2017
07.28

コカ・コーラ決算(2/4期) 良好につき株価上昇

Category: 【KO】CocaCola
ゆきだるまです。

7月26日にコカ・コーラ社の第2・四半期決算の発表があり株価が上昇しました。ジェームズ・クインシー最高経営責任者(CEO)の就任(5月)以来、初の業績発表です。
KO株価20170726

健康志向が高まる中で非炭酸飲料やコカ・コーラゼロなどの低・無糖飲料の販売が好調で利益が市場予想を上回りました。

純利益が13億7千万ドル(前年同期34億5千万ドル)、1株利益(EPS)は0.32ドル(前年同期0.79ドル)で前年比を下回りましたが、これは北米ボトリング事業の再フランチャイズ化費用6億5千300万ドルを計上したことが要因で、このことは既に織り込み済みです。こうした特別項目を除くEPSは0.59ドルと市場予想の0.57ドルを上回りました。

売上高も再フランチャイズ化費用やドル高が影響して前年同期比で16%減の97億ドルとなりましたが、市場予想の96億5千万ドルは上回っています。

本年通期の利益見通しは横ばいから2%減(従来は1~3%減)になるとの上方修正や、為替の影響はやや和らぐ見通しであるなどの発表も合わせて行われました。

糖分削減の時代要請を受けて、欧州で非炭酸飲料の売り上げが伸びているほか、ライバルのペプシコも非炭酸飲料のラインナップを強めています。さらに米国デビューするコカ・コーラゼロシュガー(コカ・コーラゼロの改良版)は既に欧州・中東・アフリカ・中南米で発売されており、今期2桁台の伸びとなっています。

コカ・コーラ社は、人員削減やフランチャイズ化など組織体制の強化を進めている中で当面の業績は維持される見通しなので、株価が割安なうちに買い増しを進めていきます。

それでは

スポンサーサイト
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top