FC2ブログ
2019
10.03

投資成果まとめ(2019年9月)~ジェットコースターが上昇

Category: 運用状況
 2019年10月3日
ゆきだるまです。

2019年9月末時点の投資成績をとりまとめました。

【ゆきだるまファンドのポートフォリオ】
   PF201909-03.png  
      
 現在の総リターン:9.86%(前月6.32%)  

・資産総額:324万円(前月308万円)
・原  資:295万円(前月290万円)
・運用利益:   29万円(前月 18万円)
・運用期間:3年8ケ月

 ※為替:108.10円/ドル(前月106.22円/ドル)で計算

【全資産の騰落率推移・S&P500との比較】
PF201909-02.png 

この9月は全般的に株式市場は好調でした。

なので、この一ヶ月はインデックスを一つも拾わずにただ相場を眺めるばかり。元来が逆張り指向なので保有株価よりも高い時には買う気が全くおきません。

それよりも食指が動いたのが、タバコ銘柄。BTI、フィリップモリス、アルトリアの三大メーカーが激落。電子タバコの規制やら合併話で株価は激しく変動、BTIが配当率7%、MOが配当率8%という異次元領域に。

私生活では禁煙派ですが、投資となれば話は別、売買手数料も安くなったのでポチポチと下値拾いでポジションを増やしていきました。BTIとMOは下落を続け、PMは逆に大反発!

そして、地味にKHCクラフト・ハインツも大株主に売られて大幅下落。実配当率が5%を超えたので、これも仲間に加えることにしました。

さらに、高配当株で嬉しかったのは、持ち株のAT&Tが長年の低迷をやぶって高値圏に上昇したこと。配当ヨシ、株価ヨシのWチャンスが到来しました。

かようにして9月は高配当株で心躍ることばかり。

高配当株は、下がれば買って配当率を高め、上がれば売って株価差を得るというトレード妙味があります。原油、タバコ、食品、ヘルスケア、通信の大手はキャッシュリッチで減配の恐れが少なく、純粋に配当利益を追求していくことが出来ると考えています。

株の売買手数料が安くなったこともあり、最近では気持ちが高配当株に寄ってきています。

月末のポートフォリオでも高配当割合が高めになったため、他のアセットも増やさなければと思う次第です。

さて、10月に入り、今年も残り3か月。

そろそろNISA枠の消化を視野に入れて買付け調整をしていこうと考えています。

まだ未消化枠が43万円ほどあります。入金が毎月5万円なので、逆算すると28万円分の枠が余ります。買い替えで枠を消化するか、それとも虎の子の予備費に手をつけるか、この三か月間の課題です。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2019
08.31

投資成果まとめ(2019年8月)~政治に翻弄された夏

Category: 運用状況
2019年8月31日
ゆきだるまです。

2019年8月末時点の投資成績をとりまとめました。

【ゆきだるまファンドのポートフォリオ】
 PF201908-1.png  
      
 現在の総リターン:6.32%(前月7.62%)  

・資産総額:308万円(前月307万円)
・原  資:290万円(前月285万円)
・運用利益:   18万円(前月 22万円)
・運用期間:3年7ケ月

 ※為替:106.22円/ドル(前月106.83円/ドル -1.0%)で計算

【全資産の騰落率推移・S&P500との比較】
PF201908-2.png 

8月は夏休みで元々が商いの少ない月だ。

しかしこの8月は熱かった。何がというとアメリカ政府に引っ掻き回されてばかり。米中貿易問題、FRB金利問題、挙句には逆イールド発生による将来不安、株価は下落したと思いきや、米大統領の甘言に弄されて買い戻しが入ったり、市場は上へ下への大騒ぎ、ある意味で官製相場でありました。

