FC2ブログ
2019
09.29

配当金に寄せる思い

Category: 配当
2019年9月29日
ゆきだるまです。

毎年9月は配当金が多く入ってくる月だが、今月もあと残り1日なのに配当金が少ない。特にインデックスモノは3の倍数月に入ってきたものが月ズレを起こしており翌月になることも多くなってた。大口だったエクソン・モービルを手放してしまったことも配当金という観点では痛かった。

今日は配当金について雑感を述べてみたい。

配当金については賛否両論があって、否定的見解は課税による損失。つまり配当は出さないで企業はその事業で再投資して収益を高める方が良いということ。

これには異議がある。

お金はある時にもらっておくに越したことはない。借金の取り立ててで苦労をしないとこの発想は出てこない。厳密には株の配当と借金の返済は別モノだが、一義的には同種の支払プレッシャーが企業側には掛かっていて、その真剣味が経営を自ら律することにつながっていると考えている。

配当を出さずに企業内に留保された資金が真に投資家のために有効に使われるのか誰も分からないし、もしかしたら明日はなくなってしまうかもしれない。株価は期待だけでも上下するから実態収益が正しく反映されているわけでもない。

配当に相当する収益を企業に預けっぱなしで危うくないか。

だとすれば、目の前にある現実利益は回収してしまう方が良い。

これが金融界の常識だから、今もって配当金制度が健在なのだろう。

税金はその安心料だと思えば我慢ができる。

配当金のついでにファンドについて語れば、投資信託よりもETFの方が格段に優れていると考えている。

なぜか。

構成銘柄の各配当金が分配金としてきちんと出るから。

ETFは投資信託に較べれば構造がシンプルなので管理コストが少ない。

しかし仕組みが複雑な投資信託はどうだろう。

分配金を出さないことがメリットとして語られるが、一体その原資はどうなっているのだろう。

S&P500に投資したとして、ETFならば年2%近い分配金が出てくる。分配金を出さない投資信託はその分の基準価額が増えているかというとそうでもない。

おそらく管理コストで分配金原資が食いつぶされてしまっているのかもしれない。この辺は運用報告書をみてもよく分からない。

税金よりも管理コストの方が大きければ本末転倒ではないか。

だとすれば、ドル建ての生ETFを持つのが一番良いという結論になる。

幸いにして、ネット証券では米国株取引の最低手数料制が撤廃されたので、少額での分散投資や配当金再投資でも手数料負けをしなくなった。

なので、最近は配当金を重視する方向に姿勢が傾きつつある。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:2
2019
09.21

「7回読み」勉強法~投資に役立つ読書法その3【読解編】

Category: 自分のこと
2019年9月21日
ゆきだるまです。

仕事や投資で専門書を精読したいけど中々できてないことは多くないですか。

大体において難しい本って、途中で何が書いてあるか分からなくなって、最後まで読み切らずに辞めてしまうことがしばしばです。こうして放置された本がどれだけあることか。

最近「7回読み」という読書法を実践したところ、かなりの効果があったのでご紹介したいと思います。

「7回読み」というのは、東大を首席で卒業して国際弁護士として活躍されている山口真由さんが世に広めた方法で、教科書や参考書は7回読めば内容が全て理解できるようになるというものです。

(参考)東大首席が教える超速「7回読み」勉強法

本を7回読む!?

1回も読み通せないのに7回なんてとても無理では?

確かに普通の読み方ではそうです。

以下は普通でない「7回読み」をゆきだるま自身が実践してみたインプレッションです。

そもそも読書がうまくいかない理由は、

・内容が難しいと頭に入ってこない。
・前に読んだ内容を忘れてしまって先に進めない。
・読む時間がとれず面倒になってそのうち止めてしまう。

これらは脳が一番いやがるパターンですね。

この7回読みは、こうした脳の特性を逆手にとっています。

つまりは脳が拒絶しないよう超高速度で何回も通読して馴染ませていくというやり方です。

もちろん、読むスピードを超高速化すれば内容が理解できないどころか文字さえ認識できません。ちなみに超高速というのは1ページ数秒程度、本一冊数十分程度という割り当てです。

