2017
10.20

【SPXL】S&P500 ブル3倍 ETFの危険な誘惑

こんにちは、ゆきだるまです!

投資の王道はコツコツと資産を積み上げていくことにほかなりませんが、一気に資産増を図ることにも憧れます。カリスマ投資家のジム・クレイマー師もポートフォリオの2割はホームラン銘柄を組み込めと指導をしています。

こうした期待に対して、こんなETFがあるのですが、どんなものでしょうか?

 Direxion Daily S&P500 Bull 3X ETF (SPXL)/デイリー S&P500 ブル 3倍ETF

いわゆるレバレッジ型ETFS&P500の値動きの3倍をマークします。上がるときも3倍、下がるときも3倍、しかも日々複利で増減するので値動きが激しく、予測が難しいので、初心者は手を出さないで下さい的な商品です。

しかしながら、S&P500のようにある程度一本調子で上がっていく場合はどうでしょうか?

青:SPXLブル3倍、水色:S&P500(SPY)
SPXL株価推移

SPXLは2008年11月5日に設定されて以来、9年間で945%のリターンを叩きだしています。SPYが172%で5.5倍も差が開いています。

チャートではSPYがとても滑らかに見えてきます。一方でSPXLは荒々しくも力強く上昇して現在は最高値を出しています。つまりこの9年間、どこで買っていてもリターンが出ていたということです。下落するときは500%から250%付近まで一気に下がっていますが・・・

こんな化け物を2割も組み込むのはドキドキしますが、数%くらいならいけそうな気がします。価格は最近スプリットしていて、今なら1口40ドル程度なので、買付け手数料無料のNISAならストレスなく買える金額です。これで10年持っていたら凄いことになりそうですね。逆もあり得ますが・・・

今年のNISA枠は満杯になってしまったので、来年枠の投資計画を考える際に考えてみたいと思います。

それでは 

 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

スポンサーサイト
Comment:0
2017
09.05

【ADW】マネーゲームを横目に新株購入

ゆきだるまです。

A・D・ワークス(3250)という不動産転売業を営む日本企業の株を保有しています。その企業の新株予約権無償割当(ライツ・オファリング)を受けて、昨9月4日に新株300株の購入を申し込みました。

ライツ・オファリングの仕組みは、既存株主に新株予約権(ライツ)を無償で割り当て、株主はライツの①行使(新株購入)、②売却、③放棄のいずれかが可能で、第三者が新株を買う際は②のライツをまず既存株主から取得(購入)してから新株を購入することなります。

新株価額は39円に設定され、既存株価が仮に49円であれば、新株予約権は差額の10円の価値を持つことになります。第三者は現株を49円で買うか、新株予約権を10円で買ったうえで新株を39円で買うこともできます。

既存株を「親」新株予約権を「子」とすると親と子はシーソーゲームの様に相互のバランスをとりながら価格が上下する仕組みとなります。

ライツの売買が7月13に開始されると「親」も「子」も一気に株価が高騰

【既存株「親」の価格変動】 ▼印が「子」の売買開始
チャート画像

【新株予約権「子」の価格変動】
チャート画像

「子」(新株予約権)は売買開始翌日の7月14日に最高値24円を付けましたので、新株価格39円に対して61.5%の上昇となりました。この状況をみて、これはもしかしてホームラン銘柄になるのではと思い前回記事を書いたわけです。

その後は日々、激しい「売り」と「買い」が交錯して昨9月4日は「子」の価格がとうとう1円(ストップ安)まで落ちました。これまでの売買状況はYahoo!ファイナンスの掲示板をウオッチしていて、デイトレーダーの方々の思考がよく分かりました。高値で売り抜けた人の歓喜の声、売りに入ってからは高値づかみの人たちの阿鼻叫喚が続く毎日で、千万円単位での損切りを余儀なくされた人もいたみたいです。

明日9月5日は「子」(新株予約権)の上場廃止日です。余程のことがなければ新株にはプレミアムが付かない金額になるでしょう。まあ7月から8月にかけて夏休みの馬鹿騒ぎという感じでした。私は既存株主なので新株購入権はゼロ円で新株価格のみでの購入です。企業としても新株設定価格39円で買ってくれる人がいれば良いわけで、マネーゲームに参加されていた方々はお疲れさまでした。

業績は良い企業なので、しばらくはホールドして様子見をしています。

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2017
07.25

【ADW】決算良好!ホームラン出るか!?

ゆきだるまです。

昨日に引き続き日本株(3250)エー・ディー・ワークス【ADW】の話題です。
新株発行を機に株価が急騰しており、ホームラン銘柄になることが期待されます。

本日ADW社の第1四半期決算がでました。(比率は前年同期比)
 売上高  6,185百万円で   88.6%アップ
 営業利益  407百万円で 200.1%アップ
 経常利益  347百万円で 402.1%アップ
 純利益   221百万円で 111.1%アップ  全てアップでした。

アップ率をみたら超優良決算です。ただし金額的には60憶円の売上に対して純利益2億円ですから微妙な感じもしますが、日本の中小株だと、この決算でロケットが再点火する可能性もあります。米国と違って閉場後の発表でしたので、当日の株価には影響を与えていません。果たして翌日、株価が高騰するのかどうかが見ものです。

