FC2ブログ
2018
12.30

投資成果まとめ(2018年12月)~涙の元本割れで一年を終える

Category: 運用状況
2018年12月30日
寒い冬のゆきだるまです。

2018年12月末時点の投資成績をとりまとめました。

【ゆきだるまファンドのポートフォリオ】
PF201812-02.png 
【カテゴリー別構成】
PF201812-03.png    

【各銘柄の騰落率・前月との比較】
PF201812-04.png 
2018年が終わりました。昨年が一貫した上昇相場だっただけに、今年は波乱に満ちた一年間でした。

【S&P500指数の一年間の動き】
SP500 20181228 

S&P500の一年間のリターンはマイナス7.0%。1月末の利上げ観測から始まった調整場面、続いて米中の貿易摩擦、これらに翻弄されながらも10月始めに最高値を付けて市場は下降線に。クリスマスイブを底に年の暮は閉じました。

中でも顕著だったのがハイテク系FAANG銘柄の凋落。10年前のリーマンショック以降の市場再生を牽引してきたフェイスブック、アマゾン、アップル、ネットフリックス、グーグルらEコマース各社が一斉に墜ちました。特にアップル、アマゾンは史上初の時価総額1兆ドル超え企業にもなりましたが、わずか数か月でその四分の一以上を吹き飛ばしてしまいました。

我がポートフォリオに立ち返ってみると、最高値の頃に手を出したハイテク系のNVDAエヌビディアとQQQナスダック100が残念なことになっています。保守銘柄もKOコカ・コーラ以外は、JNJジョンソン&ジョンソンはアスベスト問題で撃沈、XOMエクソン・モービル、RDS.Bロイヤルダッチシェルは原油安で沈下、AT&Tはタイム・ワーナー合併問題でずーっと低迷。VWO新興国株式は世界情勢不安から低空飛行、よくぞ問題銘柄ばかりを抱えてきたという感じです。

心の支えは2016年夏から秋頃の低迷期に仕込んだ、VT、ひふみ、S&P500、これらは今なお含み益を残してくれています。そして配当金の存在も大きく、トータルリターンのうち4.2%は配当金が支えています。これらを俯瞰すると、株式投資は保有期間、配当金が安定したプラスリターンの要素になっていることが実感できました。

現在の総リターン:▼2.73%(前月+10.3%)  

・資産総額:243万円(前月272万円 ▼10.7%)
・原  資:250万円(前月247万円 +  1.2%)
・利  益:▼7 万円(前月  25万円▼32万円)
・運用期間:2年12ケ月

 ※為替:110.26円/ドル(前月113.49円/ドル-2.8%)で計算

【騰落率推移・S&P500との比較】
PF201812-01.png

約3年間の投資成果として現在はマイナス2.7%で元本割れです。安定した収益を生み出すにはまだまだといったところ。教科書でいう年率7%の平均利益は何十年というスパンが必要だと実感しています。

あと少しで新年の幕が開けます。

長期保有という投資方針に大きく変更はありませんが、暫くは赤字のポートフォリオを眺めながらの冴えない投資生活になるでしょう。それでも10年後、20年後の成果を夢をみて目先の凋落とは付き合っていきたいと考えています。

今年も一年間お付き合いいただいてありがとうございました。新年も引き続きよろしくお願いいたします。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
12.26

この下落相場の中で自分が平穏でいられる理由

Category: 雑感
2018年12月26日
ゆきだるまです。

米国株投資家の皆さま息してますか?

SP500 20181224

今年のクリスマスプレゼントは強烈でしたね。

年末にはS&P500は3000は行くかもとか軽口を叩いていた夏頃が懐かしいです。このままではダウは2万ドル割れ、S&P500は2000も覚悟しておいた方が良いかもしれません。

(過去記事)年末にS&P500指数が3000を超えるというかなり現実的な話

米国株投資家の方々が集うブログ村やツイッターでは連日阿鼻叫喚が聞こえてきます。まあグロース株は仕方がないにしても、最強と云われたS&P500でさえ爆落してますから、インデックス投資家にも動揺が走っている感じです。

さて、そんな中で自分は比較的穏やかでいられます。

それは何故か?

