FC2ブログ
2018
08.02

アップル強し、株価200ドル超え!市場は楽観ムード維持か?

ゆきだるまです。

アップルの四半期決算が出ました。売上高・純利益とも市場予測を上回ったため株価が5%強で急増中です。株価は200ドルを超えました。

【AAPL株価】
aapl20180801.png 

売上高が533億ドルで前年同期の17%増、市場予測523億ドルを上回りました。
希薄化後の1株利益が2.34ドルで前年同期の40%増、市場予測2.18ドルを上回りました。

今期のiPone販売台数は4130万台で市場予測の4180万台を上回りました。また販売価格平均724ドルで市場予測694ドルを上回りました。

ティムクックCEOは「史上最高の決算、売上高が2桁の伸びを報告できることに驚愕している。今期は引き続きiPhone、各種サービス、ウエアラブル端末の強力な売り上げに支えられた。我々が築いた製品とサービスのパイプラインに大変興奮もしている」と述べました。

経営陣はサービス事業の大部分が継続的なものであることを強調し、次期売上見通しは600~620億ドルとする新しいガイドラインを発表、市場予測596億ドルを上回った数値となりました。

アップルは9月末が1年の総決算期となっており、今度の9月に新型iPhoneを登場させて2018年決算を締めくくる予定ではないかというのが市場の噂となっています。

製品別の売上高はiPhone:56%、iPad:9%、Mac:10%、サービス・その他が25%となっています。iPhoneが売上高に占める割合は前期41%、昨年同期44%に較べて非常に高くなってきています。

一方で、スマートフォン市場は、中国大手の華為技術(ファーウェイ)HWT.ULが、4─6月期の世界スマホ販売数でアップルを抜いて2位に浮上しました。4~6月期の世界市場シェアは韓国のサムスン20%、中国のファーウエイ15%、米国のアップル12%と続きます。

ネガティブな市場の意見としては、アップルは販売台数よりも高価格機種の方が売上高を稼げると思っている。スマホ市場が飽和状態にある中で今後どこまで新型の売り上げが伸ばせるか疑問だとする声もあります。

今期決算ではフェイスブック、ネットフリックスのミスにより市場をけん引してきたハイテク銘柄に対する期待感が大きく冷えるのではないかと云われてきましたがアップルの好決算で救われた感じです。このところ続落してきたナスダック指数もプラスに転じています。

【主要ハイテク銘柄の1ヶ月間の株価推移】
主要ハイテク銘柄の1ヶ月推移

ウオール街では史上初の時価総額1兆ドル企業の誕生がアップルとアマゾンのどちらになるのかが話題になっています。現時点ではアップルが優位で株価206ドルが1兆ドルのゴールラインだとされています。余興ではありますが米国トップ企業の力強さは群を抜いているということですね。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top