2017
08.27

日本人がドル資産をもつべき理由

Category: 観測
ゆきだるまです。

日本の未来に明るい希望を抱いている人
がどれだけいるでしょうか?

内閣府の推計では2060年には高齢化率40%、高齢者1人を現役世代1.3人で支える時代がきます。また財務省の統計では2016年度末時点で国と地方の借金が1073兆円、国民一人当たり844万円相当にも及びます。

借金に関しては、ギリシャと違って円建て国債なのだから自国で貨幣を増刷すればデフォルトしないとか、果ては国民の休眠預金が債務を大きく上回っていて対外信用力があるので財政破綻はしないとも云われています。

私も今すぐに日本が破たんするとは考えてはいませんが、人口、経済、財政の先行きを考えると国力は確実に下がっていくという実感は持っており、遠くない将来には日本が立ち行かなくなる日は来るのだろうと思います。

国力が下がった時に円の価値ってどうなるのでしょうか?

かつてユーラシア大陸の広範な領土にソビエト連邦という国家連合体が存在し、1991年にソ連が崩壊するとハイパーインフレを引き起こして共通通貨のルーブルが大暴落しました。直前まで1ルーブル400円だったのが2円まで下落したのです。文字通りルーブルは紙くずになり、ロシア政府はデノミを実施して旧1000ルーブルを新1ルーブルに貨幣切替を行いました。つまり国民の貯蓄財産が千分の一になった勘定です。

ソ連崩壊直後に彼の地を旅していて一番信用のある通貨がドルでした。何処へ行っても人々はドルを欲しがり、モノ不足の中でもドルがあれば何でも手に入りました。うかつにルーブルに両替したりすると莫大な量の紙幣を渡され、目分量で取り引きするような有様でした。

ルーブル大暴落で直撃を受けたのが年金暮らしのお爺ちゃん・お婆ちゃんでした。当時のロシアは本当にモノが買えなかったので、タンス預金は全て履きだされてしまって、地下鉄の駅構内で物乞いに並ぶ凄まじい数の高齢者の姿は実に痛ましいものがありました。自国通貨が崩壊した現場を目の当たりにした感想です。

さて、話を我が国の円に戻すと、これだけ借金があって超高齢社会に進もうとしている日本で「円」という通貨資産は本当に大丈夫?っていうことです。

結論としては、今時点で通貨に対するリスクヘッジを考えるなら、やはり「ドル」が有力な選択になると考えます。私たちが米国に投資するのはリターンが優れているという面からだけでなく、最強の通貨「ドル」で資産を持つということにもなり、最適な投資を行っているということです。

それでは

追記:マネックス証券でドル建ての取引はしているもののドルでの出金が出来ません。クレジットカードを作ればドル建て決済も可能になるのか良く分かりませんが・・・要研究ですね。
スポンサーサイト
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top