バイ&フォーゲット(買って・忘れる)

を実践しているからです。

今年の11月から1年間休まずに続けてきたブログの毎日更新を止めました。

(過去記事)投資成果まとめ(2018年10月)★ブログ更新頻度を変更します★

ちょうど相場の下がり鼻ではあったのですが、今から振り返ると、あれから二度持ち直して12月に急降下という心臓に悪いチャートを描いています。

【S&P500直近の動き】
SP500 20181224-3 

この二か月間、ほとんどチャートの動きを追っていません。ブログを書かなくなるとネタ探しに相場に張り付くこともなくなり、実にお気楽に日々を送っていました。これは亀の甲より年の劫ではありませんが、自分の中にある警戒シグナルが発動して無意識に

現実逃避

をしたのではないかとも思っています。

今でもブログを毎日書いていたら、「今日も〇〇%下げました」、「今日は凄い下げでした」、「今日は・・・」とか狂気を帯びてきてたはずです。ただ一つ残念なのは、もしこの危険予知能力があったとした場合、

市場からの早期撤収

という行動に至らなかったのは投資家としてのセンスのなさでしょう(笑)

そしてブログを書かなくなった代わりに始めたのが、

英検に向けた勉強

(過去記事)英検準1級に挑戦します!~学び直しの英語

これが結構ハマっていて、寸暇を惜しんで勉強をしていたりします。

つまり、

忙しいと他のことに興味関心がなくなる

わけです。

自己啓発の名著「道は開ける」(デール・カーネギー著)でも、悩みを克服する唯一の方法は「自分を忙しくすること」だと述べています。人間は一度に幾つものことが出来ないので、興味関心の視点を全く別のモノに移すのは精神衛生向上に有効なようです。「小人閑居して不善を成す」など正に逆意を突いた格言でしょう。

そして、最後が

長期投資をすると誓った自分

今のところ最低10年間は投資を継続しようと考えており、今はその二年目です。保有銘柄も長期投資を基本に選んだものばかりなので、10年後に結果が出せれば良いと考えれば、日々の上下動は気にしても仕方がないという割り切りも持ち合わせています。

ということで暫くは

バイ&フォーゲット

状況が芳しくない時は、これもまた投資戦略の一つだと思う今日この頃です。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
12.23

笑っちゃうくらい爆損ですね・・・今はただ春を待つ季節

Category: 雑感
2018年12月23日
ゆきだるまです。

年の暮れも迫るなか、NY株式市場は大荒れです。マスコミでは10年前のリーマンショックを引き合いに出して下げ幅の大きさを強調しています。

運用成績は毎月末にとりまとめていますが、先週末があまりにも悲惨でしたので一部先んじて晒してみます。

 20181223 PFmanex 

これはマネックス証券での米国株口座の運用状況です。

米国株と丸二年間付き合ってきた結果がこれです。

トータル損益はマイナス12.5%

元本の約1/8が失われた形です。

秋ごろまで隆盛を誇っていた原油銘柄RDS.Bロイヤルダッチシェル、XOMエクソン・モービルは原油価格の下落とともに沈下しました。

【原油相場】
原油20181221 

一時はバレル75ドルくらいまで上がっていたので仕方がないですね。

そしてつい最近ではJNJジョンソン&ジョンソンがアスベスト隠ぺい問題で轟沈

【JNJ株価】
JNJ20181221.png 

JNJは不沈空母だと思っていましたが存外不祥事には弱かったですね。これまでポートフォリオをプラスに牽引してくれていただけに初めてのマイナス転落に驚いています。

そして、10月の頂点から落ち始めの頃に買ったNVDAエヌ・ビディアは半値以下に
NVDA20181221.png 

NVDAは含み損がマイナス40%に迫ろうとしています。まだ持ってるの?と云われそうですが、長期保有を誓ったのでガチホです。

そして最後の砦と思われたインデックスも軒並み含み損がマイナス15%近くに・・・

【VT価額】
VT20181221.png 

VTにしてこれですから、もはや地球上の全株式市場が温暖化した後の氷河期に入ったようにも思えます。

climate-change-2254711_640.jpg

今は、単なる調整局面なのか、リセッション入りしたのか、それとも〇〇ショックに突入しているのか、これは後から振り返ってみて分かること。投資家の胆力が問われる時です。

