FC2ブログ
2021
03.07

安くなったTECLとSOXLでナンピンするのは今だ!

Category: 雑感
2021年3月7日
ゆきだるまです。

金利上昇の影響がいろいろなところで散見されますね。

ハイテク銘柄がガンガン下がっていて、QQQ(NASDAQ100)を持つ身としては涙目です。2021年のハイテクは振るわないといっている識者もいます。代わりに高配当株などバリュー銘柄が息を吹き返していて、エクソン・モービルXOMが久しぶりで根を戻しています。

そんな中で飛び込んできたニュースは、レバレッジETFでも上昇率が特に高いTECL(情報技術株)、SOXL(半導体株)の2銘柄が3月初旬に株式分割をしたというもの。TECLが1:10、SOXLが1:15、どちらも1株45ドル前後になります。

いろいろ閃きました。

「買いだろコレ」と

なぜならTECLは1株5万円くらいだったのが5千円になったのです。

少額投資家の財布に優しい金額ですね。

レバレッジETFは値動きが激しいので資産の安定運用には不向きだといわれます。ただしTECLとSOXLに関しては次のチャートをみればその定説を覆す魔力があります。

【5年リターンの比較】


5年間でS&P500のリターンが92%、そのレバレッジETFであるSPXLが279%、TECLが965%、SOXLが1765%とパフォーマンスが圧倒的に異なります。

5年間ということは一般NISAだと非課税運用が出来る期間でもあります。

つまり100万円を投資した場合、5年後にS&P500はリターンが92万円で非課税効果が18万円、SOXLはリターンが1765万円で非課税効果が358万円にもなります。

もちろんマイナスに振れることも考えればフルインベストメントは現実的ではないのですが、僅かな量であれば投機的にもつのもアリかと。先の例でいけば、SOXLに5万円投資した5年後のリターンがS&P500に100万円投資したのと同じ結果ですからね。

また戦略としては下落時にナンピンして買値の平均価額を積極的に下げていくのも有効で、1株の値段が安ければナンピンのストレスも少ないです。

レバレッジETFのメリットをもう一つ挙げると、価額決定権があること。投資信託でのレバレッジ物は約定までのタイムラグがあるので値動きの激しい中での売買はストレスが非常に高いです。その点、目の前の市場価額で取引が出来るETFのメリットは代えがたいものがあります。

1株が安くなったSOXLとTECL、一般NISAでの運用、そしてハイテク株の下落局面、爆益の3拍子が揃ったので、これから大きな下落のたびごとにちょぼちょぼとナンピンしていこうと思っています。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2021
03.03

投資成果まとめ(2021年2月)~金利上昇とほほ

Category: 運用状況
 2021年3月3日
ゆきだるまです。
 
2021年2月末の投資成果をとりまとめました。

【ゆきだるまファンドのポートフォリオ】
           
【各銘柄の騰落率】

 現在の総リターン:41.2%(前月36.5%、運用期間5年1か月)  

【全資産の騰落率推移・S&P500に全額投資した場合との比較】
   
米長期金利が上昇しているらしい。ワクチン接種開始や大型経済対策などアフターコロナに世間はシフトしているからだという。ハイテクが軟調になり、逆にダウのような従来産業が息を吹き返しつつある。ボーイングBAが上がっているのが正にその傾向だろう。

いわゆるセクターローテーションが始まったってやつかな。この一年間、コロナ禍でハイテク株はよく頑張ってくれた。我がQQQとTECLで荒稼ぎをさせていただきました。感謝です。

金利が上がれば円安ドル高に振れる。為替はいつも自分の思惑と反対方向に動く。

自分はNISA(非課税口座)なので、買うときは思いっきり円高が良い。そして満期のときは円安が良い。

ドルが上がりきる前に、できるだけ多くドル転をしておきたい。

VYM(高配当株)が上がれば、QQQ(NASDAQ100は下がるから買い時だ。

このところ、QQQは上がりっぱなしだったから、下がってくれると少しうれしい。

さあ、三月だ。

配当金が待ち遠しい。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
back-to-top