2018
06.24

投資信託でQQQに代わる米グロース株投資を考える

グロース株の存在が気になるゆきだるまです。

ゆきだるまは長期投資を基本としているため、過去の経験則から長期でリターンがとれる優良大型株とインデックスの二本立てとしていますが、ポートフォリオの1割程度は短中期で値幅が取れるいわゆるホームラン銘柄も組入れていく方針です。

これは米カリスマトレーダーのジム・クレイマー氏の教えによるもので、投資が退屈なものにならないようコテコテのスタミナ食もポートフォリオの一部に組み込んでいくというものです。

現在は、ひふみプラスがホームラン銘柄の主力に座り圧倒的なパフォーマンスを発揮してくれています。しかし、ゆきだるまも米国株投資を看板に掲げている以上は、日本のアクティブファンドに頼っているのも情けないので、新たな投資先を開拓しようと思っています。

そこで、先週末の休日はナスダック100指数に連動したETF「QQQ」を候補に挙げてみたところです。

(過去記事)休みの日に考えた「QQQ」ナスダック100という選択肢

米国市場においてナスダックは指数としても非常い強いですよね。ナスダック全3千社に投資できるETFはありませんが、時価総額100位を集めたQQQの方がパフォーマンスが上なのでその存在が光ります。

【QQQ、NASDAQ、S&P500リターン比較・1999年のQQQ設定来】
QQQ、ナスダック、SP500比較

ただ、QQQは米国産ドル建てETFで1枚175ドルもするので、少額投資家ゆきだるまには若干敷居の高い存在となっています。

そこで今日は投資信託で米グロース株投資が出来るものを探してみます。

投資信託の良さはノーロード(売買手数料無料)、100円投資などお気軽に取り組めるものが数多くあることです。一方で泣きどころは信託報酬の高さ、こればかりはETFに軍配があがり、長期投資になるとその差は大きく響いてきます。ただ短期投資でリターンが大きく期待できるのであれば、信託報酬が多少高くても目をつぶっても良いと考えています。

QQQ(≒ナスダック)に近いパフォーマンスで、ノーロード(売買手数料無料)、100円投資という条件で見つけてきたのがこの2本

netWIN GS インターネット戦略ファンドB
三菱UFJ NASDAQオープンB

インターネット戦略NASDAQオープン
設定年1999年1996年
純資産1245億円45億円
信託報酬2.05%1.64%
銘柄数37銘柄
・アマゾン:8.2%
・マイクロソフト:7.9%
・アルファベット7.7%
・フェイスブック5.1%
・アップル:4.5%
37銘柄
・マイクロソフト:9.4%
・アップル:9.2%
・アルファベット8.8%
・アマゾン:8.4%
・ザイオンズ・バンコーブ:3.4%

インターネット戦略の方は8割がIT系企業でネット関連株の成長に期待するものが組入れられています。

NASDAQオープンIT系5割、組入れ第5位には金融中堅のザイオンズ・バンコーブ、また7位にはCATV大手のコムキャスト、9位には歯科矯正装置のアライアン・テクノロジーなど多彩な顔ぶれとなっています。

各年リターンを比較してみます。

【1年リターン】青:インターネット戦略、赤:NASDAQオープン、緑:NASDAQ
チャート画像

【2年リターン】青:インターネット戦略、赤:NASDAQオープン、緑:NASDAQ
チャート画像

【5年リターン】
青:インターネット戦略、赤:NASDAQオープン、緑:NASDAQ
チャート画像

リターンは基本的にナスダック本体の動きに近いものがあります。短期1年ではインターネット戦略もNASDAQオープンももみ合っていますが、2年目ではNASDAQオープンの方が強く5年スケールでは両者の差はほぼ均衡しています。

まとめると、純資産額ではインターネット戦略の方がファンドとしての安定感は優れていますが、過去の成績や信託報酬を考えるとNASDAQオープンの方が若干優れていると結論づけられます。

本来的なグロース株への安定投資はQQQとしたいところですが、NASDAQオープン投信でも結構がんばれるのではないかと考えるこの週末です。

それでは☆彡
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
06.23

GM再生~ゼネラル・モータースは電気自動車の夢をみるか?

