FC2ブログ
2018
04.21

今日のダウはゼネラル・エレクトリック(GE)が一人勝ち!

ダウETFの形でGEを保有するゆきだるまです。

アップルが昨日に続き大きく下げておりダウ工業株は続落しています。またトランプ大統領がツイッターで「石油業界が意図的に価格を釣り上げている」と非難したためエクソン・モービルやシェブロンが売られました。ほぼ全面安となる中でゼネラル・エレクトリック(GE)の株価は第1四半期決算の発表を受けて上昇しました。

【GE株価】
GE20180420.png 

GEの決算内容

1株利益・売上高ともに市場予測を上回りました。

調整後の1株利益は0.16ドルで、前年同期の0.14ドル、市場予想の0.11ドルを上回りました。株主帰属の継続事業ベースの利益は3億6900万ドルで前年同期比の3倍強となりました。

航空機エンジン、輸送、ヘルスケアの3事業の利益は2桁台の伸びを示し好調でした。一方で電力事業は38%の減益、売上・受注ともに減少しました。石油・ガス事業も特殊要因を除くと30%の減益となりました。

売上高は287億ドルで、前年同期の6.6%増で、航空機エンジン、石油・ガス、ヘルスケア事業が増収となり、電力、輸送、再生可能エネルギー事業の減少分をカバーしました。

2018年通期の1株利益の見通しは1.00~1.07ドル(調整後、リストラ関連費用は除く)、インダストリアル関連の調整後キャッシュフローの見通しは60~70億ドルとして据え置かれています。

GE社は自社分割の可能性を検討中としつつも各事業の改善を優先させる考えです。今後3年間の再編計画の一環で約200億ドルの資産売却が進行中。今後数か月内に新たな情報を公開することも明言しました。

GEに対して思うこと

GEは20世紀最高の経営者と謳われたジャック・ウエルチCEOの代に世界最大の企業に成長しました。M&Aを繰り返した末のコングロマリットは、組織が肥大かつ複雑になり過ぎて経営統合がとれなくなりリーマンショックを契機にグループ全体の経営が破綻。現在のジョン・フラナリーCEOに代わり徹底的なリストラを断行、航空機、医療、電力の三分野を柱にスリム化したうえで分社化をする構想が1月に打ち出されました。

かつてGEを保有していた身としては、配当金の半額カットと株価の暴落、そして最後は企業分割構想にとどめを刺されました。

企業存続が危うくなったGE株はいったん手放し、今はDIA(ダウ30ETF)の形でGEを再保有しています。元々ダウの看板でGEを取得したのがきっかけなので、GEで受けた爆損はダウの残り29社で治癒してもらおうという自分なりの整理です。

一時は株価が12ドル台まで落ち込みダウ銘柄除外がリアルにもなりましたが、今回の決算で一瞬とは云え15ドルに再タッチできたのは大変喜ばしいことです。4月20日のGEは終値14.54ドル、前日比+3.93%、ダウ全体の騰落率ではGEがトップ、全体株価が▼205ドル安となる中でGE寄与分は+3.8ドルでした。

【4月20日のダウ30騰落状況】
ダウ騰落率20180420

最近は高配当なディフェンシブ銘柄が市場から見捨てられつつあります。それでも長期の景気循環サイクルを考え合わせれば日はまた昇るので、当面は配当金を頼りに割安になった株をコツコツと拾っていくつもりです。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top