2018
06.07

バフェットがウエルズ・ファーゴ171万株を売却!見限ったか?

WFC株主のゆきだるまです。

6月、3の倍数月の始めには米銀行ウエルズ・ファーゴからの配当金が届きます。1株配当0.39ドル株価に対する配当利回りは現在2.8%程度で標準よりは高めです。

6日のNY相場は米中貿易摩擦が緩和されたことを受けて一斉に株価が上昇。先週末の雇用統計発表から景気高揚感の再燃も受けてウエルズ・ファーゴは前日比で2%近く上げています。

【ウエルズ・ファーゴ株価】
WFC20180606.png 
さてウエルズ・ファーゴといえば希代の投資家ウオーレン・バフェット氏をして永久保有と云わせしめたサラブレッド銘柄。2016年秋に発覚した顧客の架空口座開設事件を受け、株価が大いに低迷しても、バフェット氏は組織更生を見守るとの力強い意志表明もありました。

バフェット氏が率いるバークシャー・ハザウエイ社の保有株はバフェット・ポートフォリオとも呼ばれ投資家の注目を集めています。バフェット氏は簡単には株を売らない主義と云われていますが、見込みのなくなった株は容赦なく切り捨てられます。

先月15日に米証券取引委員会(SEC)に提出された3月末時点の保有有価証券報告書IBM株がいよいよゼロになったことが明らかになりました。ハイテク系は苦手とされるバフェット氏が始めて手をだした銘柄なだけに、バフェット氏が手放したことに対して大きく失望した投資家も非常に多いと思います。

先の報告書の中では

ウエルズ・ファーゴも171万株を売却

したというニュースが伝わってきました。最近のアップル株の買い増しで保有銘柄1位の座を奪われたことは記憶に新しいところですが、バークシャー社のウエルズ・ファーゴの保有率は14.54%から12.66%に下がりました。

バフェット氏はウエルズ・ファーゴを見限ったのか?

ウォーレン・バフェットは株主に話しかけています。
Image source: The Motley Fool.

真相は金融機関に対する出資規制。非金融会社が銀行株を10%以上保有すると商取引上の制限を受けることになるからです。最近ではウエルズ・ファーゴは積極的な自社株買いを行っていて発行株式数を大きく減らしたことから、逆にバークシャー社の保有割合が10%を超えてしまったようです。分母が減ったので分子たる自社持ち分も売却して帳尻を合わせたとのこと。

実際にバークシャー社のウエルズ・ファーゴ株の保有数は現在4億5823万株で、171万株(0.3%程度)の売却は微々たる調整の範囲でした。我々一般投資家からすると百万株単位の売却と聞くとビビりますが、スケールが違うことを思い知りました。

ということで、ウエルズ・ファーゴについては引き続きバフェット氏のご加護があるということで安心してホールドを続けられます。リアルな情報が得にくい異国の地にあって、投資界のトップに立つ人の見識は何物にも代えがたい判断材料ですが、過信は禁物ですので、日々のホームワークは怠らないようにしています。

それでは☆彡
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
04.14

【決算】ウエルズ・ファァーゴォォーなぜ落ちる?金融総崩れ!

WFCホルダーのゆきだるまです。

第1四半期決算発表のシーズンが到来しました。

昨夜は持ち株のウエルズファーゴ(WFC)のほか、JPモルガン・チェース、シティバンクグループなど金融大手の決算発表がありました。いずれも純利益が前年同期を上回る堅調な業績で一時株価が上昇したものの、米ミシガン大学が発表した4月の消費者景況感指数(暫定値)が97.8と前月比・市場予測を下回り、金融銘柄全般が下落に転じた模様。

【VFH金融セクター株価】
VFH20180413.png 

ウエルズ・ファーゴの決算概要

国内税率引下により株主帰属の純利益が5.7%増加の55億3千万ドル(前年同期52億3千万ドル)、1株利益(EPS)が1.12ドル(前期1.03ドル)に増え、市場予測1.07ドルを上回りました。EPSはこれまでの3期連続で市場予測以下を脱出。