これ以上、下げが進むなら一旦利確して再トライする人もいるでしょう。一度落ちたものが這い上がるのは倍のエネルギーが要ります。合理的に考えるならそういうことです。

それでも、私は手放しません。

多分、一度見切った株は再び買い直すことはないからです。

むしろ安く買えてラッキーというところ。

あと一週間で2019年、新しいNISA枠が設定されます。

今は新春からの買い付けを待ち焦がれるばかり。

粛々と月々の買い付けを進めます。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
12.20

ソフトバンクIPOに申し込んではみたものの

Category: 雑感
2018年12月20日
ゆきだるまです。

昨日19日はソフトバンクグループの子会社ソフトバンクが上場しました。

 終値1282円/公募価格1500円:下落率▼15%

非常に厳しい結果でした。

超大型のIPO案件だったので、お祭り気分でエントリーしましたが結果は補欠当選。そのまま申し込むも最終結果は落選。結果として命拾いをしました。

ペイペイの通信障害や不正決済、ファーウエイ問題への対応などの悪ニュースも重なりましたが、それよりも公募価格が高すぎたのでしょう。配当率5%は魅力に映るものの、配当性向85%が先行きの成長性のなさの表れだったようにも思います。

IPOは高確率で儲かるギャンブルだと思ってはいますが、こうも派手に落ちると少しは慎重になった方が良さそうです。

前評判で公募価格割れも指摘されていた案件でしたので、少しでも悪い噂があるようなら見合わせるに越したことはありません。

IPO案件は次々と登場してくるので、何度でも見逃し三振をしたら良いのです。

それにしてもIPOって、一度も当選したことがありません。

イキってみても当たらなければ何も始まらない。

運の悪さには自信ありです。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
12.17

リスニング教材はタダより良いものはない~学び直しの英語

Category: 自分のこと
2018年12月17日
英検準1級に挑戦中のゆきだるまです。

先週末は虎の子のジョンソン&ジョンソンが爆落しましたが、今は英語の勉強に夢中なので無視しています。そのぐらい真面目に勉強しています。なので今日も語学ネタを投下します。

検定試験の良いところは自分の穴が見つかること。英検は読む・書く・聞く・話すの4技能試験なので、一通り勉強すると苦手・不得意が分かります。

英検対策は今回も旺文社の対策本を使っています。
英検準1級総合対策教本 改訂版

この週末で問題集を一周やり終えました。最後にお試しで過去問(実戦問題)を解きましたがまだまだでした。試験まで1ヶ月強。これだけあれば大丈夫、何とかなるでしょう。

私は資格試験・検定試験の類は過去問(集)をひたすら解くことにしています。英検は同じ問題が出ることはありませんが、過去問をやることで試験が求めるレベル感が分かります。準1級はというと、

大学中級程度だけあって、そうとう難しいです。

英検は社会人的にはTOEICなので今さら感のある試験ですが、学校英語の進度を測るモノサシとして最適な感じです。2級が高校卒業程度なので、大学でも一応勉強した身としては、ここまでは一度通った道の振り返りなのです。

では準1級に感じる難しさは何かというと単語力です。前回の記事で書きましたが、大人の語学は文法力と単語力、この2つに尽きます。これなくしては如何なる言語の習得もあり得ないと考えています。

(前回記事)英語学習の間違った方法と2つの王道~学び直しの英語

幸いにして文法は「瞬間英作文」のおかげで基礎文型は体に定着しつつある感じです。あとはこれを土台にして載せ換える単語をいかに増やしていくかです。

準1級の試験は2級に較べて文章量が多い、つまり単語量が多い。内容も社会性・専門性の深みが増しており、単語力がついてこないと予測読みや予測聞きでは限界を感じます。

そして試験4技能のうちで一番ごまかしがきかないのがリスニング(聞く)です。他の読む、書く、話すは「待った」が出来るのですが、リスニングだけは待ったが出来ない消えモノで、瞬間的な音声を捕まえなければなりません。

実際の英会話でもスピーキング(発話)は文法や発音が怪しかったり稚拙であっても通じますが、リスニング(聴取)は相手の発言を正確に聞き取れないと誤解の原因となったり、そもそも会話が成立しない場合があります。

そのため今回の試験対策で一番重視しているのがリスニングと単語力の増強です。

今はまっているのがコレです。

NHK WORLDラジオ・ニュース番組

NHKNEWS.png


NHK自体には様々な評価があるところですが、こと語学に関してNHKワールドには勉強に最適な教材がテンコ盛りです。しかも全て無料!

