FC2ブログ
2020
05.30

投資成果まとめ(2020年5月)~バブルを傍観していた一ケ月

Category: 運用状況
2020年5月30日
ゆきだるまです。

2020年5月末時点の投資成績をとりまとめました。

【ゆきだるまファンドのポートフォリオ】
PF20200530-1.png      
 
【各銘柄の騰落率】(円ベース)
  PF20200530-2.png 
【参考比較】4月末の状況 
PF202004-2.png
 現在の総リターン:12.77%(前月6.71%)  

・資産総額:365万円(前月346万円)
・原  資:324万円(前月324万円)
・運用利益:  41万円(前月 22万円)
・運用期間:4年4ケ月

 ※為替:107.86円/ドル(前月107.22円/ドル)で計算

【全資産の騰落率推移・S&P500に全額投資した場合との比較】
PF20200530-3.png  

この一ケ月間、投資活動を何もしてきませんでした。

新型コロナ禍の中で、日本は緊急事態宣言が解除されましたが、世界的には米国をはじめ、収束の兆しは見えません。なのに、株価だけは跳ね上がっていく。実体経済がどん底を舐めようとしているのに、なぜ株価が上がるのか。

TECLは一ケ月で20%もリターンが増えました。

正直いってコロナの見通しには悲観的です。

小松左京の「復活の日」の如く人類が滅亡する恐れもあると思っています。

少なくとも現在までで企業も国家も財政が疲弊しており、明日の職と生活さえ不安です。

株式投資などしている場合ではありません。

ならば現金を温存し、現在のポジションを維持するのが精一杯なところ。

それでも株価は上がる。

刹那的なマネーゲームに違いない。

ワクチンが開発されるまで静観していよう。

最悪は投資分がゼロになる覚悟で

それでは☆彡 
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2020
05.01

投資成果まとめ(2020年4月)~コロナ渦中にV字回復!?

Category: 運用状況
 2020年5月1日
ゆきだるまです。

2020年4月末時点の投資成績をとりまとめました。

【ゆきだるまファンドのポートフォリオ】
  PF202004-1.png     
 
【各銘柄の騰落率】(円ベース)
 PF202004-2.png 
【参考比較】3月末の状況 
PF202003-02.png
 現在の総リターン:6.71%(前月-4.23%)  

・資産総額:346万円(前月308万円)
・原  資:324万円(前月322万円)
・運用利益:  22万円(前月-13万円)
・運用期間:4年3ケ月

 ※為替:107.22円/ドル(前月107.56円/ドル)で計算

【全資産の騰落率推移・S&P500に全額投資した場合との比較】
PF202004-3.png  
先月末から較べて自分のトータルリターンが10%上昇し、マイナス圏を脱出しました。

この一ヶ月間は投資生活として大きな転換期を迎え、ポートフォリオを大整理しています。

まず高配当株を全て処分しました。

お別れしたのはRDS.B、AT&T、PFF、SPYDという面々。

株価は将来の期待で上下しますが、配当金は現金収入が厳しい今、減配のリスクが非常に高まっていると判断しました。(つい先日ロイヤル・ダッチ・シェルが減配を発表)

実体経済が回復するまで配当目的の投資は報われない感じですね。

そこで、今まで高配当に当てていた分をQQQナスダック100やTECLに移しました。インターネットビジネスはもはや社会インフラ化したことをコロナが教えてくれました。

3月末と4月末の騰落状況を較べてもハイテク系の戻りは早かったです。

ポートフォリオは大分シンプルになりました。

これから先の戦略ですが、今の株式市場は災害下でのプチバブルを起こしているとみています。

大量の倒産と失業に向かって経済は大きく冷え込むと予想。

なので今はポジションを増やすのではなく守りを固める時。

しばらくはリバランスを中心に現金を温存します。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2020
04.02

投資成果まとめ(2020年3月)~底を打ったってホント!?

Category: 運用状況
 2020年4月2日
ゆきだるまです。

2020年3月末時点の投資成績をとりまとめました。

【ゆきだるまファンドのポートフォリオ】
PF202003-01.png    
 【各銘柄の騰落率】(円ベース)
PF202003-02.png 
【参考比較】2月末の状況 
PF202002-2.png
 現在の総リターン:-4.23%(前月9.49%)  

・資産総額:308万円(前月350万円)
・原  資:322円(前月320万円)
・運用利益:-13万円(前月30万円)
・運用期間:4年2ケ月

 ※為替:107.56円/ドル(前月108.12円/ドル)で計算

【全資産の騰落率推移・S&P500に全額投資した場合との比較】
PF202003-03.png  

ああ、とうとう総リターンがマイナスに沈んだ。

投資を初めて4年と2ヶ月、つまるところ損をするために毎月お金をつぎ込んできたことになります。

先月末ならかろうじてプラスで逃げることも出来ましたが、この船に乗り続けることを決めたので、とことんまで付き合うだけです。

さて、持ち株の騰落状況ですが、2月末との比較を載せました。

この一ヶ月で激落ちしたのが、まずTECLとSPXL。どちらもレバレッジETFですが、上がる時は3倍、落ちる時も3倍なので強烈です。レバレッジETFは運用困難になったものから繰上償還が始まっており、持ち続けることの危うさを感じています。

