2017
07.18

投資信託で世界投資をするならコレがお勧め

Category: 情報
ゆきだるまです。

最近、世界投資を改めて評価しています。長期の人口・経済シフトとカントリーチェンジに備えてアメリカ以外の国・地域への投資の必要性を感じているからです。

さて、世界系のインデックスファンドについて、ETFではVT(バンガード・トータル・ワールド・ストック)が最強なのはご存知のとおりですが、投資信託で何か良いものはないか色々と物色した結果がこれです。

ファンド名称信託報酬(税抜)
三井住友・DC全海外株式インデックスファンド0.25%
eMAXIS 全世界株式インデックス0.60%

信託報酬の安い三井住友がお勧めということになります。

***

両者の対象となるインデックス
MSCI ACWI(除く日本) というもの

日本円で購入可能なETFや投資信託での世界系インデックスはこれしかありません。一体、MSCI ACWI(除く日本)という指数は何か?

「MSCIコクサイ・インデックス」と「MSCIエマージング・マーケット・インデックス」の合成指数で、先進国:新興国の比率が現在は概ね90:10となっています。(5年前は85:15だったようです)米国ETFで採用されている日本を含んだ本家「MSCI ACWI」とは別モノの指数としてMSCI社で管理されています。出自を辿っていくと2011年に「上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本」(コード1554)を設定した際に登場し、日本の投資家向きにつくられた指数のようです。おそらく日本の投資家が日本株以外で世界系アセットを組む際の利便を考えて日本以外の先進国と新興国の指数を合体させたものでしょう。

そこで色々なデータから3者の比較を行ってみました。

1 対象
除く日本ACWIVT
銘柄数2,1901,3227,796
国・地域数455449
 アメリカ58.4%50.8%52.7%
 日本7.6%8.1%
 その他先進国29.3%27.5%30.2%
 新興国10.5%13.67%9.0%

2 セクター別構成
除く日本ACWIVT
金融19.1%21.2%17.7%
情報技術15.9%16.5%15.9%
ヘルスケア11.4%9.6%11.1%
一般消費財11.4%11.9%11.6%
資本財9.8%11.0%11.5%
生活必需品9.6%8.6%9.4%
エネルギー7.9%6.6%5.8%
素材5.2%5.2%5.9%
電気通信3.4%3.46%4.1%
公益事業3.3%3.1%3.1%
不動産3.0%3.0%3.8%

3 リターン・信託報酬
除く日本ACWIVT
リターン(5年平均)15.2%12.7%13.2%
信託報酬(税抜)0.25%0.33%0.11%
※リターン:除く日本は分配金を再投資した場合、他2者は分配金を合算

【感想】
投資として較べるポイントは、より多くの対象に投資しているという分散性リターンの2点となりますが、結論的には本家ACWIが一番見劣りします。分散性でいけばVTですが、リターンでは「除く日本」ということになります。投資信託で信託報酬0.25%は最安の部類に入りますし、ノーロード(売買手数料無料)で100円から買付けできるなど利便性も高いことから、三井住友の「除く日本」はかなり良い選択肢になると思います。
単なる感想としては、日本の時価総額が概ね8%くらいで「除く日本」では日本分を米国分に割り当てた印象があります。新興国投資といっても世界的にみれば概ね10%程度しか評価されていないということも分かりました。国別の時価総額割合も経年的には少しずつ変化があることが分かり、いずれアメリカ等の先進国が衰退して新興国が発展してくればファンドの構成比率も変わってくるでしょう。その時に世界分散投資をしていて良かったと思う日がくるわけです。

それでは

 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

スポンサーサイト
Comment:0
2017
07.05

今年のダウの犬は今どんな感じだろうか?

