2017
07.03

半年間一日も休まずドルを両替した結果【ドルコスト平均法】

Category: 運用状況
ゆきだるまです。

年初からこの半年、米株買付け用のドルを毎営業日欠かさずに両替をしてきました。

 両替総額:571,502円→5,096.02ドル(取得平均額112.15円/$
 両替回数:120回(毎営業日)、平均両替額:4,762円/回
 半年間の為替の動き:最大116.41円/$最小108.56円/$中間112.49円/$
 
 勝率:51.7%(為替が取得平均額よりも高値だった日の割合)

【両替額と為替・平均取得額の関係】
為替グラフ20170630

【感想】
ドルコスト平均法の名のとおり為替平均でドルの両替を行ったことになります。
両替額は年初の開始時は円安ドル高だったので少額からスタートし、5000円/日を基本としてきました。2月10日は米株買付けのため35,000円を一日で両替したため群を抜いています。他にもドル下がりの時に若干多めに両替もしてみましたが、総じてみると平均回帰にあまり影響はありませんでした
ドルコスト平均法の成果は、ある日に一度に全額をドルに両替した場合は51.7%の確率で高値掴みをする可能性があったことから、手堅く為替平均でドルを取得できました。
両替作業は、始めは面倒ですが慣れると毎朝3分程度の日課となりました。また非常に機械的になっていくので感情が入り込まなくなるのも良いことです。さらに両替手数料は定率なので何回に分けて両替しても総額は同じです。
以上から為替による両替リスクを避けたいという方にはドルコスト平均法での両替をお勧めする次第です。

それでは

 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

スポンサーサイト
Comment:0
2017
07.02

2017年6月末【上半期】の運用状況

Category: 運用状況
ゆきだるまです。

2017年6月末(上半期)の運用状況をお示しします。

【1ケ月間の動き】
・追加投資額:16万9千円、両替:1,005.84ドル、配当収入:23.00ドル+132円
・投資信託積立:59,132円
・米株買い増し:AT&T10株、ゼネラル・エレクトリック10株、ウエルズ・ファーゴ10株

【年初から半年間の動き】
・追加投資額:43万3千円、両替:5,096.02ドル、配当収入:90.23ドル+132円
・投資信託積立:13万8132円

【運用状況】
総リターン:11.97%(現在評価額1,605千円/投資総額1,433千円)
・2017年NISA 枠使用率:89%(残買付可能額:137千円)

1706運用状況03
1706運用状況04
1706運用状況01 
1706運用状況02

【感想】
全体利益、配当収益は順調に伸展しています。米株はエネルギー・通信の低迷から全体の収益が下がりました。ジョンソン・エンド・ジョンソン、コカ・コーラは好調です。ファンドは全体的に好調で16%のリターンを出しています。
NISA枠残額13万円の買付け調整に今後入っていきます。NISAでの投信積立は上半期で終了し、下半期から米株で使用枠を消化します。買付け候補はコカ・コーラ10株、米国優先株式ETFで端数調整する予定です。現金保有高が少なくなってきたので、毎営業日の両替ペースを5000円から3000円にダウンします。8月中にNISA枠120円を使い切る予定です。
残資金は楽天の100円投信を活用し、ひふみプラスは1000円/日、S&P500は500円/日、ダウ30は500円/日で毎営業日積立(手動)を継続します。いずれは2018年NISA枠買付けのための原資とすべく僅かながらも利殖を試みます。

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
2017
06.03

配当金の雪だるま効果を実感してみる

Category: 運用状況
ゆきだるまです。

年初から高配当銘柄に投資を始めて5カ月が経過しました。
現時点の総配当利回りは4.28%(税引後)となっています。
配当表201705
NISA口座で運用していますので、配当に対する日本国内税20.315%は5年間は非課税です。
ロイヤル・ダッチ・シェルは英国株が米国で上場したものなので米国内税10%も非課税です。

現在の保有状況で年末までの配当金の累積予測をグラフ化してみました。
配当予測2017年
こういう右肩上がりのグラフを見ると投資効果が実感できてモチベーションの維持に非常に役立ちます。
米国株の魅力は何といっても配当金の収入がかなりの確実性をもって見込むことができることにあります。
その一例として
 米国企業は株主還元の姿勢が高く、高配当かつ増配当を続けている企業が非常に多い
 四半期毎に中間配当があり、短いスパンで再投資による複利につなげることができる。
など、不安定な株価相場でキャピタルゲインを得るよりも、確実な配当金でインカムゲインを得る方が万人向きの投資計画を立てられます
今はまだ配当金の額も微々たるものですが、再投資に回せば少しずつでも着実に複利の雪だるまが転がっていくので、今日も投資に励んでいきます。

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
2017
06.02

2017年5月末の運用状況

Category: 運用状況
ゆきだるまです。

2017年5月末の運用状況をお示しします。

【1ケ月間の動き】
・追加投資額:12万円、両替:898.01ドル、配当収入:10.48ドル
・投資信託積立:1万9千円
・米株買い増し:AT&T10株、ゼネラル・エレクトリック20株

【運用状況】
総リターン:11.85%(現在評価額1,414千円/投資総額1,264千円)
・2017年NISA枠使用率:76%(残買付可能額:288千円)
1705運用状況03
1705運用状況04

1705運用状況02

1705運用状況01

【感想】
5月はAT&Tとゼネラル・エレクトリックを買い増ししました。エネルギー、電気通信、資本財は年初から割安感があります。一方でヘルスケア、生活必需品は価格上昇傾向にあり買いにくさがあります。
投資信託は100円投資がスタートになり、特定口座でひふみプラス、ダウ30、S&P500の毎日積立を始めました。
NISA枠が残1/4程度となりました。8月中には使い切る予定です。6月(上半期)で投信積立は打ち切り、以後の買付け枠は全て米国株に充てようと考えています。代わりに特定口座の毎日積立を進めます。この毎日積立については次年NISA枠買付けのための待機資金運用という位置づけです。
そろそろポートフォリオのバランス取りをして2017年のNISA投資枠を締めたいと考えています。今のところ弱いのが金融のウエルズ・ファーゴと米国優先株式ETFですので買い増しを検討します。

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
2017
04.30

2017年4月末の運用状況

Category: 運用状況
ゆきだるまです。

2017年4月末の運用状況をお示しします。

【1ケ月間の動き】
・追加投資額:12万4千円、両替:996.11ドル、配当収入:17.78ドル
・投資信託積立:1万5千円
・米株買い増し:ロイヤル・ダッチ・シェル10株
・米株新規買付:ウエルズ・ファーゴ10株、ゼネラル・エレクトリック10株

【運用状況】
総リターン:11.74%(現在評価額1,278千円/投資総額1,144千円)
・2017年NISA枠使用率:66%(残買付可能額:408千円
1704運用状況01 
 
1704運用状況02 

【感想】
今回、ウエルズ・ファーゴ(WFC)とゼネラル・エレクトリック(GE)を新規にポートフォリオに加えました。米国株式全体の配当利回り(現3.80%、目標4%超)が下がってきましたので、AT&T等の高配当銘柄の買い増しを進めます。
トランプ相場も一服し、株価が下落(配当率は上昇)してきた銘柄も散見されるため市場動向の観察を続けます。
NISA枠を2/3近く消費しており、現在の買い付けペースだと7月末には使い切る見込みです。その後の投資資金(小遣い+配当)の使途も考えていく必要があります。
来月も日々のドル両替と米株買付、投資信託積立を粛々と行っていきます。

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲お帰りの際は是非ひと押し!

Comment:0
back-to-top