FC2ブログ
2020
03.21

大暴落の時には自分ならコレを仕込む

Category: 雑感
2020年3月21日
ゆきだるまです。

今週末のNY市場も辛い状況で終わりました。

コロナウイルスの拡大懸念の先行きが見通せない中、実態経済の悪化が株式価値を大きく揺るがせています。

これから先、企業倒産が相次ぐようだとマジでヤバいですね。株式投資とか言ってる場合じゃなくなるかもしれません。倒産すれば株の価値はゼロ、ゼロは何倍してもゼロ、お金が溶けていくというのは正にこのことでしょう。

さて、そんな中で今後に期待がもてるものといえば、個別企業の株よりは複数企業を集めたファンド、それも機械的に選んだインデックスファンドでしょう。

例えば米国企業の時価総額上位500社を選んだS&P500という有名なインデックスがありますが、仮に倒産が相次いでも、選定基準に基づいて銘柄の入れ替えが行われることになります。従って米国企業全社が倒産するまではファンドの価値はゼロになることはないわけです。

以下はコロナウイルスから世界経済が立ち直るという前提で何を買い増すべきか考察してみます。

1 インデックスのレバレッジETF SPXLとTECL

 今、S&P500のレバレッジ3倍型ETFのSPXLとテクノロジーセクターVGTの同じく3倍型ETFのTECLを持っています。

 レバレッジETFはご存知のとおり前日価格から3倍の値動きをするので、市場が5%下落するとレバレッジ3倍のETFは15%下落していくことになります。
 
 既にSPXLは買値から50%下がり、TECLは70%下がりです。こいつを買値の90%下がりで指値を入れておく、そうすると単純に元値まで戻ればテンバガーの達成です。これは元のインデックスS&P500とVGTが超優秀であり、米国経済最強伝説に基づけば、これらが復活しないようなら株式投資はダメだということです。
 
 なのでワンチャン逆転に賭けるなら、コロナ回復後のバブルに備えて安物を出来るだけ仕込んでおくというのが吉ではないかと考える次第です。

2 インデックスETF VTI、VT、QQQ

 これも超優秀なインデックスでポートフォリオの半分強を占めています。VTIとVTが買値から25%下がり、QQQが20%下がりでお買い得感がマシマシです。

3 高配当ETF VYM、PFF、SPYD 

 PFF25%下がり、VYM30%下がり、SPYD40%下がりですが、実態のキャッシュが入ってくる見込みがなければ減配されるのでパスです。

以上から、作戦としてはレバレッジETFを出来るだけ安値で仕込み、暴騰したところで売って、VTIとかVTに乗り換えるのが良い感じですかね。

新規マネーは投入せずに、債券ETFのBNDとBNDXを取り崩して買っていくつもりです。

債券ETFは買値5%くらい下がりしか落ちておらず、こういう時に安定感が光りますね。

今日は取らぬタヌキの皮算用をしてみました。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2020
03.20

新型コロナに打ち勝つたった一つの方法

Category: 投資哲学
2020年3月20日
ゆきだるまです。

新型コロナの猛威に株式市場は大混乱の様相を呈しています。

今回は私も大暴落の予感を感じて二月の中旬に一瞬だけ全ポジションの解約が頭をよぎりました。しかし結局はガチホを決めビックシューター乗り続けることにしました。

その後、約1ヶ月間、私は全くチャートを見ていません。

ちょうど世間の混乱と機を同じくして私的にも多忙を極め、物を考える暇が全くなかったという状態でした。

つまり投資に関しては意識の外、いわゆる気絶した状態が続いていたわけです。

昨日、私生活が少し一段落したので、久しぶりに我がポートフォリオを開いてみると

焼け野原

20%くらいあった含み益が逆にマイナス20%くらいになっています。

実に40%近い下落

チャートにしがみついていたら、目の前の激しい動きに翻弄されて狼狽売りか狼狽買いをしていたことでしょう。その意味で気絶投資法は最強のメンタルコントロールを可能にしてくれます。

さて、実は気絶投資法から覚めてチャートを開きなおしたのは、復活の日が近そうだと感じたからです。

今後についての自分なりの予想です。

全世界的に実態経済が打撃を受けており、今後の見通しの不透明さから株価が暴落している。このまま放置すれば世界恐慌に突入する恐れもある。

一方で原因のコロナウイルスの方は、感染力は高いが致死率は低い。アビガンに薬効があるとか、中国武漢は山を越えたとか明るい話題も出始めている。

恐らく政治的判断としては、経済・生活破綻の回避を最優先にせざるを得ず、近いうちに戒厳令を解くのではないか。完全な特効薬がない中で淘汰される者も出てきてしまうが、98%は回復するのであればやむを得ないという判断になるのではないか。

