FC2ブログ
2018
08.10

【投資格言】”高値おぼえ安値おぼえ”という心理バイアス

Category: 投資哲学
ゆきだるまです。

株の売買のタイミングを計るのは難しいですよね。相場はこちらの希望的観測など全く考慮してくれません。だからチャートに念力を飛ばしても無駄なだけですが、それでも少しでも高く売りたいし、安く買いたい。そんな投資家の心境を諫める格言がこれです。

”高値おぼえ安値おぼえ”

人はかつて経験した価格に捉われて投資判断をしがち。「またあの価格に戻るに違いない」は当にそれ。大きな潮目が変わると相場に全くついていけなくなるので、そのような悪習は早く捨てるべしということ。

昨日のNY市場でアマゾンの株価が1900ドルを超えました。

【アマゾン株価・週足】
AMZN20180809-2.png  

アマゾンは強い。ビジネスと投資の双方が強気の両輪で回っています。

自分が投資を始めた2年前の夏頃は800ドルくらいでしたが、そんな価格は単なる通過点に過ぎません。狙うべき安値も高値もない一直線の相場に必要なのは、この特急列車に今、飛び乗るかどうかの覚悟。3桁に及ぶPER(株価収益率)は投資回収に数百年かかるということなので、長期保有が出来るのはアマゾンの市場独占を信じる者のみ、そうでない人はいつでも飛び降りる覚悟が必要、これは格言が当てはまらない銘柄の例です。

微妙なのが次のようなケースです。

AT&T、配当貴族として知られ、配当率が6%を超えるこの花の蜜を吸いにいってよいものかどうか。

【AT&T株価】
T20180809.png 

自分が投資を初めて真っ先に買った銘柄です。二年前に配当4%超えの蜜の香りに釣られて40ドル近くで買いにいきました。今が32ドル台なので実に20%近く下落しています。ナンピンを繰り返しているので保有株価は下がっていますが、その心境は、いつか最初の買い値の40ドルに戻る日が来ることを信じているというもの。これは高値おぼえの例

次にナンピンをしていると最安値で買いたくなるもの、直近では30ドル付近まで落ちたことがあるので、この値段で今、指値を張って待っています。これは安値おぼえの例

しかしながら、中期スケールでみると、下降トレンド(赤補助線)を形成しています。抜本的な相場や経営状況の改善がないと40ドルの高値に戻ることはなさそうな雰囲気が伝わってきます。

これは投資格言にあるように、高値、安値といった近視眼的な捉え方をしていると大局を見誤る例になるため、相場や経営の状況を絶えず注視している必要があります。

特に古き良き大企業は安定成熟のイメージにだまされると、ゼネラル・エレクトリックの様に浮かばれない羽目に陥りますので用心です。

【GE株価】
GE20180809.png 

高値おぼえ安値おぼえ、希望的観測で買わないようにしたい。といつも考えてマス・・・

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top