2017
09.09

【北朝鮮有事】身がまえよ、されど株は手放すな!

Category: 投資哲学
ゆきだるまです。

北朝鮮は9月9日(日本時間本日)に建国記念日を迎えます。今日がXデーと噂されるのは、過去に5回の核実験を実行した経緯があり、核と並んで開発に注力する大陸間弾道弾(ICBM)発射など、兆発による実力誇示をする可能性が大きいからです。

北朝鮮は、既に広島型原子爆弾の10倍以上の威力をもつ核弾頭を持ち、米国本土に到達するミサイルの開発を終えているとの噂もあります。8月10日に4発のミサイル(火星12)をグアム沖30~40キロメートルの公海に着弾させる計画を発表。金正恩委員長は「米国の出方を見守る」としてきましたが、9日建国記念日に実行すれば、米国に屈しない姿勢が高まり金正恩氏の一層の権威づけが図られます。

トランプ米大統領は7日「できれば軍事力を使いたくない。北朝鮮にも悲しい日になるだろう。」と軍事行動をほのめかし、北朝鮮に警告をしました。

かつての米ソ冷戦を思わせる応酬に国際社会も緊張が高まり、市場もリスクオフの姿勢が強まっています。安全資産である円が買われ、恐怖指数(VIX)も上昇中です。

【ドル円相場】
チャート画像

【VIX恐怖指数】
VIX株価20170908 

有事の際は利益確保のための「売り」が進みますが、持ち株を手放すべきではありません。緊張が緩和すれば市場は回復しますし、不幸にして有事に突入した場合、株は更に大きく売られますが、その後は物資調達や復興などにより企業収益が上がるからです。何よりも事後にインフレとなった場合に株が有力資産となります。そのため過去の経験から、有事の際こそ株は「買い」だと云われています。

もちろん自分や企業が無事であることが前提ではあります。

日本は北朝鮮と米国に地勢的に挟まれていますし、米軍基地もありますので有事に至らないことを願うばかりです。

それでは
スポンサーサイト
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top