FC2ブログ
2018
07.22

株主への富の還元方法は配当金が一番良いと考えている理由

Category: 配当
ゆきだるまです。

株式会社は、株主が出資をして、その資金で事業を行い、収益が株主に還元されます。

収益還元の方法は様々で、代表的なのは配当金という形で収益が株主に配分されます。

money-1034447_960_720.jpg

ただし配当には税金が掛かるため、収益で自社株買いをして1株当りの利益を高めてもらう方が価値があると考える人もいます。さらには新興企業の場合などは中途半端な株主還元は行わず収益を事業に再投資してもらった方が良いといったケースもあります。

日本の場合ですと、株主優待という呼び名で品物や自社製品の割引券の様な形で還元を受ける場合もあります。

識者の見解も様々で投資家のウオーレン・バフェット氏は「税金がもったいないので配当金よりは自社株買いの方が望ましい」としていますし、研究者のジェレミー・シーゲル博士は「Show me the Money:金を見せろ」という有名なフレーズを用いて現金の存在が企業の信用力を示すと述べています。

さらに理論的に考えるならば配当金の形で企業収益を外部に振り出すということは、大きな意味で企業資産を削りとる行為、いわゆるタコが自分の足を食べる「タコ足」だとして否定的に捉える向きもあります。

正解はありませんが、ゆきだるまとしては、株主還元は配当金の形で受けるのが一番良いと考えています。税金を取られても、タコ足になっても配当金を出してもらうのが良いと考えています。

その理由は、投資先の企業を信用しきってはいないからです。

つまり経営の悪化や倒産が考えられるから、お金はあるときに貰っておこうというシンプルな発想を持っています。

その根底には、自分も仕事で相手企業が倒産したことがあって債権回収に多大な苦労をした経験があるからです。結局は破産事件となって残余財産が破産配当金という形で債権額に応じて戻されました。

最終的には額面の20%くらい配当されて破産手続は終了。一般的に破産配当金は5%も戻されれば良い方だと云われています。

boy-666803_960_720.jpg

ナニワ金融道ではありませんが、法的整理に入る前に取れるものは取れるうちに取るというのが債権回収の基本になります。

投資も同じです。

企業側に収益を預けた形にしていて大丈夫ですか?

自社株買いで1株利益を高めてもらっても、赤字経営になれば結局は収益を食いつぶされる羽目になります。

そんなのは弱小企業の話だろ、と云われるかもしれませんが、世界に冠たるゼネラル・エレクトリックでさえ収益が悪化して配当金を半減させざるを得ない状況に陥っています。超がつくくらいの大企業であっても油断はできません。自分もGEの株を買っていたので、投資の世界でも取りっぱぐれに遭遇してしまいました。

私が配当金を重視するのは、こうした経験があるからなのです。

配当金に税金が掛かる?
社会コストだと思えば良いじゃないですか。

タコが自分の足を食べる?
まだ足があるだけ良いじゃないないですか。

お金はあるうちに回収する。

基本です。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
それを言うなら、配当も自社株買いもしないのが一番会社の財務基盤が良くなるので信頼が上がるのでは?
GEだって自社株買いや配当をしていなければこんな自体にはなっていないはず。
ダルシムdot 2018.07.24 21:51 | 編集
コメントありがとうございます。それでは株主還元がなくなってしまってとても残念な感じです。GEの衰退は株主還元とは別次元のビジネスモデルそのものの行き詰りだとみています。
ゆきだるま拝dot 2018.07.25 05:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top