FC2ブログ
2018
10.21

エジソンと電球~利益は発明者ではなくそれを広めた人の手に

Category: 雑感
2018年10月21日
ゆきだるまです。

休日なので、今日は相場を離れて発明とビジネスについての小噺を幾つか

電球を発明した人は

トーマス・エジソンだとずっと思っていました。というかそういう風に教えられてきました。でも事実は違うようです。

「GE edison」の画像検索結果 

電球を発明した人はイギリスのジョセフ・スワンという研究者。ではエジソンはというと、それを実用化して世に広めた人というのが本当のところのようです。

「世界から夜が消えた」といわれた白熱電球の誕生、我々の生活時間を広げた意義は非常に大きい。ある意味で時間を創造した発明だったとも云えます。

残念なことにスワンの作った電球は寿命が短く実用には至らなかったそうです。発明家よりも事業家としての才覚に長けていたエジソンは早速これを改良、日本の竹をフィラメントに使った話は有名です。

実用化に至った電球はエジソンの手によってビジネスとして世に送り出されます。それがGE、ゼネラル・エレクトリック社の創業です。20世紀末には世界最大の企業となる礎はエジソンが作り出したのでした。

「GE edison」の画像検索結果


次は電話です。

電話の発明者はご存知のグラハム・ベルです。当時は複数の研究が同時平行的に行われる競争状態にあったようです。ベルはライバルのエリシャ・グレイが特許を出願しそうだという噂を聞きつけて、その二時間前に滑り込みで申請をしたのは有名な話です。

特許出願時点で電話機はまだ完成しておらず、その後、ベルが実験中のトラブルに際して「ワトソン君、ちょっと来てくれ」と助手を呼んだ時に、偶然にも装置から声が伝わったという逸話が残されています。

「BELL telephone」の画像検索結果

実はこの会話に成功した装置は先のグレイが考案したシステムに酷似していたとか。電話機の開発競争にはエジソンも参戦してきて真の発明者は誰かを巡って訴訟にも発展します。結局は特許を出願した時間的経過からベルだということに落ち着きます。

ベルの電話はやがて超巨大通信企業AT&Tへと発展していきます。これもビジネスに仕立て上げて利益を得たのは別の人間。発明者ベルの手には僅かな株式だけが残り、爆益を手にすることはなかったそうです。

「bell AT&T」の画像検索結果

三番目はマクドナルドのハンバーガーです。


今月の始めに記事にしましたがマクドナルドも創業者と世に広めた人は別です。早い・安い・旨いのファーストフードの原点を開発したのは片田舎でハンバーガーショップを営んでいたマクドナルド兄弟。

その兄弟が心血を注いだシステムをフランチャイズ化して、そのビジネスソースを根こそぎ奪っていったのがレイ・クロックという男。その顛末は映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」で赤裸々に語られており、非情なドラマを目にすることができます。

(過去記事)味なことやるマクドナルド~映画で観る意外な創業ドラマ

「macdonald founder」の画像検索結果

最後は日本のお話しです。


首都圏を中心に唐辛子を連想させる真っ赤な店舗が人目を引く蒙古タンメン中本。辛旨(からうま)を謳い、辛味なだけでなく旨味も追及したラーメンは人々を虜にして売り上げを伸ばしています。

(関連記事)辛味投資家という生き方~遂に北極の頂点X10を極める!

セブン&アイ・ホールディングスとも連携して中本ブランドのカップ麺やチルド麺がセブン・イレブンやイトーヨーカドーにも並び今や全国ブランドに成長しました。

「蒙古タンメン 中本」の画像検索結果

さて、この蒙古タンメン中本も創業者と世に広めた人は別です。今の辛旨ラーメンの原点を作ったのは先代の中本正さんという方。東京の板橋区の片隅にある店舗で細々と営業を続け健康上の理由で閉店。それを掘り起こしてビジネスに仕立て上げたのが常連客だった白根誠さん、現在の株式会社誠フードサービス代表です。

蒙古タンメン中本は、我々辛味投資家をはじめとする多くの信者たちに支えられ、辛味の世界では他の追随を許さないワイドモートを築き上げています。蒙古の名のごとくかつてチンギスハンが世界最大の帝国を築いたように、蒙古タンメン中本が世界を席捲してくのも時間の問題ではないかと思われます。
 