NHKラジオが良いのは、ニュースなので生きた英語に触れてる感がある。日本居住者向けなので身近な話題が多い。10~15分くらいの長さなので隙間時間に勉強できる。などなど

特に最先端の時事で勉強するのは陳腐化防止の観点では大変すばらしいです。問題集の古臭い文章と違って前進感が凄くあります。使われている語句も準1級レベルくらいなので素材としても最適です。

私の勉強法ですが、まずポッドキャストでニュース音源をダウンロードして持ち歩きリスニングをしています。正直をいうと初見で全て聞き取れているわけではありません。

そこで次に行うのが、文字読みの併用です。ホームページにいけばニュースの文字情報もアップしており、ラジオの音声素材がそのままスクリプトとして掲載されていることも多いです。

ここで活躍してくれるのがグーグル君クロムをブラウザで使うと単語や文章を自動翻訳してくれるので非常に有力です。グーグル翻訳を使っても良いと思います。

グーグルクロムやグーグル翻訳が良いのはニュース素材だと一応意味が取れるレベルで訳してくれること。文学作品の翻訳はまだまだ頓珍漢なところがありますが、ニュースのような定型文はかなり良い感じです。しかも最新語をかなり正確に捕捉してくれて、安倍晋三、習近平、金正恩などの頻出人名はきちんと訳出してくれるし、連邦準備制度理事会とか石油輸出国機構とか組織名も正確です。発音の読み上げもやってくれるので、発音チェックに使うのも良いと思います。

辞書を引いて思考が中断しないは隔世の感があります。モノによっては辞書を引いた方が良いものもありますが、ニュースで使われる時事単語は標準的な意味で使われているのでグーグルで十分です。

私の勉強法をまとめると、ラジオを聴く→英文スクリプトを読む→グーグルの和訳を参考読みする→もう一度英文を読み返す→もう一度ラジオを聴き返す、これを続けると単語力、読解力、リスニング力向上につながっていく実感があります。

これは多くやればやるほど良いわけですが、NHKワールドにアップされているネタは尽きることがありません。頻出の単語は色々な場面で出てきて、重要感が良く分かるので記憶への定着もすこぶる良いです。これを真面目に続ければある程度のところまではレベルアップできるのではないかと思っています。

しかもこの作業はスマホやタブレットでも出来るので、電車の中や昼休みなどの隙間時間を有効に活用できます。

そしてタダで手軽なのが素晴らしいです。

NHK+グーグルのコラボ最強です。

語学ネタはまた折をみて投下します。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:2
2018
12.13

英語学習の間違った方法と2つの王道~学び直しの英語

Category: 自分のこと
2018年12月13日
ゆきだるまです。

最近は隙間時間を活用して英語の勉強を真面目にやっています。

(前回記事)英検準1級に挑戦します!~学び直しの英語

英語は出来ないよりは出来た方が良いのは確かです。社会人になってから学び直しをされる方も多いと思いますが、問題は時間とコストをどれだけかけるか。実用を目指す人にとって語学にかけるコストパフォーマンスは重要です。

かくいうゆきだるまも過去に実用英語を目指し、色々な学習法を試してきた歴史があります。なので、語学にかけてきた時間とお金は少なくないものがあり、これらの失敗談は貴重な経験として後輩に語りつぐべく今日は筆をとります。

実用英語の目指すべき姿の一つが英会話ではないでしょうか。

ビジネスシーンで外国人と英語でやり取りが出来る。相手の発言が正確に聞き取れて、自分の意志を正しく伝えることができる。これを目指すわけです。

まずは、私が実感(実践)した語学の間違いです。

・ネイティブ(完璧)を目標にする。
・短時間での語学習得を謳う即席法に飛びつく。
・あれこれ色々な教材に手を出す。

繰り返しますが、語学は目標に対する時間とお金のバランスで考えるべきです。

語学にある程度の時間とお金は必要ですが、完璧を目指そうと思ったら泥沼です。人間の特性上、赤ちゃんの様に言語を習得するのは実際のところ不可能ですので、語学の姿勢としては外国人として相手に許容されるレベルで良しと割り切るべきです。

