2017
08.16

ダウのイケてない銘柄たちは逆に買い頃!?

Category: 情報
ゆきだるまです。

「Forbes」の記事ではゼネラル・エレクトリック【GE】、IBM【IBM】、ベライゾン【VZ】、エクソン・モービル【XOM】がダウの不人気銘柄とのこと。私はGEとXOMを持っていますが、やはり冴えないですね。ポートフォリオの中でも赤字リターンが目立ちます。

現在のダウ30銘柄を配当率の順に並べて「ダウの犬(年初高配当10位)」と比較してみました。
ダウ30配当順20170815 

本年の「ダウの犬(高配当10位)」と比較すると【BA】ボーイングと【CAT】キャタピラーが抜けて【GE】ゼネラルエレクトリックと【PG】プロクター&ギャンブルに置き換わりました。確かにBA社とCAT社は株価を上げてきています。一方で不人気4社はいずれも配当率が上昇・株価が低迷しています。IBMは4%超え、XOMとGEも4%に迫る勢いです。

不人気4社の株価状況です。

【ベライゾン】
チャート画像
年初から株価は下がりっぱなし。先の決算で持ち直したものの年初水準には回復していません。通信業界は過当競争に入っておりスプリントが暗躍していますので後半戦では更なるどんでん返しもあるかもしれません。PER(株価収益率)は11.93で割安水準にあります。

【IBM】
チャート画像
IBMは業績不調が連発し、バフェット氏に見限られるなど急落の一途をたどっています。PER(株価収益率)は11.23と割安水準にあり配当率も4%を超えバリュエーションが高まっています。

【ゼネラル・エレクトリック】
チャート画像
とうとうバフェット氏にも見切られてしまったGE社です。11月の新方針が出るまではこのままかもしれません。PER(株価収益率)は16.54であり今の株価が適正水準なのかもしれません。配当率も3.8%に達しようとしています。

【エクソン・モービル】
チャート画像
エクソン・モービルもとうとう株価80ドルを割り込み、配当率も4%水準に近づいてきています。産出量調整、シェールオイルとの競争など株価が上向く要因が乏しい感じです。PER(株価収益率)は22.13で数値的には割高圏にある感じなので、更に株価を下げる余地があるかもしれません。

【感想】
これら不人気4社の株価低迷は業績不振からきているので、当面は劇的な改善は難しいかもしれません。それでもバリュエーション的には非常に魅力的な水準にあるので、高配当を得つつ今後の値上りをじっくり待つという戦法の方には良い選択肢だと思います。

それでは
スポンサーサイト
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top