FC2ブログ
2018
08.16

VWO(新興国株式ETF)を買い増し~ただしVTの補強として

ゆきだるまです。

VT(全世界株式ETF)に引き続き、一昨日VWO(新興国株式ETF)を41.92ドル✕20枚買い増ししました。

【VWO価額推移・週足】
VWO20180814-2.png 

VWOを買う人って2通りのタイプがあるようです。

一つは純粋に新興国の未来に投資する人。新興国愛に溢れ、各国の状況に物凄く詳しくて、そしてボラティリティの大きさに一喜一憂する、そんな新興国クラスタとでも呼ぶべき方々がいます。

もう一つは世界投資の一環で新興国にも投資する人。エリア分散の1パーツとして新興国を捉え、エリアの配分比、銘柄数、そして経費率にやたらとこだわる世界投資自作派

ゆきだるまは完全に後者です。

前者新興国クラスタの最近の悩みはVWOの凋落であり、2017年が空前のリターンを上げていただけに2018年の落ち込みぶりに悲嘆の声が絶えません。2018年は米国株の勝ち組負け組がよく話題なりますが、エリア間でもこの傾向が顕著です。

【2017年から2018年にかけて新興国と米国のリターン比較】
新興国・先進国リターン比較

特に2018年の新興国の落ち込みは米国トランプ政権が仕掛けた数々の攻撃によるものが多く、米国と新興国は政治においても投資においても共存共栄感がなくなってきています。

さて、世界投資自作派のゆきだるまは、たびたび記事にもしてきましたが、ポートフォリオの半分をワールドインデックスに、その構成比はVT:VWO:VTI=2:1:1を目指しています。

【ゆきだるまファンドVer2.1設計図】
PF検討05 

(過去記事)ポートフォリオ改造計画①~ワールドインデックスを半分に
(過去記事)【世界投資Ⅳ】新たなワールド・インデックスの配分を決定!

主軸はあくまでVTであり、その補完戦略としてVWOとVTIをトッピングしています。理由はVTにおける新興国の層の薄さです。世界投資といいつつ新興国の割合が1割しかありません。上記配分比を用いるとトータルのエリア配分が米国:その他先進国:新興国=5:2:3となり、稼ぎ頭の米国量をキープしながら十分な新興国量を確保できます。

本来はオールインワンでVT一本に投資してファンド自身のリバランス機能に委ねたいところなのですが、エリアのアンバランスは自力補正を選んだ次第です。

ワールドインデックスのパートは年末までに完成させる予定です。

【現在のポートフォリオ】
ポートフォリオ20180815

新興国VWOは米国とトルコのたたき合いが再燃して昨日また一段と下がりましたね。でもゆきだるまはワールドインデックスに投資しているので、個々のエリアの騰落は気にしないことにしています。

お金のある時に淡々と積み立てて、適当な時にリバランスする。これだけです。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top