現時点では9月の利下げなど株式有利な雰囲気を残して今月は終わりです。

さて今後の見通しですが、2020年の米大統領選まで混乱相場は収束しないとみています。トランプ氏のなりふり構わない言動に市場が反応し続けると思われるからです。

さらにはリーマンショック後の上昇相場は踊り場に来ていて、全世界的な自国保護主義トーンの中に景気後退の足音が聞こえます。

ならば取るべき道は2つ。

一つは資金を温存しておいて株価が下ったら買うを徹底する。

二つは個別株から分散投資(インデックスファンド)に軸足を移す。

これらはネット証券が取引手数料を下げてくれたおかげで細かなポジション調整がやりやすくなりました。

個別株について、KO以外は、JNJ、RDS.B、AT&T、NVDAが全部ダメダメで今後の難相場を乗り切る自信がありません。僅かでも価格が回復したらインデックスへの乗り換えを考えています。

アメリカ最強の時代ではなくなりそうなのでVT(全世界株式ETF)を頼りにします。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2019
08.03

投資成果まとめ(2019年7月)~いつも通りFRBには失望した

Category: 運用状況
2019年8月3日
ゆきだるまです。

2019年7月末時点の投資成績をとりまとめました。

【ゆきだるまファンドのポートフォリオ】
  PF201807-01.png 
      
 現在の総リターン:7.62%(前月9.43%)  

・資産総額:307万円(前月306万円  +0.3%)
・原  資:285万円(前月280万円  +1.8%)
・運用利益:   22万円(前月 26万円   -4万円)
・運用期間:3年6ケ月

 ※為替:106.83円/ドル(前月107.90円/ドル -1.0%)で計算

【全資産の騰落率推移・S&P500との比較】
PF201807-02.png

7月31日のロイター報道によると

米国株式市場は急落。ダウ工業株30種とS&P総合500種が5月31日以来の大幅な下落率を記録した。連邦準備理事会(FRB)はこの日、10年半ぶりの利下げを決めたが、パウエル議長の発言を受けて追加利下げ期待が後退した。

この結果を受けてトランプ大統領は「いつも通りパウエルには失望した」と発言

ゆきだるまも失望しました。。。

7月は順調に含み益がでてるな~と思いきや月末最終日のパウエル議長発言に全てやられた感じです。パウエル議長は折角利下げに踏み切ったのに、市場からも大統領からも評価されなかったという憂き目に合いましたが仕方がないですね。組織のトップなら批判は甘んじて受けてください。

7月は決算期で浮き沈みがありました。コカ・コーラ株は好決算で高騰、ただしFRB失望で元の木阿弥に、ジョンソン&ジョンソン株は決算落ちでそのまま浮かばれず。インデックスはVWO(新興国ETF)が大幅にダウン、せっかく43ドルラインまで上がってきていたのに最後で41ドルを割り込みました。VT(全世界株式ETF)もマイナスに転落です。

米国株の取引手数料が下がったので、ETFをちょぼちょぼと買いました。特に7月からSPYD(高配当株ETF)をポートフォリオに加えました。これはREITと公益事業を中心にした変わり種でアセットの分散という意味でも面白い銘柄かと思います。

(参考記事)高配当ETF-SPYDをポートフォリオに加えてみた

今後の投資活動ですが、ポートフォリオの配分目標に従うと全世界インデックスの割合が少なくなっているので、ここを補強していかなければなりません。

この二ヶ月ほど買い控えをしていたので買付け資金に若干の余裕があります。売買手数料が下がったので心おきなく1株買いが出来る様になりました。この辺は100株単位でないと買えない日本株にはないメリットがありますね。

市場は下げモードに入ったので、とりあえず下落銘柄を狙って買い増しを進めます。

それでは☆彡
   
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2019
06.29

投資成果まとめ(2019年6月)~利下げ観測で含み益が回復!

