エクソン・モービル【XOM】

それでは

 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2017
07.01

【高値づかみ】ウエルズ・ファーゴを買い増した

ゆきだるまです。

2017年上半期最終日の今日、ウエルズ・ファーゴ10株を買い増ししました。

 株 価 55.40ドル(10株)
 配当率 2.47%(税引後)
WFC約定20170630  
本当は今週初めの52ドル上当りで狙っていたのですが、手持ちのドルが足りず買えずにまごまごしていると、金融株急騰がはじまって本日高値掴みな状況で約定しました。

この一週間で5%くらい上がりましたね。マネックス証券では円貨での米株買付けができず、いったんドルに両替してからの買付けとなります。為替リスクを減らすため毎営業日に定額の円ドル両替を実施していますが、こうした緊急時には対応できないのが欠点です。

2017年のNISA枠も残りわずかとなりました。保有8銘柄の均等配分を目指し、コカ・コーラと米国優先株式の買い増しを進めていきます。

ポートフォリオ20170630(WFC取得) 
それでは

 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:1
back-to-top