2017
08.07

AT&Tから配当金、TWX社買収後も配当は大丈夫か?

Category: 【T】AT&T
ゆきだるまです。

AT&T社から中間配当がでました。
 配当額 17.64ドル(40株分)
 利回り 4.4%(対保有株価、税引後)

T社の魅力は何といっても配当の高さです。NISAで運用しているので米国内課税分10%のみが控除されて税引後でも4.4%あります。前期決算も1株利益(EPS)が調整後で0.79ドル(前同期0.72ドル)で実配当額0.49ドルを十分カバーできています。

さて、T社がタイムワーナー(TWX)社を買収した後も、この高配当が維持できるのでしょうか? 株主としては大変気になるところです。懸念は2つあって、1つ目は買収額854億ドル(株価107.5ドル相当)を支払った後のT社に配当支払能力が残っているか? 2つ目はTWX社の業績でT社並みの配当が払えるか? です。

TWX社買収計画発表の2016年10月に株価80ドル近辺から100ドル近辺まで上昇してきました。
チャート画像

1つ目の買収額について、報道では半分を現金、半分をT社株で支払うとしています。現金分は借り入れとなると考えられますが年間160億ドルのフリーキャッシュで利払いは可能だと思います。
次に増株分ですが、
 増株数:854億ドル✕1/2÷想定株価40ドル=10億6750万株(現行61憶8900万株)
 配当増:10億6750万株✕1.96ドル/株・年=20億9230万ドル(現行121憶3044憶ドル)
増株で約17%程度の希釈化及び配当増となりますが、T社は年間160億ドルのフリーキャッシュフローがあるので大丈夫ではないかと思います。

2つ目のTWX社の業績ですが、TWX社の買収株価を107.5ドルと見積もっており、これをT社の配当率4.9%(株価40ドルの場合)に当てはめる
 TWX株の新配当額 :107.5ドル/株✕4.9%=5.27ドル
 現TWX株の1株利益:4.96ドル<新配当額5.27ドル・・・OUT!
 配当不足額:0.31ドル✕(現行7億9200万株+増分10億6750万株)=5億7645万ドル
これもT社側のキャッシュで呑み込んでもらうことになるでしょう。

大分おおざっぱな試算で恐縮ですが、T社の強みは高い現金収入です。この現金力が維持できればTWX社買収後も5%近い配当は維持されるとみています。米通信界は過当競争を繰り返しており、M&Aも体力のあるうちに進めて競争優位に立っていって欲しいと思います。

それでは
スポンサーサイト
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top