2017
08.05

ジム・クレイマーがダウのトップ10を評価

Category: 情報
ゆきだるまです。

トランプ大統領の突発的な「呟き」はいつも世界的な物議を醸しだしていますね。

8月3日のある呟き
「ビジネスはかつてないほど好調だ。その熱狂ぶりは記録的レベルにある。株式市場も常に最高だ。偶然の産物などではない。」
Business is looking better than ever with business enthusiasm at record levels. Stock Market at an all-time high. That doesn't just happen!

この「呟き」にカリスマファンドマネージャーのジム・クレイマー氏が反応。過剰気味と云われる現在の株価水準が適正か否か、大統領の発言の真偽も確かめる意味で、クレイマー氏がダウのうち年初来の株価上昇率トップ10社を対象に評価していましたので、ご紹介したいと思います。

1 ボーイング【BA】上昇率52%
世界的な航空需要が増加の一途をたどっており、同社は一般大衆レベルの支持に支えられた成長モードに入っている。
チャート画像

2 アップル【AAPL】上昇率35%
アップルは単なる携帯会社などではなく、そのテクノロジーがもはや生活必需品の域に達している。その株価は実際には安すぎであり、洗剤メーカークロロックスの株価の14倍だが23倍でもよいレベル。
チャート画像

3 ビザ【V】上昇率29%
世界的なキャッシュレス化の加速が追い風となっている。唯一の懸念は米中関係の悪化による中国政府の報復だろう。その時は株価が下がるので、むしろ”買い”のチャンスだ。
チャート画像

4 マクドナルド【MCD】上昇率28%
老舗のファーストフードでこれだけの世界的成長は非常に印象的。経験の蓄積とシンプルなメニューでドル安でも高い収益体質を実現している。
チャート画像

5 キャタピラー【CAT】上昇率22%
リストラ断行による収益体質を取り戻している。今後も更なる上昇が期待できる。
チャート画像

6 ユナイテッドヘルス【UNH】上昇率20%
ヘルスケアを巡る議会騒動の恩恵を受けた正真正銘のトランプ銘柄。誰もが安く買おうとしているので、オバマケア崩壊を待っていたら遅いかも知れない。
チャート画像

7 ナイキ【NIKE】上昇率19%
衣料品復活の波に乗っている。強い決算結果を受けてこれから上昇するだろう。
チャート画像

8 ウオルマート【WMT】上昇率17%
アマゾンに対抗できる唯一の企業。総力を結集しての改善が功を奏せば更なる上昇の余地がある。
チャート画像

9 マイクロソフト【MSFT】上昇率16%
クラウドビジネスが好調でキャッシュフローが非常に高い。更に上昇の余地がある。
チャート画像

10 アメリカン・エクスプレス【AXP】
微妙な業績だがとりあえず・・・
チャート画像

【まとめ】
ジム・クレイマー氏は大統領の発言を肯定し、ダウのトップ企業を例に好調な株価も過剰な水準ではないと評価しています。私はここに挙げられたダウのトップ10社の株を持っていないため、好況な市場の成長を実感できていません。FANGのようなカリカリのグロース株でなくても、ボーイングやアップル、ビザなど中庸なグロース株は持ってみても良いのかな、という気持ちになりました。

それでは
スポンサーサイト
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top