2017
06.11

ライツ・オファリング(新株予約権無償割当)に挑戦

ゆきだるまです。

昨日帰宅してみると株主総会開催通知がきていました。
今は米国株中心に投資していますが、唯一保有している日本株があります。

 3250 エー・ディー・ワークス(300株)

投資を始めたばかりの頃にテンバガー(10倍株)を夢見て買ってしまいましたが、1円抜きでしのぎを削っているような〇〇株です。買って1年以上たっても買い値にすら戻らないので、ずっと放置したままでした。
ADW株価推移20170609  
さて、通知をみてみると「ライツ・オファリング」なる耳慣れぬ言葉が議案に上がっています。また記念増配も議案となっています。
要は新株(1:1)の買付権利を株主に与えるというもので、買付権の①行使、②売却、③放棄の3パターンが選択肢のようです。

昨日の株価が41円で新株価格が39円(仮)となっていますので、株価が維持されるとすれば、
 ①新株の買付権利行使をすると、差額2円の得(ただし新株を買わなければならない)
 ②新株の買付権利を売却すると、差額2円以下であれば買う人がいそう
 ③権利放棄は損
という感じです。

問題は価値の希薄化です。新株が全て売れると株数が2倍になるので1株当りの価値(利益・議決権・純資産)は当然半減します。つまり新株を買わないと今もってる株の価値が下がるよ、という圧力を感じます。
人気銘柄ならいざ知らず〇〇株ですからね。過去のライツ事例では事前に売られて現行の株価自体が下がることが多い中で、新株の価格以下になれば②の権利など買う人は当然いなくなります。

加えて①の新株購入のインセンティブとして、今回の議案では新株取得後に記念配当1.65円(新株利回り4.2%)をセットにして購入&保有を促しています。会社側も4.2%分の株価下落はフォローしますから是非買ってくださいよ、ということみたいですね。

エー・ディー・ワークスは〇〇株ではありまが、最近の業績は比較的良いので、一時的に株価が下っても回復する可能性がなきにしも非ずです。総会資料では増資分で新規プロジェクト(内容は非公開)を立ち上げるともしています。

以上から社会勉強の意味も兼ねて敢えて新株を買ってみるのも一興かと思います。

仮に②の買付権利の売却を選択した場合に、仮定の差額2円(簿価利回り4.6%)が得られるのであれば、記念配当と合算して簿価利回り8.4%が得られる形になります。株価下落が激しくなければ、選択肢になり得ると考えます。

③の単純な権利放棄は選択肢し得ないですが、株価下落が激しくなるようでしたらライツを待たずに現在株価で売却(損切)するのが安全策とも考えます。

6月29日の株主総会まで色々と情報を集めて考えてみます。

それでは
スポンサーサイト
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top