2017
08.09

ゼロコークと人工甘味料【健康被害と投資リスク】

Category: 【KO】CocaCola
ゆきだるまです。

昨今では健康被害を与える企業製品には容赦なくペナルティが加えられるようになりました。それは税金の形で販売を抑制することにつながるものもあれば、販売停止に追い込まれるものもあります。これらはいずれも投資リスクとして認識しておく必要があります。

昨日はコカ・コーラなどの炭酸飲料に含まれる多量の糖分が肥満の原因になるとしてソーダ税を実施している都市が増え始めており、これにより炭酸飲料の売り上げが落ちていることを取り上げました。本日はその第2弾として、肥満の原因となる糖分を人工甘味料に置き換えたダイエット飲料を取り上げてみます。

黒ラベルのコカ・コーラゼロはダイエット飲料の代表選手として2005年に登場し、世界51か国で発売されています。名前のとおりカロリーゼロを謳い、従来の赤ラベルのコカ・コーラの欠点である高カロリーを克服したかの印象を与えます。カロリーをゼロにするために使用されているのが人工甘味料という代物。これが調べてみると将来的に相当問題になりそうです。

「コカコーラ ゼロ」の画像検索結果
人工甘味料は飲料のラベルにもあるようにアスパルテーム、スクラロース、アセスルファムK、L-ファニルアラニン化合物、ステビア等々の名称で組成されています。いずれも化学合成で製造され、砂糖の何百倍もの甘味成分を有するため、「安く」「大量に」、そして「カロリーなし」砂糖を代用することが可能となりました。まさに食品メーカーにとっては救世主のような存在で、投資家にとっても安価に収益が上がるので大歓迎です。

しかしながら、人工甘味料は研究レベルで様々な生態への害が指摘されています。例えば、脳機能障害、成長障害、血液障害、内臓機能障害等々の影響が動物実験で発見されています。特に驚くのが人工甘味料をとった方が肥満や糖尿病になる恐れがあること、人工甘味料そのものにカロリーはなくても、体内の糖分をコントロールする膵臓(すいぞう)にダメージを与えることが原因となるからだそうです。

現在、人工甘味料の使用は我が国をはじめ各国政府の認可を得ているため合法です。しかしながら以上のような危険性も内在しており、将来、社会問題化した場合は政府も対策にのり出さざるを得なくなります。生命の危険が明らかになれば、販売抑制ではなく、販売禁止の措置となるため企業にとっては致命的です。人工甘味料のみに頼っていれば倒産ということにもなりかねません。

コカ・コーラやペプシコなどの人工甘味料を使用した食品メーカーへの長期投資に当っては、将来的なリスクとして認識しておいた方がよさそうです。

それでは
スポンサーサイト
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top