会話だったら多少発音が怪しくても言い回しが稚拙でも良い。逆に外国人の話す日本語は、相手に何かを伝える意志があって、こちらに聞く気があれば、発音や文法が間違っていても意味は通じるではないですか。そのレベルで良いと思っています。

次の間違いは、じゃあ簡単で良いじゃないかと書店に行って、数日で身につく英語とか、数語で話す英会話とか、英語をシャワーの様に浴びればOKとか、お手軽を謳った学習書が並んでいますが、これも全部ダメですね。

なぜダメかというとこれらは基礎力が身につくものではないから。ポツポツと単語数語だけで話そうとするのは大人が目指すべき英会話ではありませんし、英語をやみくもに毎日何時間聞いても全く聞き取れるようになどなりはしません。これは実感です。基礎力がない人は何をやってもダメです

だから教材の宣伝文句に踊らされてあれこれ買ってみるのは時間とお金の無駄です。これは実感です。基礎力のない人は何をやってもダメです。英会話スクールは行ったことがありませんが、おそらく同じだと思います。

こうして自分は語学に幾ら時間とお金を費やしてきたことか。「基礎力」という言葉を繰り返しましたが、最近になってようやくこれが何か分かりました。

基礎力とは、手短にいうと「文法力」「単語力」です。

この2つが身についていない人は、どんな勉強をしてもダメだと思います。これは長年の語学人生で学んだ貴重な結論です。

文法力とは何か。これは知識としての文法ではなくて、第〇文型といわれる英語の文型が自分の中に回路として身についているというレベルです。

外国人が身に着けるべき語学とは、文法という基礎回路に、言いたい単語を自由自在に置き換えることができる能力、とでもいったら良いのでしょうか。英語が出来る人というのは無意識にこれが出来ている人です。

以前に何度か「瞬間英作文」という教材の話をしましたが、回路としての文法力を測るうえで非常に良書です。



中学レベルの基本文型が800例ほど乗っていますが、頭で考えずに無意識レベルで瞬間的にこれらの英作文がこなせれば、最低レベルの文法力はあると思います。

正直言って30年以上前にこの本に出会いたかったです。

そして、もう一つ大事なのは「単語力」です。これは多ければ多いほど良いですし、使用頻度の高いものから身につけていくのが王道です。自分は単語だけの丸暗記は出来ないタイプなので、多読をして文章・文例の中で覚えるようにしています。

実は瞬間英作文をやり込んで、単語数を強化していったところ、リスニングが自然とできるようになってきたのは思いがけない副産物でした。音声を意味に置き換えるのも文法力と単語力なくしては出来ない技だったのです。

リスニングが苦手な人は英語の発音・音域に耳に馴染んでいないというのもありますが、同時に意味につなげられる文法力と単語力も必要だったわけです。だから基礎力がない者が幾ら英語をシャワーの様に浴びてもリスニングが出来るようにはならなかったのです。

語学は色々な人が取り組んでいて色々な流儀もあろうかと思いますが、学生時代から40年近く語学を眺めてきて、あれこれ手を出してきた者の終着駅として「文法と単語」の二つが語学の王道であると思い至っている次第です。最近になって子供と張り合って英検などを受けているのもこうした実感があってのことです。

この年になって、新たなレールを敷き直し、現在進行形で学び直しています。

次回は最近取り組んでいる学習法をご紹介したいと思います。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
12.10

英検準1級に挑戦します!~学び直しの英語

Category: 自分のこと
2018年12月10日
ゆきだるまです。

自分に投資します。

20181208準1級領収書 

語学ネタはたびたび投下してきましたが、次なる目標は英検準1級(大学中級程度)です。

背景を少しご紹介すると、一年前の丁度今頃、英検無級のゆきだるま50歳は、中学2年生の息子にバカにされたのでありました。そこで奮起して準2級で勝負を挑むことに。

(過去記事)中2の息子から売られた喧嘩を無謀にも買って出る
      英検合格!米国株投資にも役立つ学び直しの英語

その後、調子に乗って2級も取得。

(過去記事)米国株と学び直しの英語~今度は英検2級に挑戦!
      50歳を過ぎて英検2級合格!ようやく英語の勉強法が分かった

そして、今、息子が2級を受けるというので、父ゆきだるまは準1級に挑戦します。

winter-hike-1796562_640.jpg  

そもそも齢50を過ぎて、仕事で使わなそうな英語を学び直す理由は何か?

