FC2ブログ
2018
08.08

AT&Tから夏の配当金~雪だるまが転がる姿を夢に見る

Category: 【T】AT&T
雪だるまです。

AT&Tから中間配当がありました。

配当金というと3月とか3の倍数月が多いのですが、AT&Tはひと月ずれて8月に出ます。貴重な8月の配当金、冷たいモノでも買いなよという誘惑にも耐えて雪だるまを転がします。

AT&T(旧アメリカン・テレフォン・テレグラム社)はグラハム・ベルが1885年に創立したベル電話会社が前身、かつて史上最強企業の地位に君臨していたこともありましたが、余りにも巨大になり過ぎて創立100年目の1984年に親会社(マ(母)ベル)と7つの地方会社(ベビー(子)ベル)に分社を余儀なくされたことがありました。

(過去記事)AT&Tのこれまでの再編経緯をまとめてみた

2005年に子ベルの一つSBCが親元のAT&Tを買収して今に至っています。その際にSBCは伝統的なAT&Tの社名と一文字ティッカーTを名乗ることにし、この時に旧AT&T社は一度消滅しています。なお、子ベルの一つが現在のベライゾンになっていますので、AT&Tもベライゾンも元は同じ釜の飯だったということになります。

現在のAT&T社ですが、連続34年目の増配当企業というのは1984年の分社化当初からのカウントです。旧AT&T時代の増配当歴のデータは持っていませんが、旧社時代から通算すると100年を超える配当スーパーキングになっているのかもしれません。

通信は事業として強いですよね。鉄道と同じで誰もが使うし日銭が入る。日本でも電電公社や国鉄が完全民営化できたのもこのためです。

AT&Tもベライゾンも配当を惜しみなく出せるのは社会インフラとして現金を吸い上げるシステムが出来上がっているからです。昨日も通信業界再編の記事を書きましたが、Tモバイルとスプリントが合併してもAT&Tが築いた収益基盤は簡単にはくつがえらないと考えています。

(昨日記事)通信業界再編~Tモバイルとスプリントの合併前進に沸く市場

さて、AT&Tといえば高配当、昨今では株価が激落していますので、高配当化がますます進んでいます。名目配当率は6.2%、自分の保有分では税引後の実質配当率がちょうど5%といったところです。

現在の市場株価はFAANGに代表されるハイテク銘柄がけん引しており、株価の上がらない高配当株は見向きもされなくなっていますが、実質5%の配当率は非常に魅力的です。

高配当株ホルダーの楽しみの一つは配当再投資で雪だるまを転がしたらどうなるか夢想してみること。たびたび取り上げている話題ですが、今回も暇つぶしにAT&Tの雪だるまを転がしてみたいと思います。

今後、20年間、株価が変動せず、実質配当率5%を維持した場合の試算です。配当金は全て再投資して同じ株を買い続けます。

【AT&Tの配当金を20年間再投資した場合】
ATTの20年試算 
20年でも複利の効果が体感できます。12年目で実質配当率が9%、米国市場平均株価の増加率(名目値)と同じになります。この辺からAT&Tが威力を発揮してくるところです。

これは、もちろんこれから先も減配されないと仮定した場合です。

さらに言えば、これから株価が上がれば増株数も実質配当率も落ちますが、元株に対する実質株価はターボエンジンが掛かった爆益状態となります。株価が下がれば増株数が増えて実質配当率も上がるので、どちらに転んでもオイシイ結果となります。

こうしたことから、来るべき大だるまへの成長を夢に見ながら今日も配当金の小だるまをせっせと転がしていくばかりです。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
自分も米国株式での配当ゆきだるまに
興味があるのですが、配当金から20パーも
課税されるのは痛くないですか??
とどまんdot 2018.08.08 10:03 | 編集
私の場合はNISAで運用しているので10年間は10パーで済ますつもりです。私個人の考えでは課税されても目の前の現金をゲットした方が良いという考えです。過去記事↓をご参照ください。
http://niftyfifty.blog.fc2.com/blog-entry-469.html

ゆきだるまdot 2018.08.09 05:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top