FC2ブログ
2018
02.06

【祝】AT&Tから増配当!配当は下落時のプロテクター

Category: 【T】AT&T
ゆきだるまです。

AT&Tから中間配当金が出ました。

 1株0.50ドル(税込、前期0.49ドル)

配当金が前期より2%増額になりました。これで連続増配当34年目になります。

【AT&T配当実績】
T配当実績1984~2018
2009年から中間配当ベースで1セント(年4セント)の増額が10年連続で続いています。増配額としては最小値に達しているので、今後も1セント増額が続けば増配率の極限値は0に近づく(笑)ことになります。

1月31日閉場後に短期決算があり純利益が増加したことから配当は当面大丈夫そうです。

 2017年の1株利益3.50ドル年間配当額2.0ドル配当性向57.1%

さて金曜日から米国市場は一斉に下げに入り、月曜日も下落傾向が続いています。AT&Tも好決算で一旦上がった株価が元値近くに戻りました。

【AT&T株価】
T株価20180205 

今回の株価下落の原因は金利上昇にあります。金曜日の雇用統計発表を受けて、インフレ傾向が鮮明になったことから今後の利上げ強化が確実視されたとみて一斉に売りに入りました。

【米10年債利回り】
米10年債金利20180205
米10年債利回りは現在2.85%付近にあります。金利が上昇すれば企業活動は減速することになり、株式から債券に投資資金が移動することが予測され、株式市場を冷え込ませることになります。

こういう時にAT&Tの様な公益株は強いです。金利が上がっても通信需要がなくなるわけではなく潤沢な現金収入が引き続き見込めるからです。キャッシュインがあれば配当貴族の名にかけて配当は続くはずです。

債権利回りが3%になってもAT&Tは配当利回りが5%であり依然として有利です。高配当がプロテクターとなって、市場全体が下落に入っても株価が下がりにくい性質をもっています。

株価が下落した場合でも配当金で株の買い増しをしておくと、株価回復の際にはアクセルの役割をはたして加速的なリターンが得られることになります。

タイムワーナー買収訴訟などの懸念は続くものの、ここで株価がガンと下がればAT&Tホルダーとしては喜んで買いですね。

それでは
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top