大きな理由は、単純に子供と張り合ってみたかったということ。勉強って一人でするよりもライバルがいた方が励みになるじゃないですか。子供相手だと親のメンツにかけても負けられないし、子供も親を打ち負かす格好の場です。真剣度合いが自ずと上がってきます。

それに元々が語学は嫌いではなく、あれこれカジッた結果、結局モノにならなかったので、もう一度再挑戦してみようという気持ちもあります。

そして米国株投資のバックボーンは英語の世界。英語が出来なくても株は買えますが、現地の情報を取るのに英語が出来て困ることはありません。

2020年にはオリンピック・パラリンピックもありますしね。

ケンタッキーのカーネル・サンダースや、マクドナルドのレイ・クロックも50歳を過ぎてから起業していて、定年後も人生チャンスは幾らでもあることを考えると、やはり冒頭に立ち返って自分への投資なのです。

受検料を払い、息子に再度挑戦状をタタキ付け、ブログで受検宣言をした、いつもの如く退路を断って準備が完了しました。

試験は1月27日(一次)と3月3日(二次)です。

一年間で50過ぎのオヤジが英検無級から準1級に挑戦するまでのドラマでもあります。

応援してくれたら嬉しいです。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
12.07

お金が溶けていくので、しばらく株は触らないようにします…

Category: 観測
2018年12月7日
ゆきだるまです。

時おり軽い後悔に苛まれることがあります。

あの時こうしておけば、この時ああしておけば・・・

全ては結果論。覆水盆に返らず。

月曜日の夜など正にそれ。

あのとき夜中に起きたりしなければ、エヌ・ビディアをポチったりしなければ・・・

金曜日のG20サミットは和やかなうちに終わった。米中の対立も雪解けムードに進展。

月曜日は市場が一斉に株を上げた。これまで下がってきた分、勢いよく上げた。きっと年末に向かって真っすぐに上がって行くんだと思った。

高値づかみしたエヌ・ビディアも復活の兆しを感じたので再びつかんだ。

(過去記事)米中摩擦緩和~エヌ・ビディアの買い増しで今年は打ち止め

しかし、翌火曜日はトランプ大統領の「関税マン」発言で市場は一気に総崩れ、水曜日は父ブッシュ元大統領の逝去を悼み市場はお休み、そして木曜日は米国による中国ファーウエイ社副会長兼CFOの逮捕騒動。米中は全然和解などしていないではないか。

天下のS&P500が既にジェット・コースター

SP500 20181206 

月曜日に買ったエヌ・ビディアは?

もちろん爆損ですよ。170ドルでつかんだものが一気に150ドルまで下げましたからね。

ていうか原油も下げていて、30%も含み益があったロイヤル・ダッチシェルが丸裸。

今年のNISA枠も打ち止めになったし、しばらくは株に触らないでおこう。きっと何をやっても正解はない気がします。

こんな荒波の中でも華麗にサーフィンをキメている人もいることでしょう。

年が明けて新しいNISAが設定されたら、恐る恐る買い始めてみます。

こういう時に定額の積み立てが強い。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
12.04

米中摩擦緩和~エヌ・ビディアの買い増しで今年は打ち止め

2018年12月4日
ゆきだるまです。

先週金曜日にアルゼンチンでG20サミットが行われ、米中首脳会談では来年1月発効予定だった米国の制裁関税が猶予されるなど緊張緩和がみられました。週明けのNY市場は買いムードで始まりました。

深夜に目が覚めると反射的にエヌ・ビディアをポチっていました。

そう反射的にです。

【NVDA株価】
NVDA20181203.png 

今年のNISA枠の残りも4万円弱となっていたところ。これ以上値が上がると2株買えなくなってしまうので、今年最後の買い物とばかりに買いました。まあNISA枠消化のための衝動買いといったところです。

買い値は169.03ドルでした。

保有株価は233ドルから207ドルになりました。

(過去記事)エヌ・ビディア株価145ドル~落ちたナイフをいつ拾おうか?