【EPS推移】
WFC EPS経緯 

配当余力については、1株利益1.12ド1株配当0.39ドル配当性向34.8%で十分な余裕があります。

総収入は1.4%減の219億3千万ドル、融資総額は1.2%減の9473億ドル、一般消費者向けの融資や金利上昇による住宅ローンの非金利収入の減少が原因。

不祥事対応関連では自動車保険と住宅ローンをめぐる問題に関連して、米消費者金融保護局(CFPB)と通貨監督庁(OCC)から制裁金10億ドルが課せられたことを明らかにしました。最終和解内容次第では決算値の修正もあり得るとのこと。それにしても制裁金10億ドル(1000億円強)というのは桁違いですね。さすがは米国、ペナルティのインパクトも相当なものです。

ティム・スローン最高経営責任者(CEO)は「傑出したチームが自行をより良い強い企業に変え続けると確信するが、全ての問題解決には時間がかかることも認識している」と語りました。

ウエルズ・ファーゴはお買い得ゾーンに

株価は一日で3%超の下落

【WFC株価】
WFC20180413.png 

ウエルズ・ファーゴは大型減税成立を受けて年末年始にかけて株価が急上昇してきました。2月初の同時株安で含み益を一掃し、3月中旬からは200日移動平均線を割りこんでいます。

ウエルズ・ファーゴの強みは、何といってもバフェット氏寵愛の銘柄。1位のアップルに僅差で第2位の保有量を誇っています。

【バフェットポートフォリオ2017年12月末】
201803060440009bf.png
バフェット氏をして永久保有銘柄と云わせしめた優秀なビジネスフレームを持ちながら、残念なことに2年前に発生した不祥事対応で今なお揺れ動き、短期では浮かばれない状況にあります。

PERは12倍前後、配当利回りも3%を超えるなど割安であることは間違いありません。誰も見向きもしない時に仕込んでおくのが株式投資の常道だとすると、ウエルズ・ファーゴは今が旬な銘柄です。

それでは☆彡
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
03.06

ウェルズ・ファーゴから配当、バフェット銘柄2位の実力は?

ゆきだるまです。

米銀行大手のウェルズ・ファーゴ(WFC)から中間配当金を受領しました。

 中間配当額 0.39ドル(1株当り・税込、前回同額)
 年間利回り 2.71% (時価株価57.75ドルベース)
       2.90% (保有株価53.80ドルベース)

ウェルズ・ファーゴは2016年9月に行員が顧客に無断で架空口座を作成していたという事件が発覚、その後も住宅ローン手数料の不正徴収事件など不祥事が相次いで発覚しています。先の3月1日には資産運用部門のサービス手数料過大請求が内部告発で明らかになり内部調査を進めている旨の発表がありました。

次々と出される内部の膿に対して、先行きの見通しはどうでしょうか?

米投資家ウオーレン・バフェット氏は2月末のTVインタビューで「ウエルズ・ファーゴのティモシー・スローンCEOが危機を脱することに自信を持っている」と語りました。

最新のバフェット銘柄としてもアップルに並び僅差で2位を占めています。

【バークシャ・ハザウエイ・ポートフォリオ 2017年12月末時点】
バフェットポートフォリオ2017年12月末

ウェルズ・ファーゴが不祥事究明と組織再編の行方が依然として不透明な中にあって、バフェット氏の見立てが一番の安心材料になります。同社の高い経営力を評価して永久保有”とまで言わせしめた銘柄でもあります。

最近の財務成績をみてみます。

 株価収益率(PER)  :14.1倍
 自己資本利益率(ROE):11.5%

割安ながらも高い収益性を維持しています。

収益力についても

 1株利益(EPS)4.07ドル>配当額1.56=配当性向38.2%

配当余力も十分にあります。  

最近の株価動向でいくと昨年末の大型減税成立を受けて株価は一気にあがりましたが、2月初旬の同時株安で年末年始のに載せた利益を一気に履きだした感じです。それでも金融セクター全般の中での中庸性は保っています。

【昨年11月末以降のWFC社と金融セクターVFH、S&P500指数との比較】
WFC20180305比較

これから先の金利上昇場面において金融セクターは有望です。再建途上中ながらも先の四半期決算結果は良好な結果でした。米国と米国民は同銀行を見捨てていないという実感は伝わってきており長期では有力な資産になると考えています。

