2018
07.01

ゆきだるまファンド6月末の投資成果をまとめました!

Category: 運用状況
ゆきだるまです。

これまでの投資成果の確認と今後の方針を再点検するため、毎月末に運用状況を公開しています。少額投資ですが、資産構成、リターン、投資のタイミングなど参考になるものがありましたら幸いです。

今回から一連のポートフォリオをゆきだるまファンドと呼ぶことにしました。

それでは、まず6月末のポートフォリオとカテゴリー構成からみてみます。

【ポートフォリオ】
 運用成果201806-04 
【カテゴリー別構成】
運用成果201806-05 
 
ゆきだるまファンドは長期にわたる配当金の再投資による安定的な利殖を図るため、ポートフォリオの半分を優良大型企業に投資しています。うち3割はバリュー銘柄、2割は配当利回りが5%を超える高配当銘柄を割り当てています。

1割は高リターンが狙える銘柄としてアクティブファンドやレバレッジETFなども試行的に組み込んでいます。

残る4割は世界を対象にインデックス投資を行っています。全世界系ファンド(VT等)を中心に米国と新興国を補強して、米国:新興国:米国除く先進国=5:3:2となるように配分しています。

現在はカテゴリー別構成を目標値に近づけるべく不足する銘柄の買い増しを進めています。

【各銘柄の騰落率】
運用成果201806-06

最近は米中貿易摩擦と金利上昇の懸念から市場全体が下降線をたどっており、主力のバリュー、高配当はいずれも冴えません。その中でも原油価格上昇によりロイヤル・ダッチ・シェルが単独でリターンを伸ばしています。ジョンソン&ジョンソンと高値づかみのダウETF(DIA)の値戻しが進まず、タイムワーナーと合併を果たしたAT&Tは大きく沈んだままです。

高リターンではひふみプラスが断トツの成績を上げています。インデックスは以前から投資していたVTとS&P500の含み益に助けられ全体ではプラスのリターンを形成しています。

インデックスでは今年から投資を始めた新興国がドル高と米中貿易摩擦の中でマイナス方向に振れています。

【1ケ月間の動き】
・追加投資額:5万円
・両替:476.93ドル(保有ドル平均108.90円/ドル)
・配当収入:79.46ドル(WFC、PFF、XOM、DIA、JNJ、RDS.B、SPXL、VTI、VT、VWO)
・買付:VWO(10枚)、iFreeNEXT FANG+インデックス
・売却:1655 S&P500ETF(5枚)

全体の運用状況とこれまでの推移

総リターン:9.2%  
・資産総額240万円
・原資:220万円
・運用期間:2年6ケ月
・NISA使用:61.9%
 ※為替:110.70円/ドル(前月108.83円/ドル)で計算

【資産運用額推移】 単位:万円
運用状況201806-1
【S&P500とのリターン比較】
運用成果201806-03

1月末から始まった低調相場で大きく下がったリターンは回復傾向にあります。先月は円安と原油高でプラス方向に回復しています。バリュー銘柄や高配当銘柄は以前として厳しい状況が続いています。S&P500との比較では2倍近い差がついています。

今後の展望

米中貿易摩擦、インフレ進行と金利上昇など株式投資環境としては好ましくない状況が続きそうです。下落中のものを買うのは得策ではないので株価が十分に下がりきってから買うという発想も持ち合わせた方が良いかも知れません。

7月の買い増し分は、ポートフォリオ・アロケーションの完成を目指して新興国VWOの買い増しを進めるか、さらに投資資金に余力があれば安値のAT&Tで高配当銘柄を充実させていく考えです。

ホームラン銘柄として先月iFreeNEXT FANG+インデックスを新たに登場させました。これはグロース株で一番利幅のとれるFANGをはじめとしたハイテク10種で構成されるファンドです。もう少し後半にナスダックの成長率を取り込むならQQQという選択肢も考えています。ひふみやJリバイブなど日本のアクティブファンドを少し整理して米グロース株投資を少し行っていこうと考えています。

今年も半年が過ぎ、折り返し地点を過ぎました。今年の目標である総資産額300万円まであと60万円、あと10%リターンを上げていいくため今月も色々と試行錯誤をしていきます。

それでは☆彡
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
06.04

【投資成果】2018年5月末:バリュー苦戦ながら利益はキープ

Category: 運用状況
 ゆきだるまです。

これまでの投資成果の確認と今後の投資方針を再点検するため、毎月末に運用状況をとりまとめて公開しています。少額投資ですが、リターン、資産構成、投資のタイミングなど参考になるものがありましたら幸いです。

