FC2ブログ
2018
08.13

ポートフォリオ改造計画②~高リターン銘柄選定~そして理想形

Category: 投資方針
ゆきだるまです。

2回シリーズの後編です。

(前編)ポートフォリオ改造計画①~ワールドインデックスを半分に

前回はポートフォリオの半分をワールドインデックスとすることをお話ししました。ここまでは今年のNISA枠(最長10年の最終回)で仕上げてしまいたい、そのためには銀行株のウエルズ・ファーゴを手放して資金源とする覚悟を決めました。

【現在のポートフォリオ】

PF検討01 

【本年末のポートフォリオイメージ(暫定形)】

PF検討02 

ここまでは暫定形です。今日は現時点で想定した最終イメージをお示しをしたいと思います。

【最終イメージ】
 PF検討05         

配分比は八等分(12.5%)を基本に各カテゴリーを構成し、視覚的な分かりやすさとリスクの均等化を図ります。高リターンを増やし高配当を減らしています。また暫定形から幾つか消えている銘柄があり、現在の散らかったポートフォリオを整理・統合化していく考えです。

例えば世界経済インデックスファンドやMSCIコクサイはNISA満期を機にVTに一本化をしていくとか、S&P500はVTIに一本化するなどです。

今日の中心的な話題は高リターンの部についてです。

今回の見直しで一番メスを入れようとしたところ。まず枠を10%から12.5%に広げました。今はひふみプラスやFANG+インデックスに投資していますが、いつかお別れしようと考えています。

ひふみプラスは優秀なアクティブファンドであり、この2年間で+60%のリターンを出してくれていますが、昨今では投資未経験者層による資産が厚く積もっておりファンド自体の下落耐性が弱くなっているのを感じます。

(過去記事)ひふみ投信に文句を言う人びとに垣間見た投資観

次にFANG+インデックスです。ハイテク先端10種で構成されリターンは非常に高いですが、今後のブームが変わったときに共倒れになるリスクを感じています。構成10種の中でもアップル、アマゾン、グーグルは安定感がありますが、フェイスブック、ネットフリックス、ツイッターは今期決算で脆さを感じましたし、テスラは不安要素です。中華系のバイドゥ、アリババはひっそりと下落を続けています。各銘柄の配分比が時価総額ではなく均等配分なのもリスクです。

(過去記事)ハイテク株続落~FANG+インデックスというジェットコースター

そこで新しく中核に据えたいのがQQQ(ナスダック100インデックス)です。浮き沈みが激しいベンチャー企業群の中でも時価総額順の構成ということで、人気企業が入れ替わりでランクインしてきます。またジャンルもハイテクに限定されていません。1999年の設定以来の実績もありリターンと安定の双方を兼ね備えたファンドだと考えています。

(過去記事)休みの日に考えた「QQQ」ナスダック100という選択肢

SPXLはレバレッジ型ETFですが右肩上がりのS&P500を信頼してリスクの取れる量を保有していきます。また+γとして、投資すべき銘柄が見つかったら柔軟に考えていくつもりです。

(過去記事)貯金感覚でS&P500レバレッジドETF(SPXL)を眺めてみる

【QQQ、SPXL、S&P500のリターン比較・10年】

高リターン銘柄比較

ポートフォリオのリバランスは早く進めていきたいところですが、保有銘柄の状況、追加資金とNISA枠の関係、売買手数料、為替、税金など株式取引に係る諸条件との兼ね合いを考えながら順次進めていきます。

投資を始めた頃は米国の超優良企業に投資して配当金を再投資すれば確実なリターンが得られると素直に考えてきましたが、二年近く相場に張りつき観察を続けてきたことで、自分のやりたいことや、自分がとれるリスク・リターンも大分わかってきました。今回のポートフォリオの再構成もその道のりの一過程であり、状況や心境が変わればそのつど柔軟に対応していきたいと考えています。

こうした試行錯誤の過程は引き続きブログでご報告していきますので、引き続き応援いただけると嬉しいです。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top