アメ車大好きゆきだるまです。

マッスルカー

 camaro.png  
GM-Camaro 2 Fast 2 Furious

1960年代後半から1970年代の筋肉質なアメリカ製ハイパワー車のことをこう呼びます。古き良き強いアメリカをイメージさせるものですが、炭酸ガスを思いっきり排出するため今やマニアのための趣味の乗り物となっています。

そんな米国自動車産業界をけん引してきたのがゼネラル・モータース(GE)です。かつては米国の工業力を象徴し、戦後1960年代までは世界最大の自動車メーカーとして君臨してきました。

しかしながら1970年代以降は高性能な日本車に市場を席捲され、GMをはじめ米自動車産業界は凋落していきます。そしてGMはリーマンショックでの経営悪化に耐えきれず2009年6月に破産申請を行い株式が国有化されます。

それから1年半、2010年11月に経営再建が行われ再上場2013年12月には全国有株式の売却が完了して、完全民間企業として復活しました。

そして復活GMをけん引すべくCEO(最高経営責任者)に抜擢されたのが

メアリー・バーラ氏

メアリー・バーラGMCEO

自動車産業界では異例ともいえる女性のトップ就任。彼女は「血管にGMが流れている女」という異名を持ち、親子2代のGMファミリー。18歳で学生をしながらGMに入社し、新米エンジニアから始まり製品開発トップまで勤め、2014年1月に51歳でCEO就任という現場からのタタキあげ。GMを誰よりも知り抜いたバーラCEOが新生GMをリードしています。

最近のニュースでは今年9月から新CFO(最高財務責任者)に抜擢されたのも女性インド出身のディビア・スリヤデバラ氏。米ハーバード大でMBAを取得後にGM入社、財務畑育ちの39歳という若さ。これも超異例な人事

スリヤデバラGMCFO 

マッチョな米国自動車産業界にあって女性のトップ2というのは非常に興味深いものがあります。

さて、再生GMの業績はどうなのでしょうか。

【売上高と営業キャッシュフロー】
GM業績01 
再生後から高い売上を実現。営業キャッシュフローマージンも上がってきており経営改善が進んでいます。

【1株利益と1株配当】
GM業績02 
2017年に赤字に転落しましたが、これは不採算だった欧州部門のオペル/ボクスフォールをPSAグループに売却した影響です。赤字にも関わらずGM再生に対するウオール街の評価は好意的だと云われています。

そして、2018年の第1四半期の決算では、EPS、売上高とも市場予測を上回り好成績を取り戻しています。

GMが社運を賭けたプロジェクトは電気自動車

シボレー・ボルトEV
Chevrolet Bolt EV SAO 2016 8771.jpg

メアリー・バーラCEOは「2021年までに電気自動車を黒字転換させる」と宣言EVの黒字化はどのメーカーも達成し得ていないため業界を騒然とさせています。GMの戦略は、バッテリーコストの大幅削減、低コスト・自由な車体設計、中国を拠点とした大量生産の三本柱で推進させる見通しです。

電気自動車の開発ではテスラとの競争が比較をされます。市場の期待と関心はテスラが独占していますが、2017年の販売台数でみるとテスラのモデル3が1770台に対し、GMのシボレーボルトEVが22万3300台GMが圧倒的な生産力と販売力で勝利しています。

GMへの投資で注目したいのが割安の株価

【GM株価】
GM20180622.png 
米国会社四季報での予想PER(株価収益率)は5.98倍実配当も年利3.7%という高水準バフェット氏もGMへの投資を開始しており、投資妙味は非常に高いものがあります。

今やGMは暗い過去と決別して新しい道をまい進しています。GMに与えられた市場の評価は「絶滅した恐竜ではなく、進化し続ける哺乳類」というもの。最近オールド・エコノミーと呼ばれる伝統的な企業が軒並み元気がない中で、GMには久しぶりでワクワクさせてくれる期待を感じています。

それでは☆彡
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
06.18

休みの日に考えた「QQQ」ナスダック100という選択肢

ホームラン銘柄に悩むゆきだるまです。

このところグロース株投資の議論が盛んです。

それもそのはず、年初来のインフレ・利上げの観測が起こってから市場は勝ち組、負け組に二分されてきているからです。

【年初来セクターリターン比較】
2018セクター比較

古くから慣れ親しんだ生活必需品セクターや高配当の電気通信セクターは奮っていません。1月末の一斉下落以降のリターンはマイナスの海に沈んだままです。

一方でFANGと呼ばれるITセクターは時代をけん引しているかの如くリターンを二桁台に乗せています。

これから先もインフレと利上げ観測の下で株式投資はリスクオフの方向に進んでおり、真の成長力を有する銘柄以外は淘汰されていくことになるでしょう。

ゆきだるまの手持ちである、
 ジョンソン&ジョンソンエクソン・モービルコカ・コーラAT&T
これらオールドクラスは全く冴えないことになっていきそうです。

マイナスリターンが続くのも気が滅入るもの。長期ローテーションによっていずれはディフェンシブ銘柄にも勢いは戻ってくると信じていますが、トレンドにも少し賭けてみたくなるのが人情というものです。