5月末時点の運用状況は次のとおりです。

【全体の運用状況】
総リターン:7.3%   (前月7.5%)
運用利益 :157千円 (前月158千円)
・原資:215万円(前月211万円)
・運用期間:2年5ケ月
・NISA使用:58.1%(697千円/1,200千円)
 ※為替:108.83円/ドル(前月109.25円/ドル)で計算

【1ケ月間の動き】
・追加投資額:4万円
・両替:319.1ドル(保有ドル平均108.85円/ドル)
・配当収入:24.93ドル(T, DIA, PFF)
・買付:T(10株)
・売却:なし

【資産運用額推移】 単位:万円
運用状況201805-1
【騰落率推移】
運用状況201805-5
5月グロース株が復調した一方でバリュー株の軟調が続き市場は二分化をしながらも全体ではプラスリターンに転じています。月末のイタリア危機では株価の一斉下落があったものの、利上げ予測が後退したため高配当株も若干値戻しがありました。

ポートフォリオは、バリュー株中心のポートフォリオの含み損が続き、全体での均衡を保ちつつも、全資産をS&P500に投資したと仮定した場合のベンチマークに較べて今月は大きく水を開けられました。

【配当累積】 ※税引後、ドル資産分、楽天証券で運用中のVT(30枚分)除く
  運用状況201805-2
配当は順調に積みあがっています。現在の投資額に対する配当割合は3.1%であり、この分が再投資に回って複利効果を発揮してくれています。

【ポートフォリオ】 為替108.83円/ドル、運用期間2年5ケ月
運用状況201805-3     

原油高を背景にエクソン・モービルの値が戻ってきました。不沈空母と思われたジョンソン&ジョンソンの下落が続いています。AT&Tはずーっと下がりぱなしだったので、高配当セクター増強の意味も込めてナンピン買い増しを行いました。

インデックス米国が復調新興国が低調傾向にあります。ひふみプラスは単独で値を上げ続けています。

【カテゴリー別の資産構成比】
運用状況201805-6    
目標配分比に対してAT&Tの買い増しで高配当セクター割合が若干増えました。新興国の割合が不足しています。


今後の展望

6月発表分の雇用統計が良好だったため、先月いったん引っ込んだ利上げ観測が再燃しそうです。一方でイタリア危機、米朝会談、貿易摩擦等々の国際情勢の変容に伴い円高・株価下落に振れるとみています。またトルコリラ暴落など新興国市場は厳しさが増すと予想しています。

今月は引き続き方向感のない相場となりそうです。バリュー・高配当株は軟調が続くとみています。今月の買い増し候補としては、新興国ETFか高配当銘柄を安値で拾い、ポートフォリオの配分比を理想値に近づけていこうと考えています。

それでは☆彡
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
05.02

【投資成果】2018年4月末:円安に救われリターンを回復

Category: 運用状況
 ゆきだるまです。

これまでの投資成果の確認と今後の投資方針を再点検するため、毎月末に運用状況をとりまとめて公開しています。少額投資なので絶対額は寂しい限りですが、金額に依らない相対値(リターン等)や資産構成、投資のタイミングなど参考になるものがありましたら幸いです。

4月末時点の運用状況は次のとおりです。

【全体の運用状況】
総リターン:7.5%   (前月4.6% ;+63.0%)
運用利益 :158千円 (前月97千円;+62.9%)
・原資:211万円(前月211万円)
・運用期間:2年4ケ月
・NISA使用:55.07%(661千円/1,200千円)
 ※為替:109.25円/ドル(前月106.23円/ドル)で計算

【1ケ月間の動き】
・追加投資額:なし
・両替:10.86ドル(保有ドル平均108.83円/ドル)
・配当収入:16.35ドル(KO, DIA, PFF, VT, VWO)
・買付:VWO(10枚)
・売却:なし

【資産運用額推移】 単位:万円
201804末01
【騰落率推移】
201804末02
2月、3月の市場調整を経て積み上げてきた含み益を大きく減らしています。4月は決算期でディフェンシブ株が軒並み下落しましたが為替が円安に振れたので円ベースでは含み益を回復しています。全資産をS&P500(1557)に投資したと仮定した場合のベンチマークとの比較ですが、この1か月間で差を詰めたものの5%近いリターンの差があります。

【配当累積】
 ※税引後、ドル資産分、楽天証券で運用中のVT(30枚分)除く
  201804末03
配当は順調に積みあがっています。現在の投資額に対する配当割合は2.9%であり、この分が再投資に回って複利効果を発揮してくれています。

