2017
06.18

米国株の配当月カレンダーを作成

Category: 配当
ゆきだるまです。

四半期(3ヶ月)ごとの配当って米国株の魅力の一つですよね。
配当再投資を行うためにも小まめに配当金が入ってくるのは嬉しいものです。
もっと言ってしまえば、毎月配当が入ってくると更に嬉しい

そこで毎月配当を計画する際の役に立つ配当月カレンダーなるものを作成してみました。
下の表S&P500の時価総額上位100社配当率3%以上の銘柄を抽出しています。
(合併が決定しているレイノルズアメリカンは除いています。)

【凡例】配当月:薄網〇印のセル権利落日:配当月前月で初・中・下旬で分類
配当カレンダー星取表

こうしてみると1月配当が少なく、3・6・9・12月配当が凄く多いですね。
3ヶ月おきが標準ですが、ゼネラル・エレクトリック【GE】とコカ・コーラ【KO】は不規則です。

次に自分の保有銘柄で配当月カレンダーを作成してみました。
配当月には実配当額の見込みを入れてあります。配当カレンダー星取表(保有分)

標準的な3・6・9・12月の配当が多い
です。
1月が少ないのでゼネラル・エレクトリック【GE】の保有を増やしたいところです。フィリップモリス【MO】やゼネラル・モータース【GM】の新規購入は?です。
2月も銘柄・額ともに少ないです。これもAT&T【T】を買い増すか、生活必需品が少ないのでP&G【PG】を新規追加することは考えられます。
4月も弱いです。コカ・コーラ【KO】をもっと補強ですね。4月配当銘柄も買いたいものがありません。

以上、配当の平準化という視点でみたときに、ゼネラル・エレクトリック【GE】、コカ・コーラ【KO】の買い増しを進めていく必要がありそうです。あと毎月配当の米国優先株式ETF【PFF】も増強していきたいところです。

それでは

 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

スポンサーサイト
Comment:0
back-to-top