FC2ブログ
2018
07.24

相場格言~人の行く裏に道あり花の山~その銘柄は何か?

Category: 投資哲学
ゆきだるまです。

人の行く裏に道あり花の山

日本証券業協会HPから

「株式投資の格言といえば、何をおいてもまず出てくるのが、この言葉である。投資家は、とかく群集心理で動きがちだ。いわゆる付和雷同である。が、それでは大きな成功は得られない。むしろ他人とは反対のことをやった方が、うまくいく場合が多いと説いている。」

今の相場観でいくと裏道は高配当株だろう。

なぜならば株価が上がらないから。

少し前までは市場全体が上げ相場だったので高配当株でも買いが入っていた。

株価が上がっていたから高配当株は人気があった。

しかも配当貴族というステイタスのおまけつき。

これこそ家宝ともいうべき銘柄。

持っているだけでインカムゲインもキャピタルゲインも狙えると。

しかし政府利上げの話が出てから様相は一変した。

利回りで債券の魅力が高くなってきた。

リスク資産である株式、それも高配当株が売られた。

それでは高配当株の企業の業績は悪くなったのか?

違う。債券との比較でリスクが相対的に高くなっただけだ。

一度売りモードに入ると売りが売りを誘う。

これまで株価に乗った利益がそぎ落とされていく。

業績が悪くなっていないのに株価が下がっていく。

これは正に裏の道。

株価の下がり切った高配当株は超高配当株になっている。

AT&T:The American Telephone & Telegraph Co.

この配当率は今や6.4%

EPS(1株利益)の見通しが3.4ドルで配当が2.0ドル

配当余力も十分にある。

PER(株価収益率)は10倍を切る勢いだ。

AT&Tはこれからの5G通信を担う時代の先端にいる。

ただ裏道には隠れた落とし穴もたくさんある。

単に不人気なら花の山だが、落とし穴があるなら避けるべきだろう。

AT&Tの決算は明日の明け方(現地16時30分)に出る。

どっちだ?
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top