FC2ブログ
2018
07.12

米中摩擦再燃で再び相場は荒れ模様、こんな時のねらい目は?

Category: 観測
ゆきだるまです。

一昨日は久しぶりに米国株のポートフォリオ全体がプラ転したので喜んでいましたが、米中貿易摩擦激化で再び相場は荒れ模様に。

米側は2000億ドル相当の中国製品6千品目に対し10%の関税上乗せの追加制裁手続きを開始すると発表。米中両国は既に340覆ドル規模の輸入品に追加関税を課す措置を相互に発動、かなり深刻な事態に発展しそうな勢いです。

昨日の日経平均株価は-264.7円で22000円割れ、香港、上海の中国市場も下落しています。

NY市場も売りが攻勢でスタート、ボーイング、キャタピラーの対中取引企業が下落するとともに、原油相場が大幅に下落しておりシェブロン、エクソン・モービルが下げています。

以下は日本時間03時30分頃の各相場実況です。

【NYダウ株価の前日比】
ダウ20180711騰落率

【原油相場】
原油相場20180711 

今回の貿易摩擦を懸念するなかでトルコリラやブラジルレアルなどの新興国通貨に対してもドルが買われ対円に対してもドル買いとなり1ドルが112円台に乗りました。

【ドル円相場】
ドル円相場20180711 

こういう時に下がるのがアレ

【新興国株式(VWO)の株価】
VWO20180711.png 

国際情勢が荒れの時は新興国株(VWO)を安く買うチャンスだと思っています。このところVWOばかり買い続けていますが、今月の買い付け分も引き続きVWOにしようと考えているところです。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top