2017
08.20

新登場のiFree S&P500投信はどれだけお得か?

Category: 情報
ゆきだるまです。

大和証券投資信託委託さんがiFreeシリーズにS&P500型投資信託を投入してきます。何と信託報酬率0.243%(税込)!

これまでS&P500指数連動型の投信はi-mizuho米国株式インデックスの信託報酬率0.6156%(税込)しかなかったので、信託報酬料が半分以下になります。このことは各ブログで取り上げられていますので、ここでは、この信託報酬率の違いがどのくらいリターンに影響するのか試算してみました。

【試算条件】
原資は100万円とし、資産額は年10%で上昇
投資期間は20年、経費率は固定とし各年資産額に乗じる
利益損失率は利益額200万円に対する手数料割合

【試算結果】  金額は円単位
SP500経費比較(2投信)

【考察】
20年間運用して200万円の利益が出た場合、従来のi-mizuhoが信託報酬料で25万円程度引かれるのに対し、iFreeでは10万円弱と2.5倍以上の差があります。従ってiFreeの方が圧倒的に有利であるため、歓迎度は二重丸です!!
楽天証券100円投信が始まって、8月末から楽天ポイントで投信が買えるようになり、更に、安い信託報酬料のS&P500指数連動型投信の登場で、インデックス投資の世界がますます充実してきそうです。

それでは
スポンサーサイト
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top