2017
06.25

ラーメン二郎の行列をみて思うこと

Category: 雑感
ゆきだるまです。

黄色い看板のラーメン二郎はいつ何処に行っても行列してますよね。
神保町を通りかかったら、午後2時だというのに100m先の靖国通りまで並んでいました。

ラーメン二郎はとにかく量が半端ないです。
小ラーメンでも他店の特盛くらいはある。豚と呼んでいる肉が塊で2個、麺の丘の上に野菜が山の如く積まれます。丼が出されるタイミングで「ニンニク入れますか」と聞かれ、ニンニクの有無と野菜・アブラ・醤油の増量が申告できます。味はともかくボリュームは満点全てにおいて強烈です。値段は最安の店で500円!

首都圏を中心に直系店が40店舗ほど、年に1・2店舗のペースで増殖しています。
不思議なことに、各店で味や内容が違っていて、チェーン店的な面影は全くありません。マスコミで取り上げられることもないのにネットの口コミだけでいつも大行列、若い女性や高齢者も並んでいる。それも1時間待ちはざら。

脳科学者の茂木健一郎氏がラーメン二郎の人気の秘密を分析しています。


茂木氏は人気の秘密を「達成感」にあると結論づけています。

長い行列の末に高い山を征服したかの如き達成感。エベレストが未踏の頃、英の登山家ジョージ・マロリー(1886-1924)が「何故エベレストに行くのか?」との問いに「其処にエベレストがあるから(Because it's there.)」と応えた心境にも似ているのでしょう。

十分な達成感を味わったはずなのに、気が付くと行列に並んでしまう悪魔の様なリピート力も備えています。

私はラーメン二郎は最高のビジネスモデルを構築していると考えます。
・宣伝不要のブランド力集客力
・狭い店舗と少数店員による低い固定経費
・品数限定・自家製麺による低コストの実現
・着座前からの麺茹で開始による高回転のオペレーション
現金収入
・一子相伝による厳選されたのれん分け 等々

極めつけはディズニーランドのアトラクションの様な娯楽と回遊
ラーメン二郎は個性ある各店を巡り歩くのも楽しいのです。

ラーメン二郎はビジネスとして成功していますが、投資の対象にはならないでしょう。
なぜならば、多額の資本が不要なので上場などはしないからです。

それでは
スポンサーサイト
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top