【ポートフォリオ】為替106.23円/ドル、運用期間2年4ケ月
201804末04    
今月に入ってバリュー株はメタメタです。高配当株は原油高を背景にシェルが頑張っていますがAT&Tが爆下げして利益を食ってしまっています。高リターンの部ではひふみプラスが非常に高い収益を上げています。ワールドインデックス前から投資しているVTや世界経済インデックスのリターンに助けられて最近投資したVTIやVWOのマイナスをカバーしてくれています。

【資産構成】2018年目標:280万円(現211万円) 【単位:万円】

201804末05   

【カテゴリー別の資産構成比】
201804末06   
目標配分比に対してバリューが過多新興国と高配当銘柄が不足しています。
まとめと今後

4月
は引き続き米中貿易摩擦で市場全体の株価が低迷、また長期債の利回りが3%を超えたことでディフェンシブ銘柄の売りが進んでいます。さらに決算期にあって持ち株の成績が芳しくなく、個別株はまったくダメな成績でした。それでも金利上昇の恩恵で円安が進んだので円ベースでの利益はそれなりに積みあがった月となりました。

個々の状況では、原油高を背景にロイヤル・ダッチ・シェルが高いリターンを出しています。米国の高配当株は全部だめですね。特にAT&Tは決算を跨いで大幅に下落。タイムワーナー社合併の決着がつくまでプラスの材料がありません。ひふみプラスはさすがです。米国株投資家などと云いながら実はひふみが最強と云う矛盾を生じています。

ポートフォリオ計画で不足していたVWO(新興国株ETF)を買い増しました。

さて今月ですが、新年度が始まって何かと出費が多かったので今月の入金は4万円に抑えようと考えています。ポートフォリオの配分比を目標に近づけるため、VWO(新興国株ETF)か高配当株を買い増ししようと考えています。

今日もニューヨーク市場は荒れ模様です。ゴールデンウイークは皆さん何をして過ごされていますか?私は子どもを連れてアウトドアに遊びに行こうと思っています。

それでは良い連休を☆彡
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
04.01

【投資成果】2018年3月末:かろうじてプラスを維持

Category: 運用状況
ゆきだるまです。

3月末時点の運用状況をお示しします。

【全体の運用状況】
総リターン:4.6%   (前月7.1% ;▼ー35.2%)
運用利益 :97千円 (前月141千円;▼ー31.2%)
・原資:211万円(前月200万円)
・NISA使用:50.85%(610千円/1,200千円)
 ※為替:106.23円/ドル(前月106.69円/ドル)で計算

【1ケ月間の動き】
・追加投資額:11万円
・両替:994.69ドル(保有ドル平均108.83円/ドル)
・配当収入:63.18ドル(WFC, PFF, XOM, DIA, JNJ, RDS.B, VTI)
・買付:VT(10枚)、1655-S&P500ETF(5枚)
・売却:なし

【資産運用額推移】 単位:万円
201803推移
今月から1年間の推移を掲載することにしました。本年1月末から始まった調整が入るまでは順調に利益を伸ばしていっていたのですが、この2カ月間で利益が激減しています。1月末には32万円の含み益があったのが、今月末では10万円とは、とほほ。

今月から自分の騰落率とベンチマークとして日本版S&P500ETF(1557SPDR)をグラフに加えました。ベンチマークの考え方は、原資を全額を1557SPDRに投資したと仮定した場合の騰落率を比較用に掲載しています。今月時点で騰落率で8%の差が出ています。

【配当累積】 ※ドル資産分、楽天証券で運用中のVT(30枚分)除く
  201803末02
配当累積も今月から向こう1年分を掲載します。株価はマイナスになることがありますが、配当は常にプラスになるので心が安らぎます。3月は配当の多い月ですね。

【ポートフォリオ】為替106.23円/ドル、運用期間2年3ケ月
201803末05   
エクソン・モービル(XOM)とAT&T(T)は円換算にすると下落が非常に大きいです。ひふみプラスは非常に優秀です。運用期間の長いインデックスファンドもリターンの安定に寄与しています。

【資産構成】2018年目標:280万円(現215万円) 【単位:万円】
201803末03  
【カテゴリー別の資産構成比】
201803カテゴリー構成  
目標配分比に対して新興国と高配当銘柄を補強しないといけません。
まとめと今後

3月は米中貿易戦争問題で株価が一斉に下落しました。2017年が幸せな上昇相場だっただけに、1月末から始まった数回の調整局面で含み益が多く吹き飛ぶという悲しい思いをしています。