とはいうものの、FANGの個別株に投資することは自分的にはハイリスクだと感じており、色々と試行錯誤した結果がコレです。

パワーシェアーズQQQ信託シリーズ1、通称QQQ

ナスダックの時価総額上位100銘柄を集めたETFで、セクター構成の6割がIT系となっています。アップルをはじめ時流の先端をいくイケてる銘柄の詰め合わせです。

【QQQセクターアロケーション】
QQQセクターアロケーション 

【QQQ上位10銘柄】
QQQ上位10銘柄 

同種のETFにバンガード情報技術セクターETF「VGT」があり、ここ10年のリターンは近似しています。S&P500が年平均10%近いリターンのところ、QQQが年26%VGTが年24%驚異的なリターンをたたき出しています。

【IT系セクターリターン比較・10年】
ハイテク-SP500比較10年

VGTは世界産業分類(GICS)に基づくセクターインデックスであるため、一般消費財セクターに分類されるアマゾンは含まれていなかったりします

またVGTは、9月末に予定されている世界産業分類の再構成により、主力のフェイスブックとアルファベットが新しくできる通信セクターに移行されることから大きな戦力ダウンとなりそうです。

一方でQQQはナスダックの時価総額順位という全く別の指標で構成されているため、影響は全くなさそうです。

ETFの組成時期もQQQは1999年20年近い歴史による信頼感もあります。

自分のポートフォリオの1割はハイリターンの銘柄を組み込んでいく方針であり、この枠にQQQを当てがっていくことも一興ではないかと思いを巡らす週末でした。

それでは☆彡
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
04.17

米国株最強と云いつつも最高リターンはひふみプラスという事実

隠れひふみファンのゆきだるまです。

ゆきだるまは米国株投資家を名乗りながら、「ひふみプラス」という日本のアクティブファンドにもちゃっかりと投資をしています。その理由は2つあって

 ①成績が良い
 ②ファンドマネージャーの藤野英人さんが単純に凄い

成績が良いという点に関しては、米国株が年明けの調整局面で軒並みやられてマイナスリターンに転じていく中で、ひふみプラスだけが50%を超えるリターンをキープしてくれています。

マザーファンドのひふみ投信が2008年10月の設定から約10年が経過全期間収益率が400%を超えており、年当たり40%のリターンを出していることになります。

市場平均(S&P500)に長期で勝てるアクティブファンドは殆どいないと云われる中で、「ひふみ」はコンスタントに勝ち続けています。

【ひふみ投信とS&P500の比較10年】
ひふみ・SP500比較(10年) 

ファンドマネージャーの腕前

ツイッターをめくっていると「はろはろやっほー」という藤野英人さんのゆるい朝の挨拶が飛び込んできます。藤野代表率いるレオス・キャピタルワークスはホームページを見ていても株バカ感が満載で凄く楽しいです。

YouTubeでひふみアカデミーなる運用状況報告を30分程度の動画を毎月配信していますがこれも凄い。毎月の市況から投資状況まで藤野代表自らが語り尽くしてくれます。これを視聴するだけでも非常に価値があります。

(リンク)ひふみアカデミー3月

ひふみの投資方針は「成長性の高い日本株に投資したい」というのが創業目標。私が投資を始めた2年前は日本の中小株を中心としたファンド構成だったように記憶していますが、最近ではひふみ人気で純資産額がうなぎ上りで、ひふみ投信が1372億円、ひふみプラスが5749億円、ひふみ年金が131億円、合算すると7252億円のマンモスファンドに成長しています。

現在のひふみの悩みは7000億円近いファンドはもはや日本の中小株では支えきれないということ。自然と大型株の割合が大きくなり、果ては外国株にまで手を広げるようになっています。

3月の運用報告では外国株は当面10%以内としつつも、最大30%という枠も示され、もはやひふみの投資先はファンド資産の成長とともに無限に広がっていく感じさえしています。というかそうならざるを得ないでしょう。

昨年6月、ひふみにマイクロソフトとアマゾンが組み込まれたのは記憶に新しいところですが、この数か月で外国株は全部で7銘柄、うち2銘柄は米国上場の中国株といいます。3月時点では新規追加のビザ以外の残り4銘柄は明らかにされていません。

【ひふみ組入銘柄上位5位、2018年3月末時点】
ひふみ組入5位(2018年3月)

動画配信のアカデミーを聞いていて興味深かったのが、2月の一斉下落の時にファンドの現金3.8%を全て投じて外国株を中心に買い向かったということ、調整局面において成長性の高い米国株に投資してこれが成功したと語られていました。

また藤野代表から「米国株は日本株に較べて成長性が高い、時価総額の高い企業について成長力が特に高いと考えている。アメリカのインデックス投資が優れているのはこの時価総額の高い企業が上位にごそっと入っているから。」という発言がありました。

