FC2ブログ
2018
06.22

インテル入ってるの時代は終わってるのか?

ダウを介してのインテルホルダーゆきだるまです。

6月21日、インテルのブライアン・クルザニッチCEOが不倫疑惑で辞任しました。後任は暫定CEOとしてボブ・スワンCFO(最高財務責任者)が内部から就きます。



クルザニッチ氏がCEOに就いたのは2013年5月、約5年間の在任期間はPC向けCPU(中央演算処理装置)からクラウド、IoTのビックデータ分野への転身への舵きりでした。

インテルといえばPCの心臓ともいえるCPUで圧倒的なパフォーマンスを発揮してきた半導体メーカーの巨人。創業者の一人ゴードン・ムーア氏が1965年に提唱した「ムーアの法則」は半導体の集積率は18ヶ月で2倍になるというエキサイティングなものでした。

確かにPCが普及し始めた2000年前後、主力CPUペンティアムシリーズの情報処理速度は倍倍のペースで伸びていて異次元のテクノロジーに世間が驚愕していた記憶があります。

【ムーアの法則:インテル製プロセッサのトランジスタ数の成長】

あの頃はマイクロソフトがウンドウズをリリースして、ウインテルと呼ばれるコンビでソフト・ハードの両面で二社が市場を独占していました。ウインドウズとインテルの製品開発が良い具合にマッチしていてPCの買い替え需要を強力に喚起していたのは2000年前後の話。

その功績を認められインテルとマイクロソフトは1999年11月に揃ってダウ30の仲間入り、オールドエコノミーで知られるダウにハイテク銘柄が加わる異例の出来事でした。そして当時のハイテクの主役がIBMからウインテルに切り替わった象徴的な出来事でもありました。

しかし今やIT業界も質的に変化し、PCがIT市場をけん引してきたウインテル2強体制は明らかに終わりを迎えています。身の回りでもウインテルPCは十分な数が普及していて性能的にも満足のいくレベルに落ち着いてきたからです。

ITデバイスもPCからスマートフォンとタブレットといったポータブル化への切り替えが進み、今のIT技術が進むべきはAI(人口知能)化の流れ自動運転やIoTに求められる技術は3D画像処理技術が中核を握るようになっています。そのGPU(画像処理半導体)開発の最先端を走っているのがエヌ・ビディアです。

2017年のエヌ・ビディアの半導体売上高は85億ドルでインテルの約7分の1に留まるものの、半導体の将来について、市場がエヌ・ビディアに期待しているのは明らかです。

【インテルとエヌビディアの株価比較・5年間】
半導体メーカーの栄枯盛衰

今やインテルの収益の柱はPC用のCPUからクラウドビジネスに移行しつつあり、エヌビディアのGPUに対抗してAIに必要なCPU補完技術をM&Aによってカバーしようとしているのが実態です。

インテルは今年創立50周年を迎えます。

この記念すべき年にクルザニッチCEO辞任が投げかけるものは何か。半導体の巨人インテルは覇者であり続けられるのだろうか?

最近のGEのダウ除外のニュースとともに、オールドエコノミーの末路ともいうべき時代の流れを感じています。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top