脳と目の働きが凄いと思ったのは、繰り返し読みをすることで、最初は塊だった活字を目が自然に追いかけていくようになるということ。潜在意識下に取り込んだ情報を顕在意識に浮かび上がらせていく感じです。

この活字は目に入れてるけど読み込まないという我慢プレイに徹するのが一番のコツですね。読み込もうとした瞬間に超高速のスピードにブレーキがかかってしまいます。

じゃあ何時になったら内容が理解できるのかというと、超高速度通読を何巡もすると脳と目から「そろそろ良いよ」というサインを感じるので、そうなったら普通に読めば良いです。それでも初見で通して読むよりは遥かに早く深く読めます。

脳の特性に着目した読書法としては以前ご紹介したフォトリーディングやマインドマップと同種のものだと考えています。

(過去記事)フォトリーディング~投資に役立つ読書法その1【速読編】
      マインドマップ~投資に役立つ読書法その2【ノート編】

7回読みは画期的な速読ツールではありますが、未知の外国語の本を読んでも理解できないように、元々の知識量によって理解度に差がでることは言うまでもありません。

いずれにしても読書でインプットしたものをどうアウトプットするかが人生にとっては重要です。ゆきだるまも齢は五十を超えましたが、そのインプットに有効な方法をゲットできたことは非常にラッキーであります。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2019
09.18

新高配当戦略~KHCクラフトハインツを拾う

2019年9月18日
ゆきだるまです。

食品大手のクラフトハインツが前日比で4%近く下落しています。

報道では第2位の株主である3Gキャピタルが2500万株を放出したためだとか。

配当率が5.6%になったので、とりあえず買いです。

最近、ゆきだるまは新高配当戦略なるものを始めてみました。

(過去記事)新高配当株戦略~タバコ銘柄3種盛り

それは、配当力はあるが不人気故に高配当となったものを安値で拾っておいて、配当をもらいながら高値になった時に売るというものです。

日本株の投資雑誌によくでてくる高配当株の狙い方と考えは一緒です。ただし日本株の場合、配当の継続性に難があるためキャピタルゲイン狙いの色調が強いですが、米国株の場合は配当が安定していているのでインカムゲインへの期待が高いです。

ポイントはどちらも株価差が出たら売るということで長期保有は前提にしていません。

個人的には高配当株って、星で例えたら爆発寸前の赤色巨星ではないかなと思っています。

(過去記事)老舗企業の高配当化には星が滅びる寸前の危うさを感じる

その最後の旨みを取りにいくのが、バリュー投資家というかシケモク投資家の醍醐味というものでしょう。星が滅びるといっても中々寿命に至らないものが多いのも事実。商いが回っている限りは左程の心配も無用かと。

KHC社でいえば、チーズのクラフト社とケチャップのハインツ社が合併した老舗のWネームです。そもそもが2015年にバークシャ・ハサウエイと3Gキャピタルが合併の立役者となったのが出発点。昨年、痛恨の赤字決算と減配をやらかし株価は暴落、それでも配当率5%水準で下げ止まったので、この銘柄の期待利回りを感じとった次第です。

今回の3G社による売りは調整名目で、かつ筆頭株主のバークシャー社も動いていないので、この株価下落はボーナスステージではないかと独り合点する次第。

株主となると保有企業の動向が気になるもの。

これからケチャップはカゴメからハインツに変えてみます。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2019
09.14

新高配当株戦略~タバコ銘柄3種盛り

2019年9月14日
ゆきだるまです。

米中緊張緩和や利下げの話題で今日も株式市場にお金がガンガン流れ込んでいます。

特に長年の不発銘柄だったAT&Tがプラスに転じたことは大変喜ばしいことで、再下落する前に少しだけ売って利益確定をしてみました。

持ち株が上がるのは嬉しいことですが、逆に相場が上がってしまって他の銘柄が買い増ししにくくもなっています。市場全般を見渡してみて今一番投資妙味がありそうなのは高配当株です。

