FC2ブログ
2018
08.01

モルガン・スタンレーが大規模なリセッションが始まるってよ!

Category: 情報
ゆきだるまです。

今期決算でグロース企業の成長に陰りがみえたという。

フェイスブック、ネットフリックスなど大幅な値上がりが期待できるプロシクリカル(循環増複性)銘柄が後れをとったことで、投資家心理としてこれ以上はポジションを積めなくなりそうだというもの。

モルガン・スタンレーは2月以来の大型の調整が始まってもおかしくないという。

【FB株価】
FB20180730.png 
【NFLX株価】
NFLX20180730.png  

思い返せば今年は市場の様相が二分している、FANGを中心にハイテク企業が市場をけん引し、インフレと利上げの懸念から高配当株が売られてきた。

インフレ先導の一端は原油相場の値上がりが担っておりこれまで元気がなかった石油株が息を吹き返した。米国政府が仕掛けた大がかりな貿易摩擦で中国関連企業の見通しが右往左往している。

【年初来の市場動向】
市場感比較

これがこれまでの市況感。

目下控えているのが、アップルの決算とFOMC米連邦公開市場委員会の声明、これらがリセッションの引き金になることは十分にあり得そうだ。

投資家の心理も様々で、ボラティリティの高い銘柄に投資している人は株価が命なので戦々恐々としている。皆が売り始めると不安になって一緒に売ってしまう人もいる。売りが売りを誘って市場が一斉に暴落する。すでに2月に見てきた光景だ。

グロース銘柄に乗った期待値という利益ははがれやすいが、保守銘柄に乗った実収益という利益は株価が落ちることで磨かれていく。

こういう時に高配当株は安心できる。嵐が来てもじっと耐えていれば、その間も配当金を落としてくれる。割安になったところをコツコツ買い増せばさらにお得にポジションを積み上げられる。

グロースの後目に浮かぬ日々を過ごしてきたが、高配当株を持ってて良かったと思えるのはこんな時だろう。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top