FC2ブログ
2018
08.15

VT(全世界株式ETF)を買い増し~インデックス投資家への道

ゆきだるまです。

米銀行大手ウエルズ・ファーゴの株を売ったお金でVT(全世界株式ETF)を74.39ドルで10枚買い増ししました。今回は個別株からインデックスに乗り換えのためのトレードを行ったということで、自分の投資スタイルとしてはエポックな出来事です。

【VT価額推移・週足】
VT20180813.png 
VTはバンガード社が提供する全世界の株式を対象に投資が出来るETFです。対象約50か国、8千銘柄は1本のETFとしては最多と云われています。構成は時価総額の割合となっていますので、世界全体に分散投資をしたい方にとっては理想的です。

ゆきだるまも米国株を中心としつつも米国エリアへの集中投資はリスクが高いと考え、ポートフォリオの半分は全世界を対象にしたインデックス投資を行っていく方針です。

(過去記事)ポートフォリオ改造計画①~ワールドインデックスを半分に

世界への分散投資は、米国に有事があった際のリスクヘッジにもなりますし、グローバル化に伴う世界分業的視点に立てば米国の取りこぼし分もカバーできます。さらに将来的には世界の経済力の中心が欧米先進国から新興国にチェンジしていくことも想定すれば、地球全体に丸ごと投資をしていく意義は大きいと考えています。

興味深いのはゴルディロックス(適温)相場と呼ばれた2017年から変動相場に戻った2018年の現在までの世界の地域別リターンの比較です。

【VT全世界、VTI米国、VEA米国外の先進国、VWO新興国の2017年~のリターン比較】
全世界リターン比較20180814

2017年は米国市場が好調でしたが、それ以上に全世界が好調だったので、実はリターンの順で並べるとVWO新興国、VEA米国外の先進国、VTI米国の順となり、これらを重ね合わせたVT全世界がVTI米国を上回る状況でした。

ところが、今年の1月末から始まった米国の利上げ予測によるリセッションは全世界に波及し、2017年のぬるま湯で付けてきた贅肉がそぎ落とされて勝ち組・負け組に二分されてきた感じです。さらに米国による保護貿易施策と経済的制裁は全世界の市場を揺さぶっており様相は一変しました。

今や米国最強に戻りつつあり、その他が劣勢に回ってますが、米国による干渉がなければその他の地域の方が伸びしろがあるので、やがて米国が息切れした時は投資資金が再び海外に分散していくことが想定されます。

つまるところ、世界全体に網を張っておけば、米国一強の時のような大きなリターンは得られないものの、とりこぼしがなく本当の意味での平均値が狙えるわけです。

識者の中には素人はあれこれ考えずにVT一本に投資しておけば良いという意見があります。株式投資研究の第一人者であるジェレミー・シーゲル教授も最終的に推奨しているのはワールド・インデックスへの投資です。投資的な醍醐味があるセクター投資や高配当株投資などはリターン補完戦略として脇役的に位置づけています。

試行錯誤ばかりして結局のところ市場平均に劣後している私などは、VT一本への投資が真に賢い選択なのかもしれません。それでもポートフォリオの残り半分であれこれと狙っていくのは、やはり投資に対するロマンを追い求めたい、悪あがきを楽しみたいからなのです。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top