それでも感染力が高く全人類の70%が感染すると考えると、致死率2%というのは日本国民だけで150万人はお亡くなりになる計算だから、絶対数的には小さいわけではない。

ただ政治というものは何かを決めることだから、国民生活がもたなければ、早ければ4月、遅くとも5月には結論を出すのではないか。経済が復調すると逃げていた、投資マネーが一気に逆流するので株式市場はバブルになる。

ならば投資家としては、更なる暴落を用心しながらもそろそろ買いに入るべきではないか。

そう思い直して証券口座への入金を再開しました。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2020
03.18

いざという時は現金が一番強いと実感する今日この頃

Category: 投資哲学
2020年3月18日
ゆきだるまです。

お久しぶりです。 

更新が止まっていたのは、私生活で少し面倒があったためです。

年明けくらいから急にプライベートで数百万円のお金を用立てしなければならないシチュエーションにあったのですが、家計を預かる上さんの了解が得にくい内容でした。

こうした私的な支出のために、大人のたしなみとして小遣い銭を積み立てて資産運用を図ってきたわけです。

手持ち現金だけでは足りないので、いよいよ来たかという心境で投資資金を降ろそうとした矢先に、

コロナで爆沈

含み益は全てぶっとんで、大マイナス圏に突入しています。

こうなると辛いもので、さすがにコイツを解約して現金を作るのは躊躇しました。

そこで、断腸の思いで上さんに無心することに。

投資のことはマル秘なので、手持ち現金だけで足りない分を貸してください状態です。

カッコ悪

夫婦別会計ならこんなことで悩まずに済むのにという考えも頭をよぎりますが、多分、各自で管理していたら家庭内のお金が各々自己中心的になってしまうので、健全な支出規制はあった方が良いとも考え直した次第です。

いずれにしても、こういう時は価値が変動しない現金が一番ということを実感しました。

それにしてもコロナショックは価値が変動し過ぎです。

お金が本当にいる時に投資資金が当てにできないのはWパンチなので、投資は余裕資金で行いましょうというのは正に金言。心に刻み込むことにします。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2020
03.02

投資成果まとめ(2020年2月)~コロナに焼かれて資産消失

Category: 運用状況
2020年3月2日
ゆきだるまです。

2020年2月末時点の投資成績をとりまとめました。

【ゆきだるまファンドのポートフォリオ】
PF202002-1.png   
 【各銘柄の騰落率】(円ベース)
PF202002-2.png            
【参考】1月末の状況 
PF2020-4.png 
現在の総リターン:9.49%(前月19.30%)  

・資産総額:350万円(前月376万円)
・原  資:320万円(前月315万円)
・運用利益:   30万円(前月 61万円)
・運用期間:4年1ケ月

 ※為替:108.12円/ドル(前月108.37円/ドル)で計算

【全資産の騰落率推移・S&P500に全額投資した場合との比較】
PF202002-3.png   

新型コロナによる暴落が本格化してきましたね。

2月末とその前の月の各銘柄の騰落率のグラフを見比べると大幅に下がりました。特にレバレッジもののTECLやSPXLは激落ちしました。

2月21日の金曜日までは、米国市場はタカをくくっていて、円安傾向にもなっていましたから、自分のポートフォリオの含み益が最高潮に達していました。

翌週は地獄へ真っ逆さま。株価チャートを見ても気が滅入るだけなので、先週一週間は全く無視していました。

狼狽売りをせずホールドするなら気絶投資法しかありません。

暴落に乗じた買い増しをするにしても、収束期が見えないのでまだ下がるでしょう。

ならば気絶しているしかありません。

ここで問われるのがメンタル力。

完全な余裕資金での投資であれば気絶もしていられますが、全資産を投じていたりすると穏やかではいられないでしょう。

特に今回が未治の感染症なだけに単なる経済活動の停滞に留まらず、人類滅亡に至らないとは誰も確証できないからです。

私の投資は小遣銭の積み上げなので家庭的には全部溶けても全く問題がないのですが、個人的な将来の余裕、趣味、トラブル解決等のためのいわゆるヘソクリなので、やはりこれがなくなるのは非常に痛いです。

実は2月21日の明け方、週明けは確実に暴落するという予感があったので、NY市場閉場間際に全資産解約をしようか激しく逡巡しました。

結果、ガチホを決めたのでもはや後悔はせず気絶することにします。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
back-to-top