上がり相場の中で、ひたすら安値で取り残される路傍の花、

今一番の旬で不人気な高配当銘柄といえば、

タバコです。

最近の爆落で不幸も多々あろうかと思いますが、新参者には非常に魅力的な水準にあります。

今的にはタバコの存在を肯定すること自体が良識を疑われる世の中ですし、ネット界隈でもタバコ産業への投資を否定する意見が多くみられます。

実業においても、規制や訴訟といったリスクが高く、最近では米国で電子タバコが禁止になるとか、いちど別れたアルトリアとフィリップモリスがくっつかざるを得ないとか、まあ良い話しはありません。

それでもタバコ企業には収益力があって、高配当を出していても余裕があります。タバコ株が過去最高のリターンを出してきたことはシーゲル博士の調査結果として有名です。

さらには、フィリップモリスやアルトリアは皆が大好きなS&P500の一員でありますし、日本ではJTがTOPIXや日経225に入っています。

つまりタバコ抜きに投資はできないわけです。

ということでタバコ株投資を正当化したところで、

今日買ったのは、

BTI(ブリティッシュ・アメリカンタバコ)、PM(フィリップモリス)、MO(アルトリア)の世界三大タバコメーカー株です。

ちなみに名目配当率は

BTI:配当率7.3%
PM:配当率6.4%
MO:配当率7.9%

このうちBTIとPMは米国内税10%が掛からないためNISAで運用すると配当が丸々ゲットできるというお宝です。MOは米国内税を引いても実配当が年7%以上あるので非常に旨味があります。

とはいえタバコは先行き不安のある産業ですので、まずは1株買いです。

ネット証券の最低取引手数料がゼロになり1株買いをしてもコスト負けしなくなったことは大変喜ばしい限りです。

タイトルで新高配当戦略と銘打ったのは、少額取引を積極的に活用して、単に不人気な高配当株に広く薄く分散投資していこうというものです。

もちろん高配当株で長期投資をするつもりはないのでトレード前提です。下がれば買い増して上がれば売ります。売るまでの間は高配当を享受し続けます。仮に倒産・減配でドボンしても少額分散なので傷は最小限で済みます。

タバコ、石油、通信、公益、食品、ヘルスケアあたりの連続増配当株で、実配当率が5%以上が狙い目でしょうか。

高配当株少額分散投資、これもまた試行錯誤の一つのスタイルです。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:3
2019
09.10

AT&Tが遂にプラスに転身~高配当株の時代が来るか!

Category: 【T】AT&T
2019年9月10日
ゆきだるまです。

米通信大手AT&Tの株価が上がっています。

【AT&T株価、2017年1月来】
T20190910.png 

この株とは2017年1月から付き合ってきています。最初の買い値が40.9ドル、買ってからずっと下がりっぱなしだったのでナンピンをしながらポジションを増やし、保有株価も36.8ドルまで下げてきました。

タイムワーナー社との合併話が出てからというもの反トラストの嫌疑をかけられ、ただでさえ巨額の借金を抱えることにネガティブな反応があったところWパンチで浮かばれない状況が続いてきました。

ライバルとの競争も熾烈で通信界大手のベライゾンには契約数で水を開けられ、Tモバイル、スプリントには値引き合戦で顧客を奪われ、決算のたびごとに転落していく銘柄、それがTでした。

しかし最近は、タイムワーナー社との合併による収益が顕在化してきたこと、Tモバイル・スプリントの合併話で業界の過当競争が落ち着きそうなこと、将来的な債券利回りの低下に伴って高配当株が脚光を浴び出したこと、さらにはヘッジファンドで大株主のエリオット・マネジメントが経営改革を厳しく要求していること、これらから投資家心理が改善してきたようです。

一時はマイナス30%近くまで落ちたわけですが、よく持ち直してプラスに転じてくれたと思います。

ここに至るまで苦節2年と9か月。

高配当株の醍醐味は配当も株価も両方取りにいけた時、その時に至福を強く感じます。

最近になって思うことは、高配当株はまとめて持たない方が良いということ。

いわゆる分散投資ですが、これを可能にしたのが例の最低取引手数料のゼロ化です。

4444ドルの取引までの手数料は一律0.45%なので1株の売買も100株の売買も損率は一定です。

なので配当が堅牢な銘柄が落ちてきたときは喜んで1株買いができるようになりました。

同一価格、同一配当の銘柄が100種あったとすると、1銘柄で100株持つのと100銘柄を1株づつ持つのと管理コストが同じなら、後者の方がリスク・リターンが当然高くなるわけです。