Category: 情報
ゆきだるまです。

2017年上半期が終わりましたが、今年のダウの犬はいかがお過ごしでしょうか?
(3月頃にも一度取り上げているのでご参照ください。)

ちなみにダウの犬とは

ダウ30銘柄のうち年初に不人気銘柄10種を買って年末に売却をするとS&P500指数を上回るリターンが得られる可能性が高いという投資法です。不人気銘柄は誰にも見向きもされない「ダウの負け犬」と呼ばれ、こうした負け犬を敢えて買うことから「ダウの犬」戦法と呼ばれています。

不人気銘柄の選び方は年初時点の配当率の高いものから順に10種を機械的に選び出します。また買い方は各銘柄の購入額をが等しくなるようにします。

この方法で高いリターンが出せる理由は、配当率が高い銘柄というのは株価が割安だということであり、今後の伸びしろも期待できるのでいわゆる「安く買って高く売る」ことができるというものです。実際にこれまでかなりの年でダウの犬がS&P500指数に勝利をしてきています。

さて、今年はどうかというと

【ダウの犬10種の状況】株価は7月5日時点
ダウ犬20170705 
 
各銘柄$1000分ずつ年初に購入したとすると
 現在の総リターン 1.54% < S&P500のリターン 8.47%

ダウの犬の負け!

まず通信:ベライゾン(VZ)がダメですね。次いでエネルギー:シェブロン(CVX)とエクソン・モービル(XOM)、更にIBM。今年に入って弱いところが軒並み低迷を続けています。逆に好調なのがボーイング(BA)とキャタピラー(CAT)などトランプ施策の内需拡大期待で伸びています。明暗が分かれていて差し引きでプラスが若干出ている感じです。

ちなみにダウの犬の改良版として「ダウの小犬」という投資法もあります。
ダウの小犬は少額投資家向きで、ダウの犬10銘柄の中から株価の低いものを5銘柄選ぶというものです。

【ダウの小犬5種の状況】株価は7月5日時点
ダウ小犬20170705 

各銘柄$1000分ずつ年初に購入したとすると
 現在の総リターン 0.29% < S&P500のリターン 8.47%

ダウの小犬は更に負け!
こちらはベライゾン(VZ)が一人で足を引っ張っていますね。それが無くても勝てませんが。

まとめると、今年はハイテクや内需拡大関係がトレンドで通信やエネルギーといったディフェンシブな銘柄が不調なためダウの犬には不利なようです。ただし、利上げの影響などでセクターローテーションが進むと後半戦ではダウの犬が息を吹き返してくるかも知れませんね。

それでは

 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
2017
06.26

「日経マネー」を始め各情報誌が超激安で読めるお得情報

Category: 情報
ゆきだるまです。

皆さんは投資情報をどのように入手されていますか?
新聞、書籍、ブログ、雑誌など様々だと思います。

つい先般、楽天マガジンに申込みをしました。
月額410円・年額3,888円(税込・初回月無料)で200冊の新刊雑誌が読み放題というもの。

ビジネス・経済誌として
日経マネーダイヤモンドZAi
週刊エコノミスト、週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド、Forbes JAPAN、日経トレンディ、日経ビジネスアソシエ、COURRiER Japan

ほかにも
ニューヨーク・タイムズ等のニュース・週刊誌、ライフスタイル、ファッション、グルメ・トラベル、趣味・娯楽、家事・インテリア、IT・ガジェット、スポーツ・アウトドア と各ジャンルを網羅しています。

日経マネーやダイヤモンド・ザイの様に直接の投資関係誌だけでなく、ニューヨーク・タイムズなど幅広い視点から市場動向がつかめ、出版社の有料情報であり信頼感もあります。

スマホ・タブレットにダウンロードして閲覧するタイプで、残念ながらPCでは利用できません。紙ベースの紙面なのでスマホよりもタブレットでの閲覧を推奨します。また広告や付録等の一部情報が欠如(全体の10%程度)していますが余り影響はありません。

同種のサービスとしては
dマガジンKindle Unlimited などがありますが、ページ制限やコスパ等を勘案すると楽天マガジンが一番良いようです。(「無料」を謳っているサービスもありますが、表紙と目次だけのものが多く推奨はされていません。)

日経マネーだけ定期購読しても年額7,620円(月額635円相当)ですから超お得だと思います。初回月は無料なのでまずはお試しされてみてはいかがでしょうか。

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
back-to-top