一つだけ残念なのは、株式会社誠フードサービスは上場しておらず、中本に投資して共に世界を目指すことが出来ないということでしょう。

「蒙古タンメン 中本」の画像検索結果

さて、このように社会を変革させたビジネスの原点をつくった者と世に広めた者は異なるという例を挙げてみました。利益はビジネスになって初めて生まれるもの、偉大な発明も世に広まらなければ、人々の生活を代えることも、爆益を手にすることも出来ません。偉大な発明を世に送り出すのが事業家の役割であり、我々投資家の使命だといえるのです。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
10.05

おはギャーの朝に債券をもつことの意味を考える

Category: 雑感
2018年10月5日
ゆきだるまです。

10月4日のNY市場は米長期金利の高止まりを嫌気して大幅に下落しています。久しぶりにおはギャーの朝を迎えます。米国10年債の利回りは3.2%台に上昇、7年超ぶりの高水準になりました。

市場動向をみてみます。

【今週の米国10年債利回りとS&P500指数の相対関係】
10年債利回りSP500-20181004

米国10年債の利回りが上昇して株価指数は下落して逆相関関係を示しています。債券利回りが上昇しているのは債券が売られて価額が下落しているということ。株価が下落すると相対的に配当利回りが上がるのと同じ現象。

つまり株価も債券価額も一緒に下落しているということですね。

【今週のS&P500指数と債券ETF価額のリターン推移】
BND、SP500 20181004

債券って株価下落に強いモノじゃないの?

そもそも債券って安全資産なのに値段が下がるってどういうこと?

こんな疑問がわく人も多いかもしれません。

債券は株式と同様に学術的研究が進んだ分野なので債券論を語るつもりはないのですが、自分の感覚的にはどうも債券が馴染めません。理論よりも感覚を大事にするゆきだるまの戯言として今日は書き連ねます。

よく株式入門書にポートフォリオに一定の債券を持ちましょうとか、年齢に応じて債券割合を高めましょう、というのがあるじゃないですか。この意味が未だに自分の中で咀嚼出来ていなくて株式100%投資をしています。

債券も株と同じで個別の債券とファンドになった債券があります。例えば個別の債券を買えば発行元がデフォルトしない限り確定利回りで満期日には元本も返ってきます。これは定期預金と同じで安全資産だといえると思います。その代わり満期日までは資金を動かせないので超インフレになったり超高金利になったりすれば元金の相対的な価値は下がってしまいます。

一方で債券は株と同様に市場で売買できるため、市場に出た債券は価値が変動します。債券は株と違って債券自体が成長するものではなく、その価値は利回りと信用度です。したがって市場価格は株式や金利の動向など相対的な関係で決まってきます。

なので売買対象となった債券のファンドは値動きをするのです。ただし株に較べて値動きがゆるやかなので安定的ではあります。

次にポートフォリオで債券をもつことの意味ですが、良く株と債券の価格は逆相関の関係があって株価が下がれば債券の価額が上がるのでリスクヘッジになります、と云われますが、これは本当なのでしょうか。

【S&P500とBND(債券ETF)の10年比較】
BND、SP500 10年

株式が危機になると安定的な債券を買う人が増えて債券額が上がるという理屈は分かるのですが、実態は株価が50%下がって債券額が50%も上がる様な事例はなく、1:1の関係では確認できないレベルです。一方で今回の金利上昇局面などは株も債券も下がって股裂き状態になるので逆相関によるリスクヘッジ効果は期待し過ぎない方が良い感じです。

債券によるリスクヘッジという意味は、値動きが緩やかなので、同じ下がるにしても株式ほどは下がらないからマシですよ、という捉え方をしています。

次にポートフォリオに組み込んだときのパフォーマンスですが、債券を組み込んだ分は株式の様な成長要素がなくなるのでリターンは下がります。自分のポートフォリオでも全世界を対象に100%株式のVTと債券を半分組み込んだ世界経済インデックスファンドを同じ時期に買っていますが、リターンに雲泥の差がついています。それでも値動きが安定した債券を半分組み込んでいるので全体の値幅は小さくなっています。