現行株価は相変わらず50円を境に揺れ動いています。また現株主に付与される新株購入権(売買可)は11円前後で取引きされており新株39円(固定)と合わせて50円となり、新旧の株価は拮抗しています。

【7月24日の株価】
ADW株価20170724 

【同日の新株購入権価格】※新株価格は39円(固定)
ADW新株予約権20170724 

今回の決算がサプライズなのか、織り込み済みなのか、大したことがないのか、明日の市場を興味深く見守りたいと思っています。

それでは

 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2017
07.24

【ADW】ホームラン銘柄となりそうな予感

ゆきだるまです。

米国株式への長期投資を本流としていますが、短中期での資産増を狙うため日本株も対象に値幅の大きいホームラン銘柄を全体の2割を限度に選好していこうと思っています。

1年くらい前から「エー・ディー・ワークス(ADW)」(3250)という日本の不動産企業の株を保有していますが、これが最近「グワっ」ときています!
ADW株価20170721 

(本件の過去記事)
 ・ライツ・オファリング(新株予約権無償割当)に挑戦(6月11日)
 ・株主総会体験記(6月30日)

これまで株価はずっと横這いでしたが、先月末の株主総会で新株発行が決定してからマネーゲームが始まった感じです。

新株発行はライツオファリングという方式既存株主に保有株と同数の新株購入権を付与するというものです。私は300株を持っていますので、追加で300株を買う権利を得ていますこの権利は転売又は放棄できるものです。更に新株発行後は1株4%超の記念配当が行われることになっています。

新株価格は39円で、現行株価は現在51円(最高値57円)まで高騰しています。

下のチャートは新株購入権の転売価格で現在11円(最安2円~最高24円)の値段がついています。つまり既存株主以外が本株を買おうとすると、現行株を51円の相場価格で買うか、新株購入権を11円(相場)で得て新株を39円(固定)の合計50円で買うかということになります。
ADW新株予約権20170721 

今回のマネーゲームは、現行株を「親」新株を「子」とすると親子関係は以下のとおりになります。
 親(現行株):39円~57円のレンジで現在51円
 子(新株) :売値39円+新株購入権(2円~24円のレンジで現在11円)=現在50円

現時点だと「子(新株)」の方が安く買える計算です。この数日は親と子の価格がシーソーの様に動いています。なお、新株購入権の売買期間は7/13~9/5新株購入期限は9/13となっていています。さらに新株購入終了後、9月30日を基準日に新旧株主に1.65円の記念配当(1.65円/新株価39円=配当率4.23%)というおまけがついてきます。

保有株と新株購入権を売却した場合の利益率42.5%
 売却額:  5,550円=(現株価51円ー取得43.5円)✕300株+新株購入権11円✕300株
 取得額:13,050円=43.5円✕300株

新株300株を購入した場合の利益率23.6%(記念配当含む)
 新価値:30,600円=(株価51円+配当1.65円)✕(300株+300株)
 取得額:24,750円=保有株(43.5円✕300株)+新株(39円✕300株)

1年間ホールドして売却益42.5%はかなり良い数字ですが、新株を買って更なる値上りを期待してみようと思っています。

それでは

 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2017
06.30

株主総会体験記

ゆきだるまです。

株主総会なるものに出席してきました。
ちょうど1年前からA・D・ワークス(3250)という日本企業の株を保有しており、良い機会なので半日仕事を休んで足を運んでみました。

場所は東京の帝国ホテル。早く着き過ぎたので隣接の日比谷公園を散歩して時間をつぶします。9時半になったのでいざ会場へ。帝国ホテルは日本の顔ともいえるホテルで凄く立派です。黒服の面々が受け付けをしていて、やや気おされします。総会参加者はここで議決権行使書をわたします。

会場はホテルの宴会場で200名くらいが入る比較的大きなものです。最初はパラパラだった人の入りも開始時は結構な数が集まりました。いわゆる株主として同胞であり、スーツ姿のサラリーマンもいれば、普段着のおっちゃん、おばちゃんなどもいました。

10時定刻から議事が始まりました。社長以下役員、監査人が正面席に着座し、業績報告、監査報告があり、議案説明があり、質疑応答へ。株主側からの質問に対して社長が自ら回答します。ここで、株主というのは会社の所有者で、社長以下の取締役は株主の信任を得て経営を任されているというごくごく当たり前のことを実感しました。

確かに株式というのは無償資本で、会社が破たんすれば投資がパーになりますし、利息と違って配当は支払い義務もありません。会社の経営を信任した以上は株主は受動的な立場であり、株主総会というのはこうした資本側と経営側の唯一の接点といえるべきものなのでしょう。

普段は何気にネットでポチポチやって株を買っていますが、こうして株主総会にでも出ないと会社の利益と負債を分担しているというリアルの株主の立場は中々理解できにくいですね。

総会は1時間程度で閉会となり、議決は拍手で決をとるという緩いもの。マンションの総会のようでもありました。それでもわざわざ総会会場に足を運ばれてきた株主の方たちは真面目にこの会社を応援しているんだ、という気持ちも伝わってきました。

新株発行と既存株主への優先割当の議決も可決しましたので、株の追加購入権を得ました。世間では1円抜きの対象になっている〇〇株と呼ばれる銘柄ではありますが、非常にまじめに事業に取り組んでいる会社だということも分かりましたので、末永くお付き合いしてみようかなとも思いました。

それでは

 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
back-to-top