最近の下落トレンドの要因は米中貿易戦争、金利上昇、原油安だったところ、最後の重しだった米中摩擦が緩みました。何となくの感触だと、このまま年末年始にかけて上げ相場に入るのではないだろうかという予感があります。

10月、11月の下げ相場が帳消しになるくらいシレっと値を戻していて、年末の統計値は年初を上回り、2018年も好調な一年でした、やっぱり米国株最強、とかなっているのではないでしょうか。

去年も年末からガンガンあがり年明け直ぐに大暴落というオチでしたね。

ただ年の暮れは上がって終わって欲しいもの。アノマリーでも12月は節税目的の売りがあるものの上げ月になることが多いようです。

といいながら買った直後から値が下がり出すのはいつものこと。

長期投資なんだから一度買ったらチャートは見ない。

来年のNISA枠が設定されるまで新規の買付けはなし。

さすれば願いはただ一つ。

このまま上がって幸せな年越しが迎えられますように!

頼んだよ!

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
12.01

投資成果まとめ(2018年11月)~収支は若干プラスに転換

Category: 運用状況
2018年12月1日
ゆきだるまです。

2018年11月末時点の投資成績をとりまとめました。

【ゆきだるまファンドのポートフォリオ】

201811成果05   
 
【カテゴリー別構成】
201811成果02   

ゆきだるまファンドは、その半分をワールドインデックスに広く投資を行っています。VTを基本にVTI、VWOを組み合わせ、米国が50%:新興国が30%となるよう配分。米国からのリターンを積極的に得つつ、新興国の台頭にも備えた構えとしています。

ポートフォリオの残りは、リターン補完戦略としてバリュー銘柄を主に、高配当銘柄、そして一部はホームランが狙える高リターン銘柄への投資も試行しています。

配分は8等分を基本にワールドインデックス4(VT2:VTI1:VWO1):バリュー2:高配当1:高リターン1を割り当て、毎月の買付けでリバランスを実施しています。

【各銘柄の騰落率・前月との比較】
201811成果03  
10月は市場一斉下落がありかなり落ち込みましたが、11月は持ち直しました。米国議会の中間選挙があり以後は一進一退はあるものの基本は回復基調に向かっています。ドル高(円安)も進行しており、円ベースでの資産は含み益がリターン回復を早めてくれています。

ハイテク銘柄は10月初めを頂点に下落基調でありセクターローテーションに入ったとする意見もあります。一方でジョンソン&ジョンソンやコカ・コーラなどバリュー株が息を吹き返しています。原油は一時はインフレ先導の勢いで伸びていたものの、在庫過剰が明らかになると下落に転じました。

ハイテク銘柄下落局面でつかんだエヌ・ビディア。決算不調で激売りの憂き目に遭い、今やマイナス30%の含み損に。グロース株は難しいです。ナンピンをして保有株価を下げたいのですが、下げ止まりか否か判断がつかず待機が続いています。何も買わずに終わってしまった11月でした。

(過去記事)エヌ・ビディア決算(3Q18)~墜ちるGPUの星と今後の期待
      エヌ・ビディア株価145ドル~落ちたナイフをいつ拾おうか?

現在の総リターン:+10.28%(前月8.2%)  

・資産総額:272万円(前月263万円 +3.4%)
・原  資:247万円(前月243万円+ 1.6%)
・利  益:  25万円(前月  20万円 +25.0%)
・運用期間:2年11ケ月

 ※為替:113.49円/ドル(前月112.89円/ドル+0.5%)で計算

【騰落率推移・S&P500との比較】
201811成果04

市場平均S&P500(円ベース)に投資したと仮定した場合とリターン比較を行っています。約2年間で倍近いリターンの開きがあり、S&P500一本に投資をしていた方が良かったという結論になっています。

今年も残りあと1ヶ月。NISA枠の残りが4万円弱(約340ドル分)です。今買っても実質NISA期間は4年となってしまいます。それでも非課税枠を余らせるのはもったいないので、何とか使い切るつもりです。エヌ・ビディアを買えるだけ買っておしまいかもしれません。あとは新年買い付け分に資金を温存しておこうと思っています。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
back-to-top