ポジションを増やすのは株価が更に下がったときとすれば、バリュー投資として最強ではないでしょうか。

いずれにしてもAT&Tがプラスに転じてきたことで、買い替えの幅が広がったことを喜ばしく思っています。

株式投資においては待つことも重要な戦略であると実感した次第です。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2019
09.07

【オフ会】第4回辛味投資家の集い参加レポート

Category: 自分のこと
2019年9月6日
ゆきだるまです。

ツイッターの世界では辛味と投資を愛する辛味投資家というクラスタがあります。

自称辛味投資家の青井ノボルさんシオイさんてんさんゆきだるまの4名(kaedenaさんは残念ながら欠席)が9月3日火曜日の夜に集合しました。

いわゆるオフ会です。目指したのは、

蒙古タンメン中本・高田馬場店

前回は上板橋にある中本本店でした。

(参考)蒙古タンメンの聖地巡礼~中本本店に辛味投資家が集う

今回は参加者の集まりやすさを考えて幹事の青井さんが高田馬場をチョイスしてくれたのでした。いつもありがとうございます。まずは辛味の堪能からスタートです。

私が頼んだのは、

北極の月(高田馬場店9月限定メニュー)
画像

(参考)青井さんの注文シオイさんの注文てんさんの注文

いわゆる激辛系ラーメンで、唐辛子による真紅のスープが刺激的です。辛さはメニュー最高の10辛。これを更に3倍に辛味マシしてもらい30辛に。スープも粘り気が増しています。

限定メニューは、温泉玉子を月に見立ててナムルの山の上に乗せたもの。さらにサービスクーポンのゆで玉子を追加します。

辛っ!

久しぶりの中本、久しぶりの辛味で口の中から胃のあたりまで痛みを感じます。

四人並んで黙々と辛味と闘う姿は巡礼者のようでもありました。

そして、中本を出て二次会は近くの高級イタリアンへ。

こちらも定番ですね。辛味の後は甘味を頼みます。

ここからは投資談義の時間です。

いつもの様に青井さんがアジェンダを用意してくださいました。

第4回辛味投資家の集い 

ゆきだるま以外はインデックス投資家で、市場が雨の日も風の日も淡々と積み立てを続ける堅実派です。自分だけが安い高いを気にするタイミング投資派なので、その考え方というか姿勢のちがいは直接話してみてなるほどと思うことばかりです。

私が特に意見を伺いたかったのは、家計の貯蓄で資産運用をしても良いと任されたら何を買うかということです。

当家では年金二千万円問題で妻が資産運用を考えようと言い出しています。

これまでの夢想が現実になるとビビッてしまっているのが実態です。

これから世界的に株式が低迷しそうなだけに何を買ったらよいか迷うばかりです。

ちなみに家計投資では元本割れに対する耐性が低く投資期間も不明です。

そのため得られた見解は、

日本国債を買う

というもの。

普段の米国株の延長線でモノを考えていたので目からウロコでした。

同じ債券でも海外モノは為替リスクがあり、投資期間がとれなければ株式はダメ、消去法的に日本国債に落ち着いたのは合点がいきました。

利回りは恐ろしく低いですが、リスクを取らずばリターンもなしという典型です。

三人寄れば文殊の知恵のとおり、新たな考えを得られたことは大変感謝です。

オフ会が素晴らしいのは、日常で何の接点もしがらみもない者同士が、辛味と投資が好きという理由だけで出会えること。ある意味で忖度のない関係をもてることは驚異的なことです。

たった四時間弱ではありましたが、宇宙旅行に出かけたくらいの異次元感がありました。

青井さん、シオイさん、てんさんありがとうございました。

最後に最近オススメの辛味として唐辛子の自家栽培が面白いという話になり、この週末は苗木でも見に行ってみようと考えています。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
back-to-top