FC2ブログ
2018
06.19

「いきなリッチ」は投資家が目指したい理想のライフスタイル

Category: 投資哲学
 いきなリッチを目指すゆきだるまです。

6月17日の日経新聞コラムに「リーマンから10年、いきなリッチ現わる」という記事がありました。

普段から考えていた理想の投資家像でもあったので、今日の話題にとりあげてみます。

「いきなリッチ」とは日経新聞社の造語だと思いますが、結構イケてるネーミングだと思っています。一昔前の「成り金」=「贅沢者」とは対極的で、「粋(いき)なお金持ち」というた印象が伝わってきます。

いきなリッチ像
・リーマン以降の10年の間に投資や起業で億の資産をもつ様になった人
・物欲は低めで衣食住が簡素なライフスタイルを好む
・お金をかけるにしてもさりげない。
・体を鍛えるのが好き
・家族や友人と楽しむための別荘やクルーザーに興味あり

フェイスブック創始者のマーク・ザッカーバーグ氏を連想させます。
「仕事着」姿のザッカーバーグ
https://www.businessinsider.jp/

一方で「成り金」のイメージは、高価な家と車、ブランド装飾品、豪華な食事などなど物欲と自己顕示欲の強い人物がイメージされます。何となくバブルの時代で終焉を迎えた昭和の香りを感じます。

なぜこうも変わってしまったのでしょうか。

新聞コラムでは次の様に語られています。
「2008年を境に富裕層が見ている景色が違う。起業型の経営者の資産の多くは自社株で株式市場に異変が起これば資産はガタ減り、リーマン後の起業家は上の世代を見て堅実になった」

リーマンショックは色々な意味で潮目になったみたいです。

身の回りの投資家・実業家界隈を見渡してみても派手でない人が実に多いです。
「バフェット」の画像検索結果
伝説の投資家ウオーレン・バフェット氏

「bill gates」の画像検索結果
マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏

お金持ちになるための方程式の一つに倹約があります。明治から昭和にかけて希代の資産を成した本多静六博士の「4分の1天引貯金」にみるように、徹底的に支出を減らすことが資産形成の第一歩になります。

そして、貯蓄と僅かな利殖をもとに資産を長期・複利で育てていく苦労を知っている人は、お金のありがたみが分かっているので無意味な贅沢はしなくなるわけです。

逆にお金が溜まらない人とは、年収が高くても生活にかけるお金も多く、貯金をしない。リタイア後も生活水準が下げられずに老後貧乏に転落してしまう人。さらには「宝くじで1億円当たった人の末路」の様に、お金に縁のない人が急に莫大な金額を手にして人生を狂わせてしまったりもします。

お金と上手に付き合っていくためには、相応のリテラシーが求められます。私たちは学校でも社会でもお金を稼げとは教えられるけど、上手に使う方法は教えられません。お金の教育は自分で身につけていくしかないのです。

「お金が全てではない」とは云われるものの「全てにお金が必要」なのも事実なので、お金と上手に付き合っていくしかありません。その意味で「いきなリッチ」というライフスタイルはお金に愛される投資家として理想的な姿だと思った次第です。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top