2017
07.22

ゼネラル・エレクトリック決算 60%減益で株価急落

ゆきだるまです。

ゼネラル・エレクトリック【GE】社の第2四半期決算が発表になりました。結果は悪かったです。家電事業の売却を反映して60%近い減益株価が急落しました。
GE株価20170721
売上高は12%減の295億6千万ドル、エナジーコネクション事業の低迷が再生可能パワー事業の好調を相殺しています。一方で事業のキャッシュフローは第1四半期の4億ドルから36億ドルに改善(家電事業の売却を背景に、前年同期比では67%減少)。GE社は2018年の業務目標の再設定を11月まで延期しました。株価の低迷は当面続く見込みです。

イメルト最高経営責任者(CEO)は「GE社は第2四半期に成長が鈍く、変動の大きい環境に直面した」と発言。イメルトCEOは8月1日に退任して後任は医療部門トップのジョン・フラナリー氏(55)が内部から昇任します。

GE社は持ち株価格でー8%近く下げており、買い下がりたいところですが、ポジションバランスが悪くなるので今しばらく様子見です。

それでは

 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

スポンサーサイト
Comment:0
2017
07.07

ゼネラル・エレクトリック急落【世界売上高1%の制裁金】

ゆきだるまです。

米雇用関連指標が予想より悪く全米の市場で株価が下落しています。
その中でもひときわ下落が激しいゼネラル・エレクトリック社

GE株価20170707 

いっきに4%超も下落してくれています。

欧州連合(EU)の反トラスト当局は、ゼネラル・エレクトリック社(GE)がLMウインド買収に誤解を与える研究・開発情報を提供したとして異議告知書を送付したとのこと。これによりGE社には世界の売上高に対して最大1%の制裁金を科す可能性が出てきました。市場はこれに嫌気して一斉の売りに出ています。

GE社は年初から昨日まで13.5%下落しており、今回の4%超の下落で配当率が3.7%(税引前)に迫る勢いとなり非常に魅力的な価格です。GE株は今年の買付け終了宣言を過日行ったところですが、更に株価下落が進んだ場合に買い増しを行うか悩んでいるところです。

それでは

 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
2017
06.22

ゼネラル・エレクトリックを買い増した【本年ラスト】

ゆきだるまです。

ゼネラル・エレクトリック【GE】を10株(指値27.7ドル)買い増ししました。
GE指値20170622

GE社株の保有株状況
 保有株数   40株(今回10株取得)
 平均取得価格 27.98ドル
 配当利回り  3.09%(税引後、1株配当0.96ドル)

昨日の記事で本年のポートフォリオ構成計画を考えましたが、本日の買い増しでGE社は規定量に達したので、以後は別の保有銘柄の買い増しを進めます。

2017年ポートフォリオ 総額1万ドルの配分計画

ポートフォリオ20170622(GE40株)
次はウエルズ・ファーゴ(WFC)か米国優先株式ETF (PFF)を買う予定です。

それでは。
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
2017
06.20

ゼネラル・エレクトリックは1年でリターン15%の可能性

ゆきだるまです。

米投資情報誌バロンズはゼネラル・エレクトリック【GE】の最高経営責任者(CEO)にジョン・フラナリー氏が就任することで向こう1年で15%の投資リターンをもたらす可能性があるとの見方を示しました。

今のイメルトCEOが降板するのもリーマンショック(2008年)以降の株価を回復できていないという株主要求があったためと報道されています。下図は10年チャートです。リーマンショックではGE社の株価は85%も下落しました。
チャート画像

その後はチャートを御覧いただくとお分かりのとおりリーマン以前の株価には到達していないものの、株価は年平均25%~30%のペースで回復しておりリーマン以降にGE社の株を取得した人にとっては決して悪くないリターンです。ここ数年の株価は確かに低迷しているものの現イメルトCEOによる成果は総じて評価できるものです。

さて、新CEOのフラナリー氏は「立て直し屋」「節約家」と呼ばれ、現イメルトCEOが売却したGEキャピタルの収益を大幅に改善させた腕前の持ち主でもあり、GE再建の期待を一身に集めての登場です。

何よりも驚くのはGE社の後継者選定が2011年から6年かけて計画的に行われてきたことであり、現CEOイメルト氏の在任16年の中で1/3近い期間を次世代への引継ぎ期間としてきたことです。ワンマンな新興企業では有り得ない、歴史あるGE社だからこそできる世代交代です。(この辺りの顛末はGE社のHPが参考になります。)

GE社の経営資源は「人」であり、人材こそがあらゆる可能性を切り開くものと考えますので、フラナリー新CEOに今後の発展を託して、GE社の株の買い増しを進めていきたいと考えています。

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
2017
06.14

ゼネラル・エレクトリック【GE】のトップ交代

ゆきだるまです。

ゼネラル・エレクトリック社【GE】は、ジェフ・イメルト氏が16年にわたる最高経営責任者(CEO)の座を降りると発表しました。後任は医療部門トップのジョン・フラナリー氏(55)が内部から昇任。

新CEO就任に期待が集まり株価が跳ね上がりました。
GE株価20170614 

現CEOのイメルト氏はリーマン・ショック(2008年)で低迷した株価が未だに回復できずにおり、昨今では1株利益の達成も危ぶまれる中で、株主からの要請により今回のCEO交代に至った様子です。

GE社の徹底した人材育成と後継者育成は世界中から注目を集めています。今回のCEO選出も2011年から競争が開始されたとのこと。前回のCEO決定の際はイメルト氏を含む3名の戦いで、レースに敗れた2名が3MとホームデポのCEOとして引き抜かれたことは有名です。

GE社が世界のトップランナーに返り咲けるか否か、私も微力ながら株主の一人として新CEOの活躍を期待しています。

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
back-to-top