それでは
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
01.14

【決算】ウエルズ・ファーゴ、本年有望金融株の癒えない傷跡

ゆきだるまです。

米銀大手のウエルズ・ファーゴ(WFC)2017年第4四半期決算の発表が12日にありました。

WFCpic 20180113

営業収益前年同期の5%増254億5千万ドル、純利益前年同期の17.7%増57.4億ドルに増加しました。

1株利益(EPS)はアナリスト予想の1.06ドルを上回り1.16ドルとなりました。これは政府の税制改革により繰延税金負債の計上が不要となったこと等により、33億5千万ドルを利益に転じたことが寄与しました。年間EPSは計4.07ドル、年間配当額は計1.56ドルなので、配当性向は38.2%となり、十分な配当余力があることから本年も増配当が期待できます。

一方で顧客に無断で架空口座を作るなどの不正事件に対して、訴訟関連費用として引き続き32.5億ドルが見積もられています。

功罪入り乱れて、株価は前日比0.7%程度下落しました。

【WFC株価】
WFC株価20180112 

ウエルズ・ファーゴは、非常に堅牢な経営で知られ、かのウオーレン・バフェット氏が同社株は永久保有するとまで言わせしめた銀行です。

バフェット氏は企業の良し悪しを見分ける際に、業績以上に組織体制も大いに評価をしています。長期投資にあたっては、トップによって経営が左右されるようでは困るので、誰が経営者になっても安定した利益が出る企業が理想です。ウエルズ・ファーゴ社はコカ・コーラ社とともにバフェット氏のお眼鏡にかなった企業でした。

しかしながら、一昨年9月に行員が顧客に無断で架空の口座を作成していた事実が発覚し、その後も住宅ローンの手数料を不正徴収なども相次いで明るみに出るなど、信用の屋台骨が揺らぎまくっています。

当時の執行部と不正加担者は大粛清が行われましたが、損害保証のための訴訟は継続中であり、今回の大型減税成立で金融機関が一斉に上げ相場に入った中にあっても、どことなく暗い傷を負った感じがしています。

今のところバフェット氏は静観をしている様子なので安心はしています。

ウエルズ・ファーゴの株価も大型減税の恩恵を受けて12月から上昇中です。ポートフォリオもマイナスまで落ち込んでいた時期もありましたが、今は7%近いプラスのリターンに転じています。

飛翔  
現時点のPER(株価収益率)は15.5倍、まだまだ割安の水準にありますので、今のうちに買っておいた方が良い銘柄の一つだと思います。

それでは
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2017
12.10

大統領ツイート「ウエルズ・ファーゴの不正には厳格処分を」

ゆきだるまです。

トランプ大統領はツイッターで放言することで有名ですが、持ち株のウエルズ・ファーゴについて、こんなツイートが流れてきました。

トランプツイート:ウエルズ・ファーゴ

「ウエルズ・ファーゴ銀行が顧客らに行った悪行について、誤った報道に対して、制裁金や罰を落とすことはない。追求するし、むしろ実質的に増加させる。規制は削減するが、不正行為が発覚した時は罰則を厳しくする」

???

情報を集めてみると、「米消費者金融保護局(CFPB)が、ウエルズ・ファーゴが住宅ローン手数料の不正取得問題について、数千万ドルの罰金を科すかどうか再検討している」との報道記事にトランプ大統領が反発したものらしいです。

CFPBはオバマ政権時代に創設した組織で、現政権は組織改革に乗り出したが「消費者保護が後退する」との批判も強かったため、トランプ大統領はあえて金融機関に厳しい姿勢を見せたかったのだろうとの見方が強いようです。

それにしても、世界で最も影響力のある国のトップが思いつきでツイート(呟き)しまくるのって不思議ですね。様々な問題発言を繰り返してきても、米国の行政や経済が滞っていないのは、つまるところ


この人の発言には影響力がない


ということ。株価も動いていなかったですし・・・


逆に、影響力があり過ぎる人と云えばこの人

プーチン

「テロリストは便所に隠れていても絶対に息の根を止めてやる」とか、
「人を殺したことがありますか?」との取材に「素手で、という意味か?」と返すとか、
元KGB職員(英国で云えば007)は、おそろしあ…


何事も中庸が一番ですね。

安倍晋三

それでは

 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
back-to-top