下落局面では大きく買おうなどと思っている割には、いざ下落が始まると買い場が分からずに良い買い物ができないでいます。実は定期・定額買付という心情を排したドルコスト平均法が最強の投資法かもしれません。

高配当株や生活必需品は下落局面に強いディフェンシブ銘柄だとは誰がいったのか?エクソン・モービルやAT&Tはしっかり下げまくってくれています。配当はしっかりと運んでくれるので心強い部分もありますが。

今月はブラックロック社の日本版S&P500ETFを買ってみました。2千円で買えるので米国市場が暴落した翌日に仕込むと割安感があって良いです。既にプラ転していて良い感じです。

藤野さんのひふみプラスは最強過ぎです。米国200年の歴史とか考えずに、ひふみに投資しておくのが一番間違いがないのかもと思ってしまいます。アマゾン、マイクロソフトに留まらず中国株もファンドに組み込むとか。どんどんやってください。応援しています。

さて今月ですが、ドルが安かったので4月分を前倒しでドル転してしまっています。ポートフォリオで未了部分となっている新興国のVWOか高配当のPFF又はAT&Tあたりを買おうかと思っています。マネックス証券さんはNISAでの米国銘柄の買い付けはETFだけでなく個別株も手数料をキャッシュバックしてくれるので、小口のチョボチョボ買いが出来て本当に助かっています。

今日から新年度です。頑張っていきましょう!
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
03.02

【投資成果】2018年2月末~純利益激減;;

Category: 運用状況
ゆきだるまです。

2月末時点の運用状況をお示しします。

【全体の運用状況】
総リターン:7.1%   (前月16.6% ;▼ー57.2%)
運用利益 :141千円 (前月316千円;▼ー55.4%)
・原資:200万円(前月190万円)
・NISA使用:44.1%(529千円/1,200千円)
 ※為替:106.69円/ドル(前月109.21円/ドル)で計算

【1ケ月間の動き】
・追加投資額:10万円
・両替:799.41ドル(保有ドル平均109.04円/ドル)
・配当収入:24.65ドル(T、PFF)
・買付:VWO(10枚)、XOM(5株)
・売却:なし

【資産運用額推移】 単位:万円
201803月末-1

【配当累積】 ※ドル資産分、VT除く
  201803月末-2

【ポートフォリオ】 為替106.69円/ドル、運用期間2年2ケ月
201803月末-3  

【資産構成】2018年目標:280万円(現214万円) 【単位:万円】
201803月末-4 
             ※暗色の部分は今後買い付け予定箇所

まとめと今後

先月に発生した株価一斉下落を経て運用利益が55%減という悲しい状況になっています。それでも一番下げのきつかった2月10日頃に較べて大分リターンも戻ってきています。中間報告的なブログも書いてきましたが、こうした記録をとっておくのも後から振り返った時に何かと役に立つのではないかと思います。

(参考)1月末からの資産変動の確認と今後の行動計画(2/11付)
    市場下落による被害状況の確認とお買い得品の物色(2/7付)

またこの下落時の買い付けとしてはバンガード新興国株式ETF(VWO)の新規買付けとエクソン・モービル(XOM)の買い増しを行いました。この数カ月間の水準ではお買い得品が買えた気がしています。

(参考)VWO(新興国株式ETF)を新規購入!
    出遅れ株のエクソン・モービルを買い増してみた

ポートフォリオ計画は本年目標を300万円から現在資産とNISA残を考慮して280万円に引き下げました。先月エクソン・モービルを衝動買いしてしまったので、今後は円グラフ暗色(買付未了部分)の高配当銘柄とインデックス(VT、VWO)の買い付けを強化しなければいけません。インデックスは機械的に買っていこうと思っています。

先月末で投資元本が200万円となりました。一昨年に投資資金100万円からスタートしたので2年間でプラス100万円(月4万円)を小遣いから捻出してきたことになります。投資成果の一つに倹約ぐせがついたことがあり、大分投資家としてのスタイルが出来上がってきたように思います。目下、少額投資でちまちまと小銭稼ぎをしてはいますが、いずれは莫大な家計資産の運用へステップアップしていくために今は試行錯誤の実験を繰返しているところです。

明け方で記事を書きながら実況中継ですが、市況は再び春の嵐が吹き始めています。NYダウが50日線を大きく割り込み始めました。VIX上昇中(▲23.48%)、原油下落中(▼1.01%)、円高進行中(▼0.19%)です。保有資産上は厳しい場面が続きますが絶好の買い場が再びきそうなので、お買い得品がないか物色を続けていきます。(インデックスを買えよ!と心の声)

【NYダウ価額推移】
ダウ20180301 
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
back-to-top