次に下がったのが原油(RDS.B)。経済活動が停滞すれば原油の使用も減りますし、中東やロシアが殴りこみを掛けてきたために相場がガタガタになりました。

そして下がったのが高配当銘柄。お金が稼げなくなった企業が現金配当を出来なくなるのは必至なので、手放す人が増えたということでしょう。

かろうじてプラスを保っているのが、ひふみとS&P500.これらは投資初期の頃に仕込んだもので、時間が生んできた利益を残しています。

世界情勢は日に日に悪化しています。

アメリカ、イギリス、フランス、欧米列強が奈落に向かって進み、日本も後を続いています。

最悪、株式価値はゼロ近くまで落ちるもしれません。経済の復興と株価の復活に数十年かかるかもしれません。

先月から新規の資金投入はセーブすることにしました。

なぜなら、底が全く見えず、日常生活でお金が必要になるからです。

今の給料が保証される見通しがないなかで、投資に回すお金は絞らざるを得ません。

そのため、少ないながらも配当金を足しながら買い付けは細々と続け、手持ち銘柄はリバランスしてVT、VTI、QQQ、VYMの優良インデックスに資金を集めていこうと思っています。

いつかの復活の日を信じて

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2020
03.02

投資成果まとめ(2020年2月)~コロナに焼かれて資産消失

Category: 運用状況
2020年3月2日
ゆきだるまです。

2020年2月末時点の投資成績をとりまとめました。

【ゆきだるまファンドのポートフォリオ】
PF202002-1.png   
 【各銘柄の騰落率】(円ベース)
PF202002-2.png            
【参考】1月末の状況 
PF2020-4.png 
現在の総リターン:9.49%(前月19.30%)  

・資産総額:350万円(前月376万円)
・原  資:320万円(前月315万円)
・運用利益:   30万円(前月 61万円)
・運用期間:4年1ケ月

 ※為替:108.12円/ドル(前月108.37円/ドル)で計算

【全資産の騰落率推移・S&P500に全額投資した場合との比較】
PF202002-3.png   

新型コロナによる暴落が本格化してきましたね。

2月末とその前の月の各銘柄の騰落率のグラフを見比べると大幅に下がりました。特にレバレッジもののTECLやSPXLは激落ちしました。

2月21日の金曜日までは、米国市場はタカをくくっていて、円安傾向にもなっていましたから、自分のポートフォリオの含み益が最高潮に達していました。

翌週は地獄へ真っ逆さま。株価チャートを見ても気が滅入るだけなので、先週一週間は全く無視していました。

狼狽売りをせずホールドするなら気絶投資法しかありません。

暴落に乗じた買い増しをするにしても、収束期が見えないのでまだ下がるでしょう。

ならば気絶しているしかありません。

ここで問われるのがメンタル力。

完全な余裕資金での投資であれば気絶もしていられますが、全資産を投じていたりすると穏やかではいられないでしょう。

特に今回が未治の感染症なだけに単なる経済活動の停滞に留まらず、人類滅亡に至らないとは誰も確証できないからです。

私の投資は小遣銭の積み上げなので家庭的には全部溶けても全く問題がないのですが、個人的な将来の余裕、趣味、トラブル解決等のためのいわゆるヘソクリなので、やはりこれがなくなるのは非常に痛いです。

実は2月21日の明け方、週明けは確実に暴落するという予感があったので、NY市場閉場間際に全資産解約をしようか激しく逡巡しました。

結果、ガチホを決めたのでもはや後悔はせず気絶することにします。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2020
02.01

投資成果まとめ(2020年1月~銘柄を大幅に入れ替え)

Category: 運用状況
 2020年2月1日
ゆきだるまです。

2020年1月末時点の投資成績をとりまとめました。

【ゆきだるまファンドのポートフォリオ】
PF2020-1.png  
 【各銘柄の騰落率】(円ベース)
PF2020-4.png           
 現在の総リターン:19.30%(前月19.69%)  

・資産総額:376万円(前月371万円)
・原  資:315万円(前月310万円)
・運用利益:   61万円(前月 61万円)
・運用期間:3年12ケ月

 ※為替:108.37円/ドル(前月108.88円/ドル)で計算

【全資産の騰落率推移・S&P500に全額投資した場合との比較】
PF2020-3.png  

新型コロナウイルス騒動で1月は終盤にかけて相場がかなり下がりました。

これまで上昇相場が続いていただけに失望感も大きいです。

レバレッジものでいえば、SPXLがピークリターンで+40%超えまでいきましたが、今は+21%まで下がってしまいました。

決算シーズンでもあり、上がったコカ・コーラと下がったAT&Tやアルトリアなど全体とは別に局所的な動きもありました。

有事ムードの中で、円が買われており円ベースでのトータルリターンを下げています。

さて、1月のトピックはポートフォリオの銘柄入れ替えを大胆に行ったことです。

まず、世界投資でVWO(新興国株ETF)を一掃し、VTI(米国株ETF)に乗り換えました。ポートフォリオでは1/8近い量の移動となっています。

次に、年末にNVDA(エヌ・ビディア)を売ったお金で、QQQ(ナスダック100ETF)を買い増しました。

今年こそはS&P500(市場平均)に勝てる投資をしたいと考え、冴えない銘柄の買い替えを進めていきます。

理想は、DIA(バリュー)、VHT(ヘルスケア)、VYM(高配当)、QQQ(高リターン)、VTI(全米)、VT(全世界)の王道6本に絞っていく考えです。

今年のNISA枠は既に残り半分を切っており、買い増しか買い替えか悩ましい状況です。

まだ11ヶ月あるので、ゆっくり悩みます。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
back-to-top