FC2ブログ
2017
11.24

資産運用に無関心な人が定年退職を迎えると

Category: 雑感
ゆきだるまです。

サラリーマンも50歳を超えると急に定年後のことがリアルになってきます。うちの会社は50歳になると定年後の身の振り方研修とかあります。退職後のお金の関係をレクチャーされたり、定年後にやってみたいことを問いかけられたり、40代までは見ようともしなかった次のステージに強制的に上げられた感じです。

黄昏 

そもそも定年退職とは何でしょうか。その答えは「これまで会社に費やしてきた時間と義務、そして仕事上の人間関係が一斉消滅すること」です。アーリーリタイアを考えている人からすれば、これを早期に望んでいるわけですが、会社人間で何十年も過ごしてきた人には結構すごいことです。

研修で云われたのは、何も準備をしなかった人は、無限の時間を持て余し、孤独で退屈な毎日を送ることが多いそうです。何十年も会社という組織に人生を依存してきたので、その関係を強制的に断ち切られると、そうなるのでしょうね。定年後にやるべきことのない人は老化も早くなるそうです。定年後の時間は想像以上に長いとのこと。

最近、定年退職した人たち、つまりOBに会って必ず聞くようにしているのがお金の話。特に資産運用の有無や先々の生活資金をどうしているかということを、さりげなく根掘り葉掘り聞くようにしています。

金融から遠い仕事柄、皆、資産運用に関しては共通して無関心です。定年までに生命保険と財形貯蓄以外に、自分で金融商品を探してきて資産運用をしていたという人はいません。また定年後も退職金というまとまったお金はそのまま寝かせて置く人が大半です。

投資をしない理由を聞けば「よく分からないから」「こわいから」という世間でよく聞く答えが返ってきます。長い間、デフレが続いてきたのでお金を寝かせておくことに何の疑問も抱くことなく生活をしてこられた感じです。

定年時に銀行や証券会社などから、退職金の運用をしませんか、という勧誘は必ずあるそうです。それでも、先の「よく分からない」「こわい」理論でお断りをしているそうです。

一人だけ証券会社に勧められるままに手数料やリターンが?な投資信託に退職金を投じた人がいました。毎月、分配金が出て小遣い代わりに丁度良いと満足気です。意見をするとややこしくなりそうなので、話を聞きおくだけにしておきましたが、そんなもんです。 

皆、退職までに貯蓄はしてきており、それに退職金と年金を加えた月々の生活費管理はきちんと行っているようです。それでも現役時代に較べると大幅に支出を切り詰めないといけないので苦しいという答えが返ってきます。

再就職する人もいますが、これまでの給料の半額、3分の1という人もざらで、新しい仕事に対するモチベーションがわかないけれども、時間が潰せて生活の足しができているから良しとしている人が多いです。

一方で、定年後の生活をエンジョイしている人もいて、その人たちに共通しているのは定年後の新たな生活、趣味や仕事、地域の活動を楽しめているということ、そして、無理に働かなくても、ある程度のお金があって、生活できるだけの余裕があるということです。

いろいろなOBの話を聞くうちに、自分なりの結論として得たのは、定年後の人生を左右するのは「やりたいことがあること」と「自由にできるお金があること」に至っています。

どちらも相関性が高く、時間だけあっても、お金だけあってもダメで、両方が揃って初めて定年後の人生を楽しめる感じです。そのための準備は早いうちからおこなっておくに越したことはないということです。

それでは

 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top