まとめ

定期預金的な元本の安定と確定利回りを狙うなら個別債券を買う。BNDなど債券ファンドは値動きはするが安定的、株式との逆相関によるリスクヘッジ効果は万能選手ではない。というよりも市場に放たれた債券は生き物なので、市場動向の要因による有利・不利を見定めないといけない、ということです。

そうでないと今回の利上げ局面の様に折角債券もってるのに、株も下がって債券も下がるってどういうこと、というストレスを抱えることになりそうです。

私も人生の半ばを過ぎており、年齢的に値動きの緩さと云う点から債券も考えなければいけない時期だと言われています。まずは持ってみないと良く分からないので、来年のNISA枠でBNDなどを少しもって観察してみようかとも考えている次第です。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:2
2018
09.13

景気に逆行するトランプ大統領の支持率~中間選挙は大丈夫か?

Category: 雑感
ゆきだるまです。

米国経済は好調です。2016年末のトランプ大統領当選から強気相場入りし、2017年はほぼ一貫して市場は上がり続けてきました。2018年当初に大きな調整局面はあったものの再び上昇を続け、年末にはS&P500指数は3000を超えるのではないかと目されています。

米経済情報誌ブルームバーグで面白い記事をみつけました。

好景気下のトランプ氏の不人気ぶり、前代未聞ー世論調査で浮き彫り

歴代の米国大統領にかける国民の期待は大きく、1980年代のロナルド・レーガン大統領就任依頼、国民の景気感と大統領の支持率は相関関係にありました。しかしトランプ大統領だけがその逆、つまり景気が上がるほど支持率が下がる不思議な現象が起きているようです。

【大統領支持率と景気・市場動向の関係】
大統領支持率と景気の関係

国民の景気感と市場動向(S&P500)の動きはほぼ一致しますが、トランプ大統領の支持率は下がっていますね。統計的なデータでいけば、GDPは4年ぶりに高い伸びを示し、失業率や賃金水準も大きく改善され国民生活の豊かさが実感されるところ、政策にしても大型減税を実現させ、国内産業保護的な貿易施策を展開しています。

なのに支持率が上がらない。なぜ?

有識者の見解は「トランプ氏の人柄と茶番劇で全てかき消されている」とのこと。

11月の中間選挙は共和党が上下両院の過半数維持ができるかが焦眉となっており、共和党にとって上院が実質2議席差の中で大統領不人気は頭が痛いところ。

そして、投資家サイドとしても現政権の施策が功を奏して企業活動が好調なことを鑑みれば、中間選挙は無事通貨して欲しいところでしょう。

大きな政治イベントにおいて株価の急変はつきものです。

直近で思い出されるのが2016年6月のブレクジット(英国のEU離脱)の是非を問う国民投票、同年11月の米国大統領選挙の2大イベントでしょう。

【2016年の2大政治イベントとS&P500の関係】
2016年の政治イベント 

どちらも大ドンデン返しのサプライズでした。

ブレクジットの時はまさかの国民投票での賛成可決。報道とともに株価は急落しました。英国夜間の開票だったので開場していた日本市場が被害甚大だったという皮肉な結果となりました。当時は日本株投資をやっていたので終業時間中真っ青になったのを覚えています。

大統領選もクリントン当選が確実視されるなかで、トランプ氏が追い上げて株価をジリジリと下げてきました。誰もがトランプ氏が当選したら困るというムードが漂ってましたからね。

しかし当選決定後は一転して上げ相場に突入、今まで様子見だった市場が一気に弾けた感じがありました。トランプ氏当選の場合は市場が暴落するとまで云われていましたから、これは完全なサプライズです。

果たして11月の中間選挙はサプライズとなるのか、大いに気になるところです。2016年のイベントでは色々なところで悲鳴が聞こえてきたものの、結果としては暫く気絶しているのが一番賢かったわけです。パニック売りをしてしまった人は残念でしたし、底値を拾えた人はラッキーでした。

何があるのか予想できないのが市場動向です。過去の2例を鑑みれば一瞬の急落は十分にあり得ます。またその後直ぐ回復できた銘柄と沈んだままになったものもありました。あと2ヶ月間、買い急ぐのは少し待って現金を蓄えておくのも一考かと思う今日この頃です。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
09.05

通常NISAの恒久化、特に5年適用の撤廃を切望する!

