FC2ブログ
2017
11.23

時間を味方につけられない人の資産運用

Category: 雑感
ゆきだるまです。

ゼネラル・エレクトリック社(GE)は12月から配当金を半分に減らすと発表しました。このことがGE株を持っていたリタイア層に打撃を与えているという米国のニュースを目にしました。

米国が世界に誇るGE社。高配当な銘柄だったので、証券会社に「資産運用にGE株どうですか?」ってお勧めされて買っていた人が結構多かったのではないでしょうか。日本でいうと「東芝株どうですか?」って一昔前に勧められる感覚ですね。

その昔、一生モノのつもりで超優良企業の株を一点買いしている話を良く聞きました。自分が小さい頃、叔父から「お前も大人になったら大企業の株くらい持たなきゃいかん」って説教されましたっけ。きっと大企業の株券って宝石や金塊と同じくらい価値があるものとして考えられていたんだろうなと想像しています。それも複数持つという発想はなく、ブランドとして自慢の株を一点もつという志向なのだと思います。

冒頭に戻すと、仮にリタイア層でGE株を一点持ちしていた人がいたとしたら、その方にはこの風景がどう映っているのでしょうか。しかもこの先にあるのは配当金の50%カット・・・

【GE株価(週足)】
GE株価20171122 

株は20年近く持てば債権と比較しても価格変動リスクがゼロに近くなると云われています。逆に個別株を持ち続けたければ20年間は保有できなければいけないということです。それでも倒産や業績不振で価値が大きく下落するリスクは避けられません

チャーリー・マンガー氏93歳、ウオーレン・バフェット氏87歳の様なモンスターは別格として、一般の投資家は自分の年齢、すなわち残された投資期間を常に意識して、そこから逆算した投資対象を選ぶ必要があります。各年代によって見える風景は異なってくるはずです。

自分は50の大台に乗ったばかりですが、法定リタイアまであと10年(又は15年)の間に、サラリーという安定した投資資源があるうちに、どの様な資産形成をしていくかを考えていかなければなりません。コツコツ投資で財を成したロナルド・リードさんの様に、92歳で亡くなるまで投資を趣味にしていければ理想的ですね。

それでは

 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top