FC2ブログ
2017
06.30

株主総会体験記

ゆきだるまです。

株主総会なるものに出席してきました。
ちょうど1年前からA・D・ワークス(3250)という日本企業の株を保有しており、良い機会なので半日仕事を休んで足を運んでみました。

場所は東京の帝国ホテル。早く着き過ぎたので隣接の日比谷公園を散歩して時間をつぶします。9時半になったのでいざ会場へ。帝国ホテルは日本の顔ともいえるホテルで凄く立派です。黒服の面々が受け付けをしていて、やや気おされします。総会参加者はここで議決権行使書をわたします。

会場はホテルの宴会場で200名くらいが入る比較的大きなものです。最初はパラパラだった人の入りも開始時は結構な数が集まりました。いわゆる株主として同胞であり、スーツ姿のサラリーマンもいれば、普段着のおっちゃん、おばちゃんなどもいました。

10時定刻から議事が始まりました。社長以下役員、監査人が正面席に着座し、業績報告、監査報告があり、議案説明があり、質疑応答へ。株主側からの質問に対して社長が自ら回答します。ここで、株主というのは会社の所有者で、社長以下の取締役は株主の信任を得て経営を任されているというごくごく当たり前のことを実感しました。

確かに株式というのは無償資本で、会社が破たんすれば投資がパーになりますし、利息と違って配当は支払い義務もありません。会社の経営を信任した以上は株主は受動的な立場であり、株主総会というのはこうした資本側と経営側の唯一の接点といえるべきものなのでしょう。

普段は何気にネットでポチポチやって株を買っていますが、こうして株主総会にでも出ないと会社の利益と負債を分担しているというリアルの株主の立場は中々理解できにくいですね。

総会は1時間程度で閉会となり、議決は拍手で決をとるという緩いもの。マンションの総会のようでもありました。それでもわざわざ総会会場に足を運ばれてきた株主の方たちは真面目にこの会社を応援しているんだ、という気持ちも伝わってきました。

新株発行と既存株主への優先割当の議決も可決しましたので、株の追加購入権を得ました。世間では1円抜きの対象になっている〇〇株と呼ばれる銘柄ではありますが、非常にまじめに事業に取り組んでいる会社だということも分かりましたので、末永くお付き合いしてみようかなとも思いました。

それでは

 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top