Category: 雑感
ゆきだるまです。

NISA(少額投資非課税制度)を恒久化するという話があります。金融庁がとりまとめた平成31年度税制改正要望でトップバッターに掲載されています。NISAの恒久化については制度発足以来、色々な場面で必要性が叫ばれてきました。今回もまたかの思いはあるのですが、来年こそはの期待を感じてもいます。

【NISAの枠組み・金融庁資料】
i_nisa02.gif
NISAの恒久化については、金融庁要望は平成35年枠を最後とする時限措置をなくそうというものですが、NISAユーザーのゆきだるまとしては、ぜひ5年間という適用期限の撤廃も合わせて行ってほしいと考えています。

NISAの適用期間5年はハッキリ言って短いです。株式は最低20年経たないとボラティリティが収束せず、元本割れの危険性があるからです。NISAは株式の譲渡差益と配当にかかる課税が適用されない素晴らしい制度ですが、その一方で適用期間満了時で元本割れをしていると、その時の株価で課税口座に移管をされてしまいます。つまり取得価格が買い値よりも下げられてしまうので、買い値まで戻す分も課税対象となってしまう恐ろしさがあります。

そしてもう一つの課題はNISA枠の消費の問題。年間120万円の限度額がありますが、一度買付けで使用した枠は復活しません。買い替えをすると新たな枠を消費してしまうことになるのです。

NISAは、この元本割れ課税強化と消費枠未復活という罰ゲームがあるため、商品選びは慎重にならざるを得ず、ボラティリティの低いインデックスファンドかバランスファンド、株式では高配当銘柄が選ばれてきました。

これが5年しばりがなくなり真の恒久化がなされるとなると話は全く異なります。本当の意味での長期投資ができるようになります。つい先日もNISAで買ったウエルズ・ファーゴを処分しましたが、5年しばりと元本割れの危険性から含み益が出ているうちに処分するという気持ちが働いたことは事実です。

(過去記事)罪作りなNISA~5年で損を出さないよう作戦変更します!

sad-505857_640.jpg 

私の投資スタイルは保守本流です。インデックスと高配当株という長期投資にうってつけの銘柄ばかりを保有しているため、NISAの恒久化は願ったりかなったりなのです。

そしてNISA枠の120万円は少額投資家にとって広めでもあり、これを使い切るために超無難な保守銘柄を選択するだけで終わっていました。5年超の長期投資も可能となるとアップルやマイクロソフトといったグロースとバリューの中間領域的なハイテク銘柄も選択肢に入ってくると考えます。

NISAは、課税強化に対する代替措置として出された背景がありますが、真の狙いは国民のタンス預金の引き出しだったはずです。5年縛りを撤廃した恒久化措置は国民の投資行動を促進する効果が必ずあります。NISA分の課税機会を逃したとしても国民資産の流動化の意義は大きいです。

ただ一点課題があるとすると、今年から始まったつみたてNISAとの関係です。通常NISAの期間的課題をクリアするために、積立&インデックス限定、限度額の縮小を設定してきたところ、通常NISAの5年しばりがなくなるとつみたてNISAのメリットは全くなくなってしまうからです。

通常NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAの三位一体化の主張もありますが、国もそこまでの制度改正は朝令暮改になるため拙速には出来ないでしょう。

通常NISAユーザーのゆきだるまとしては、5年しばりの撤廃を伴ったNISAの恒久化を切に願っています。

それでは☆彡

※本記事初稿ではNISA恒久化=適用期間5年の撤廃だと誤認していた部分を改めてました。不正確な記述があったことをお詫び申し上げます
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
08.26

【祝】愛称が「雪だるま」の投信誕生!~変な名前の投信たち

Category: 雑感
ゆきだるまです。

自分のペンネームは「ゆきだるま」にしていますが、これは配当金が積もって大きな雪だるまになると良いなと思ってつけています。

昨日の朝にツイッターで飛び込んできたニュースは、SBIアセットマネジメントが運用するEXE-i つみたてシリーズの愛称を9月5日から愛称を「雪だるま」にするというというものでした。