藤野代表のターゲットは米国株に移りつつあるようです。やはりファンドの成長を第一に考えた時に行き着く先は米国株なのかという思いを新たにしました。日本の中小株専業だったひふみらしさが失われるという問いかけに対し、藤野代表は苦しい答弁をされていましたが、私は、ひふみに投資するということは藤野さんに任せるということなので、自由にどんどんやってもらったら良いと考えてます。

今回正体が明かされなかった米国株2つと米国上場の中国株2つの存在が気になりますが、きっとグロース株なのでしょう。米国株ならFANGのいずれか、中国株はテンセントとアリババあたりかとも推察しています。

冒頭にひふみは日本のファンドと申し上げましたが、いずれは米国株比率もさらに高くなるので米国株投資という姿勢と矛盾しなくなるかもしれません。ひふみを引き続き応援していきます。

それでは☆彡
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
02.12

【SPXS】下落相場で爆益を上げる劇薬銘柄

ゆきだるまです。

本日は祝日の月曜日。日本市場は休場でも米国市場は平常日です。先週に引き続き今週も怒涛の相場が吹き荒れそうです。

1月30日頃から始まった米国市場の一斉下落、トランプ氏の大統領当選以来、ずーっと上げ相場が続いてきたので平和慣れした人たちが悲鳴をあげました。

早々に売り抜けた人、爆損状態で狼狽売りした人、勇敢にナンピンした人、固まってしまった人、様々な人間模様が交錯しています。それでも下落時に利益を上げる人もいるわけです。

サーフィン 

下落相場で利益を上げられる貴重な銘柄がコレ!

SPXSDirexion Daily S&P 500 Bear 3X ETF

S&P500の逆数で3倍の値動きをするベア型レバレッジETFです。最近脚光を浴びているSPXLの逆神、下落相場でのみ活きる幽閉のモンスターです。

珍しくS&P500が下落したら大暴れ!(1月30日から2月6日の6営業日のチャート)
SPXS-SP500.png
S&P500が▼8.5%下落SPXSは+25.0%のリターンを叩きだしています。

しかし上げ相場になると全く逆に3倍の動きで値が落ちていくので、早く手じまわないと危険です。

【SPXS1年間買い持ち】
SPXS-SP500の1年
赤枠が今回の暴騰箇所で、残りの期間はS&P500の上昇と裏腹に3倍で値落ちを続けています。ちなみに赤枠に至るまでの1年間で▼50%の下落率でした。

【SPXS10年保有】
SPXS設定来
リーマンの時に暴騰したきりで、10年で▼99.6%の下落です。

下落率▼99.6%って、ほぼゼロ。買い持ちは絶対不可だと思いマス…それでもレバレッジETFだと信用取引と違って踏み上げやロスカット不全による無限責任に晒される危険性はありません。

日本では日経連動のベア型レバレッジ物とかは結構使う人があったりしますが、日本でSPXSが今ひとつ盛り上がっていないのはなぜでしょうか?

考えられる理由は3つで、
・米国市場は深夜のトレードになるので画面に張り付いていたくない。
・米国株は長期投資家(短期トレード卒業者)が多い
S&P500が下落することは稀なのでSPXSの存在自体が意識されにくい。

それでも今回の様に明らかな下落相場に直面した時は商品知識として持っていても良いかもしれません。



さて、
SPXS(ベア3倍)をご紹介したので、
対極
のSPXL(ブル3倍)にも触れておきます。

これはご存知のとおりS&P500の値動きに正数で3倍の値動きをするETFです。

【SPXLのチャート(先と同じ1月30日から2月6日の6営業日)】
SPXL-SP500.png

S&P500▼8.5%の下落に対し、SPXLは▼23.7%の下落

【SPXL10年保有】
SPXL長期保有
それでも10年間買い持ちしていると、これまでS&P500が192%の上昇に対し、今回の下落分を考慮してもSPXLは10年で1209%上昇しています

SPXSもSPXLも本来は短期トレード向きですが、SPXLは例外的に長期保有でリターンが見出せそうな銘柄であるため、ゆきだるまは宝くじ感覚で単品100ドル分を買っています。

(参考)【SPXL】S&P500ブル3倍ETFを購入

下落相場の今こそ超回復に向けて仕込みたい銘柄だと思っています。

最後にご注意ですが、2049VIXベアETNが一日で▼96%下落して繰上償還となってしまった事例もあり、信用・先物・レバレッジ物には想定外のトラブルも付き物です。SPXS&SPXLを利用の際は溶けても悔いのない金額に留めておいてくださいね。

それでは
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
back-to-top