2017
09.14

【回想】投資を始めてから変化があったこと

Category: 雑感
前略 ゆきだるまです。

日刊を改めたことで、少しのんびりとブログを書いてみようと思います。

皆さんは、投資を始めてから心境や身辺のことで何か変化がありましたでしょうか。私はこの二年弱で大きな変化がありましたので、それを綴ってみたいと思います。

MIYAZAKIDSC_2417_TP_V.jpg

まず第一に、経済に興味を持つようになったことが挙げられます。

仕事が技術系のため、この年になるまで経済を語る機会もなく過ごしてきました。ニュースで流れる話題も今思えばどこか他人事だった気がします。ところが身銭を切って株を買うと、急に色々なことがリアルになって、余りの不勉強さに愕然としつつも、素直な興味が沸いてきて勉強をするようになりました。これは結構、感動的な出来事でありまして、人間いくつになっても新鮮な気持ちで学べることはあって、人生もまだまだ捨てたものではないなと実感した次第です。

最初はチャートの上がり下がりを理解するためテクニカル分析の勉強などをしましたが、正直言って目の前で上下する相場に対峙する能力がないことが分かりました。元来が理屈っぽいところがあるので、ファンダメンタル分析の方が面白いと思うようになったわけです。とはいいながらも、決算書ひとつ読み方が分からないので、独学をしてみたり他人の受け売りをして知識を増やしていっているのが実態です。

そして、株主というものになってみると、投資額は少ないながらも会社の経営が非常に気になる。投資の第一目的がリターンですから、利益が拡大していく見込みがあるのか、組織運営は効率的に行われているのか、今の仕事とは全く別次元の経営者的発想を持つようになったのが意外でもあります。


二つ目の変化は、節約をするようになったことです。

CAT9V9A9145_TP_V.jpg

我が家では家計の管理は上さんが一手に行っており、私の自由にできるお金は月々の小遣いだけです。これまで小遣いを貯めるという発想も習慣もなかったので、あるだけ使って月末にはすっからかんという生活でした。たまに大きな買い物をしたくなると渋面の上さんを口説いていた有様です。

今思えば、本当に無駄なものにお金を使ってきました。敢えて高額なものを選ぶ趣味の道具、歩けば良いのに交通機関の利用、昼夜の外食と呑み会、おやつの類、買ったのに手もつけない本やDVD、衝動買いに近いガラクタ集め・・・

ところが投資をはじめてみると、何とかして投資資金を捻出したいと思うようになるもの。また少ないながらに配当金が出ると再投資に回したり、毎日チャートを眺めて株価の成長を追っていると無駄遣いは自然と改まるようになりました。確実な投資といわれるS&P500指数への投資でも、一日に直すと平均で0.05%程度の非常にゆっくりとした成長なのです。

節約の意識づけに役立ったのが、エクセルを使っての投資記録簿の作成でした。成長の過程を客観的に見たいと思って、両替から株の売買、配当金の受領に至るまで詳細に記録をつけています。お小遣い帳に似ていて資金全体を掌握するようになると収入の最大化、支出の最小化の思考が身につきました。

最近はやりの「末路本」にあるように、宝くじで一億円当たった人間の末路は、不意の大金獲得で人生を狂わせる人が非常に多いとか。苦労せずに得たお金は無くなるのも早いものです。

一方で長期にわたって投資を行ってきた人は、お金の大切さを知っているので、同じ一億円を手にしても浪費したりなどはしないでしょう。ウオーレン・バフェット氏を始め、真の投資家と呼ばれる方々の生活は本当に質素です。私も倹約ぶりでは偉大な投資家の仲間入りが出来るところまで浪費癖が改まったように感じています。


最後、三つ目の変化はブログを書くようになったことです。

PAK85_Blogcc20141206203244_TP_V.jpg

投資というのは孤独な趣味です。私の場合、家族や職場の同僚とは決して語り合えない環境にあります。そんな寂しさを紛らしてくれたのがブログの世界でした。私と同じ境遇の方々がいかに多いことか。元来が面倒くさがりで筆不精な者がブログの世界に入っていったのも共感をより強く得たかったからです。

投資スタイルは人それぞれです。私も投資記録簿をつけたり自分なりの投資手法を実践したりしていると、どうしてもそれをお披露目したくなる、そして同好の士からご意見をいただきたくなる、こうした現実世界では得られないネット上のコミュニケーションに深く耽溺している次第であります。

これまでは日刊を目指して書き散らしてきましたが、これからは投資日記的にブログを綴っていくことが出来たらと考えています。


以上、長くなりましたがお付き合いありがとうございました。引き続きよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top