ニュース

雪だるま名称変更 

(参考)「ファンド名称等変更に関するお知らせ」

ファンド自体の解説はつみたて次郎さんが早速記事にしてくれていますので、そちらをご参照ください。

(参考)EXE-iつみたてファンドがSBIインデックスファンドに名称変更!新規愛称は「雪だるま」

自分と同じ名前のファンドが登場するというのは素直に嬉しさを感じます。一方で、投資信託の名称としてどうよ、そもそも「エグゼアイーつみたてグローバルファンド」の旧略称が「エグつグロー」だったことに失笑を禁じえませんでした。

ゆきだるまとしては、ファンドの中身よりも投資信託の名称に興味をひかれたため、そちらを記事にします。

いま投資信託で設定されているのは全数で約1万2千本(投資信託協会調べ)です。そのうちの幾つかには「雪だるま」のような愛称が付されいます。中には何これ?というものもありまして、普段から気になっていたところです。無数にある投信の中から力技で奇妙珍妙な愛称を拾ってみましたのでご紹介したいと思います。

出典はモーニングスターの投資信託サイトです。

ユナイテッド・タートルクラブ・バランス型『愛称:ウミガメ』
トップバッターはカメ3兄弟シリーズ、ユナイテッド・タートルクラブ、タートル=カメから由来、深く考えてはいけない

意味不明のフルーツ王国。目論見書の表紙にフルーツテンコ盛りの写真をみて投資の「果実」だと理解

シャリア関連アセアン株式オープン『愛称:イスカンダルの光』
イスカンダルとは何か、思い浮かぶのは宇宙戦艦ヤマトに出てくる双子星。インバース型なら「ガミラスの闇」とか

イギリスだから007ジェームズ・「ポ」ンドですね分かります

ベトナムだからフォー(米麺)なのか、それだけなのか

ヘンリー?変動金利だからヘンリー、なるほど

ビギナーズラックのもじりですね、そうですよね

日本と先進国の株式と債券の4分野に投資、4UはFor You~あなたのために

ROE日本株ファンド『愛称:ROE(ロエ)
自己資本利益率、ROEはアールオーエーだと思ってました。ロエって訳して良いんですね

ボラティリティをボルティって呼ぶのあだ名っぽくて良い

アクティブ・ニッポン『愛称:武蔵』
大輔とか武蔵とか名前の由来が不明であります

フドウさん、リートだから不動産、なるほど

健康だから健太くんかな

ちからコブならぬちから株

ニュージーランド公社債F(毎月分配型)『愛称:ニュージーボンド』
ニュージーランドの債券(ボンド)だからニュージーボンドですか

モンドセレクションならぬボンド(債券)セレクト

ぼんさい・・・ボンドと債券、そのまんま

グローバル高配当株式ファンド(毎月分配型) 『愛称:軍配』
軍配・・・かなり考えて、グローバル×配当で軍配だと気づいた

チャイワン・・・中国と台湾だからチャイワン、へえ

ミドルイースト、ノースアフリカだからミーナ

オーストラリア好利回りバランス・ファンド(H無) 『愛称:レッツ豪(為替ヘッジなし)
オーストラリア(豪州)だからレッツ豪!

勝ち組というと威勢が良い。中身はどうもTOPIXコア30らしい。世界勝ち組ファンドならダウ30か

中国プラスA株ファンド『愛称:加油(ジャー・ヨウ)
加油とは中国語で「ガンバレ」の意なり、勉強になりました

SMTAM インド債券オープン(毎月決算型) 『愛称:アチャ!インド(毎月決算型)
アチャはヒンディー語で「Good」の意なり、勉強になりました

世界CoCosオープン為替プレミアム(毎月) 『愛称:ココマスター』
CoCosってファミレス? いえ偶発転換社債のことです。勉強になりました

一九、株式1割、債券9割、二八ソバみたいな感じか、説明を見ないと分からない

これらに較べれば「雪だるま」は非常に普通っぽい愛称ですね。今回ご紹介したのは氷山の一角で、気になる愛称の全てをご紹介できているわけではありません。宝の山から自分のお気に入りの一品を探してみてはいかがでしょうか。

それにしてもモーニングスターで公開している投信全数に目を通すのは疲れました・・・

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
back-to-top