FC2ブログ
2018
02.10

【世界投資Ⅳ】新たなワールド・インデックスの配分を決定!

ゆきだるまです。

ワールド・インデックスはVT一本で良いかなと思っていたところ、ふとした疑問から試行錯誤が始まりました。今回でワールド・インデックスの配分問題を決着させようと思います。

そもそもワールド・インデックスの国・地域別の配分比率には様々な説があります。

配分方式米国:非米国代表例
①GDP25:75世界経済インデックスファンド
②株式時価総額53:47VT、MSCI AWCI
③リスク・リターン60:40シーゲル理論(VTI+VXUS)

(参考)   世界経済インデックスファンドという隠れた名品
    【世界投資Ⅰ】VTに感じてしまった素朴な疑問
    【世界投資Ⅱ】VTはこう理解してこう使うのが良い!
    【世界投資Ⅲ】シーゲル博士が米国:非米国を6:4にした理由

もう一度おさらいの意味を兼ねてそれぞれの特徴、メリット・デメリットを考察してみます。

①GDP配分方式 (データは2016年時)
GDP2016年
特徴国・地域(エリア)をベースにした生産力(=売上高)に注目
メリットエリアの人・経済の活動を直接表現した指標
デメリット売上高=収益力ではない(成長の罠というコスト高が内在)、未上場企業の活動も含まれる、多国籍企業の仕訳が出来ていないなど企業ベースの株主リターンの観点から疑問点が多い。


②株式時価総額配分方式 (データは2017年時、VTの比率)
株式資本2017年

特徴企業の国籍をベースにした時価総額(収益の期待値)に注目
メリット株価(収益の期待値)の採用、浮動株調整により株式投資に最適化された配分
デメリット未上場株の取りこぼし(特に新興国)、成長の罠(コスト高)が内在

③リスク・リターン配分方式 (データはシーゲル緑本引用)
利回りとリスクの関係
特徴域内企業のリスク・リターンの相関関係に注目
メリット適正配分値を探ることで最小リスクで最大リターンが得られる、理論的には最上。
デメリットリスク・リターンの最適配分は常に変動しており追随が難しい。最近では地域間の株価変動の相関性が高く本配分が無意味になっている。米国6:非米国4の配分比も2005年発表時のもので、新興国が織り込まれていないなど現在では採用し難い。


ここまでのまとめ(配分方式の決定)

株式投資という性格、今後のメンテナンス性を考えると②の株式時価総額方式が最適であると結論します。

世界 

ワールド・インデックスの構築(ファンドの選定と配分比)


銘柄選定と配分比の決定に当たっての原則
 ①より多くの企業を取り込む(分散性の強化)
 ②将来の変化への追随(リバランス)
 ③少ないファンド数と手数料(メンテナンス性)

ワールド・インデックスの銘柄と配分決定!
ワールドインデックス配分比   
VT(全世界株式ETF)を基軸に、VTI(全米株式ETF)とVWO(新興国株式ETF)を加えてかなりシンプルな配分を目指しました。

VTは約8千銘柄と十分な組込数がありますが、VWOは2015年に中国株Aと新興国小型株が加わり約4千銘柄強に拡充が行われたこと、また将来も見越して新興国割合を増やすべきと考え新興国割合が3割になるように配分比を決定

(参考)バンガード社・ニュース(2015年6月3日)

VTI
は全米の中小株もカバーしておりVTの米国分補強のため米国割合が全体の5割になるよう配分比を決定

【上記3ETFの組合せによる企業国籍別の配分比】

国別配分比 
【組入れ銘柄数と経費率】
銘柄対 象銘柄数経費率
VT全世界株式79550.11%
VTI全米株式36240.04%
VWO新興国株式42760.14%
*銘柄数、経費率は2017年11月30日現在

(参考)将来(2050年)の株式時価予想(シーゲル赤本より)

株式資本2050年 
まとめ


VTを基本にVWO(新興国)とVTI(全米)で補強し、銘柄比 VT50:VTI25:VWO25、国別配分比 米国50:先進国20、新興国30というシンプルな構成にしました。これによりVTで取りこぼしていた新興国が補強され、米国もVTIの導入により全米中小株全体をカバーしています。

またVT単体に較べて銘柄数で約4千が増強され、経費率もVT単体で0.11%のところ、VTI:0.04%、VWO:0.14%の全体按分で0.10%となり”若干”の削減となりました。

将来の配分変更にはVTはファンド内部のリバランス機能に期待するととともに、VT、VWOは適宜配分を見直すことになります。おそらくは現在ポートフォリオをしっかり組んでおけば今後の時価総額の伸びである程度の総額補正は自然と行われてくると考えています。

最後に本ワールド・インデックスの配分決定によりゆきだるま式の新ポートフォリオ(全体)は次のとおりとなります。

【ゆきだるま式新ポートフォリオ】
新ポートフォリオ配分  
本日も当ブログにご訪問いただきありがとうございました。
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top