FC2ブログ
2018
07.10

暑い夏はスカッと爽やかコカ・コーラ!最近の売れ筋は?

Category: 【KO】CocaCola
コカ・コーラオーナーのゆきだるまです。

今年の夏は猛暑になりそうですね。うだるような蒸し暑さに辟易しながら飲料水を買うことが多くなります。ちゃりんちゃりんと自動販売機に入れられるお金の音は、巡り巡って配当金という形で我々株主の元にやってくるので非常に心地良いサウンドとして響きます。

先週、コカ・コーラから第2四半期の配当金が届きました。毎年毎年増配当を繰り返し今年で何と56年目。幾何級数的に増える配当額は揺るぎない信頼の証です。

【コカ・コーラ社配当額推移】
KO配当額推移~2018

世間で「信用を見せろ」と問われる場面は数多くありますが、コカ・コーラ社の場合はこのグラフ一つで十分な説得力を持っています。配当金が出せるということは現金を持っているということ、これが56年間も増やし続けられるというのは並大抵の信用力ではありません。

私の持ち株は43ドルなので配当金の利回りは3.6%にもなっています。これから先もグラフのカーブは上昇していくことを期待していますし、逆に配当金が減らされない限り持ち続けるつもりです。

そんなコカ・コーラ社でも泣きどころはあります。それは健康被害。清涼飲料水に含まれる糖分が肥満の原因となり牽いては様々な成人病にもつながっていくため、医療保険費を節約したい各自治体で独自にソーダ税を課税する都市が増え続けています。

アメリカの大都市シアトルではソーダ水の売値の40%が税金だとか。タバコなみに嫌われ始めていることを感じます。コカ・コーラのレシピがトップシークレットとは言っても甘味抜きでは話にならないので、糖分の代わりに人工甘味料を使用したコカ・コーラゼロなども登場させていますが、これはこれで新たな健康被害の可能性が払拭できていません。

そこで最近脚光を浴びているのがコレ。

スパークリングウオーター

日本語でいうと炭酸水。ただの水に炭酸を添加したものですが、これが非常に売れています。昔は素炭酸(すたんさん)とか云われ何かで割る以外はそのまま飲むものというイメージは全くなかったものですが、最近では逆にシンプルさが受けています。

ようは炭酸の爽快感だけが欲しい人が、雑味を取り払っていくと素炭酸水に行き着いたというわけです。課題は素炭酸水はどのメーカーでも簡単に作れてしまうということ、コカ・コーラの様な秘密のレシピがいらないからです。

そうなると価格競争になって薄利多売の旨みのないビジネスとなってしまいます。しかし職場の傍の自動販売機をみていると直ぐに売り切れになる商品がコレ。

「きょうたんさん」の画像検索結果

日本コカ・コーラの傘下になったカナダドライが今年3月から発売した強炭酸水。炭酸を強めたというウリとコカ・コーラグループがもつ販売力でガンガン売り上げを伸ばしています。

コカ・コーラグループの強みは自動販売機や店舗などでの販売ルートを多く確保していることです。ここが先駆的企業が築いているワイドモート(深い堀)であり、競合他社を引き離せる要因でもあります。

米コカ・コーラ社でもスパークリングウオーターは売り上げを伸ばしています。DASANIブランドのスパークリング・ウオーターは洗練されたデザインの缶にに様々なフレーバーを添加して昨年20%の売り上げを伸ばし、2018年の第1四半期も同様の伸びをみせています。
ダサニスパークリング
他にも2016年からコカ・コーラ社のラインナップに加わったスマートウオーターのスパークリング版
スマートウォータースパークリング

2017年後半から加わったテキサス州の伝統的なミネラル・ウオーターブランドTopoChico
トポチコ

これら3ブランドがこれからの水カテゴリーをけん引する成長エンジンだとコカ・コーラ社は語っています。

炭酸好きとしてはDASANIらの米国ブランドも飲んでみたいのですが、日本では手に入らないみたいなので残念です。とりあえずはカナダドライの「ストロングタンサン」を日々愛飲してコカ・コーラグループ全体の売り上げに貢献しています。今日もシュポンと強炭酸、健康に暑い夏を乗り切っていきましょう!

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top