FC2ブログ
2018
08.12

ポートフォリオ改造計画①~ワールドインデックスを半分に

Category: 投資方針
ゆきだるまです。

今年の初めから新ポートフォリオ計画「ゆきだるまファンド」をスタートしました。

(参考)【謹賀新年】新たなポートフォリオを設計しました

昨年まではバリュー株・高配当株を中心にポートフォリオを形成してきましたが、ゆきだるまファンドでは安定したリターンを生むワールド・インデックス、ホームランが狙える高リターン銘柄も組み込む方針としています。

大きく捉えると次のような枠組みです。

去年まで:バリュー・高配当株中心
今年から:バリュー・高配当株5割、ワールドインデックス4割、高リターン1割

年初からこの方針に沿ってゆきだるまファンドの構築を進めてきましたが、この7ヶ月半で分かってきたのは次の3点です。

 ①バリュー・高配当株のリスクを認識した
 ②今後の市場動向が読みづらい
 ③高リターンの比率を増やしたい

①について、元々がバリュー・高配当株のいわゆる保守銘柄は下落局面に強く配当・再投資戦略が最高のリターンを生むと考えてきましたが、今年に入ってからの利上げ局面に保守銘柄が弱いことが判明。NISAの運用期限である5年、ロールオーバーして10年でマイナスリターンは絶対に避けたいと認識を持った次第です。

(過去記事)罪作りなNISA~5年で損を出さないよう作戦変更します!

②について、リーマンショックから10年、上昇基調のゴルディロックス(ぬるま湯)相場が続いてきましたが、今後は大きなリセッションがあると認識しています。大きな転換期としては政府が金融緩和の引き締めに入り始めたこと、古来から緊縮政策と市場暴落は密接な関係にあったことから心構えは必要だと感じています。

(過去記事)2020年で強気相場は終わる?ポジポジ病は死に至る病

③について、配当・再投資戦略が最強であるとの認識は変わっていませんが、総資産額を増やすという投資目的を考えると株価によるリターンをより追及していっても良いのではないかという考えをもつようになりました。

(過去記事)休みの日に考えた「QQQ」ナスダック100という選択肢

以上から現在のポートフォリオ計画を見直すことにします。

名付けて「ゆきだるまファンドVer2.0」

【ゆきだるまファンドの構成比変更】
PF検討03 
変更点

①ワールドインデックスの比率を4割から5割(半分)に拡充

今後の不安定な市場動向も見据えてワールドインデックスの比率を高めて安定性を向上させます。シーゲル博士推奨のポートフォリオもワールドインデックスが半分を占めることから、これに倣った形を考えました。VTを主軸に不足する新興国を補うため、全世界(VT):新興国(VWO):米国(VTI)=50:25:25の比率は変えません。

②バリュー・高配当株枠の縮小、高リターン枠の拡充

NISAの簿価割れリスクのあるバリュー・高配当株枠を縮小させます。トレードを前提とした高リターン枠はNISA外での運用も考えます。また枠組みの変更に合わせて視覚的に資産配分が認識できるようポートフォリオを8等分比で管理します。

実現に向けて

今年のNISA枠の残量を考えると追加資金が不足することが見込まれます。そのため銀行株ウエルズ・ファーゴを売却して新ポートフォリオ構成の原資としていく考えです。

ウエルズ・ファーゴはバフェット氏寵愛の銘柄であり、銀行株として今後の利上げ局面に強いものでもありますが、配当再投資による利殖という目的に照らして、配当利回りが低いため泣く泣く手放すことにします。

今年はひたすら全世界株式インデックスVTと新興国株式インデックスVWOを買い増しします。米国についてはこれまでバリュー扱いしてきたダウ30インデックスDIAを米国株式インデックスとみなすことで、ワールドインデックスの部を完成させる形で暫定完了とする考えです。

高リターンの部が未了となりますが、こちらの取り組みについては別途戦略を立てていくこととします。

【現在のポートフォリオ】

 PF検討01 

【年末のポートフォリオイメージ(暫定形)】

PF検討02  

【構成比率の比較】
PF検討04

本当は新しい計画を立てたら既存のポートフォリオは一旦ワーッと壊してしまって基礎から作り直したい衝動にかられています。と思いながらも売買手数料やNISA枠などを考えると既存のものを極力生かしながら再構築をしていくことが現実的です。おそらく誰もが感じるジレンマではないでしょうか。それでもこうした見直し作業というのは実に楽しいもので、頭の中で何回も何回もシュミレーションしてみてようやくまとまった次第です。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top