Category: 運用状況
2019年6月29日
ゆきだるまです。

2019年6月末時点の投資成績をとりまとめました。

【ゆきだるまファンドのポートフォリオ】
PF201906-1.png 
      
【各銘柄の騰落率】
PF201906-2.png     

6月は米中摩擦が一段落して逆に利下げの観測から株式市場は再活性化しました。

この一ヶ月間は基本的に上げ調子でS&P500ベースで価額は4.7%上昇しました。

5月末時点で落ち込んだリターンの回復が大分進んでいます。利下げと同時に為替は円高方向に振れていますが株価の伸びが利益を押し上げています。

6月はVTI(全米株式ETF)を買い増しし、5月のVWO(新興国株式ETF)の買い増しと合わせてポートフォリオでのインデックスの比率が高くなっています。個別株で冴えなかったAT&TやNVDAもリターンを回復しつつあります。

現在の総リターン:9.43%(前月3.35%)  

・資産総額:306万円(前月284万円  +7.7%)
・原  資:280万円(前月275万円  +1.8%)
・運用利益:    26万円(前月  9万円  +17万円)
・運用期間:3年6ケ月

 ※為替:107.90円/ドル(前月108.36円/ドル -0.4%)で計算

【全資産の騰落率推移・S&P500との比較】
PF201906-3.png

5月末の悲惨な状況は脱出しました。利下げと米中摩擦、そしてこれから始まる中間決算が市場変動の大きな要因を占める感じです。トランプ大統領は次期大統領選に意欲的なため市場は活性化に向かう気配がしています。

最近ブログでも書きましたが長期の個別株保有はリスクが高いので少し改めていこうかと考えています。JNJ、KO、RDS.Bは引き続き保有するものの、AT&TとNVDAは処分してインデックスに置き換えるつもりです。

7月はリバランスを意識しながらポートフォリオを調整します。

それでは☆彡
  
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2019
06.02

投資成果まとめ(2019年5月)~米中紛争で含み益がピンチ!

Category: 運用状況
2019年6月2日
ゆきだるまです。

2019年5月末時点の投資成績をとりまとめました。

【ゆきだるまファンドのポートフォリオ】

PF201905-1.png      
【各銘柄の騰落率】
PF201905-2.png    

5月は米中摩擦が再燃して市場は一気に冷え込みました。年始からの上げ基調が下げに転じた一ヶ月でした。

対中貿易企業はもちろん、米国側のファーウエイへの制裁と中国側のレアアース輸出規制によりハイテク銘柄が打撃を受けましたね。実際に工場の閉鎖もはじまり実生活レベルでも影響を及ぼし始めています。

世界経済は相互関係で成り立っています。米国政府が始めた関税強化は短期的には国内産業の保護につながるかもしれませんが、長期的視点でみれば閉塞・孤立につながる恐れがあります。

まあトランプ大統領は次期選挙までは続けるんでしょうね。国内の問題を外にそらす効果がありますし、何よりも強いアメリカを印象付けることができますから。

さて、持ち株の状況ですが見事に下がりましたね。含み益が一気に消えてマイナスになりそうな勢いです。コカ・コーラだけが踏ん張っていてあとは軒並み下げました。エヌ・ビディアは折角190ドル台まで回復した株価が130ドル台まで急降下しましたし、ジョンソン&ジョンソンは米中問題とは無関係に訴訟問題で一気に5%近く落ちました。原油相場も下落したためロイヤル・ダッチ・シェルが下がりました。

インデックスも世界規模で下がりましたね、通貨はドル安円高に振れました。

というわけで、先月は安くなった新興国ETF(VWO)と画像系半導体のエヌ・ビディア(NVDA)を買い増しました。

現在の総リターン:3.35%(前月12.53%)  

・資産総額:284万円(前月304万円  -6.6%)
・原  資:275万円(前月270万円  +1.8%)
・運用利益:    9万円(前月  34万円  -25万円)
・運用期間:3年5ケ月

 ※為替:108.36円/ドル(前月111.41円/ドル -2.7%)で計算

【全資産の騰落率推移・S&P500との比較】
PF201905-3.png

4月は総資産額が300万円を超えて喜んでいたのも束の間、5月は一気に下落しました。かろうじてプラスのリターンはキープしていますが、6月はマイナスに割り込むかもしれません。

逆に考えれば株価もドルも下がったので絶好の買い場が到来したわけです。今まで資金を温存気味にしてきて良かった。まずは無難にインデックスを補強していく感じでしょうか。個別株は落ちるナイフですから。でもジョンソン&ジョンソンだったら下がれば買いですね。

何を買うか悩むのも投資の楽しみであります。

それでは☆彡
 
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
back-to-top